« ランキングサイトを見てはいけない | トップページ | 「ムカついた」と相手に言わせよう »

2017.07.06

悪いことは悪いと言おう。それが味方をつくる道

スポンサーリンク




今日は大学で講義の日でした。



キャリア形成と言えば聞こえがいいけど、
要は就職対策講座です。


有り体に言えば、私が非常勤講師を務める大学さんは、
いわゆる三流大学で、生徒の質もやる気も低く、
就職に対しても、ちっとも前向きじゃないので、
「そこを何とかしてほしい」というオファーでございました^^


私はプロコーチでもあるし、社員教育の指導経験も長いので、
こういった集団のやる気の上げ方もある程度ノウハウがあるため、
たぶん、ほかの先生たちよりは、成果を上げられていると思うのですが、
一番大切なことは、褒めと叱りをしっかり行うということです。
褒めるだけでもダメ、叱るだけでもダメ、ということかな。


今日は、学生さんに5分程度の動画を見てもらったんですが、
登場人物が外国人で、字幕付きの動画だったため、
面倒と思ったのか、難しくて自分には理解不能と思ったのか、
教室の1/4ぐらいの学生が、開始と同時にスマホをいじり始めたんですよね。


はぁ~、このタイミングで即スマホですか・・・


決して難しい内容ではなく、むしろ非常にわかりやすくていい内容です。
だって、残りの学生達は、食い入るように見ていたもん。


ただ、ここで私が思うのは、この事実をこのまま無視して、
放置しておいちゃ、ダメってことなんですよね。


声を荒げて叱ったりはしないし、強制的に止めさせもしないけど、
ただ、「見てますよ、それ、よくないよね」というサインは必要だと思いました。


そこで、学生と一緒にスクリーンを眺めるのを止めて、
視線を学生たちのほうに向けました。
スマホをいじっている一部の学生と目が合いましたが、
目をそらさずそのまま見ていました。


さて、このあと、えーと、どうしようかな。


そうだ、スマホをいじっている人の数を数えよう。
一列目、さすがに誰もいない。
二列目、窓側一人、通路側一人、
三列目、窓から2番目の二人組と真ん中の一人と通路側の一人・・・


そんな風にメモして、動画が終わった後に言いました。


「私の授業は、一人前の仕事人になるための授業ですが、
今、皆さんを見ていたら、スマホをいじっている人が12名いました。
一列目、窓側一人、通路側一人、二列目、窓から2番目の・・・」


そんな風にメモを読み上げ、こう言いました。


「社会に出たら、皆さんは、様々な評価の対象になります。
世の中には今の私のように、怒りも叱りもしないけど、
黙って相手をジャッジしている人がたくさんいます。
皆さんは今それを意識していなくても、
世間というのはそういうところだと思ってください。
常に見られているということを忘れずにね。」


授業が終わった後、出席カードを手渡すときに、
一人の女子学生にこう言われました。


「先生、実は、みんなのスマホ、私もすごく気になっていたんです。
だから、先生がそれを言ってくれた時に、すごくうれしかったし、
気持ちがスッとしました。ほかの先生達は誰も何も言わないし、
でも私、そういうのって本当に嫌なんですよね。ありがとうございます。」


まぁ、大学は、(本来は)しつけを教えるところではないので、
普通の先生は、そりゃ、言わないよね、小中学校じゃあるまいし。
でも、現状は、そういうところをしっかり言及していかないと、
世に出せない学生が、一杯いる、というところかな。


そして、いいものはいい、ダメなものはダメ、という態度を明確にして、
ブレずに推し進めることで、心ある学生が少しずつ味方に付いてくれる、
ということなのでしょう。


以前、基金訓練(社会人が対象)の講師を引き受けていた時も、
受講者の人の質が低くて随分鍛えられましたが(笑)、
そのときも、授業中なのに高々と新聞を開いて読み続けるおじさんに、
「今、新聞を読んでいるのって、何か特別な理由がありますか?」
と尋ねて、やんわりと読むのを止めさせた経緯がありますが、
そのときの、周りの皆さんの「よく言ってくれた」という表情が、忘れられません。
20名の授業でしたが、19名を味方につけたといってもいいかもね(笑)


さて、息子の親友のH君は、せっかく大学に入ったのに、
1年でやめてしまった人ですが、
先日、H君がやめたというのが、この大学だったことが、
息子の話で初めてわかりました。


当時の私は、親に高い入学金を払わせてすぐに止めてしまうなんて、
H君のご両親はどんなに複雑な思いだろう?と思ったり、
H君も意外に根性のないやつだな、などと思っていたのですが、
それがこの大学だとわかった瞬間に、H君の気持ちがよくわかりました。


せっかく、まじめな熱意と夢や希望を持って大学に入っても、
授業が始まった瞬間に、多くの学生が堂々と机に伏せて寝始めるような現状には、
やる気のある人ほど、失望を感じるに違いありません。


むしろH君は、誠実で情熱があったからこそ、やめたんじゃないかな?


息子には、「私、H君が大学をやめたわけが、今回初めてわかった気がするよ」
そう言いました。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« ランキングサイトを見てはいけない | トップページ | 「ムカついた」と相手に言わせよう »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/65506524

この記事へのトラックバック一覧です: 悪いことは悪いと言おう。それが味方をつくる道:

« ランキングサイトを見てはいけない | トップページ | 「ムカついた」と相手に言わせよう »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ