☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 説明してはいけません | トップページ | (次男)はちみつ味の梅干しで食欲も徐々に回復 »

2016.11.29

抵抗意見のカタを持つ

今日は、私としては、
お仕事がいただけるかどうか?
の、打ち合わせでした。



「ビジネスマナーという入り口」 の続きになりますが、
研修の実施は、ほぼ"決まり"と思われたものの、
現地担当者と直接お会いすることになったのです。


本社の担当者さんは、大いに乗り気で、
「実施ありき」でここまでお話を進めてきましたが、
支店の現地担当者にしてみれば、?な感じ?


打ち合わせは、電話会議形式で、
本社から数名、支店から数名、
それに私。



本社がいくら、良かれと思って進めていることでも、
支店にとっては、それもまた押しつけでしかなく、
打ち合わせでは、さほど乗り気でもない感じでした。


ですが、本社サイドは、
最初から「やる」方向で話を進めるので、
支店サイドは、困惑がありあり。


「じゃ、日程の調整に入りますか?」
という本社側の声に対して、
支店長から、「ちょっと待ってください」の声が。


なんかねぇ、こういう打ち合わせっていうのも、
微妙だよねー(^^;)


通常の打ち合わせっていうのは、
解決したい課題が明確にあって、
それに沿ったオーダーが次々と出てきます。


たとえば、「弊社の電話応対をなんとかしたい」とか、
「肩の凝らない楽しめる研修をお願いします」とか、
ストレートに、「コーチングを教えてください」とか?


でもこの会社さんは、
本社が支店を何とかしたいと思っていても、
支店がそれを解決したいんだか、したくないんだか。


それで、一応、現状の洗い出しは行ったんですが、
最後になって支店長が、
「この認識で合っているかどうかもわからない」と。


で、もう少し、「整理する時間が欲しい」と。


私はその気持ちがわからないでもなかったので、
それならそれでいいか、と思いましたが、
本社サイドが結構、突っ走るんですよ^^


最終的には、本社の言うことには、
従うしかないのかもしれませんが、
そんな経緯で、研修を行うのは意味がないよね。


研修ってのは、参加する方たち自身が、
知りたいと思うこと、必要だと感じていることを、
提供しないと、身になりません。


このまま、本社の言いなりで実施したら、
結局、「やらされ感」が増して、
いい結果は得られないでしょう。


そこで、日程の調整を急ぐ本社に対して、
私が、ストップをかけちゃいました。


「Eさん、支店長は時間が欲しいっておっしゃってます。
今日はここまでにして、
少し考えてもらったらどうですか?」


「え?ということは、来年に仕切り直し?」


私は思わず、「いえ、違います!」
と即座に断言してしまいました。


支店長は、自分が状況を、
まだよく把握してない状態で、
先を急かされるのが嫌なんですよ。


私を含めて、色々と話し合って
なるほど、研修はやってもいいと思った。


でも・・・、という、
イマイチ、手放しでは乗れない感覚
なのだと思います。


要するに、前向きな気持ちはあるけど、
一端、時間を置いて、自分なりに、
物事を咀嚼したいんですよね。


そのための時間がほんの少し欲しいだけ。
受け入れるための、自分なりの筋道を、
自分に対して通したいだけ。


その気持ちがわかったので、
何も言わない(言えない)彼のためにも、
ここで私が代弁してあげないと、ダメだと思いました。


なので、スピーカーフォンの向こうの、
本社メンバーに対して、
そのように伝えました。


「支店長は、来年に仕切り直しとは、
思っていないと思います。


数日でいいので、
一度この場から離れて、
ひとりで整理したい、という意味では?」


そして、支店長(私より若い)に向かって、
「そういうことですよね?」と、
確認を求めました。


彼は、少しホッとした顔で、
「はい、その通りです」
と、言ってくれました。


よかった、間違ってなくて。


仕事はね、そりゃ、欲しいよ(笑)


でも、この場で自分が本社サイド側に立って、
巧妙に、実施の方向に持って行っちゃ、
ダメだと思ったんだわ。


そんなことしたら、支店の皆さんとの、
信頼関係が築けないよ。

ここで私がすべきことは、
支店の皆さんの立場を理解して、
支店の言葉を偽りなく代弁してあげること。


こういった私の行動を見て、
「この人は、本社の手先ではない」
と、信用してくれると思ったんです。


で、引いてはそれが、
私の営業上においても、
ベストだと思ったんですよね。


本社の担当者さんは、
私が支店側のカタを持ったので、
びっくりしたと思います。


でも、これは、
味方が敵に回ったのではありません。

本当に、研修を実施したいなら、
そのためには、こういったアプローチも、
必要と思ったからです。


多少のずるさも、あるかもしれませんが、
交渉事では、相手に寄るって、
大事だと思うんですよね。


はてさて、研修実施は混とんとしてきましたが、
たぶん、やる方向に向かうんじゃないかな。


私が「違います!」とキッパリ告げた時の、
支店長の表情を見てそう思いました。


« 説明してはいけません | トップページ | (次男)はちみつ味の梅干しで食欲も徐々に回復 »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/64557442

この記事へのトラックバック一覧です: 抵抗意見のカタを持つ:

« 説明してはいけません | トップページ | (次男)はちみつ味の梅干しで食欲も徐々に回復 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★