« 隣席の困った彼女をクリアせよ~③アスペルガーなら「指導」じゃダメだ~ | トップページ | ADHDもどき依存症の私 »

2015.12.21

隣席の困った彼女をクリアせよ~④非言語で分かり合おうと思わないこと~

スポンサーリンク




隣席の困った彼女をクリアせよ(その1)なんだその電話は?
(その2)隣席者から疑問が噴出
(その3)アスペルガーなら「指導」じゃダメだ 
(その4)非言語で分かり合おうと思わないこと ←★ただ今ご覧の記事はこちらです
(その5)上から目線の命令口調で脱出に成功
(その6)号泣した後任者の不満が会社の批判に変わる


前記事からのつづき)


辞めた田上さんの後任として採用されて、
困った社員として皆が手を焼いている、
太田さんの隣に座ることになった赤井さんから、
「今度、飲みませんか?」という度重なるお酒のお誘いをいただき、
私と赤井さんは、ある日、BOX席が個室仕様になっている、
食いもの屋「わん」で向き合いました。


たぶん、太田さんの話だろうと思いました。
ビンゴでした。


赤井さんは40代前半のミセスですが、
それなりにバリバリキャリアを積んできた人で、
私が様々な仕事先で出会った女性の中では、
一番仕事できる人だと思います。


モデルさんのように細身で綺麗な人ですが、
中味はガラッパチです(笑)
人に対して「引く」ということがありませんが、
それがサバサバしてとてもやりやすいし心地いのです。


私から見て百戦錬磨と思える、その赤井さんが、
「太田さんってどうなんでしょうねぇ・・・」と、ため息をつくんです。


「どうって?」


「うーん・・・・」


赤井さんは、隣の席の太田さんをどう表現していいかわからず、
言葉を探しているようでした。


「感情の起伏が激しくて、キレるように食って掛かってくるときもあるし、
何かお願いしても、機嫌が悪いとやってくれないし、
それに部長からの指示にも『できません!』『やりません!』って、
真っ向から拒否するので、よく部長とガンガン衝突しているし、
それが、社内のムードを著しくピリピリと悪化させているんですよ。」


「私も、職場はいくつか変わってきましたけど、
あんな人は初めてだし、それを放置している会社もどうかと思うし、
そこまで嫌な思いをして仕事を続けるのほどの気持ちもないし、
この頃は、辞めてもいいかな、なんて思っているんですよね」


うわー、冗談じゃないよ、やめてくれー
担当者が変わって、それが優秀な赤井さんだったからこそ、
一切何の問題もなく、業務がスムーズに、というか、
前以上に効率的にサクサクと進んでいるというのに、
このタイミングで赤井さんが辞めちゃったら、
会社も大いに困るし、何より私が一番困る^^


あのさ。


と、私は一呼吸おき、「少しでもヒントになれば」と前置きして、
前職での経験や、今まで多くの人達を見聞きして感じたことを、
かいつまんで話しました。そして・・・


「私は一緒に働いていないので、太田さんがそうかどうかわからないけど、
『言葉だけでしか意思疎通ができない人』っているのよ。
言われたことはわかるけど、言われないことはわからない。
太田さんってそのタイプなんじゃなかな、と思って。」


「でも普通は、それってみんなそうなんじゃないですか?」


「それがそうじゃないの。私達はコミュニケーションのかなりの部分を、
含みやニュアンスでやりとりしているので、
非言語(ノンバーバル)の割合は、思っている以上に大きいです。
でも、彼女に対しては、絶対に非言語で分かり合おうと思わないこと。」



「???」


私達は、今こうやって二人で向かい合っているけど、
この関係性は膨大な”暗黙の了解”(非言語)をベースに成立しているのはわかる?


たとえば、
・自分の好きなものだけ注文しない(笑) オーダーは等分に頼む。
・相手のジョッキが空になったら、「頼みますか?」と聞いてチャイムを押してあげる
・相手の頭にいきなりお酒をぶっかけるようなことはしないw 危険な行為はしない(笑)
・黙ってトイレに立たない、スマホに没頭しない、焼き鳥の塩とタレは相手の意向も聞くw
・仲良く穏やかに話す、自分だけ語りすぎない、相手の話はじっくり聞く。
・赤井さんは私にとって仕事先の担当者(お客さん)。だから礼節を保つ。
・私は赤井さんにとって人生の先輩(年上)。だから礼節を保つ。
ほかにも色々あるけど、そういった多くの大前提を、
礼儀や常識として共有し合って成り立っている時間、でしょ?


でも、それはお互いに言葉で約束をして確認し合ったことじゃないよね。
テーブルに着いた時に、宣誓したわけでもないし、書面を取り交わしたわけでもない。
最初からそういうものだと思っているから、そこから外れないようにしているだけです。
それらのすべてが、つまり非言語だということです。


たぶん太田さんは、非言語情報をうまくキャッチできない人だと思うので、
今私が述べたような、誰でもわかっていて当たり前と思っていることでも、
ひとつひとつ、、いちいち口に出して説明しないと、
わからない人かもしれない、と思うの。
あ、もちろん、わかりやすくたとえた極端な言い方ですが。


「そういう人っているんですか?」


「いるんです。でも、生まれつきの資質かもしれないね。
だから、本当は、太田さんだって悪気があるわけじゃないのよ。
でも、何事も『言葉で明確に具体的に説明しないと』伝わらない人かもしれない」


アスペルガーとか障害とか、そういう言葉は出したくなかったし、
その必要もないと思いました。
要はそういった表現を一切使わずに説明して理解を得るのが、
自分の命題だと思っていたから。


私達は、ものすごい量の非言語の中で暮らしています。


たとえば、職場で、入り口の扉を締めずに室内に入って来た人がいると、
短気で感情的な上司なら「誰だ!ドアを開けっ放しにしたのは?」
と、怒りますよね。
その言葉に含まれる非言語の意味合いを書きだすと、


・ドアを開けっ放しにすることはよくないことである。
・そのため上司は怒っている
・上司は誰が開けっ放しにしたのか犯人が知りたい。
・開けっ放しにしたヤツは今すぐ閉めろ。
・これからはドアを開けっ放しにするな。


こんなところでしょうか。


そして、たいていの人はそのすべてを無意識に感覚で理解しているので、
指摘された当事者は、「あ、すみません!」と、慌ててドアを閉めに行きます。
上司に対しても、「今度気を付けます」とひとこと謝りにいくかもしれません。
でも、上司が言ったのは「誰だ!ドアを開けっ放しにしたのは?」という言葉だけ。


なので、言語化された内容だけしか受け取れない人にとって、それは短い疑問文です。
「扉を開けたのは誰ですか?」と言う単なる問いかけです。
なのでその人は、「私です」と悪びれることなくすぐ名乗るでしょう。
けれど、小走りに入り口に向かって、慌ててドアを閉めることはしないでしょう。


ですが、たいていの人達は、一向にドアを閉めようとしないその人を見て、
「なぜ閉めないの?」と首をかしげ、勝手に意味づけをします。
「上司が嫌い」「上司に反抗している」「ワガママ」「自分勝手」
そこに何かの主張が込められていると思い込んで、
今度は、その人を「評価」し始めます。


「あの人は、反抗的な人」「やる気がない人」「上司を上司と思っていない」
などです。


アスペルガー的な人と周囲との軋轢の発端はそこだと思います。
向こうは誠実に、普段通りに振る舞い、
そこに憶測の対象となるべき非言語は存在していないのに、
周りのほうが自分達の非言語コミュニケーションに当てはめてしまい、
「無愛想なのは相手を嫌っているから」 とか、
「頼んだことをすぐやらないのは仕事をなめているから」 など、
事実と異なる非言語ベースの評価が、どんどん独り歩きしていくのかもしれません。


「なので、私達はよく、朝の挨拶の時に、
『今日は暑いですね』『今日は天気がいいですね』などと一言添えるけれど、
太田さんにしてみれば、『だからなに?』という感じかもしれないよ?」


「そうですね。確かに変な顔をされて反応がない時があります。」


「それはきっと、どう反応したらいいか思い浮かばないんだよ。
普通は、『本当ですねぇ』『ビールが飲みたくなりますねぇ』ぐらいの
短いやりとりで終わるはずの会話だけど、
その裏には、共感し合うための時候の挨拶のようなものだから、
本格的に語らず適度に切り上げる、という暗黙の了解(非言語)があるよね?
だから長引かせようとも思わないし、何かを強く主張したいわけでもない。」


「でもそういうことは、ルールじゃないし就業規則にもないし、
教科書や参考書にも明文化されていない事柄なので、
情報取得のほとんどを言語に頼っている太田さんのような人には、
獲得するのが難しい社会スキルかもしれないんだよね。」


「それに、太田さんのように、非言語のキャッチが難しい人にとっては、
質問でもなく、指示・命令でもない言葉の投げかけって困るでしょ?
下手すると、『自分はそうは思いません』と、正しいか間違いかだけに言及した、
素っ気ない回答が直球ストレートで返って来るんじゃないの?(笑)」


「あるあるある!」


赤井さんがうれしそうに笑い出し、私達は段々調子が出て盛り上がってきました。
赤井さんは人を恨んだり蔑んだりする人じゃないけど、
こうやって分かり合える人と、こっそり爆笑し合うガス抜きの時間も必要ですよね。


    *    *    *    *    *    *



赤井さんは回転が速く、察しのいい人なので、
私のつたない説明でも、合点がいくところが大いにあったようでした。


(赤井)「言われてみれば、変なことを言っているときがよくありますけど、
言葉だけしか伝わっていないと考えれば、ものすごく納得がいきます。」


(ぷら)「月末でみんなが当たり前のように残業しているときでも、
まだ仕事が山のように残っているのに、気にする様子も見せず、
いつも通りに涼しい顔で、鼻唄なんか歌って定時に帰ったりしない?」


(赤井)「します!人のことは絶対に手伝わない!困っていても手を貸してくれない」


(ぷら)「それは、ちゃんと口に出して
『手伝ってくれない?』と、きっちり頼まないとダメよ。
残業も本当は上司が、『今日は残業してください』と、明言して頼まないとダメ。
何も言わず、手伝って欲しそうな素振りだけで、
太田さんが察して手伝ってくれるかというと、たぶん絶対手伝わないw」


「あるあるあるある!」


太田さんには申し訳ないけど、また爆笑。
赤井さんは笑いすぎて出た涙をテーブルの紙ナプキンで拭きながら、
ひとしきり落ち着いてから言いました。



(赤井)「いやぁ~、こんなに笑ったの久しぶり。今日は目からウロコです。
こっちがここまでバタバタしているのに、知らん顔で無視するので、
この人は私が大嫌いで、隣に座っているのも不快に思われている、
と思っていました。」


(ぷら)「いや、ホントはそうかもよ?(笑)」


またまた爆笑。
でもいいよね?こんな日があっても。
普段、大変な思いをしているんだもの。


(ぷら)「そうそうそう。それが非言語キャッチチームの悪いところなのよ(笑)
これほどまでにSOSサインを出しているのに、手伝わないってどういうこと?って思うけど、
向こうにしてみれば、ひとことも言葉で頼まれていないんだから、
手伝わないというのも、あながち、間違いではないのよね。」


(赤井)「じゃ、なんでも口に出して言えばいいんですか?」


(ぷら)「そうです。これお願いします。これやってください。それはやめてください。
変だと思ったら、黙って言葉を飲み込んでしまわずに、それは違うよって、
はっきり言ってあげてください。むしろそのほうが感情的なケンカにならずに済むから。
たいていの人は「それは変だよ、よくないよ」という、一番大事な結論を伝えずに、
命令や懐柔や説得で相手の行動だけを変えようとするので、相手も怒るわけ」


(赤井)「なるほど。ものすごくよくわかりました。なんか・・・見えました!」


ほかにもたくさんの話を遅くまで語り合ったのですが、
笑い転げすぎて、今となっては何をどう話したのかさえ忘れてしまいました。


とにかく、第三者にはキツイ言い方に聞こえるかもしれないけど、
「これやってくれるとうれしいんだけどな」なーんていう伝え方は止めて、
「これやってください」とストレートに言わないと、やってくれないよ?
そんなことを言ったと思います。


前言と重複しますが、
「これやってくれるとうれしいんだけどな」 などという表現は、
アサーション的には「あり」かもしれませんが、
非言語をキャッチしない人にとっては、
ただの独り言であり、単なる感情表現にすぎません(笑)
やって欲しいことは、やって欲しい、と言わないと、「ふーん」で終わってしまい、
片方だけが、膨大な苛立ちとストレスを抱えてしまうと思います。


最後まで「アスペルガー」という言葉は出さずに行こうと思いましたが、
赤井さんの飲み込みがよく、話の聞き方も理解の仕方も冷静で論理的だったので、
私は気が変わって、最後に、「この言葉、あとで検索してみて」と、
「アスペルガー」と書いたメモを渡しました。
赤井さんなら、偏見や嫌悪感を持たずに読んでくれると確信したからです。



それがよかったのかどうか、
赤井さんは結果的に、うまく太田さんを攻略できました。
彼女が太田さんに対して、どのような作戦を取ったのかは、
また次回にお話しいたします。

(つづきは→こちら

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 隣席の困った彼女をクリアせよ~③アスペルガーなら「指導」じゃダメだ~ | トップページ | ADHDもどき依存症の私 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/62912369

この記事へのトラックバック一覧です: 隣席の困った彼女をクリアせよ~④非言語で分かり合おうと思わないこと~:

« 隣席の困った彼女をクリアせよ~③アスペルガーなら「指導」じゃダメだ~ | トップページ | ADHDもどき依存症の私 »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ