« マル経融資体験記(その5)~ブレない態度と姿勢~ | トップページ | マル経融資体験記(その7)~お金、借りられました!~ »

2015.11.30

マル経融資体験記(その6)~根拠ってなによ?~

スポンサーリンク




マルケイ融資体験記(その1)年内ヤバイ
(その2)面倒そうでホントはウンザリ
(その3)市県民税を滞納するな
(その4)えっ売り上げのひと月分しか借りられないの?
(その5)ブレない態度と姿勢
(その6)根拠ってなによ?
(その7)お金、借りられました!


青色申告が半年早くやってきたと思えばいい。

そう思って各種の数字をまとめるも、
経理を頼んでいるうちのダンナさんの理解度が低くて、
ソフトをつかってやっているのになんで合わないの?

しかも、費目や相手先の入力がバラバラなものだから、
検索しても漏れるし、出てこないし散々です。
が、ここは手抜きはできないと思って頑張る。
数値管理がしっかりしていて、手堅いと思われたいし、
返済能力に問題がないこともデータできちんと示したい。

でもそちらに手がかかっているうちに、
事業計画的なものはほとんどまとめられないまま、
あっという間に担当者の訪問日が来てしまいました。

それじゃいくらなんでもまずいと思ったので、
Wordで出かける前に、思い付くまま、
売上回復案みたいなのを箇条書きにしていく。

中身は、
・異業種交流会に顔を出す、とか
・商工会が主催する起業セミナーに出て勉強する、とか、
・既存客の掘り起こしにメールを送る、とか、そんな感じ。

ところが、それじゃダメだったようです。
それが一番肝心らしいのに、
私が出したWordの印刷を見て、
「これが一番大事で、今日の目的はこっちだったんですが…」
と、がっかりしたようにつぶやかれました。

「ぷらたなすさん、銀行さんなら
それでいいというかもしれません。
でもこの貸付は政策金融公庫の貸付なので、
あくまでも、数字の根拠が欲しいんです。」

???

「売り上げも取り立てて悪いということではないですし、
返済も可能な感じなのはわかりましたが、
何にどれぐらい使うというのが明確でないと・・・」

「将来的には人を採用して
仕事を広げたいと思っていますが、
そのために机や椅子の準備とか、
そういうことの見積りということですか?」

「いや、それもわかりますが、うーん、
なんて言えばいいのか、要するに、
売上が上がるためにかける経費です。」

はー、その金がないから、
こうやってつなぎ資金を借りようとしてんじゃん、と、
思った気持ちを横に置いて、
これはつまり、実際にはやってもやらなくてもいいので、
借りたいと思う金額の使い道をすべて埋めろ、
ということなのかな?と思いました。

はっきりいってその理屈は、不思議な感じだね。
来年の1月には売り上げが回復するのがわかっているので、
それまでの資金繰りを借りたいということで、
借りたら固定の経費と生活費に消えるのは自明の理なのに、
他のことに全部使い果たすような
計画を立てないとダメっぽいなんて、ちょっと変だよね。

でもまあ、ゴチャゴチャ言っても仕方がないので、
とりあえず、口から出まかせに、
「ちゃんとしたホームページを業者に依頼してつくりたい」
と言ってみました。

すると意外な好反応で担当者が食いついてきました。

私のHPは自分の手作りですが、
そんなに貧弱というわけでもないし、アクセスもあるし、
いまのところ不足も不満もなく、
つくり直す気はさらさらありません。

でも適当にそういってみると、
停滞お手上げモードだった担当者の目が、
一気にうれしそうに輝きました。

「あ、ホームページですね。いくらぐらいかかりますか?」

「40万ぐらいですかね?」

担当者が手元のメモに40万と書き込みました。

私の出した計画が先方の目にかなうものではなかったので、
検討し直してメールで送ると言ったところ、
「私がメモ書きしてこちらでまとめます」と断られたのです。
(今なら、相手がなぜ断ったのかわかりますw)

「あとは?」

「え?あとは?って・・・」
(あー、やっぱり、ここはこの際適当でいいんだ、と思いました)

金額はその日会って最初のうちに、
「400万はちょっと・・・」と言われて、
150万への値下げ?を申し出ていました。

「既存客にDMを送りたいですね(ウソ)」

「なるほど。いくらぐらいかかりますか?」

「400人に送るとして、切手代が32,000円、
印刷代がネットで頼むと6,000ぐらい。
(げげげ、全然足りないな)
じゃ、デザイナーにチラシのレイアウトを頼むから、
それに5万円。」

「わかりました。88,000円ですね。
これで約49万ですね。」

は~そうですか、こうやって、
借りたい金額の150万円まで埋めていけばいいのか(笑)
それで本当にいいのかどうかわからないけど、
そういうことなら、先方も、
「適当に数字合わせをしろ」とは、そりゃ口が裂けでも、
言えないわな(^_^;)

「あとは・・・またセミナーを開催します(ウソ)
毎月1回で年間12回(ウソ)
そうすると会場費がこのぐらいで、
あ、そうだ、そのためにDMも出すから、
それの印刷費はこれぐらい。」

「それから?」

「ALL アバウトに登録して(ウソ)、
それから新聞社でやっている、
マイベストプロにも登録します(ウソ)。
それがたぶん、金額はこれぐらい。」

「はいはい」

どの内容もネットで綿密に金額を調べたり、
その場で何人もの友人に電話して教えてもらいながら、
だいたいの金額を出していきましたが、
今思えばそれも、必要だったのかどうか。

ふと、その昔、夢路いとし・喜味こいしがやっていた、
「グリコ ガッチリ買いましょう」を思い出す(笑)


こんな感じで150万のうち100万円分ぐらいを、
嘘っぱちの売上向上施策経費で埋めて、
それを担当者がメモ書きしてまとめて、
その日は終わりました。

「会議は〇日です。
それまでに不明点があればまた連絡しますが、
何もなければ、次は結果のご連絡になると思います。」

はぁ、そうですか。
今日のあれこれを経て、ここまで来ると、
「借りられない」ってことはなさそうな気がしてきましたが、
それにしても、借り入れの根拠ってこういことなの?
苦笑しながら、その日を待つことにしました。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« マル経融資体験記(その5)~ブレない態度と姿勢~ | トップページ | マル経融資体験記(その7)~お金、借りられました!~ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/62776474

この記事へのトラックバック一覧です: マル経融資体験記(その6)~根拠ってなによ?~:

« マル経融資体験記(その5)~ブレない態度と姿勢~ | トップページ | マル経融資体験記(その7)~お金、借りられました!~ »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ