« マル経融資体験記(その6)~根拠ってなによ?~ | トップページ | 隣席の困った彼女をクリアせよ~①なんだその電話は?~ »

2015.11.30

マル経融資体験記(その7)~お金、借りられました!~

スポンサーリンク




マルケイ融資体験記(その1)年内ヤバイ
(その2)面倒そうでホントはウンザリ
(その3)市県民税を滞納するな
(その4)えっ売り上げのひと月分しか借りられないの?
(その5)ブレない態度と姿勢
(その6)根拠ってなによ?
(その7)お金、借りられました!


商工会議所の担当者とやりとりをした翌週、
出張先に夫からラインが来て「審査が通った連絡があった」とのこと。
やったー!借りられる確信は多少あったものの、やっぱりうれしいよね。

夫曰く、

「金融公庫のほうで貸付が決定になると、
書類一式を送ってくるから、それに必要事項を記入して、
商工会議所に直接申請しに来て欲しいんだって」とのこと。


そして数日後に書類が送られてきました。

Syousyo



借用証書に記入して実印を押して印鑑証明も取って、
他の書類も一式そろえて商工会議所に持参して提出しました。

公庫から送ってきた書類一式の封筒の中に、
「〇日までにご提出ください」と書かれた説明書きがあり、
確か4~5日後の日付が入っていたと思います。
急いでいる人はそれまでに持っていけば、
その日に入金されると思いますが、
あいにく私は泊まりの出張で数日留守にしていたので、
書かれた期日の2日後の提出でしたが、
割とすぐに振り込まれたと思います。

すみません、9月の話なので、すでに記憶が曖昧です。
こういうのは、ちゃんと記録しておいたほうが、
ブログ的にも価値がありますよね(^_^;)

さて、今思えば、
心が通うでもなく、通わないでもなく、
淡々としてモノをはっきり言わない、
つかみどころのないあの担当者さんは、
実はとてもいい人だったのだと思います。


今思い出してみると、あの人の言葉のひとつひとつが、
「お金を借りられるほうへ、借りられるほうへ」と、
立場上言葉にできないアドバイスを、
たくさんしてくれていたように思います。
ここで担当者が言う「根拠」というのは、
その金額を必要とする理由という意味だと思いますが、
その中身は、


私は元々、数字を扱うのが好きなほうじゃなく、
誰がいつどのように動くか?ということを重視してしまいますが、
お金の世界は数字こそが命なので、
実行しようがしまいが、そして効果があろうがなかろうが、
書面上の合理性があれば、通るのかな?
そんな風に思いました。


時間がなかったせいもありますが、
私はもっと、売り上げ回復の施策について、
それなりにシビアな言及があるものと思っていました。


なので、効果的と思われる事柄を
一生けんめい考えて羅列しましたが、
そんなことより、そのために何にいくら使うか?
そっちのことのほうが大事なんだなぁ(当たり前と言えばそうですが)
と、今さらながら痛感。


たとえばこれが、目的のある何かの購入や設備導入などで、
資金繰りのつなぎ借入じゃなければ、
そのような発想になったと思いますよ?


でも、数か月間をじっと耐え忍ぶためのお金なので、
借り入れ希望金額のほとんどを何かに使うなんて発想は、
さらさらなかったっすよ。
でもそういう申請の仕方をしないと通りにくいなんて、
本当は変よね^_^;
ま、公的資金からの借り入れというのは、
そういうものなんでしょう。


これはいい勉強になりました。
お金をかけずに少ない資金で可能な効果的な施策を、
頭を絞って工夫して本気で考えるのではなく、
(言ってしまえば)効果や実効性はそっちのけで、
ありきたりでも使い道と金額の合計に、
妥当性があればいいってことよね。


本当はその結果として、何人新規顧客が獲得できて、
売上がいくら伸びるか?の見込みまで出せば、
もっとよかったのだと思いますが、(担当者がチラっと言っていた)
それもまた真剣に正確を期して現実的に厳しく予想するのではなく、
この場合は、「概ねこんくらい」みたいな楽観的な予想でも、
常識はずれの数字でなければ、
それはそれで書面上はいいのかもしれないね。


もちろん今回は、
来年からの売り上げ回復がすでにわかっていて、
「不調なのは今だけ」というのが証明できたので、
「何に使うか?」のほうに、焦点が絞られたわけですが、
そうじゃない場合は、どうだったんだろう?と、
ふと、思っちゃいますね。


私はやっぱり、経理的な数字を必死にまとめて、
1月~8月までの貸借対照表や損益計算書まで出したり、
取引先別の売上リストを詳細にまとめたのも、
よかったんじゃないか、と勝手に思っています。


さて、その後の売り上げですが、なんと翌月に回復w
本当は何も心配する必要がなかったかもしれません。
というのも、そのあともどんどん仕事が入ってきて、
この11月は今までで一番忙しい月になったからです。


講師仲間の友人たちも口をそろえて同じように言っているので、
今年(2015)の11月は、そういう月間だったのかもしれませんね。
結果的に、(今となっては)お金は借りなくても別によかったです(笑)


今までも、何度が同じようなことがありましたが、
その月になってみると、なんとなく仕事は入ってくるものです。
それで自分は鷹揚に構えていました。
なのになんでうちのダンナさんはあんなに焦って、
借り入れを希望してきたんでしょうね。


そう考えると、また悪い癖が出て、
うちのお金をこっそり競馬で使っちゃったとか、
そんなことまで考えましたが、
それもこれも、私が任せっぱなしにしているからだな、と思い、
今度からは、貯金の残高なども、
マメにチェックしていこうと思いました。

取りあえず、心とお金に余裕ができたので、
12月には夫と一泊旅行でも行こうかと思います(爆)



----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« マル経融資体験記(その6)~根拠ってなによ?~ | トップページ | 隣席の困った彼女をクリアせよ~①なんだその電話は?~ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/62781264

この記事へのトラックバック一覧です: マル経融資体験記(その7)~お金、借りられました!~:

« マル経融資体験記(その6)~根拠ってなによ?~ | トップページ | 隣席の困った彼女をクリアせよ~①なんだその電話は?~ »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ