« 隣席の困った彼女をクリアせよ~⑥号泣した後任者の不満が会社の批判に変わる~ | トップページ | 神様にお願いする気持ちを忘れていたよ »

2016.05.08

ムッとするけどこういう人が成功するんだと思う

スポンサーリンク




先日は、ある人を囲んだ懇親会でした。
その中に、最近、本を出版した若い女性のAさんがいました。
若いと言っても、お子さんがいらっしゃる40代前半の方ですが、
20代に見えないこともないぐらいの(本当です)、愛らしくチャーミングな人です。
以前から、そこそこの知り合いでしたが、
今まで直接、1対1で言葉を交わしたことはありませんでした。



彼女が出した本と言うのは、美容業界で独立起業するためのノウハウなのですが、
あいにく私は、「美容」に全く興味がないため、
本を出したと聞いても、特に大きな関心はなく、
それよりも、なんとなく自分とは合わないキャラの人だな、と思っていたこともあって、
当然、本は買っていないし、ネットで見るなどもしていないし、
要するに、どっかの誰かがなんかやってるなー、ぐらいの、
他人事のような感覚で見ていました。


ところがその日は、席が隣同士だったため、
話しかけないわけにもいかず、
「いやいや参ったな、私と、この人の共通の話題なんてなにもないよ~(汗)」
と思いながらも、一応、「ご出版おめでとうございます」と、
仕方なく(笑)お祝いの言葉を伝えてみました。


でも、「ちょっと好かない感じの人だな」と思う人は、
どこまで行っても「好かない」もので(笑)、妙に会話が続きません。


ま、一個人にとって相性が悪い人というのは世の中にたくさんいるので、
そういう人は、関わらなければいいし、放って置くのが一番ですが、
「本を出している」という立派な実績を持つ人の話には、
それなりのヒントもあるはずなので、最初から「好かない」と思って、
心を閉ざしてしまうと、得られる情報も得られなくなる、というのが自分の考えです。


以前、同じような状況だったときに、反発したい気持ちを押さえて、
この時間が自分のメリットになるような話の聞き方をしてみようと切り替えた瞬間から、
相手の話でどんどん自分なりのアイデアが浮かんできたので、
「この人は合わない」と思っている自分の気持ちを自覚したら、
敢えて心を開放するほうに持っていくのもトレーニングだと思うんですよね。


とはいえ、「好かない人」は、やっぱり「好かない人」だった(爆笑)。


「どうして自分のサロンを開こうと思ったんですか?」(私)


「それは、元々私が美容部員だったからです。」(Aさん)


「そうだったんですか。では、どうして美容部員になろうと思ったんですか?」(私)


「え、サロンの話じゃないんですか?サロンの話はそれで終わりですか?
もういいんですか?そっちはこれ以上、聞きたくないってことですか?」(Aさん)


いや、そういうつもりで質問したんじゃないんですが、
美容にあまり関心がない私にとっては、
業界の人が、どういった気持ちやプロセスでその仕事に就くのか?といった、
根本的な個人ヒストリーのほうが、よっぽど興味があるわけよ。
そこに納得できる答えが得られたら、
今以上に共感してあげられるし、話も弾むと思ったわけ。
なのに、その切り換えしはないよね(^_^;) だがしかし、相手は間違っていないw
向こうは今のサロンの話を聞いてほしい、そっちを話したかったんだろうな。
でもほぼ初対面に近い会話で、いきなりこの突っ込み(思い切り批判的)かよ・・・


---(中略)---


「もうそのときは給料が安い今の会社では暮らして行けず、
辞めて一人でやるしかない、と思いました。」(Aさん)


「あぁ、わかります!私もそういう苦しい時期があって、何でもやろうと思いました。
お金がもらえるなら工事現場でも交通整理でもなんでもいいと思って、
実際に倉庫作業などで収入を得ていたこともあったし。」(私)


「工事現場や交通整理って(嘲笑)・・・ぷらたなすさん、それじゃお金は稼げませんよね。
はっきり言って、工事現場じゃお金持ちにはなれないです。(キッパリ)
お金を得るために工事現場って、その発想は変ですよね、違いますか?」(Aさん)


えっ、そこですか!話しには「もののたとえ」ちゅうもんがあるじゃないのさ。
軽い気持ちで話したのに、突然のジャブに、内心、ムッとするぷらたなす。
だがしかし、相手の言い分は間違いではない。
でも初対面に近い会話の出だしで、いきなりこの突っ込み(まさかのダメ出し)かよ・・・


---(中略)---


「で、そのあと、どうされたんですか?」(私)


「(ちょっとムッとして)その辺のことは、全部、本に書いてあります。
私の本、読んでないですよね?知りたければ読んでください。」(Aさん)


「(ヤバい、読んでない^^)あ、すみません。
美容にはあまり関心がなかったので・・・(弱気の言い訳w)」


「美容のことなんて書いていません!
私の本は起業について(←強調)書いているんです。」


一事が万事こんな風なので、何を話しても思わぬ反応で、
しゃべっていてもちっとも楽しくなかったんですが、
思いは伝わると言いますから、
たぶん、向こうも私のことを、以前からいけ好かないヤツと思っていて、
その結果として、この会話だったのだと思いますね(笑)


話してみてわかるのは、この人のお話は事実ベースですごくストレート。
比喩やジョークであっても、歯に衣着せぬトークで、
おかしいものはおかしいと言い、ダメなものはダメという。
それが単に楽しく世間話をしたいだけの人にとっては、
気持ちを逆なでされるような内容だったとしても、
実績を上げている美容業界の女性には、こういうタイプの人も多いので、
よくいえば、そのあたりのブレないシンプルな思いの強さや、
衆目の目を一切気にせず、目的に向かって迷わず一直線にばく進する感じが、
きっと、成功の秘訣なんだと、またまた思ってしまいました。


自分と同業の人でも、華々しく成果を上げているような人には変わった人が多く、
内輪での人物評価は最悪で、悪くいう仲間も多数いるんですが、
対外的には結構人気があって、マスコミなどにもたまに顔を出している・・・
みたいな人が一人や二人ではありません。
つまり起業して実績をあげていくことと、「周囲の人とうまくやる」というスキルは、
全く別物と、捉えたほうがいいケースも多いのだと実感します。


「周囲の人とうまくやる」あるいは「仲間で活動に参加する」「他人を敵に回さない工夫」
などは、目標を立ててカツカツとビジネスを進めるうえで邪魔になったり、
ときには、無駄なことに余計なエネルギーを注ぐ結果にもなるんだろうな。
アスペルガー的な人が成功する所以も、その辺にあるのだと思います。
その意味で、目標達成にだけピュアに一途に取り組めるという気質は、
自分にはないものだし、何かと寄り道と無駄と邪念の多い私にとっては、
見習うべき事柄なのでしょう。



でも、私の場合は、個人ではなく、法人さんが相手だしなぁ・・・
お話をしてみて、ヒントにはなりましたが、
今から美容系で起業したい個人(主に女性)を相手にする場合と、
会社という人数が複数いる組織の経営者や
その人事担当者(現状は主に男性)を相手にする場合とでは、
やはり、事情が異なると思うんですよね。
だから彼女のやり方がすべていい、というわけではなく、
その中から、法人相手でも使えるエッセンスだけを、
自分に取り込んでいけばいいのだと思います。


    *    *    *    *    *    *


彼女が参加することが事前にわかっていたのに、
書評も読まずに、いきなり本の内容に触れるようなことを尋ねた私も、
今となってみれば、失礼と言えば確かに失礼ですよね。


これがもし、かねてから好感を持っている人だったなら、
必ず、事前に一通りの情報を確認してから出かけたはずです。
だから人の行動というのは、自分が意識するしないに関わらず、
ものすごく感情に左右されているし、その感情が元で、
結果的にビジネスの現場などで、
知らず知らず、相手に失礼な行動を取っているのかもしれません。


そう自覚した私は、初めてAmazonで彼女の本の内容と書評を読んでみました。
出版したての時期は、周囲が盛り上げてくれますし、
仲間内の人達がよいコメントを書いてくれるので、
現在の評価は上々ですが、実際はまだ未知数だと思います。


ですが、続けて読んでみたアメブロのセミナー告知記事がすごくよかった。
動く絵文字が一杯のキャピキャピした文面は、
相変わらず私の趣味には合いませんが(笑)、
なんでしょうね、やっぱりブレない確信、自信、強さをすごく感じます。
そこに大きな魅力と輝きを感じます。
そしてうまいのは、秀逸に対象を絞り込んでいるところ、ですね。
「誰でも」とは言わずに、「これこれこういう人に来て欲しい」という意思が、
ひとことも文章に明記されていないのに、確実に伝わってくるところがすごいですね。


これは、キャピキャピした文章が嫌いとか、動く絵文字が好かないとか、
言っている場合ではないと思いました。
確かに彼女は好かないヤツですが(笑)、天性の戦略家なのだと思います。
こういうところこそ、非常に参考になる部分かも。
セミナー、行ってみようかな?なんて、思っちゃったりしてね。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 隣席の困った彼女をクリアせよ~⑥号泣した後任者の不満が会社の批判に変わる~ | トップページ | 神様にお願いする気持ちを忘れていたよ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/63598251

この記事へのトラックバック一覧です: ムッとするけどこういう人が成功するんだと思う:

« 隣席の困った彼女をクリアせよ~⑥号泣した後任者の不満が会社の批判に変わる~ | トップページ | 神様にお願いする気持ちを忘れていたよ »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ