« コーチングを自己実現の手段にしないで | トップページ | 研修でやる気のない新人を放置してみたところ… »

2016.03.29

結婚生活は女次第

スポンサーリンク




今日は多くの同性(女性)を敵に回すかもしれません。


結婚生活は「女次第」と思っているからです。



その理由は、簡単です。
男は単純なのでズルくなれないけど、女はズルくなれる。
このひとことに尽きると思います。


だから女はズル賢く策をこらして、
ダンナを猿回しのようにうまく動かし、
稼いでもらったり、貢いでもらったり(?)(笑)、
自分の都合の良いように動いてもらえばそれでよし。


女はその気になりさえすれば、
誰でも男(ダンナ)を手玉に取れる能力を持っていると思うので、
文句を言っているヒマがあったら、虎視眈々と戦略を練って、
巧妙な懐柔作戦に出るべきです。


意識/無意識の差はあっても、それができるひとが、
円満な家庭を築けるのではないかと強く思っている今日この頃です。



もちろん、反社会的な行動傾向の持ち主だったり、
異常人格やサイコパス的な夫を持ってしまったら、
どこかでカッチリと決断して見切りをつけて、
さっさと別れたほうがいいと思います。



そういうのは、もう、資質以外の何物でもないんで、
(私自身は、そのように生まれついてしまった本人に大きな罪はないと思えど)
基本的な部分は先天的なものなので、言葉で諌めたり頼んだりするだけでは、
全く効果がないし、普通の感覚では太刀打ちできません。



もちろん「どうにかなる」(変わる、変える)ことは可能だと思いますが、
そのためには、クールでクレバーな見極めと、
確信をもって継続できる長い年月を必要とするので、
そこまで持ちこたえられる精神的なタフさと、収入の見込みと、
健全な社会生活を継続できる自信があるなら、それでいいと思います。



でも、今、私が言いたいのは、そういうことじゃなくて、
あれこれ、許せないことが多すぎて、
気になることが多すぎて、我慢ならない・・・
というケースです。



実は私、長年、うちの夫や、多くの男性を見てきて、
ある、女王様的なツンデレの結論にいたりました(笑)



すべての女は「男好き」じゃないけど、
すべての男は「女好き」です。



しょうがないよ、出さないと生きていけない動物なんだから、
彼らは女性が必須なのよね。


女性が生きていくのに、男は必須条件じゃないけど、
男にとっては、女が必須条件なわけ。



だから男子は、
女に認めて欲しいし、女に「すごい」と言われたいし、
女に尊敬されたいし、女に「必要」と思われたい。
オトコなんて、そんなもんです。


NHKの「ダーウィンが来た」でも、
メスに気に入られるための鳥の努力がハンパないですよ。
見ていて可愛そうなぐらいの涙ぐましさです。
我が家では今もカイツブリの厳しい結婚適性テスト「恋してダッシュ」の回が語り草です。
夫が「俺は、鳥でなくてよかった」と、思わずつぶやいたぐらいです(笑)


要するにオトコは、女にチヤホヤされないとダメな生き物で、
親子でも、夫婦でも、兄弟姉妹でも、おばあちゃんでも、
相手がオンナなら、「認めて欲しい」スイッチが勝手に入っちゃう動物ですから、
そこを満たしてあげさえすれば、十分にコントロール可能ということです。


なので、”妻たる女”は、そこをよくくみ取り、逆手に取って、
適当に褒めて、適当に持ち上げて、適当に尊敬して、
適当に頼りにして、Hなリクエストにも適当にたまに付き合う。w


男子はそのようにしてさえいれば、気分がいいんですから、
そうやって、手のひらの上でいい塩梅に踊らせて転がして、
女子は、最終的には自己都合、自己利益を、
まんまと実現させたらよいのです。


そしてまた、これがまた不思議なもので、
男性はそうやって転がされているとわかっていても、
なぜか、それなりにうれしいみたいですよ。


まぁ、そりゃ、そうよね。
無視・放置・完全スルーに比べたら、ちゃんと「かまってあげている」わけですから、
「俺って利用されているよな」と、わかっていても、
頼られたり、必要とされている快感からは、逃れられないのよね(笑)


・・・ということを、理解しながら、
男性を、自由自在に操っていくのが、
「女子にとって一番都合のいい」円満な夫婦生活と思うわけです。


夫が〇〇してくれない。
夫が私を理解しようとしない。
夫のここに腹が立つ。
夫のこのひとことに傷ついた、衝撃を受けた。


それって夫を理想化し過ぎかも。
あるいは、男女は対等と思っている、あるいは、男のほうが上だと思っている、
あるいは依存です。


女は常に男の上を行くべきです。
精神的に上位に立って、敵を牛耳らないといけません(笑)


ある探偵業の社長さん(40代男性)に聞きましたが、
浮気調査で「黒」と出ても、依頼者が男性の場合は元の鞘に収まる確率が高く、
依頼者が女性の場合は、離婚の決定打にされて三行半を突き付けられてしまうそうです。
ちなみに、調査対象者が女性の場合は、決定的な証拠写真を見せられて、
女のほうが、あり得ない奇想天外なウソをついても、夫は矛先を収めちゃうそうです。
こういうのはもう、理屈でもなんでもなく、男は女性を失いたくない、
ただそれだけだと思うんですよね。
あと、基本的に、女が思う以上に、通常は、奥さんのことが好きですしね。


だから、今、家庭不和で悩んでいる人がいたら、
その人はむしろ、一途で純真でピュアな人なのかもしれません。
ですが、男ってのは、そういう動物であると十分認識したうえで、
今後のことを考えたらいいと思います。
----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« コーチングを自己実現の手段にしないで | トップページ | 研修でやる気のない新人を放置してみたところ… »

世界を牛耳る女子プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/63409991

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚生活は女次第:

« コーチングを自己実現の手段にしないで | トップページ | 研修でやる気のない新人を放置してみたところ… »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ