スポンサーリンク



2017.07.17

今さらですが、18年使ったPHSをついにサブ携帯に格下げ

スポンサーリンク




もはや、スマホがなければ仕事が成り立ちません。
連絡先はGoogle連絡帳に、スケジュールはGoogleカレンダーに。
広報PR活動写真満載で、FacebookやTwitterにつぶやき、
一部の親しいお客様とは、昼夜問わずLINEで24時間体制の連絡ぶりです^^



スマートフォンがまだ今ほど世に普及していなかったころ、
新しもの好きで、早々にiPhoneを買った友人男性に、
「それってどんな感じのものなの?」と尋ねたら、
「小さいパソコンと一緒!」という明快な即答が返って来たけど、
まさにその通りだと思います。



私がPHSを契約したのは、今からちょうど18年前。
その頃は、食材の営業と宅配をしていましたが、
何を血迷ったのか、うちの会社がDDIポケットの代理店になっちゃって、
私らスタッフは、突然のように、一人3件というノルマを課せられて、
PHSの契約取りに奔走されたんですよね。



当時の会社では、営業数字的に苦しくなってくると、
当たり前のように自己買いが習慣化していましたが、
へんなところで反骨心のある私は、
「自己買いなんかしてたまるか」と思って、
今回は、あまり頑張らないことを決めて、
実際に、一軒も契約を取らなかったと思います。



実はその前に、無料LCRアダプター
(当時存在していた、発進時に一番安い電話会社を選んでつなげる電話機外付けの装置)
のばらまき目標(3件)は達成していたので、
今回は、目標未達でも怒られないだろうという、
安易な計算もありました(笑)



ところが同僚たちが皆、PHS販促キャンペーンで自己買いしてしまったので、
仲間の中で、自分だけモバイルを持っておらず、
通信連絡上、非常に不利になってしまいました。



営業車に無線は付いていたのですが、
山あいに入ると、電波が途切れて全く役に立たないんです。
なのにPHSだと問題なく電話が出来るらしいんですよね。



そこでどうせ買うなら、お客様に喜んでほしいと思い、
担当エリアの中で、電気店をやっている方から購入しました。
確かパナソニックのルモテというシルバーの端末だったと思います。
たぶん、1999年あたり。懐かしいね。



    *    *    *    *



その後、格安で携帯電話が買えるようになっても、
キャリアを変えなかったのは、PHSの発想が好きだったから。



PHSというよりも、DDIポケットになるのかな。
今でも千本倖生さんは、すごいと思います。



PHSは早くからインターネットメール(Eメール)が使えたし、
送受信の設定さえすれば、ほかに二つのアドレスを使えるんです。
そのメリットが個人的にとても大きかったのですが、
スマホの出現でその機能は、色あせてしまいましたね。



私は2011年からスマホとPHSの2台持ちになりましたが、
それでも昨年(2016)ぐらいまでは、ずっとPHSがメーンで、
ホームページにも名刺にもそちらの番号を記載していました。



けれど、ここに来て、大きな決定打が。



昨年の暮れ、カーオーディオを買い替えて、
車内でBluetoothが使えるようになったのです。



運転中でもハンズフリーで電話ができる!
これは、仕事人にとっては非常に大きいです。



仕事先担当者からの新しい仕事の打診、依頼、緊急の連絡、
自分のほうでも、事故などのの渋滞で到着が遅れる連絡や、
長距離出張時の長い運転時間を利用して、
電話で済むものは、運転中に一気に片付けてしまえるなど、
もう、いまや、この機能なくしては、仕事が成り立ちません。



スマホはほかにも、ナビが使える、Googleの各アプリが共有できる、
LINEができる、車でいつでも好きな音楽が聴ける、電話の録音アプリが使えるなど、
もう、FacebookやTwitterだけではない、重宝する機能が満載です。



そのため、いつしか、スマホはどんなときでも肌身離さないくせに、
PHSはバッグの中で一夜を明かすなどということも多くなってしまい、
仕事の連絡をうっかり見逃すなどのミスも増えてきました。



かくして私は、先日、ようやく、
ホームページと名刺とメールの署名を書き換えて、
自分のメーン携帯の座を、スマートフォンに明け渡しました。



それでもPHSは18年間も使い続けているので、
そうそうにやめるわけにもいきません。
先日などは、10年ぶりの友達がPHSに電話をかけてきて、
そこからお仕事をいただくことができました。
PHSの番号を今も私の連絡先だと思っている人の数が多すぎて、
とてもとても、解約するわけにはいかないのです。



また、PHSは電話応対研修のロールプレイングでも頻用しているので、
自分の仕事の必須アイテムでもあります。
本物の電話機を使って実践演習を行い、
それを録音して、その場で聞かせていますが、
まだまだガラケーしか使ったことがない方も多いので(主にご年配の方)、
形状がガラケーと同じPHSのほうが、何かとスムーズなんですよね。



    *    *    *    *



先日、携帯電話に060番号が新たに割り振られるニュースがあり、
その中で「残り少ない070番号の状況を確認しながら慎重に進める」
という主旨の文章が読み上げられていて、
「え?」と思って調べたら、今って、携帯電話も070を使っているんですね。
2013年からって・・・全然知りませんでした。



私がプロバイダーで働き始めたころのインターネット接続の主流は、
ダイヤルアップとISDNでした。
Google検索はできたばかりでまだ知名度がなく、
ホームページにお客様を集めたい人は、
Yahooに登録申請をして、一か月以上も掲載されるのを待ちました。
(申請が通らないこともありました)
そうそう、2チャンネルもその辺りに出てきたサービス(1999)だったかと思います。



その当時はブログもまだなく、当然、FacebookもTwitterもなかった。



考えてみれば、私と同世代か少し下ぐらいの人達は、
インターネットや移動通信体の変遷を、
リアルタイムに現役で見てきた世代なんですよね。


古い時期からインターネットを利用してきた人に出会うと、
今でもパソコン通信の話で盛り上がりますが、
私がなぜニフティユーザーか?っていうと、
ニフティサーブの会員だったからなんだよね。



そういった意味で、ビフォー&アフターを自慢げに語ることができる(笑)
幸せな世代なのかもしれません。
----------

【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.07.16

大学生、ワルいヤツほど就職できる

スポンサーリンク




先週は、非常勤講師を務める大学で、
ミニプレゼンテーションの演習を行いました。



一人一人が全員の前に立って、30秒間、
「自分はどんな人間か?」を発表するものです。



キャリア構築などという、もっともらしい科目名になっていますが、
中身は広義の就職対策講座なので、
発表者のミニプレゼンを見る側の学生は、
会社の採用担当者という前提です。



学生には、実際に「評価シート」をつくって渡し、
「企業の採用担当者になったつもりで記入してね」
と、指示しました。



担当しているのは、いわゆる三流大学です。
その中でも、学生集めの受け皿的な意味合いを感じる総合的な学部です。
通常は、進学高の生徒は来ないし、目的が明確な生徒も来ません。
どちらかと言えば、郡部の普通高校の中間層や、
実業高校で今すぐには「実業」の仕事に就きたくないような、
モラトリアムで今後の方針も特にない人達が、
集まっている感じです。



だから学力は低いし、意識も全般的に低いし、
地味で目立たず平凡に見える男子学生が非常に多いです。
(もちろん、例外もいます。)※学部はほとんどが男子。



この人たち(特に男子)の特長は、とにかく人と関わるのが苦手、または嫌い。
目立つのも嫌だし、はみ出したくないし、
常に多数派の中に紛れて、声を上げずに生きていきたい雰囲気です。



なので、今回のように人前に出てプレゼンをさせると、
オドオドしたり、小学生のように落ち着きがなかったり、
中には、名前と希望職種だけ告げて、さっさと席に戻ってしまう学生もいます。
(持ち時間は、半分は使おうよ。やる気がないか、舐めているって思われるよ?)



そんな中で、光り輝く異彩?を放っていたのが、なんと悪ガキ集団の面々。
30秒という短い時間の中で、笑わせ、惹きつけ、
本気かジョークかわからないような話を、堂々とアピールして、
全員の目を釘付けにしていました。



はー、意外にやるね。
私が採用担当者なら、この人たちは全員「採用」だね。
それぞれが独自視点を持っているし、
トークにオリジナリティがあって、発想もユニーク。しかも場に負けていない。
やんちゃな面は否めませんが、この程度なら教育でなんとかなるだろう、と考える。
正確性や分析力を要求される仕事には向かないかもしれないけど、
営業や商品開発や、ベンチャー的なビジネスならイケるんじゃないの?



そして実はこの人たち、授業が終わった後に毎回提出を義務付けている、
ミニレポートも格段にうまいんです。
本人と面識がなく、文面だけ読んだなら、
絶対に品行方正な優等生の文章と思うでしょう。
(実際は、遅刻、無断欠席、授業中のスマホいじりやトイレ離席が非常に多い)



要するに、ある程度、世の中と他人をなめていて、
世渡りと駆け引きがうまく、
自分の見せ方を心得ている人達、と言えるかもしれません。
でもそれって、社会の中でやっていくには必要なスキルだし、
学力とは違う賢さがないと、できないことだよね。



ですが、こんなとき、私は少々悩ましい気持ちになります。
他の学生たちは、受講態度もまじめだし、
授業は休まず、提出物は毎回きちんと出し、
何の問題もないのに、
日頃の地道な努力に反比例するかのように、
こういう場では、ワルいやつらがおいしいところをかっさらっていっちゃう。



そう思うと、やる気もなくなるし、無常感さえ漂うね。
だけど、「いい子・問題のない子」の作文は、
本当につまらないのよ、読んでいて飽きちゃうの。



だからやっぱり、キャラがどうあれ、自分らしさってすごく大事で、
下手すると、文章がうまいかどうかよりも、
そっちのほうが訴求ポイントが高いかもしれない。
で、それを可能にするのが、自分を好きな気持ちと自己価値なんですよね。
だから、私は、自分がどんなタイプであっても、自分だけは自分を好きであってほしい、
そんな風に思うんですよね。



    *    *    *    *



さて。
私は、彼ら、悪ガキ集団のプレゼンを褒めようかどうか一瞬迷いましたが、
自分の授業は就職対策講座である目的を思い出し、
「いいものはいい、ダメなものはダメ」のシンプルな原則にのっとって、
悪ガキ集団の中でも、特に優れていると感じた2名を瞬時に評価しました。



「Xさん、今のいいねー。私が担当者なら採用する。
ベンチャーとかそういう会社なら、面白がってくれるよ思うよ?」



「Yさん、個人的に、今みたいなの、すごく好き。
オリジナリティがあって、とっても面白い。」



全人的・客観的には褒めません。
どぢらも「私なら」「私は好き」というアイメッセージ(「”私”が主語)で、
しかも限定的な承認ですが、
アイメッセージはコーチングのスキルだし、
限定承認は、クレーム対応でよく使われる限定謝罪の裏返し、ね(笑)
普段の自分のコーチ/コンサルという仕事がこういうときに生きますね。



もちろん、地味で目立たない子でも、
誠実さが感じられる、しっかりとしたプレゼンをした人は、
同じように、正当に評価して褒めました。
目立つことがいいことで、地味なことが悪い事では決してないので、
そこを踏まえて、公平に評価すべきと思ったから。
ちなみに、地味で目だない子達は、事務職や公務員希望です。
派手な悪ガキ集団は、全員がサービス業や接客業が希望。
彼らは自分の特質をわかっているんですよね。



    *    *    *    *



今回の授業では、「それってマズイでしょ?」と思う、
不愛想な態度や疑問に感じる動作の子もたくさんいましたが、
敢えて注意や指導はしませんでした。



なぜなら、今回のミニプレゼンの一部始終はビデオに撮ってあるので、
それを見た時に、自分自身で気付いてほしいからです。
普通の人なら、自分の行動をビデオで見ると、
カッコ悪い所や、感じの悪い言動はすぐに気づきます。
そこで「自分はこのままではヤバいかも」と、思う瞬間が実は重要なんです。



人は、自分でやろうと決めたことしかやらない動物なので、
(トイレも食事も風呂も、すべて自分が無意識に「やろう」と思ってやっていること)
自分自身が、「直した方がいい」と感じる機会の提供が、
講師の役割でもある、と思うんですよね。



コーチングは、相手が自ら気付き、自ら決めて、
自ら行動することを支援する手法でもありますが、
そういった意味では、
私の授業は全体がコーチングの精神で組み立てられている、
と言えるかもしれません。



    *    *    *    *



最後に余談ですが、私のコーチ仲間に、
英語学習者のコーチングをしている女性がいます。
彼女は日英通訳者でもあり、英語講師でもあるのですが、
コーチングの資格を生かして、
英語を学びたい人を伴走車として支援するコーチングも引き受けています。



その彼女からも、今回と似た話を聞きました。
最近、ある英語検定で、
「この人は絶対大丈夫という生徒が落ちて、期待していなかった人が合格」
したんだそうです。



実際に英語で話す項目があるというそのテストでは、
「ぷらたなすさん、要するに、度胸なんだよね。
せっかく地道に一生懸命、勉強をしていても、本番で発揮できるためには、
勉強じゃない能力もすごく大事だと、いつも思うんですよ。」
だそうです。



ものすごく同感です。
学力を問われる場でさえそうなのですから、
人間性を見られる就職試験では、なおさらですよね。
逆に言えば、成績が悪くても、自分には個性も強みも何もないと思う人でも、
度胸や熱意の出し方を磨いておけば、勝ち目は十分あるということだと思います。
そこですよ、そこ。

----------


【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】現役の日英通訳者が英語学習者の成績アップを約束するマンツーマンコーチング


※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.07.12

低層クレームはおばちゃんモードで行け

スポンサーリンク

昨日は、ネットショップのクレーム研修でした。



研修と言っても、打ち合わせや座談会に近いもので、人数も6人。
最近、モンスタークレーマーが多いので、
対応を教えてほしい、というものでした。



私はコールセンター出身なので、電話応対の仕事もよく入りますが、
モンスタークレームは、担当者の勘と経験がモノをいう、
でたとこ勝負の世界という感覚が自分にはあって、
今まであまり系統だって、自分の考えやノウハウをまとめたことがありません。



ですが、今回の会社さんのように、
お客様対応チームのスタッフ全員が若くて経験も浅い場合は、
こちらが当然のように思っていることでも、
意外に知らなかったり、身に付いていないケースが多いので、
まず皆さんの話をよく聞き、当たり前のことを当たり前に話してみよう。
そんな気持ちで、出かけました。



モンスタークレームで大事なことは、
いかに早い段階で、やさしくソフトに、しかし毅然として、
「できないものはできない」と明言するか、だと思います。



この会社さんは、1年以上電話応対を指導してきて、
最初の頃とは比べ物にならないぐらい、応対が改善した来たのですが、
お客様都合を重視し、お客様の希望に柔軟に合わせるあまり、
いざというときに迷いが生じて初期対応に失敗したり、
お客様に主導権を取られて、言いなりになってしまうのではないかと思います。



ですがそこには、レビュー評価という悩ましい背景があります。



ネットショップが一番恐れていることのひとつに、
レビューにがんがん、低評価をつけられることが挙げられ、
たとえお客様に非があるような場合でも、お客様が勝手に腹を立てて、
腹いせにひどい書き込みをされてしまうと、売り上げにも影響が出るんです。



実際に佐川急便の遅延で商品が届かないときには、
ショップ側に責任ははないのに、星★ひとつがいくつも付けられてしまいましたし、
商品の不良に関しても、袋に入ってきっちりシールされている状態で、
仕入れ先メーカーから大量に届く商品を、
人がひとつひとつ手で開いて検品するのは事実上無理です。
けれどそれは、ショップへの不満になってレビューに現れます。
(ショップでは常に、メーカーには口を酸っぱくして検品の強化を言っている)



この会社さんでは、過去に社内のアクシデントで低いレビューが増え、
本当に売り上げがガタ落ちして危機に陥った大きなトラウマがあるので、
なおさら、レビューには過敏になり、
クレームにはナーバスにならざるを得ない、という痛し痒しの事情があります。
そのため、一般会社や対面販売のクレームとは、
異なる配慮が求められるんですよね。



    *    *    *    *



さて、皆さんの話を聞いてみると、意外なことがわかりました。
モンスタークレームは、少額商品ほど多いというのです。



この会社で扱っている商品は、低価格の廉価品が多く、
そのため購買層には、所得の低い人も含まれており、
それで50円、100円に固執し、異常にこだわるのではないか?
チーフはそのように分析をしていました。



あぁ、そういうことか。なるほど。それはあるかもね。
だったら、もしかして屈折している人も多いかも。



モンスタークレームの対応セオリーとして、
まず、名前、住所、連絡先を聞け、というのがありますが、
商品や配送に関して文句を言ってくるお客様は、
名前も住所も連絡先も明確な状態でクレームを言ってくるのですから、
故意のクレーマーではないし、大きな悪意はないと思います。
自分を非常識とは思っておらず、むしろ正当だと思っているんですよね。
ですが、うそや大げさな表現で、有利に対応してもらいたい人は一杯いるので、
そこもまた、微妙なところです。



皆さんのお話を聞きながら、ふと思ったんですけど、
こういった層のお客さんの対応は、
お上品すぎてもダメなんじゃないかな。



たとえば、敬語は相手に敬意を表す言葉ですが、
相手と距離を置く言葉でもあります。
ここで、もし、しつこいクレームを入れてくる人が少々屈折している人で、
日常的に世の中に不条理や劣等感を抱いている人であれば、
節度のある態度で、品格を保ち続けている状態って余計腹が立つよね?
暴言のひとつも、吐いてみようか?という気にもなるかもしれない。



だったら、どこかの段階で、タイミングを見計らって、
対応を崩してみたらどうかな?



「対応を崩すっていうのは?」



「今まで、〇〇様、と呼んでいた敬称を、
途中から〇〇さん、に変えてみるとか?」



あとは、「ご希望に添えかねます」などと言わないで、
「それって、できないんですよねー」と、すまなそうに言ってみるとか?



みんなと話し合いながら、あれこれ案を出しているうちに、
ここで必要なのは誠実で腰の低い態度ではなく、
うまく相手に入り込み、巧妙に相手を取り込む懐柔力と、
庶民派を前面に打ち出した、
強力な親近感なのではないか?という気がしてきました。



まぁ、要するに、人たらしの能力ですが、
言い換えれば、それをコントロールできる”猿回しの力”であり、
接近戦でも動じない”人としての強さ”かな。
でも、それを、どう伝えよう?



すると、ふと、
世話好きで気のいい地元の”おばちゃん”のイメージが浮かびました。



庶民派のおばちゃんは、親切だけどストレート。
「ダメなものはダメ」「できないものはできない」とすぐにはっきり言うけど、
なんだか全然、腹が立たない(笑)
優しくて思いやりがあるけど、意外にずるくて戦略家。
やりたくない仕事は、その辺のおじちゃんをおだてて乗せて、
ホイホイやらせて、陰でペロッと舌を出す。
だけど、友達が困っている時には遠くからでも駆けつける。



うん、そうね。
この会社の若い皆さんに不足しているものは、
おばちゃん力なのかもしれません。



「お客様対応の評価が低い」「商品ではなくスタッフがクレームになる」


社長にそう言われて、この会社さんを指導するようになったのが1年前。


お陰様でレビューの評価も上がり、社長にも感謝の言葉をいただきましたが、
ここまでは一般的な「ノーマル対応の部」。


でもここから先は、それを身に付けて踏まえたうえで、
どうやって、トークや対応をカジュアルに落としていくか?
それが課題なのではないかと思います。



    *    *    *    *



【余談】
ネットショップって、ウェブで見る限りでは、
店長さんと少人数のスタッフが家族経営的にやっているように見えますが、
人気ショップになると、実際は広大な物流ヤードを持ち、
ピッキングのアルバイトやパートさんが、
体育館のような倉庫の中で大勢働いています。



そういった中では、配送ミスなどもごく稀に出てしまいますが、
お客様は、仲良しスタッフがアットホームにやっていると思っているので、
人為ミスの比重を感情的に重くとらえがちです。
でも実際は、全然違うんですよね。



電話応対も同じで、整然とした受け付け体制を取ると、
お客様側に違和感を持たれてしまう場合も多分にあるんじゃないかな。
そこをどうやって見せていくか?というところが目下の課題です。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこれ
【PR】月極駐車場の一部を時間貸しできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ



スポンサーリンク

2017.07.08

「ムカついた」と相手に言わせよう

スポンサーリンク




今日は仕事先の打合せ。
仕事とは言え、今は友達みたいな一団なので、
毎回、リラックスした感じで臨むのですが、
今日は朝のチャットで、その中の一人をムッとさせてしまった一件があって、
(怒っているだろうなぁ・・・)などと思いながら、隣に着席。


息子が潰瘍性大腸炎で入院し、
大腸亜全摘手術を終えて、術後の体調が安定するまでは、
なんとなく仕事に気持ちが乗らなくて、
依頼された作業もそっちのけで、
体験者のブログを読んだり、医学系のサイトを眺めたり


そんな感じなので、何をやっても集中力が続かず、
ここ数か月は、自分の仕事の質が低下しているのはわかっていたんですが、
今日は、過去に「自分がやる」と高らかに宣言したことをすっかり忘れて、
その内容を担当者(女性、飲み仲間)に頼んだものだから、
「ぷらたなすさん、この前、自分がやるって言ってましたよね?」
と、不機嫌そうな返信メッセージが・・・


あぁーー、そうだった、そうだった。
ちょっと、私、本当にしっかりしないとね。


会議室に入ると担当者のAさんは、
いつも通り、笑顔で迎えてくれたのですが、
今朝の一件で、絶対に怒っているはず。


このままでも、たぶん、問題なくやっていけるんだけど、
私は、そういうのは、少し嫌なの。
感情的なしこりは、何が何でも解決しておきたい。



そこで、社長が電話で席を外し、
メンバーそれぞれが雑談を交わしているタイミングで、
「今朝、ムッとしたでしょ?」と、水を向けてみました。


「いやぁ・・・別に・・・」
「本当?本当にムッとしなかった?」
「うーん、多少は(笑)」
「だよねぇ、、、ごめんね。」


「私、自分がやるって言ったのすっかり忘れていて・・・」
「ですよね?言いましたよね?だから今日まで私達何もしていなかったのに、
当日になって、お願いされても、えーっって感じで、ちょっとムッとしました。
最初から頼んでくれたら、今日までにこちらで段取り付けてておくのに、
ぷらたなすさんが”やる”っていうから、みんな静観してたんですよ?」


え?なになに?何の話?


別な男性担当者も話に割って入って来たので、
私達が、今朝の一件を彼に話すと、彼もまた、
「あー、言った、言った、なのに何の報告もないので、
大丈夫かな?ちゃんとやっているのかな?って、
俺も思っていたんですよ」


だそうです・・・いやーすみません・・・


「でしょ?でしょ?」と、Aさんが男性担当者に賛同を求め、
「言った、言った」と、男性担当者が頷くうちに、
段々、Aさんの気持ちがほぐれて、普段の笑顔になってくるのがわかりました。


自分のミスには違いないけど、Aさんの感情的なモヤモヤは、
この一連の会話を通して、晴れたように感じました。
あー、よかった。


相手が怒りを抑えて、冷静にふるまっているときは、
逆に、その思いを引き出してあげないと、
絶対に、あとでいい話になりません。


今日の打合せのグループでは、
立場的に私のほうがAさんよりも上になるので、
(取りあえず、皆さんが私を「先生」と呼んでくれる感じ)
Aさんも私には直接文句を言いにくいと思いますが、
Aさんのためにも、そこに言及できる場を作ってあげないと、
Aさんの不満は、残り続けると思うんですよね。


自分で約束を忘れておいて、こういった書き方をするのもなんですが、
Aさんて、いい人なんだけど、文句屋さんのところがあって、
周りもそれを承知しているので、合わせてくれたんじゃないかな。


ちなみに、私が「自分でやる」と言って、忘れてしまった中身は、
全然、大したことじゃありません。
仕事先の会社のある社員の方への連絡とお願いです。


だから別に誰がやってもいいし、すぐに終わるものですが、
立場上、Aさんよりも上になる私からお願いしたほうが、
頼まれた方も、やる気が出るんじゃないかな?
ただ、そう思って、手を挙げただけなんす。
「だったらそれ、私がやりますよ」って。


でも、せっかくのアイデアを自分が忘れちゃうんだから、
言い訳できないですよね。


手術から2週間が過ぎて息子の体調も大分安定してきました。
そろそろ私も安定しないと、入る仕事も入らなくなっちゃうよね。
そんな思いと自戒を込めて、今日はこの件を書いてみました。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.07.06

悪いことは悪いと言おう。それが味方をつくる道

スポンサーリンク




今日は大学で講義の日でした。



キャリア形成と言えば聞こえがいいけど、
要は就職対策講座です。


有り体に言えば、私が非常勤講師を務める大学さんは、
いわゆる三流大学で、生徒の質もやる気も低く、
就職に対しても、ちっとも前向きじゃないので、
「そこを何とかしてほしい」というオファーでございました^^


私はプロコーチでもあるし、社員教育の指導経験も長いので、
こういった集団のやる気の上げ方もある程度ノウハウがあるため、
たぶん、ほかの先生たちよりは、成果を上げられていると思うのですが、
一番大切なことは、褒めと叱りをしっかり行うということです。
褒めるだけでもダメ、叱るだけでもダメ、ということかな。


今日は、学生さんに5分程度の動画を見てもらったんですが、
登場人物が外国人で、字幕付きの動画だったため、
面倒と思ったのか、難しくて自分には理解不能と思ったのか、
教室の1/4ぐらいの学生が、開始と同時にスマホをいじり始めたんですよね。


はぁ~、このタイミングで即スマホですか・・・


決して難しい内容ではなく、むしろ非常にわかりやすくていい内容です。
だって、残りの学生達は、食い入るように見ていたもん。


ただ、ここで私が思うのは、この事実をこのまま無視して、
放置しておいちゃ、ダメってことなんですよね。


声を荒げて叱ったりはしないし、強制的に止めさせもしないけど、
ただ、「見てますよ、それ、よくないよね」というサインは必要だと思いました。


そこで、学生と一緒にスクリーンを眺めるのを止めて、
視線を学生たちのほうに向けました。
スマホをいじっている一部の学生と目が合いましたが、
目をそらさずそのまま見ていました。


さて、このあと、えーと、どうしようかな。


そうだ、スマホをいじっている人の数を数えよう。
一列目、さすがに誰もいない。
二列目、窓側一人、通路側一人、
三列目、窓から2番目の二人組と真ん中の一人と通路側の一人・・・


そんな風にメモして、動画が終わった後に言いました。


「私の授業は、一人前の仕事人になるための授業ですが、
今、皆さんを見ていたら、スマホをいじっている人が12名いました。
一列目、窓側一人、通路側一人、二列目、窓から2番目の・・・」


そんな風にメモを読み上げ、こう言いました。


「社会に出たら、皆さんは、様々な評価の対象になります。
世の中には今の私のように、怒りも叱りもしないけど、
黙って相手をジャッジしている人がたくさんいます。
皆さんは今それを意識していなくても、
世間というのはそういうところだと思ってください。
常に見られているということを忘れずにね。」


授業が終わった後、出席カードを手渡すときに、
一人の女子学生にこう言われました。


「先生、実は、みんなのスマホ、私もすごく気になっていたんです。
だから、先生がそれを言ってくれた時に、すごくうれしかったし、
気持ちがスッとしました。ほかの先生達は誰も何も言わないし、
でも私、そういうのって本当に嫌なんですよね。ありがとうございます。」


まぁ、大学は、(本来は)しつけを教えるところではないので、
普通の先生は、そりゃ、言わないよね、小中学校じゃあるまいし。
でも、現状は、そういうところをしっかり言及していかないと、
世に出せない学生が、一杯いる、というところかな。


そして、いいものはいい、ダメなものはダメ、という態度を明確にして、
ブレずに推し進めることで、心ある学生が少しずつ味方に付いてくれる、
ということなのでしょう。


以前、基金訓練(社会人が対象)の講師を引き受けていた時も、
受講者の人の質が低くて随分鍛えられましたが(笑)、
そのときも、授業中なのに高々と新聞を開いて読み続けるおじさんに、
「今、新聞を読んでいるのって、何か特別な理由がありますか?」
と尋ねて、やんわりと読むのを止めさせた経緯がありますが、
そのときの、周りの皆さんの「よく言ってくれた」という表情が、忘れられません。
20名の授業でしたが、19名を味方につけたといってもいいかもね(笑)


さて、息子の親友のH君は、せっかく大学に入ったのに、
1年でやめてしまった人ですが、
先日、H君がやめたというのが、この大学だったことが、
息子の話で初めてわかりました。


当時の私は、親に高い入学金を払わせてすぐに止めてしまうなんて、
H君のご両親はどんなに複雑な思いだろう?と思ったり、
H君も意外に根性のないやつだな、などと思っていたのですが、
それがこの大学だとわかった瞬間に、H君の気持ちがよくわかりました。


せっかく、まじめな熱意と夢や希望を持って大学に入っても、
授業が始まった瞬間に、多くの学生が堂々と机に伏せて寝始めるような現状には、
やる気のある人ほど、失望を感じるに違いありません。


むしろH君は、誠実で情熱があったからこそ、やめたんじゃないかな?


息子には、「私、H君が大学をやめたわけが、今回初めてわかった気がするよ」
そう言いました。

----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.06.23

男のインタビュー記事がつまらなくなる理由(ワケ)

スポンサーリンク




自分の仕事は法人の社員さんなどに業務指導をする、
社員育成のトレーナーで、研修や講演の講師でもあるんですが、
食えないときに引き受けたお仕事で今も継続しているのが、
知人の会社の社内報(兼ニュースレター)のお手伝い。



で、今日がその原稿の締め切りなのですが、
今回は昨日の息子の大腸全摘手術などで時間があまり取れず、
今朝は早朝から早起きして「直し」の作業を行っています。
・・・が、トップのインタビュー記事の相手先から届いた、
校正原稿を見てびっくり。


なんじゃこりゃ~?
全文、すべて書き直してあるじゃないの・・・
しかもFAX原稿なので、コピペもできず、
原稿見ながらすべて手打ちで打ち直しています。
とほほ・・・



こんなときは、「あの取材は意味があったのか?」
などと、首をかしげてしまいますが、
まぁ、よくあることなので、あまり深いことは考えずに、
サクサクと、そして淡々と作業するのみ、ですね。



毎回思うんだけど、
男性は、自分が言った通りの言葉遣いで書かれるのが嫌なのね。
インタビュー記事なので、編集メンバーで決めた方針に従い、
「ですよ」「〇〇なんです」という話し言葉を要所要所で生かしながら、
会話の雰囲気を残して書いているんですけど、
そういう箇所は、ことごとく「です」「〇〇です」に、
修正されるわけ(笑)



その人が話してくれた会社の業務内容は、
生き生きとしたニュアンスがそぎ落とされて、
会社案内からの引用みたいな説明文にされちゃうし、
その業務ならではの特徴的な用語や言葉遣いは、
すべてイメージが全く見えない一般的な表現に差し替えられ、
はっきり言って、全体が本当につまらなくなるし、
読んでいて、面白みがないし、
これなら、会社のホームページを見ながらでも書けるよね。



それに、同じ内容をホームページにも掲載するのですが、
これじゃ、文章があまりにも一般論的すぎて、
特長的な用語を狙ってやって来る、
検索訪問者を呼び込むこともできないよねぇ・・・



でもまぁ、これでやってくれっていうんだから、
はい、差し替えます。はい。



相手が女性だと、話し言葉を文章体に直されることはほとんどなく、
追加の文章も、話し言葉の状態で赤字が入ってくるので、
これは、たぶん、男性の特長なんでしょうね。



とにかく、要するに、男性(主に経営者)は、
こういった形で自分や会社を紹介されるときには、
カジュアルをとことん好まない、ってことだね。



そして、この社内報を読む知人の会社の読者層や、
知人の会社がこの記事を通じて読者に何を提供したいか?ということよりも、
体面やメンツをものすごく重視するんだなぁ・・・



たぶん、自社の取引先がこれを読んだ時のことを主に想定していると思うので、
ちゃんと、きちんと、正統に、したいのはわかるけど、
はっきり言って、こんな文章は誰も読みたくないよね(汗)。



編集メンバーでいつも話題になるのはこのことで、
直しが入るとメチャメチャ魅力のない文章になるのが皆わかっているので、
「相手に見せるのやめたら?」という話題にもよくなるのですが、
そういうわけにもいかず、今日は朝から段々飽きてきて、
ちょこっと気分転換にこのブログにやってきて、
軽く愚痴などはいて、また作業に戻りたいと思います。



皆さんが目にするインタビュー記事で、
面白くもなんともないような記事があったら、
それは編集者が書いたそのままの文章ではなく、
相手がガチガチに入れてきた、修正後の文章かもしれません。
男のインタビューは記事は、こうやってつまらなくなっていくんだわ(笑)



あ、いいこと考えた。
次回からは、社長じゃなく、その会社の技術部門の人に限っちゃおう。
絶対、そっちのほうが、余計な邪念が入らなくなって、
面白い記事になりそうな気がしてきました(笑)。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこれ



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.06.20

にっちもさっちもいかないときはまず相談して自己開示

スポンサーリンク




昨年、仕事がものすごく忙しい時期に息子が病気になって、
コンサルタントの仕事や研修・講演の仕事など、
重要なこと以外は、全部後回しにしてきたんだけど、
それは息子が少しずつ快方に向かい、
そのうち遅れを取り戻せると思っていたからなんだよね。


ところが、息子はいったん元気になったものの、
今年の同じ時期(つまり仕事が一番忙しい時期)に、
体調が悪化してまた再入院。
ついに仕事も私用も役員を引き受けている様々な会務も、
常に後手後手で、抜けや漏れも増えてきて、
段々首が回らなくなり、にっちもさっちもいかなくなってきました。


今日のことを今日にうちに片付けてしまいたいことがあれこれあって、
(あぁ、今日は、家に居たいな、病院に行きたくないな)と思っても、
(今日、いま、この日に何かあったらどうしよう)と思ったり、
(今日、病院に行かなかったことで、取り返しのつかない後悔になったら?)
などと考えてみたり、命に別条がない病気とわかっていても、
家族の病状がよくないとうことは、強力な強迫観念にとらわれるものですね。


本当は去年のうちに、自分の負担になるようなものは、
思い切って全部断ってしまえばよかったのに、
他人に迷惑をかけたくない思いや、
妙な人の好さが災いして、気が付けばまるで、
髪の毛がいっぱい詰まって流れない風呂場の排水口のようだ。
水がどんどん流れてくるのに、一向に流れて行かない。
垢や石鹸で汚れた水が、ドロドロ渦巻くばかりだね。


特に自分が先輩から会長を引き継いでいるある勉強会などは、
仕事や収入に直接かかわらない分だけ、
何かと後回しにしてきたツケがいま膨大に膨らんで、
もうすぐ総会だというのに、
ホントに全く何もできていないよ、どうしよう。


一度こういう不安定な精神状態になってしまうと、
「手伝うよ、何でも言って」と言ってくれる人もそれなりにいるのに、
自分に非があることばかりが気になって、
何をどう頼めばいいかさえ思いつかず、
どう考えても不可能なのに、「やっぱり自分で何とかしよう」などと、
思ってしまうところが、私の悪い所だよね。


でも今日、ようやく明かりが見えてきました。


やっぱりこういうときは、
どうしたらいいか考えないで、
どうしたらいいかを人に聞けばいいんだな。


要するに「相談」です。
誰が悪いとか、どうすべきだったとか、
そういうことはさておいて、
今、自分が、これこれこういう原因で、
こういうことで困っている、悩んでいる、
って、相談できそうな人に、
片っ端から助言を仰いでいけばいいのよね。


Kさん(60代)
「任意団体なんだから、そんなに固く考えなくても大丈夫だよ。
そもそも前任者がきちんとし過ぎたせいで、
前から、ずいぶんちゃんとやるんだな、って思っていたんだよ。
手抜きの年もあっていいんじゃない?
もっと前は、もっと手抜きだった」


会の重鎮のこのひとことで、
8割ぐらい心が救われました。
Kさんは、ほかにも会の運営上の抜け道(笑)や、
作戦を色々教えてくれました。
非常にありがたいです。


Sさん、(50代)
「自分はあんまり動けないので、
今期は役員を辞退しようと思っていたんだわ。」


あー、これは助かる。
実は、会にあまり参加できず動けない役員がいることが、
自分には非常に重荷になっていました。
自分が先頭に立たないと何も進まない状況がキツく、
ひそかに今期は役員を入れ替えて再構築したいと思っていたのです。


Iさん(50代)
「大賛成。役員を少人数制のコンパクトな体制にして、
動けないぷらたなすさんに代わって動いてくれそうな、
Tさんを、会長代行にしたらいいと思うよ!」


今自分が会長を突然やめると、会がバラバラになるので、
自分は名前だけは会長のまま留任したほうがいいと思うけど、
今期は副会長とか会長代行とか、そういうポジションを作って、
その人を中心に活動してほしいと思っている、
と言ったら、即座におおいに賛同してくれました。
(まぁ、私が全く動けていなかった批判的な気持ちがあったかも(笑)?)


そんなこんなで、弾みがついたように、
役員メンバー全員に相談したり、提案したり、
自分の今の希望を述べてたりしているうちに、
朝までの、重たくどんよりした気持ちが、
霧が晴れるようにきれいになくなり、
突然、前向きな意欲がムクムクと湧いてきました。


やっぱり、人の気持ちを上げるものは、人の言葉であり、
こういうときは、他人の関与でしか解決しないんだな。


「どうしたらいいんだろう?」という相談は、
多くの味方をつくってくれるものですね。
考えてみたら自分は、昨年の春から、
「そのうちやる」と言っておきながら、
結局やらずに放置したことがあり過ぎて、
会にも多大な迷惑をかけたし、
作業的にも精神的にもパンク状態だっただけでなく、
そのまましばらく姿を現すことができずに、
周囲の目が気になって不安が増大して、
フリーズしていたんだと思います。


今日は1年ぶりぐらいに軽い気持ちになったので、
ちょっとだけ書き留めておこうおと思いました。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.06.08

大学生をまとめて語っちゃいけない。三流は中学生以下?

スポンサーリンク




私は大学に行っていないので、
大学という教育機関には、あこがれや尊敬があったんだけど、
今の歳(50代後半)になって色々なところ(大学)でお仕事をすると、
ひと口に大学生と言っても、本当に様々で、
十把一絡げに語ってはいけない、という思いを強くしちゃうよね。



こういったら語弊がありますが、
やっぱり偏差値がいい大学の生徒さんは大人だよね。
頭がいいということだけでなく、
挨拶や受講態度もきちんとしているし、すごく普通。
終了後のアンケートや感想、レポート類なども特に問題はなし。



とっころが、これがもうちょっと下のほうになると、
全然様子が変わって来ます。
まず授業が成立しないっていうか、
その時間に、やんちゃ系のグループが居たりすると、
まとまって下を向いて集団でスマホをいじっているし、
最初(授業開始時)からガバッと机に伏せて寝ている子もいるし、
感想やレポートは、殴り書きの汚い字で、
はっきり言って読めません・・・



いや、読めないだけならまだよくて、
走り書きのような乱暴なひどい文字で、
数行だけ乱雑に書きなぐってあると、
「おい、ごるぁ、ちょっと待てぇや」
と言いたくもなるよね(笑)



この傾向を特に強く感じるのが、
専門職を学ぶ大学の中にあって、
そうでない人の受け皿的に設置されているような、
総合的な文系の学科。



今は、工学系でも、福祉系でも、医療系でも、
取りあえず大学に行きたいという人が入れそうな、
総合的な文系の学科が設置されている大学が多いようですが、
そこに集まってくる男子学生って、
本当に、質が低いんだな、と思います。
理系大学の中に、ポコッと設置してある文系学部。
これ、要注意ね(笑)



と言っても、そこに批判や拒否感は全然くなくて、
そういった皆さんでも、入れる大学があるのだし、
大学も人集めに必死だろうから、
それはそれで、別に何とも思わないけど、
私が一番困っちゃうのは、、彼らが自力で、
二人一組や三人一組になれないことなのよね。



私は、各大学さんには、コーチングやマナーや、
就職対策講座などで呼ばれることが多いんだけど、
どれも演習を基本とする内容なので、
授業ではペアワークやグループワークを一杯やるわけよ。



ところが、その進捗を大きく左右する、
ペア組やグループ作りが、自分たちでできないので、
ここに結構時間がかかっって大変なんだわ。



どんな風にできないかというと、そもそも動かない。


「はい、じゃ、誰でもいいので近くの人と、二人一組になってください」
と、言っても、誰も動かないし、誰も動こうとしない。
もちろん、中にはやる気がある子や、
それなりに優秀な子もいるので、彼らは動き出そうとするんだけど、
大多数が動かないので、どうにもならないっていうか。



で、これって、実は中学生以下なのよね。
中学校でも平均的な学校で特別授業を何度か担当したことがありますが、
中学生はまだ先生のいうことを聞く素直さもあるし、
1クラスの中にリーダー的な子が居たり、
男女が半々だと、まじめな女子が主導権を持って、
全体がその流れに引っ張られて動くわけ。
生徒の質のレンジが広い分だけ、
逆に役割分担が出来ていて全体の動きがいいっていうか。



ところが、この雰囲気の大学のこういった学科には、
(たぶん)就職する子の割合がそれなりに多いような高校から、
平均点前後ぐらいの地味で大人しい男子生徒が、
多数来ていると思うので、
誰も声を上げないし、仕切る人もいないし、
みんなが平均的過ぎて逆にすごく重い(笑) 
腰も重いけど、動かすのも、とにかく重いw



それに、二人一組のときに、
相手が見つからなかった一人の人同士が、
お互いに相手を見つけあって自発的にくっつくこともないし、
三人グループの作成を頼んでも、
二人だけのグループが一杯できてしまったときに、
自分たちでは再編成しないし、しようとする気配もないのね^^



私はこの春から、ある大学さんの非常勤講師を務めていますが、
グループ分けするだけでもこんな感じで大変なので、
今は、一計を案じて、時間がかからない方法で、
強制的に毎回席替えをしています。



そうそう、このクラスの学生さん達は、
自己価値も低いし、全体的に覇気が感じられないんだけど、
他人と関わることに関しては、非常に拒否感が強くて、
最初は、ロールプレイングひとつするのも、
メチャメチャ大変でした。(今は、みんな慣れてきました♪)



こういう学生さん達を見ていると、
おりこうさんな大学の学生さん達とはあまりにも差がありすぎて、
新聞や雑誌やTV番組などで、よく言われる
「最近の学生は」という表現ひとつとってみても、
結構、違和感や抵抗を感じてしまいますね。
それはどのレベルの、どの辺の学生を言っているのか?
と、良くも悪くも、つい思ってしまいます。



さて、今回の私へのオーダーは、
学生のやる気を上げて、
自分の将来や就職に向けての意識を高めてほしい、
と、いうものでした。



毎回、あれこれ、いじっているので、
全体的によくなってきているとは思います。



「この授業は、知識を学ぶ場ではなくトレーニングである」
「この時間は、社会に出るための訓練」



そんなことを、毎回、口を酸っぱくして言い続け、
「テストはしない。平常点で評価する」
「平常点とは、受講態度や協調性、積極性も含む」
ということを、前期の最初に明示しました。
(もちろん、事前に教務課にも確認済み)



なので、よろしくない態度の生徒さんは、
片っ端から名前を聞いて控え、
授業中にしょっちゅうトイレに立つ生徒さんも、
黒板の隅に名前と離席した時間、戻ってきた時間をチョークで書き留め、
(生理現象を評価対象にするつもりはないけど、
たぶん、携帯いじりに行っていると思うので抑制かける意味で)
ある程度、態度教育的なところから入った方がいいという思いで、
やっています。



3人や4人のグループをつくるときにも、
「足りなかったら、自分たちで調整しなさい。
それが社会に出ていく能力ってもんでしょ?」とか言って、
「そういうところも評価の対象にする」と半ば脅しながら(笑)、
どうにかこうにか、自主的に動けるようにしています。



その大学の質にもよると思うけど、
大学生こそ、そういった調整能力や自主性、
そして、態度教育が必要だと思う今日この頃です。
それが社会に出た時に、生きてくるはずなので。



関わってみると、素直でまじめな男子も多いので、
いい子もそうでない子も、本当はみんな可愛いんだけど、
学校の中だけで生きていると、あとから大変なので、
少々、心を鬼にして、おっかない先生になっています。



私は前期だけだし、本業は別にあるし、
ここで誰かに何かを批判されても、仕事に影響はないし、
こういう思い切った授業ができるのも、外部講師の強みだし、
学外の人間だからこそ、だと思うんですよね。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.05.20

相手が社長ならメールより電話がいい

スポンサーリンク




私はプロのライターではありませんが、
文章を書くのは結構好きです。



それで、会社をやっている知人に頼まれて、
その会社の広報紙のメーン記事を書いています。

内容はその会社の業務に関する話題や、
最近の業界の動向など。

でもその会社さんって、電気工事業なんですよね^^
もちろん、昔からそういうのはとても苦手だった、
素人の私が詳しくわかるわけないので、
最初は、知人の社長に教わりながら、
検索も最大限に駆使して、四苦八苦しながら書いていました。


ですが、さすがに5年も続けていると、
段々、何がどんな風になっているかわかってくるので、
今は素人なり理解しながら、割と短時間で書けています。



    *    *    *    *    *    *



さて、今現在は、色々な会社を訪問して、
社長さんにインタビューするシリーズなんですが、
これがまた、結構大変で・・・(笑)



というのも、
ICレコーダーに録音したものから、
割と忠実に書き起こしているのに、
バンバン直しが入るからです。



ま、気持ちはわかる。
言葉はその場で消えて流れるので、
あまり考えずに思いつくまましゃべりますが、
それがひとたび、文字になってしまうと、
あとから様々な思惑が交錯して、
「これはちょっと、書いてほしくない」
という気持ちになるんですよね。



で、問題はその「直し」の入り方なんですが、
ウルサイ人は、細かいところまで、
本当にウルサイ(笑)


しかも、それを指摘するメールが、
ぶっきらぼうで、割と怖い感じ・・・



今回も、メールで送った初校を印刷して、
ガッチャガチャ赤字が入ったPDFを、
挨拶もなにもなく、いきなり送ってきましたが、
赤字だらけで、どっから手を付けていいか、
わからないぐらいだよ。



※ちなみに、こういう方は稀です(汗)



そういうのを見ると、まるで、
お前の原稿は「まるでなっていない!」と言われているようで、
少々気持ちがへこんじゃいますが、
まー、ライターや編集の仕事ってそういうことなので、
こちらも割り切って、「ハイハイ」って感じでこなします。



だけど、今回の社長さんは、
本当に、メールがそっけなく事務的で威丈高。
女性の感覚だと、毎回、高圧的に見えるんだよね。



だから、こちらも、なんとなく、
「おそるおそる」というか、「こわごわ」というか、
下手に出る感じの文面になってしまいますが、
でも、この人、インタビューの時は、
洒脱で、冗談が一杯で、内緒話もたくさんしてくれて、
実際はとても楽しかったんですよ。



だから、メールを見た時に、
大きなギャップを感じて、ビビッてしまったんだけど、
よく考えたら、男性のメールって、
要件だけ書いておわり、みたいな、
シンプルなところは確かにありますよね。



それに、社長さんって、一般のビジネスマンと違って、
連絡は電話ベースの人達だったことを思い出しました。



私は経営者さんが集うある勉強会に入っていますが、
そういえば、彼らがスマホで文字を打っているのなんて見たことがない。
ロビーでも誰かが電話していて、
勉強会の最中も、しょっちゅう電話で出入りしていて、
終わった後も、誰かが電話している。


そんな人種であったことを思い出したのです。



    *    *    *    *    *    *



さて、いよいよ締め切り日というその二日前、
こちら側の不備で、
大至急、あることをお願いしなくてはならなくなりました。



私は、彼に対しては、ちょっと怖い印象があるので、
うわー、面倒なことになっちゃったな、と思いましたが、
ふと、「いや、でも、電話ならイケるかも?」と思い、
こわごわ、携帯に一方入れてみると・・・



「いやー、ぷらたなすさん!どうしたの?元気?この前はどうもねー♪」



は・・・なにこれ?なにこのハイテンション?



「じ、じつは、お詫びとお願いが・・・」
「なに?どうしたの?」



べ、別人だ。。。

メールでやりとりしていたあのエラそーで高飛車なキャラはなく、
インタビューした時と全く同じ、軽妙な口調。



ここで私は悟りました。



この社長さんのように、外聞を気にして、
自分自身のインタビューにガシガシ直しを入れてくるような人は、
やはり、メールよりも電話がいいのだ。



外聞が気になるから、面と向かうと誰にでも当たりがいいし、
電話でも、いい顔しちゃうんだな。
(どっちが本当だかわかんないけど)



または、一般のビジネスマンほどメールに慣れていないので、
(取引先とメールで綿密にやりとりすることも少ないだろうし)
メールでは、事務的なことしか書けないのかもね。



それに男性なので、たとえ仕事でも、
自分に女性(私)から電話が入ると、多少はうれしいのかもね(笑)


そんなことを思いついた私は、今までの遠慮をスパっとやめて、
「すみませーん、実は、ぜひお願いが・・・」
「社長さんのような専門家にぜひアドバイスいただきたいことが…」
「やっぱり詳しい方は違いますね、なるほど~」
と、巧妙に悪女モード(?)に切り替えながら、
こちら側の要求を、無事、初志貫徹いたしましたとさ(笑)


そうだよ、こういう人には、自分から寄って行かないとね!


怒っているようだから、腫れ物に触るように関わるのではなく、
負けずに、懐く、かまう、チヤホヤしてあげることが、
こちらの言い分を快く聞いてもらう、近道ね♪



この社長さんはその後、わざわざ、自ら私に何度か電話をかけてきて、
いい助言をくれたうえで、専門用語の間違いも教えてくれました。
本当はとてもいい人なのでした。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2017.04.04

「ご苦労様」という敬語は目上に使ってもいいと思っている

スポンサーリンク




3月末から4月前半までは断続的に新入社員研修が続きます。


私が兼ねてから疑問に思っていることは、
「『ご苦労様』は格下の人にかける言葉」
という妙な敬語のルール。


マナー本を見ると、たいていそう書いてあるけど、
これっていったい、誰が決めたんだろう。


私自身も、何年も前に何かでそう読んで、
そのときは「なるほど、確かにそうかも」と思ったのですが、
この歳(50代)になってみると、
オイ、コラ、ちょっと待てや、それでええんか?
と言いたくなるときがあります。


※ちなみに私はマナー専門の講師ではないのに、
なぜかマナーのオーダーが多い変な人です(笑)
主に製造業、建設業、ブルーカラーの現業系。
こんな感じでマナー講師(もどき)の癖に
がらっぱち感が受けていると思われますw


さて、ある習い事系の団体さんで、
固定の会場を持たずに、色々なところに間借りして、
運営しているお教室があるんですね。


その本部の新入社員研修を先月担当したのですが、
保護者から電話があったときには、
統一して「ご苦労様です」と言っているんだって。


本部の役職者は年配の男性が多いので、
たぶん、いまどきのマナーでは、
「ご苦労様はNG」ということを、
誰も知らないのだと思います。


そういうところはきちんとしている会社さんなので、
常識上、変だと思うことはしないはず。


でもね、私、「ご苦労様は格下にかける言葉」というのが、
一律では納得できないところがあるんだな。


たとえば、苦難の多い公務を成し遂げた上役に向かって、
「お役目、ご苦労様でした」
と、頭を下げて言うよね?


古いドラマでは、
定年退職で最後の仕事を終えて帰宅した夫に、
「お勤めご苦労様でした」と、
妻がねぎらいの言葉をかけるよね?


「ご苦労様でした」の言葉には、
「お疲れ様でした」では決して表現できない、
しみじみとした深みや苦悩の大きさを感じさせて、
私は決して、目上の人にかけていけない言葉では、
ないと思うんです。


むしろ、それを「業者にかける言葉」みたく、
割り切ってしまう感覚のほうに若さを感じてしまいます。


ちなみに、その会社さんに、
「一応、いまのマナーでは、『ご苦労様』はNGとされていますが?」
と投げてみると、以下の答えが返ってきました。


「保護者の皆さんは、お子さんの送迎などで大変だと思うので、
弊社では『ご苦労様です』と返答しています」とのこと。


私はそれって、全然悪くないと思うんですよね。


なのでSTOPをかけるべきかどうか、
非常に迷いましたが、
私、「いま現在のマナーではNGになっている」
と、言っちゃったんですよね。


というのは、保護者の中には、
そういったことに過敏な方がいて、
「おかしいんじゃないの?」と言ってきそうな気配を、
カットしたほうが、その会社のため、と思ったから。


でも、今も、「あれでよかったんだろうか?」と、
あれこれ考えている自分。


だって、考えてみてください。


「お疲れ様でした」は、疲れたでしょ?ってことだよね。
でも、「ご苦労様でした」は、苦労したよね?ってことで、
言葉の意味から考えたら、「ご苦労様でした」のほうが、
ずっと重みがあるし、言われてうれしい気がします。


もしかしてこれは、50代の感覚なのかもしれませんが、
「『ご苦労様』は格下に掛ける言葉」という印象が、
そもそも全然しないのよ。


    *    *    *    *    *    *


付け焼刃のなんちゃってビジネスマナー講師の私が思うに、
ビジネスマナーを学びたい人は、
ルールに頼りたい人が多いと思う。


というか、ビジネスマナー研修で求められているものは、
OKとNGの明確な切り分けであり、ルールでありトリビアね。


受講者が知りたいのは「何をやったらダメなのか?」という、
その一点に尽きると言っても過言ではないと思います。


だから、ネット上の極論に食いつきやすいんだよね、


「相手を見て臨機応変に対応しましょう」というよりは、
「〇〇はNGです」と言われたほうが、わかりやすいので、
どこかの誰かが「これって変じゃね?」と発信しだすと、
みんなが右倣えで、それに従う世界だと思います。
断定が好きだし、断定されたいんです。


なので、(それが歴史的に容認されていても)
「変だ!」「おかしい!」と強く主張する意見が出てくると、
みんながそれに追従する形になりやすいと思います。


でも、私個人としては、「ご苦労様」という言葉が持つ、
しみじみとした味わい深さが好き。
それを「目上にはNG」なんて全然思わない。


もし、この感覚がわかる人がいたら、
それはたぶん同世代かそれ以上の人達かもしれないね。


    *    *    *    *    *    *


さて今日は、昨年、半年間、
ビジネスマナー研修を担当した設備業の皆さんの、
ブラッシュアップ研修でした。


車で出かけて帰宅したら、
庭にいた母が車庫入れする私に、
「ぷらたなすちゃん、今日もご苦労様」
って、声をかけてくれました。


それは母が、かつて亡き父にかけていた言葉と、
同じニュアンスでした。


この感覚って、若い人にはわからないかもね。


----------



【PR】ウォーターサーバー個人向け・ファミリー向けNo.1!はこちら
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

より以前の記事一覧

ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ