« ネットを侮ることなかれ。あー、あー、あー、わかってんのかね | トップページ | 説明会が顧客獲得につながらない理由 »

2017.09.12

取材で好意的な記事を書いてもらうためには。~人間は感情の動物~

スポンサーリンク



今の仕事でまだ全然、食べていけなかった頃に、
ライターのお仕事をいただきました。
月額定額で、(当時としては)悪くない報酬だったので、
一も二もなく私は食いつき(笑)、特に断る理由もなく早5年。



で、今日はその取材日だったのですが、
とても気持ちのいい会社さんで、
取材に来てくれたことに対して深くお礼を伝えてくださって、
インタビューしたどの方も皆、本当に熱心で協力的でこちらが恐縮。



実際、その会社のその部門の事業は、
まだ、これといった実績が上がっていないのですが、(他部門は好調)
皆さんの意欲や熱意が伝わって来て、
本気で自分も何か役に立って喜んでほしい気持ちになりました。



私は現在、月額5万円(恥ずかしいw)の
ぷちアフィリエイターでもあるのですが、
自分が運営しているブログの中には、
地域の地場産品を紹介するブログもあります。



なので、「今回の仕事とは関係がないのですが」と、断ったうえで、
そのサイトに御社の商品を紹介してもよいか?
と、お尋ねしたところ、心から歓迎してくださって、
画像やチラシのPDFを私の個人アドレスに、
その場でたくさん送ってくれました。



「あのー、、、今回の取材とは関係なく、わたくし個人のサイトですよ?」



と、恐る恐る再確認すると、
「いえ、一向にかまいません。PRしていただけるだけでもありがたいです。」



なんかねー、そんな風に感謝されると、
こちらも、ぜひ、頑張って、
少しでも貢献してあげたいっていう気持ちになるんですよね。



取材の対象者は、仕事先が決めて最初に渡りをつけてくれますが、
そこから先の日程調整などは、私が直接やりとりをします。
どの方も、取り上げてもらえるのは自社PRになるので、
NOと言われたことは今まで一度もないのですが、
実際にカメラやICレコーダーを持ってご訪問してみると、
(一様に同じ説明をしているのに)どんなにきちんと説明をしても、
取材の主旨が理解していただけずに警戒される場合や、
「本当にうちみたいな会社のことを書いて記事になるんですか?」と懐疑的な方など、
それなりにやりにくい方もたまにいらっしゃるんです。



ですが、今日のように、とても協力的で、
「なんでも聞いてください」「必要な物があれば言ってください」
みたいな受け入れられ方をしていただくと、
お互いに話も弾みますし、突っ込んだ質問もできますし、
その突っ込んだ質問から、予想外に深い回答が得られたり、
記事内容も非常に充実してきます。



疑り深い方や、取材に懐疑的な方が悪いというわけではなく、
そういった会社さんは、それなりに過去に苦い経験があるのかもしれませんが、
人間はやっぱり感情の動物なので、歓迎されるとそれに応えたくなりますし、
喜んでいただくと、もっと喜んでほしくなるものです。



そうすると、ライター側も、事実を客観的に書くだけでなく、
お世話になった分だけ、少しでも売り上げに貢献してあげたい気持ちが芽生え、
差し障りのない範囲内で、ちょこっと好意的なワンフレーズを、
どこかに挟みたくなるので、結局、お得だと思うんですよね。



と同時に、そういった応対ができるかどうかは、
取材される担当者ご自身の様々な思惑・・・例えば、
「自分はそれに関して語る資格があるのだろうか?」という疑問や、
「自分は専門家ではないので、詳しい質問には答えられないのでは?」
という不安、そして、
「自社よりもシェアのある競業他社が見たら、なんと思うだろう?」
というライバルの目線が気になる気持ちよりも、
ただただ、自社の製品・商品を、もっともっと世の中に知ってほしい、という、
素朴で熱い気持ちのほうがはるかに勝っている場合にほかならず、
逆にその、一生懸命な感じが取材する側の心を動かすのかもしれません。



このブログをお読みの方の中には、
取材される立場の方もいらっしゃると思うんですが、
より有利に取材してもらうためには、
ライターさんを味方に付ける発想が必要だと思うんですよ。



実績があるので、取材されるのが当然、という気持ちもわからなくもないですが、
その思いは、いったん、ちょこっと横に置いていただいて、
取材者を気持ちくよくさせて、気持ちよく帰す。



そういった戦略も必要なのではないかと思います(笑)

----------



【PR】ディズニー&キャラクターや介護おせちも掲載!人気の10社から選ぶおせちカタログ
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« ネットを侮ることなかれ。あー、あー、あー、わかってんのかね | トップページ | 説明会が顧客獲得につながらない理由 »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/65782543

この記事へのトラックバック一覧です: 取材で好意的な記事を書いてもらうためには。~人間は感情の動物~:

« ネットを侮ることなかれ。あー、あー、あー、わかってんのかね | トップページ | 説明会が顧客獲得につながらない理由 »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ