スポンサーリンク


« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016.04.21

男のやさしさを引き出そう

スポンサーリンク




今日は、福祉系のある小さな一般社団法人さんの研修でした。


小さな事業所さんなので、受講者は4名です。
皆さん、溌剌として服装も髪形も化粧もお若いですが、
たぶん40代~50代のミセスだと思います。


この事業所さんには課題があって、
スタッフ(受講者)と所長さん(30代後半男性)の仲が、
あまりよくありません。


所長さんは、パッと見、ヤンキー兄ちゃんです(笑)
元、バンドマン。
でも、福祉系に携わる人って、意外にも、
バンドマン(というか、ロッカー)の人が多いんですよね。


この所長さんもそうで、バンド活動をしつつ、
ナイトジョブで日銭を稼ぎ、
あるときから、ワケあって福祉の世界に身を置き、
数年前に事業所を立ち上げました。


キャラとしては、機転が利くけど大雑把で気のいい、
庶民派の下町系あんちゃんです。


ですが、その「大雑把でお人よし」の部分が、
今、スタッフとして働いている女子チームと相容れないのです。
女子チームは真面目で真摯な方ばかりで、
元看護師や元大手のケアマネや、
老人福祉施設で働いてきた人達なので、
ルールも規則もなく、人(利用者さん)への対応もバラバラで、
何事においても、一貫性がなく、ときに不公平にさえ思える、
所長の対応が不満でなりません。


「女性の利用者に甘すぎる」「物事の判断基準がわからない」
「前回ダメと言ったことが、今回はOKの根拠が不明」
「マニュアルが全くなく、不在時にどうしたらいいかわからない」
「良かれと思って自己判断したことでも、悉くダメ出しを食らう」
「業務遂行上、一般企業なら、あり得ないゆるさ」


所長の不在時に、彼女たちが口々に私に訴えてきた内容は、
ひとつひとつ伺うと、まったく正論で、「正しい」のひとことに尽きます。


ですが、それをそのまま伝えて、逐一、指摘し続けたら、
そりゃ、所長とは、うまくいかなくなるわな・・・
所詮、男は職場ではヒーローになりたいヤツらなんで(笑)


最初に言っておきますが、どう考えても彼女たちは「正しい」です。
確かに、その場の、ノリと勢いと雰囲気で決議や指示出しをしているように見える
C所長の行動は、多分に属人的で統一性や再現性がなく、
そのときに気分でOK/NGの判断を下している、と思えなくもない。


ですが、「職場」という集団の中では、
「正しい」ことを「正しく」主張しても、
その手法が「正しい」のかは疑問が残ります。


なぜなら人は感情の動物なので、
自分に批判的な人のいう事には寛容になれず許容もできない、
という特性があるからです。


しかも、所長は男性ですから、余計に感情的です。


あ?知ってますか?
実は男性のほうが感情に左右された行動を取るんですよ?
「あいつ、好かない」と思えば、そこには頑な態度をとるし、
心無い上司のひとことにカチンときて、勢いで会社辞めちゃうとか、
そもそも、激高したゆえの、殺人や傷害事件て、
圧倒的に男性のほうが多いですよね。
(女性は計算高いので、通常は「やって損」な行動はあまりしません)


なので、男性は女性に比べると、全然論理的じゃないし、
一度、感情が阻害されると、態度を変えられないのです。


・・・といった男性の特性を踏まえずに、
日々、NG箇所の指摘をし続けると、
まだ人生的に練れていない男性ならば(若い人)、
段々、気分が悪くなってきて、ある時を境に、
その人達を、拒絶するようになります。


もちろん、職場ですから暴力沙汰にはなりませんが、
(彼も分別はきちんとわきまえている常識人なので)
「面白くない思い」が、毎日、鬱積してきて、
もう、客観的に見て「いいか、悪いか?」の判断はできません。
というか、しません。
あるのは、その人への反発や嫌悪感だけです。


でもね、これは伝えるほうにも原因があります。
「これって変ですよね?」「絶対おかしいですよね?」
という言い方をその都度されていれば、
どんな人でも、自分の素の状態、
つまりナチュラルなアイデンテティが脅かされるので、
普通は、そのまま引き下がれずにひとこと反論したくなるものです。


けれど、女性はどうしても、相手への批判や評価が、
言動に乗りやすいんですよね。
それは相手に変わって欲しいと純粋に思う、
利害とは無関係な気持ちの反映なのですが、
未来への不安が強い人ほど、
改善への願いが固執した圧力になってしまいがちです。


一方男性は、性別の特性上、(というか本能的に)
女性には褒めて認めて好かれたい動物なので、
褒めて認めてもらいたいはずの「女性」にそんな風に言われると、
翻って、頑固で意固地になりやすいです。


これが、自分よりも格下の男性の部下から言われたのなら、
正面切って「バカヤロー」と力づくて一蹴できるのですが、
相手が女性なので、同じ手法でダメージを与えられず、
結果として、相互に微妙な雰囲気になってきます。


でもね、ここで考えて欲しいのですが、
あなたの目的ってなんでしょうね?


事業所として、「これはマズイのでは?」と思い、
サービスの提供者としてのあり方を本当に考えるのなら、
どういった手段であっても、
問題の箇所が改善されればいいわけですよね?
違いますか?


もしあなたが、そちらではなく、
所長が自分の非を詫び、反省して、
『俺が間違っていた』と、あなたに謝るその日を、
最終目的として夢見ているとしたら、
それは事業所のためではなく、
「私を認めて欲しい」というあなたのためかもね。
つまり、自分の心の満足のため、ということになるかもしれず、
それが少しでも臭うと、その辺に対しては、
男性って妙に敏感なんですよね(笑)


元来、男性は女性には優しい生き物だと思っています。
理屈抜きでそういう風にできているんですよ。


だったら、そこをうまく利用して、
褒めたり評価したり持ち上げたりして、
まず先に、しばらくいい気分にしておいて、
「あなたのいう事なら、なんでも聞いちゃうよーん」
という価値観を植え付けたうえで、
その上で、「お願い」ですよ(笑)
え?「お願い」なんてしたくない?
ダメよ、手法にこだわるのは、
自分に焦点が当たっている証拠ですよ。

スタッフの皆さんが、全員、所長年上でも関係ないです。
男というのは、いつだって女の役に立ちたいし、
必要とされたいし、頼られたいし、認められたいんです。
ゆえに、女性には優しいし、困ったら助けてあげたいと思う、
動物なんですから、その特性を利用しない手は、
ないと思うんだけどな。

男の人はやさしいですよ。
それも、その場その場の浅いやさしさではなく、
もっと、根源的に女性にはやさしいです。
(その分、同性には厳しく、敵対しやすいですけどね)

その、やさしさを、どうやって引き出すか?

それが、悪女への第一歩じゃないですかね。

----------


【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)


※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2016.04.14

男の「改心」は信じちゃダメよ、H絡みだから

スポンサーリンク




昨日、仕事をしていたら、突然、オットが仕事部屋に入って来て語り出す。



「あんたの言ったことって、よく考えたら正しいよなぁ・・・」



(は?なに?突然?しかもなに?この唐突なタイミングは?)



「いやー、きのう、お母さんにオレが買ってきたパンの話よ。」



あ、そうそう、仕事が忙しくて昼ごはんの準備ができなかったので、
銀行回りで外に出たオットに、「コンビニでパンを買ってきて」
と頼んだんです。



すると買い物の成功率が低くていつも私から突っ込みが入っているオットは、
自分で決める自信がないらしく、「何を買ったらいいかそっちが(私が)決めて」
と言うのです。(男の買い物って、本当に頼んだものを正確に買って来ないよねw)



「じゃ、私にはツナと卵のサンドイッチ。
お母さんにはアンパンとソーセージパンね。
あなたの分は、自分で好きなの選べばいいよね。」


ところがうちのオット、母には「アンパンとソーセージパン」と頼んでいるのに、
なぜか選ぶのが面倒になったらしく、私と同じツナと卵のサンドイッチを、
母用にひとつだけ買ってきました。



「え・・・なんで、頼んだの買って来なかったの?
しかも、ひとつだけ。お母さんは菓子パンを食べるときは二個食べるんだよ?」



「だって、サンドイッチはもともと二個入っているじゃん。」



「いや、そういうことじゃなくて、普段はいつも私が手作りしている昼ご飯を、
今日は私の仕事の都合で手抜きにしているんだから、
せめて、母の好きなパンの組合せだったら喜ぶと思ったし、
それが、申し訳ないと思いながら手抜きする側の誠意ってもんでしょ?」



「だって、よく残すじゃん、毎回、残すんだから、
最初から少なめでいいでしょ?」



「違う、違う、そうじゃなくて、気持ちの問題。
『今日の昼ごはんはこれ』って、コンビニのサンドイッチをポソッとひとつだけ、
事務的に手渡されたら『なに?この心がこもっていな感じ?』って、ムッとしない?
(ちなみにうちの母は、割とそういう人です(笑))
(ちなみにうちのオットは、あまり私の母と相性が良くないw)
なんか、軽視している感じが、これだとあからさまだよね?」



って、そこから以後、かみ合わない不毛なやりとりが続いて、
論点がずれた平行線のまま、オットとの会話は終わりました。


その件について、なぜかこのタイミングで唐突に、
オットが謝って来たのです。


そして、「その発想は気が付かなかった」「あんたに教えられた」
などと、やけに生真面目に、うれしいことを言うのです。


でもね、ここで騙されてはいけません。
本人は全くの無意識で、狙ってやっているわけではありませんが、
これはもう、夜に仲良くしたいという潜在意識以外の何物でもありません(笑)


だいたい男というものは、自分でも気が付かないうちに、
男子の生理に多大な影響を受けて言動をしているので、
ちょっとHな気分が高まってくると、すぐにそうなります。
そういう動物なのですよ。
要するに女性に好かれたい言動に中身が偏ってくるのです。


だから、世の奥様、女性の皆様は、
ここで、「ようやく私の思いが通じた」「わかってくれた」「気が晴れた」
などと安心してはいけません。
T.M.Revolutionの"出すとこ出して"じゃないですけど、
出すもの出さないうちは、段々このモードが強まり、
限度を超えると、やがて怒りっぽくなります。


突然、茶碗を洗ってくれた、突然、洗濯物をしてくれた、
突然褒める、突然優しくなる、突然反省する、などは、
超怪しい行動ですよね。


ですが、そういうものなのですから、これは仕方ないのです。
よいでも悪いでもなく、そういう動物と認識してかからないと、
いつまでもアップダウンを繰り返す精神状況に陥ると思います。


男性が、どれほど(無意識に)女性に好かれたいと思っているか、
見え隠れする行動と思えば、それも可愛いけどね。
----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2016.04.07

研修でやる気のない新人を放置してみたところ…

スポンサーリンク




昨日はある会社さんの新入社員研修でした。
過去に何度も、自分は「なんちゃってマナー講師である」と書いていますが、
本当にその通りで、コーチングやタイプ別コミュニケーションや、
人の育て方なんていうのは、まさにビンゴで自分の本分ですが、
マナーは、事情があってやむなくやるようになったサブメニュー的なテーマです。


なのに、その、半ば適当で大雑把でちっとも上品でない感じが(笑)
製造業や建設業などブルーカラー系の業種に向くらしく、
現場作業のあるような業種からのマナー研修のご依頼が結構多いんですよね。


今回の会社さんは設備業ですが、もう今年で5年目。


中でも人事担当者に大好評で一番受けているのが、朝礼トレーニングです。
これはネットで見かけた、大声で元気がよく立居振舞がそろっていてきれいな、
名も知らぬどこかの会社の短い朝礼をそのまま完璧にマネしてやってもらう演習です。


動画をエンドレスで上映し、こちらから指示は一切出しません。
制限時間を設けて、ただその通りに、
けれど、できるだけ正確にマネしてもらう演習です。
進め方、順番、司会役のセリフ、、声の大きさ、
手の位置、足の位置、お辞儀のタイミング、角度・・・


10人ぐらいのグループに分けて、自由に練習させて、
最後にコンクール形式で発表させて順位を競います。


立居振舞や声の出し方もさることながら、
他人の動作をつぶさに観察して自分の動きに反映させたり、
相手に倣う、型を合わせる、息を揃える。
役割分担をどう決めるのか、練習をどう進めるのかなど、
これがチームビルディングのいい訓練にもなるんです。


ところが今年は、1グループだけ一向に練習に入る様子がありません。
こんなことは初めてです。
他のグループが会場のあちこちで声だしを始めて練習に入っているのに、
そのグループの若者達だけは、何もしようとせずに、
2~3人ずつ固まって、雑談をしたり、手をブラブラさせています。


たぶん「やろうよ」という言いだしっぺがいないか、
または主導権のありそうな人が、速攻で「めんどい」とかいって、
グループの方向性を決定づけちゃったのかもね。


男性集団の質は上下関係や力関係に大きく左右されるので、
リーダー格の人が強力にそういう態度に出てしまうと、
皆黙ってしまい、全員が右ならえ、しちゃうんですよね。


さて、どうしましょうか。


選択肢は色々ありましたが、私は完全に放置することにしました。


このあとのコンクールの一部始終は動画に撮ってその場で再生します。
そのときに、このグループがどう行動するかわかりませんが、
そこに映った自分達を見て、きっと何か感じるはずです。
他のグループも必ず何か思うはずです。


企業さんからは、社会人としての心構えを叩き込んでくれ、と毎年言われるので、
新入社員研修では「自分で考えて自ら動く」という事を重視しています。


プリントなんかこっちから渡しませんよ?その辺に置いてグループ単位で取りに来させるし、
場合によっては、「誰か配って」とボランティアを募り参加者に振っちゃいます。


会場が明るくてプロジェクターが見にくいんですけど、と言って文句を言う人には
「私に不満を告げるのではなく、あなたが自分でスイッチを消しなさい。または壁際の人に頼みなさい」
と言います。だから「部屋が明るいな」と思ってもこの研修ではわざと何もしません。
だって世の中ってそうじゃん、人がいつでも自分のために何かやってくれると思ったら大間違いよね。
この研修では「困ったことは自分達で考えて自分達で解決しなさい」と最初に言ってあるし、
全体の利益になると判断されることに対しては、気づいた人が主体的に行動しないとね。


新人さん(ほとんど高卒)は、今まで学校の先生たちに、
「ああしなさい、こうしなさい」と口うるさく指示されて動くことばかりだったと思います。
ならばこういうときは、敢えてケアしない、というのもいいかな、と思うんです。
仕事の現場は基本的に他人になんか関心がないし、皆、自分のことで精一杯なものです。
これも社会を知る第一歩と思い、一向に練習を始めようとしない、ふてくされグループは放置を決めました。


でもどこかで、メンバー全員が後ろ向きでやる気がない人ではないはず、
ギリギリのところで、耐えかねた誰かが動き始めるのではないか?
と、彼らの中の誰かの良心を信じる気持ちもありました。


そして制限時間10分前、ついにそのグループが練習を始めたんです。
残念ながら、よく観察していなかったので、
リーダー格の人が方針転換したのか、または、
「やっぱりやったほうがよくね?」と言い出す人が現れたのか?
または、自ら手を上げて仕切り役を買って出た人がいたのか?
それはよくわかりません。


ですが、ふと見たら、いつの間にか練習を始めていました。
これはうれしい。おー、やっぱりね!!!信じてよかったと思いました。


でも、残り10分です。今からじゃ、モノにならないよね。
ま、それも経験だろう。他のグループとに比べ格段にまとまりのない自分達。
それは自分達が思う以上に、子供じみてカッコ悪く映るはず。
それを動画で見て知るのも勉強だろうと思いました。


ところがこのグループ、想像した以上に仕上がりがよかったんですよね。
それには私も驚きました。
残り10分しかない、という緊張感が、逆に結束を強め、
他のグループを追い抜くぐらいの集中力を出させたのかもしれません。
今思えば、それが「若さ」「素直さ」ということなんでしょうね。
もうちょっとキャリアを積んだ大人なら、
今さら態度を変えようとせずに最初の方針に意固地になって固執するかもしれないもの。


どうなることになるのやら?と思いながら、
どっちに転んでも、いい勉強になるだろうと思っていた今年の朝礼演習は、
私自身にも得るものがありました。
若い人たちは、彼らのチカラを信じて、敢えて放置して見守る、
という関わり方が今の世の中には不足しているのかもしれませんね。


さて今回の朝礼演習は、
一番やる気のなかったグループに一番効果的だったのではないでしょうか。
それぞれが(真面目でやる気のある人ほど)かなり複雑な思いを抱いたはずだと思うので、
その経験が必ず現場に生きると思います。


不真面目な人はこの際どうでもいいや(笑)


そんな人に引っ張られて全体の異分子集団の構成員になるしかなかった、
真面目でやる気のある人が、後悔や反省や複雑な思いを感じたとしたら、
「自分はどうすべきだったのか」に思いが至るでしょう。
それが今後のリアルな現実を乗り切る知恵と力になればいいな。
だって実際の職場の人間関係はもっと複雑だし、もっと厳しいものね。
この研修は私にとっても、記憶に残るいい経験になりました。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

スポンサーリンク


2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ