スポンサーリンク



2015.06.22

あなたのために頑張りました♪

大学院に籍を置く知人(男性/30代前半)が、
コミュニケーションに関する研究発表をすることになり、
研究の一端として、アンケートに回答して欲しい、
という依頼があり、他人に貢献するのが大好きな私は、
喜んで快諾しました。

しかし・・・

だが、しかし・・・

設問、多過ぎ(汗)

しかも、Aの回答がBだった人だけCに、とか、
DでYESと答えた人は、以下の選択肢の中から云々…
とか、進め方が複雑で、
仕事の合間に、チョコチョコっと回答して、
短時間で済まそうと思っていた私には、
結構、負担(^_^;)

そうでなくても、大雑把な性格で、
あまり、コチャコチャとして細々したものは、
やる気がどん底に落ちるタイプです(笑)

でも、自己同一性は強いので、
一度「やる」と答えたからには、やるのです。

    *    *    *    *    *    *

とはいえ、いくら研究のご協力でも、
この複雑さとボリュームはキツイですw

そういうときは、その思いを、
どうしても伝えたくなっちゃうんだよね。

なので、設問の最後の質問で、
「今回の作業への感想」とあったので、
大雑把な私には大変でした、と書いたのですが、
すぐに一旦削除しました。

私は講師業なので、ご依頼のあった社員研修などでは、
必ず最後にアンケートを書いてもらいますが、
そこに大きなヒントがあるのがわかっていても、
批判的なコメントや、ネガティブな評価を目にすると、
やっぱり、どうしても暗い気持ちになってしまいます・・・
(どの講師の皆さんも、それが本音ではないかと思いますw)

せっかくこれから資料をまとめて、
学会で発表するっていうのに、
あまり、後ろ向きなことは伝えたくないな。

でも、その一方で、大変だったことは伝えたい(笑)

そこで、あらためて自分が考えた一文。

「大雑把な私には量が多くて複雑で、少し大変でした。
でも、◯◯さんのために、一生懸命がんばりました!
お役に立てば幸いです。」

たとえ大変でも、そう言われた方がうれしくない?

私だったら、意気に感じるよ。

いや、よく考えたらそれは真実なんだから、
書いてもいいよね。

知人と言っても、うちの息子と同じ世代の若い人です。

でも不思議よね、活動を通じて知り合う人は、
たとえ息子とほぼ同い年でも、
独立した一人の大人として対応するのだから、
逆に考えれば、うちの息子も、
人様にはそう思われているってことだな(笑)

学会は来月とのことですが、
素直で真摯な好青年なので、
ぜひ、いいプレゼンをして欲しいものです。

こういうことは、駆け引きなくそう思います。
 

 


スポンサーリンク

ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ