« ホームページを持っている人ほどホームページには敏感である | トップページ | 取材で好意的な記事を書いてもらうためには。~人間は感情の動物~ »

2017.09.04

ネットを侮ることなかれ。あー、あー、あー、わかってんのかね

スポンサーリンク




老後の趣味&楽しみ&お小遣いとして、
ホームページを持っていない友人・知人・親戚のページを、
ブログ形式で1枚だけつくってあげる無料のサービスを始めました。
(ご興味がある方は、コメントしてね♪)



その過程として、
ホームページを持っている人ほどホームページには敏感である
という先の記事を書いたんですが、ある友人(60代男性)が、
掲載を希望しているのにいつまで経っても原稿を送ってこないので、
Yahoo電話帳みたいなサイトから基本情報だけ引っ張って来て、
先行してベースになるサンプルページを作ろうと思ったんですよね。



だけどその前に、そもそも彼はホームページがあるんだろうか?
自分は「ない」と認識していましたが、
ホームページがあっても、つくりが悪いと上位に表示されないので、
念のため、社名だけでなく個人名でも検索してみたところ、
どひゃー!!びっくりよ。



出て来たのは、彼の所属する団体を告発する個人ブログで、
しかも、その団体の役員である彼自身も実名で批判されており、
その団体のありさまに対して、腹に据えかねたブログの管理人が正式な訴えを起こして、
それに関する裁判資料や音声録音なんかも、アップされちゃっている・・・



あー、あー、あー、あー・・・
知~らないっと。



彼はブログから想起されるような悪い人・・・ではありません。
気心の知れた友人には、気さくで親切です。
だけど、多少、小ズルいところは確かにある!(^-^;
私が講師を務める勉強会への参加も、
テキスト資料が欲しくて来ているのが見え見えだし、
本人も、気を遣わない私に対してはそれを堂々と言うし、
その資料はたぶん、アレンジして、自分が講師を務める研修等で使うんだと思う。
いわゆる、パクリってやつですね。



あと、同じ地域に住む別の人から、
よくない話も、具体的に聞いたことがあります。
仕事と金銭に絡む、グレーな手法の話です。



だから、私が思うに、ブログ主の言い分は、きっと正しいんだと思う。
当該ブログは、文章も見せ方や伝え方も、第三者にわかりやすく工夫されているし、
批判はしても感情的な攻撃は一切していないし、非常に冷静で論理的で客観的。
なので、このブログの主さんのほうが、よっぽどバランス感覚に優れていて、
正しいことを言っているんだと確信します。



で、遠い地区の話なので、ことの真偽は個人的にどっちでもよくてw、
問題は、彼が、ネット上に、こんな風に書かれていることを、
知っているのか?ってことなんですよね。



まぁ、たぶん、知っているだろうし、見てもいると思うんだけど、
負け犬の遠吠え、ぐらいに思っているのかもしれません。
(実際は「負け犬」ではなく、相手側が訴訟には勝っている)
(彼が所属する団体に対して、厳しい判決が下されている)



彼が役員を務める団体の上部層がやっていることというのは、
要するに、公的な団体を自分達の都合のいいように運営して、
異を唱える異分子をことごとく排除している、ということなんだけど、
市町村絡みの公的な団体なので、
所属の有無よって市町村から仕事が来る、来ないの、
大きな分岐点になっていることもあり、
会員に対して、著しく不公平で私的な運用になっているらしい。



が、判決が下ったのに、一向に改善の兆しがなく、
かねてから大きな疑問を感じた原告さんが、
ブログという手法をつかって、情報拡散の手段に出たわけですね。



彼はこの事実を侮るべきじゃないと思います。



彼は、大手企業のシステム系の出身ですが、
この年代(60代)のプログラマーやシステム系出身の人に本当にあり勝ちなんですが、
あんまりインターネットをやらないんですよね。
やってたら、ホームページのひとつぐらい、とっくに持っていると思います。



だから、新たに取引を始めようと思ったら、
「まず、相手のホームページを見る」「取りあえず、真っ先に検索してみる」
という、いまどきのビジネスパーソンの当たり前の手順が理解できていないと思う。



で、そこで検索すると、あの記事でしょぅ?



これって、ちょっと、まずいんじゃないのぉぉぉ?



ま、そんな人だから、ホームページもないわけで、
または、叩けば埃が出ることを十分承知しているから、
あえて、ネットには、自分の情報を載せたくないのかもね。



ここで、ふと、思い出すのが、私の友人の話。



バツイチの私の友人は、結婚相談所で紹介されたある男性の印象が良く、
「この人なら結婚してもいいかな」と思ったそうですが、
ある日、ふと、その人の個人名でネット検索してみたら、
前科のある人であることがわかり、急に怖くなってお付き合いを断ったそうです。



また、私の家族は独立した息子たちを含めると5人家族ですが、
私も夫も長男も次男も、そして80代の母も、
個人名でネット検索すると、全員の情報が出てきます。



私は個人事業主なので、実名のHPもありますから、それが当然としても、
長男と次男は高校や大学のスポーツの試合結果が出てくるし、
夫はFacebookが出てきます。
夫はFacebookをほとんど使っていないのに、
私がタグ付けした記事のほうが出てくるんです。
母は趣味の油絵で、公募展の入選者として、記事や名前が出てきます。



自分の知らないところで、自分の情報が公開されているのがネットなのですから、
仕事で活動している人は、そういったサイトを、検索トップにしないためにも、
ホームページやブログなどの公式情報は、あったほうがいいと思うんですけどね。
でも、そう思うのは、普段からネットをよく利用していて、
効果も怖さも、よくわかっている人に限られるのかもしれません。



ていうか、一番いいのは、そもそも他人に批判されるような、
悪いことをするなって、話ですけどね^^
----------

【PR】ディズニー&キャラクターや介護おせちも掲載!人気の10社から選ぶおせちカタログ
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« ホームページを持っている人ほどホームページには敏感である | トップページ | 取材で好意的な記事を書いてもらうためには。~人間は感情の動物~ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/65747959

この記事へのトラックバック一覧です: ネットを侮ることなかれ。あー、あー、あー、わかってんのかね:

« ホームページを持っている人ほどホームページには敏感である | トップページ | 取材で好意的な記事を書いてもらうためには。~人間は感情の動物~ »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ