« マル経融資体験記(その1)~年内ヤバイ~ | トップページ | デザインは模倣とアレンジの世界~五輪エンブレム白紙撤回で佐野さんを気の毒に思うこの頃~ »

2015.09.02

不満を黙っていられない体質

スポンサーリンク




今日はラジオの収録でした。
友人(同世代)がパーソナリティを務める、
手作りの1時間番組(友人が自前でやっている)で、
月に一度、10分間だけ喋るのです。

お金は、もらうどころか、払っています(笑)

といっても、お金を払って、
頼み込んで出してもらっているわけではなく、
当時、番組が赤字で困っていた友人のために、
「そんなに大変なら、何の足しにもならないけど、
わずかで良ければ寄付するよ?」
と言ったら、「申し訳ないので、だったら出て」
という流れになり、それが毎月続いているものです。

あ、結果的には同じかもね(笑)???

ただ、数年間、続けて来て思うのですが、
やっぱり、私と友人が歩いてきた道のりの差が、
二人のトークの中に、どうしても出てしまい、
友人の終盤のまとめ方に、
違和感を感じるときがあるんですよね。

友人は、学生時代からラジオの仕事をこなし、
そのまま、どこにも勤めずに、
フリーランスのアナウンサー(兼パーソナリティ)になった人で、
業界人としてのキャリアがあり見識もあるんだけど、
ビジネスとか、組織とか、会社で働くことに関しては、
深いイメージをあまり持てない感じがする。

人事異動で、異部門から、
その業務には素人同然の課長がやってきて、
全然現場をわかっていない発言をすることへの不満とか、
数字的なノルマへのプレッシャーが大きく、
収益を上げるだけで精一杯の中間管理職が、
チーム運営や新人育成まではとても手が回らず、
わかっているけど時間も余裕がなくて、
放置せざるを得ない現実とか。

一方、上司側の視点に立てば、部長だろうが課長だろうが、
ひとたび「こいつは無能だ」と平社員に思われた瞬間に、
全員の総スカンをくらって、誰も言うことを聞かず、
心を病んで、短期間で別部署に、
配置転換になる人がいたり、とかね。

そういうことって、
「やっぱり、職場は、”みんな、仲良く”ですよね」
みたいに、ありがちな軽い言葉でまとめて欲しくないし、
そこじゃないんだけどな、という気持ちが強まってしまいます。

で、私は、そういう不満な状況が続くと、
黙ってられない体質なんだな~(笑)

経歴が違いすぎるので、友人が悪いわけじゃないけど、
だけど、私が今、率直に感じていることもわかって欲しい。

まぁ、これがつまり、アサーションですよね。
(ごめんね、「アサーション」は検索してねw)

今日は、友人が、たまたま、
事前の打ち合わせと異なる展開のトークになってしまい、
珍しく録り直しをしたので、今がチャンスだ!と思いました。

私もズルいのよ(笑)
友人が、申し訳ない気持ちで、多少下手(したて)になっている、
このタイミングが、絶好のチャンスと思ったわけ(笑)

「のりちゃん(仮名)、そうそう、せっかくだから、
この機会に、最近思っていることをリクエストしてもいい?」

「ぜーんぜん、オッケーよ。なに?」

「実はこの頃、私とのりちゃんの、歩いてきた道のりの違いを、
トーク中に感じることが多いのよ。」

「のりちゃんは、学校を出てすぐに、
フリーランスとしてやってきた人だから、
放送関係者や音楽関係の人達に人脈があるけど、
私は企業方針や組織目標や人事異動や昇進がある、
人が大勢いる会社の中で仕事をしてきたので、
今日みたいなビジネス寄りの話だと、
トークのポイントがかみ合っていない、
と思うことがあるんだよね。」

「その溝を埋めるような、見せ方や、
コーナーのつくりや、クロージングってできないかな。」

「やっぱり、お互いに持っている空気感の違いって大きいから、
今までは、番組全体の雰囲気に私が合わせてきたけど、
今日のような内容の時は、のりちゃんが通常の受け答えだと、
かみ合わない感じで、なんとなく喋りにくいし、
聞いてくれているほうも、チグハグに感じるかも。
そこを、リスナーが納得してそのまま聞いてくれるような、
何かの工夫って、必要かな?と思って。」

    *    *    *    *    *    *

結果的に、この発言は、言ってみて大正解でした。

彼女も業界歴の長いキャリアのある大人だし、
すごく真摯に聞いてくれて、そのあと話し合って、
コーナー全体を、少し変えることになりました。

ところで、番組は休日の朝の時間帯です。

そして、これも興味深いのですが、
お互いに「ラジオ聞いたよ」と言ってくれる、
友達の層が、全く違うのです。

のりちゃんが反応をもらう友人や知人は、
主婦や農家やアルバイトの学生さんなどです。

ですが、私の場合は、100%男性ビジネスマンです。

休日の早朝に、お子さんを
スポーツの試合や練習に送迎する人、
清掃活動などのボランティアで集合場所に向かっている人。
釣りに行く人、休みなのに出張に出かけた人。

そして、のりちゃんの友人知人は、
ほとんどが自宅や仕事場で聞いているの対して、
私の友人知人は、100%、
移動中の車の中で聞いている違いも大きいです。

それはすなわち、
お互いのバックボーンの違いによるものですが、
それぞれに、そういった友人・知人を頭に浮かべ、
その想定で話をすると、
そりゃ、かみ合わないのは当然、という気もしますよね。

この話し合いで、のりちゃんが自分自身で語ってくれたのは、
「そういった人たちのために、話をシンプルにするためにも、
今思えば、ビジネスモードにならいように、ならないように…
と、無意識に違う方向に持っていこうとしていたかもしれない」
というお話でした。なるほど、納得。

一方私は、もっと突っ込んで聞いてほしいところを、
一向に掘り下げてくれないので、
一番話したいことが話せず、不完全燃焼の感じ?

ですが、そのお互いの立ち位置の違いを、
悪しきものと、捉えるのではなく、
「私達って違うよね」という事実を共通認識することが必要で、
溝があると感じたら、それを飲み込んでしまわずに、
明るいところに取り出して、陽にさらしてよく見つめて、
最後に認め合うのが大事じゃないかと思います。

仕事や活動をお互いに、
ストレスや違和感なく進めていくためにも、
「不満は我慢しない」「何らかの形で表に出す」体質って、
自分では、意外にいい体質って思っているんだけど、
実際はただの小うるさいおばさんかもしれませんけどね(笑)

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« マル経融資体験記(その1)~年内ヤバイ~ | トップページ | デザインは模倣とアレンジの世界~五輪エンブレム白紙撤回で佐野さんを気の毒に思うこの頃~ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/62205538

この記事へのトラックバック一覧です: 不満を黙っていられない体質:

« マル経融資体験記(その1)~年内ヤバイ~ | トップページ | デザインは模倣とアレンジの世界~五輪エンブレム白紙撤回で佐野さんを気の毒に思うこの頃~ »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ