スポンサーリンク


« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015.09.03

WordPress依存症~「普通の人」を手放して脱出~

スポンサーリンク




木島 伸彦先生が解説されている、
クロニンジャーのパーソナリティ理論によると、
人には、新奇性探究、報酬依存、損害回避、固執
の4つの気質があり、性格はその組み合わせで、
それぞれに、
新奇性探究→ドーパミン、
報酬依存→ノルアドレナリン、
損害回避→セロトニン、
(「固執」に相当する神経伝達物質は現時点では不明)
が関連するのではないかと言われています。
(私が大好きな理論です。DiSCにも似ていますね)

実際にテスト回答もやってみましたが、
やはり、新奇性探求が高く出ました。
事前の予想では、報酬依存だと思ったんですけどね。

クロニンジャー理論からは離れますが、
ドーパミンは、意欲ややる気に関連する物質で、
快感を増幅するので、脳内麻薬とも言われています。
(ぜひ「On The Road」さんのブログを参照のこと)

脳内麻薬。

そう、まさにこれですよ。

知人の知人が書いたという、
アフィリエイトの本を借りたのきっかけで、
今まで本格的にいじったことがなかった、
WordPressをいじり始めたのですが、
これがまた、非常に面白いんだわ。

※ブログやHPに広告バナーを貼るには、
プロバイダーの提供する無料ブログよりも、
サーバーを借りて自前でつくるWordPressサイトのほうが、
自由度が高いため、多くの人がWordPressを使っています。

私は寝る間も惜しんで、
こういった作業に熱中している時間が、本当に幸せなのね。

ところが、ここで私のドーパミンが悪さをするんだな(^_^;)

とても楽しくて、充実感と達成感があるので、
やめられないんです。
そんなもの、時間が来たら、さっさとやめたらいい、
と思うじゃない?でも、それがなかなかできません。

もうちょっと。

もうちょっと。

あと少し。

せめてこの設定を終えるまで。

いや、最後にあのプラグイン(追加機能)を入れてみよう。

おっと、ここまでやったら、レイアウトも変えてみようか。

だとすると、この設定変更も必要だ。

でもやり方がわからない、調べてみようか?

てな具合で、きりがなく無限ループ的に、
夢中になって、時間と我を忘れて、
没頭してしまうんですね。

すると、仕事は一応やってますし、
仕事上必要な作業はとりあえずこなすけど、
その他の作業が、すべて一切、膨大に滞納してしまい、
日中は、やばい、やばい、帰ったらまずそっち、
と思うわけ。

ところがPCに向かうと「いやまずその前に」と、
またWordPressをいじりたくなって、
そうすると、またやめられなくなって・・・の繰り返し。

友人からのメール、Facebookメッセージ、
役員を務めている会やサークルの作業、
ずっと前に約束した、様々な事柄、
「そのうち提案して」と言われている研修案・・・

そんなあれこれの膨大な遅延がさらに肥大化して、
そのストレスから逃れるために、
またWordPressを開いて逃避する・・・という悪循環。
今、初めて「脳内麻薬」の意味が分かった気がします。

いやー、今まで長く仕事をしてきて、
ここまで人様に迷惑をかけてしまうほど、
何かに依存したことはなかったのですが、
7月に風邪(のど痛・熱っぽさ)がやけに長引き、
8月に初めての「(いわゆる)体調不良」、
(空いた時間があれば、妙に横になって休みたいと思う毎日)
そしてPCの不調や、夫の車破損、自分の車のもらい事故と、
色んなことが一気に相次いで、少し普通じゃなくなったのかもね。

メールや、メッセージの未読・未返信が、
尋常じゃなく溜まるとどうなるか。

メールやFacebookやLINEを開くのが、
とても怖くなります。

その中には、何かの催促や、
「あれってどうなっているんですか?」の確認や、
「いったいいつになったら」系のお叱りの内容も、
多分に含まれていると思うからです。

また、ここまで溜まってしまうと、
いったいなにをどこから手を付けたらいいのか混乱してきて、
頭の中がとっ散らかって落ち着かず、とりあえず・・・
と、また、WordPressを開いてしまいます。

そうしてみると、今まで、
役員でありながら会に来なくなり連絡も途絶えた人や、
メールを送っても一切音沙汰がなくなり、
大事な案件を担当したまま姿を見せくなった人など、
周囲を困らせた人がたくさんいましたが、
その人たちの気持ちが、非常によくわかりました。

ここまでニッチもサッチもいかなくなると、
関係者と会ったり話したりすることさえ、
非常に恐怖に思えてくるんです。

でね、そこで私は考えたのですが、
それは、つまり、普通の人ね。

他人に甚大な迷惑をかけていると思うからこそ、
批判の目が怖くてビクビクしてしまう。
つまり、「人に迷惑をかけていはいけない」と思っている、
常識ある普通の人です。

ですが、私は、そういった「普通の人」は、
目指さないことにしました。

私が今から目指すのは、普通じゃない悪い人です。

頼まれたことを一切何もせず、
メール送っても返信がなく、メッセージは開けた形跡がなく、
電話には出ず、折り返しコールもなく、一切の連絡が途絶え、
ここまで人様に迷惑をかけているくせに、
でも、悪びれずもせず、屈託もなく、
「いやー、元気?ハロー、ベイビー♪」と、
ノリノリのご機嫌で再登場する調子のいい奴です。

それは、頼まれたものを全く出しておらず、
多くの人が困って不満に思い、
蔭では悪口も飛び交っているというのに、
それでも、Facebookに、
能天気な笑顔の「ビールで乾杯写真」を、
フィルターもかけずに「公開」モードで連投掲載し
「そんなヒマあったら○○を早くやれよ」と、
他人の気持ちを逆なでする奴です。

私は、今日から、今から、そのキャラを目指すことにしました。

なので、謝らない。お詫びしない。
たとえ他人をムッとさせても、それを意に介さず、
何事もなかったかのように、元に戻るの。

決めた。そうする。

そうしたら不思議なことが起こりました。

「普通じゃない人を目指す」と決意した瞬間に、
膨大に滞納している諸作業の着手と片づけに、
ふつふつと前向きで大きな意欲が沸いてきたのです。

なんでしょうね、これは。

自分と他人の差別化を意識したことが、
突然の意欲につながったのでしょうか。

あんたたちは潰れたよね。

でも、私は「普通じゃない」ので、潰れないから。

発想をそう切り替えることで、
何かのスイッチが入ったのかもしれません。

そうなるとほら、私はドーパミンの偏った人間だから、
充実感と快楽を求めて、、
今度はそっち(未完了の全クリ=完全クリア)に突っ走り始め、
WordPressなど、見向きもしなくなるのかもしれません。

私は偏った人や、
資質的にマイノリティーの人達が好きなのですが、
それは自分が偏っているからです。

自分が偏っているから、偏っている人とウマが合うわけで、
そんな私だから成立する人材育成や社員教育や、
「普通の人」じゃできないコンサルティングが、
あるのだと思います。

さぁ、少しずつ、仕事の気分になってきました。

それではみなさん、また次回にお目にかかりましょう!
(↑調子が乗って来たwww)

----------------------------
8月は空いた時間があれば、
妙に横になって休みたいと思う毎日が続いて、
あれほど大好きだった仕事にも身が入らず、
色々なことを後回しにして休んでばかりたんですが、
(思えば今の遅延は、そのときからの蓄積)
何もしなければ、そのまま続いていた体調不良が、
WordPressをいじり始めたことで、毎日に気合が入ったので、
これはこれで、自分にとって必要なプロセスだったかも、
しれませんね。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2015.09.02

デザインは模倣とアレンジの世界~五輪エンブレム白紙撤回で佐野さんを気の毒に思うこの頃~

スポンサーリンク




最近、家にいてもHPづくりなどに熱中していたので、
TVや新聞をあまり見ておらず、
「2020年東京五輪エンブレム白紙撤回」に関しては、
あんまりよくわからないのだけれど、
騒がれ始めたときから、思っていたのは、
マネしたにせよ、しなかったにせよ、

デザインの世界では「あり」なんじゃないの?

ということです。

もちろん、それがいいか、悪いかは、置いといて、ですが^^

昔、デザイン事務所に勤めていたことがありますが、
ロゴマークなどの依頼が来た時に、
デザイナーたちがまずすることは、
デザイン年鑑とか広告年鑑(正式書名は忘れました)
のような、図版集を見たり、
リーダーが毎日、新聞や雑誌の広告に丸を付けて、
「これ、取っておいて」とアシスタントに指示してつくらせた、
膨大なスクラップブックを眺めることでした。

その中で、ピンとくるものがあれば、
それをベースにつくりますし、
逆に広告代理店の営業マンが、
クライアントの意向として、
「こんな感じのものをつくってほしい」と、
実際にある会社のロゴを持ち込むときもありました。
露骨に「これと全く同じものをちょっと変えて」
というクライアントもいました。

家族でTVを見ているときに、うちの母が眉をひそめて、
「この人はマネばかりしている人なんだね」というので、
「じゃ、お母さんは、油絵を描くときに、
人の作品は全く見ないの?」と意地悪で聞いてみたら、
「見るね(笑)」と言って、舌を出しました(笑)

うちの母は、趣味で油絵を描き、
たまに小さなコンクールで入選などもしますが、
油絵を描く人だって、様々な画集を常に眺めて、
自分の作品のために、有形無形の参考にしているのです。

木の葉をこんな感じに描きたい、
この人の水の波紋を取り入れたい、
この人の影の入れ方を参考にしたい、
この人の色使いをマネしたい。

原作とは似ても似つかぬ作品であっても、
描く人の頭の中には、過去にどこかで見た、
「あんな風に、こんな風に」があふれていて、
たいていの人はそのイメージを、
無意識に模倣しているのだと思います。

要は、今回の件に批判的な皆さんが考えているような、
自分の中に過去情報が全くない、
ゼロからの制作というのはあり得ず、
特に商業デザインの場合は、
確信犯であってもなくても、
デザイナーは皆、同じことをやっている人種、
と思ったほうがいいです。

それでも昔は、各種の年鑑・図版類が高価だったので、
業界の人しかそれを持っていないから、
あからさまなのがバレて、
話題になるようなことも、それほどありませんでしたが、
今は、インターネットの画像検索で、
Google様が世界中から似た画像を探し出してくれるため、
一般個人でも発見が非常に容易で、
そういった人たちの発信が、世間を騒がす格好のネタに、
なってしまった感が否めません。

もちろん、意識してマネをしたなら、
それはいいことじゃないと思うよ?

でも、デザイン事務所に勤めいた若いころ、
各種の年鑑や図版を眺めていると、
「え、あれってもしかして、これのマネ?」と思うことがよくあり、
そういった意味では、業界経験者ほど、
倫理観が甘いのかもしれませんが、
だって昔からそういうものなんだもん、
「佐野さんは、あれはマズかった、でも気の毒」
というのが、たいていの経験者の
本音の感覚ではないでしょうか。

私なんか、この件さえなければ、
世間的な評価を落とすこともなく、
もっともっと食って稼いで行けたのに、
下手にオリンピックのエンブレムに選ばれてしまったために、
あることないこと叩かれて、
本当に気の毒だ、とさえ、思ってしまいます。

これはひとつの個人的で気ままな推測ですが、
佐野さんは、受かるなんて思ってなかったんじゃないですかね。
または、時間がなくて、「こんなもんでいいか」的な、
場当たり的やっつけ応募で、通ってしまい、
一番「やばい、やばい、どうしよう」と思って青くなったのは、
ご自身だったりしてね(^_^;)

さて、今朝は、プレゼン用に提出した、
使用イメージの写真にまで、
無断転用の話題になっていましたが、
あんなのは、本体作品のマネ・模倣以上に、
よくあるというか、当たり前のことなので、
あそこまで、突っ込みいれられたら、
可愛そうというしかないね。

転載禁止を消すのは、そりゃよくないさ。
でも、プレゼン用でしょ?使用イメージでしょ?
http://gogotsu.com/archives/10978
を読むと、クリエィティブコモンセンスで非営利のみ許可だった
とありますが、だったら、
それを直接販売したり、事業の利益のために使わないのなら、
いいんじゃね?という気もします。
コンペへの応募なんだから、非営利じゃん?違うのかしら。

自分もFrckrはよく使いますが、そういう認識でおりました。
Frickrって、著作権のレベルで使用画像を選べるんですが、
CCを選んだだけでも、いいんじゃない?
(って、経緯がよくわからない自分がいうことじゃないね)
そして、自分の場合は、問い合わせをしたくても、
相手が外国の方だと、やはり躊躇してしまいます。
でも、意外にも、知らんぷりして日本語で、
「ぜひ使わせてください」と、一報するのもいいのかもね。

ちなみに、ある会社の社内報のお手伝いをしていて、
(もちろん本業ではない。友達ベースの仕事)
使用する画像等で転載許諾の打診を、
企業にすることがよくありますが、
日本の場合は、礼節を持ってきちんとメールすれば、
思った以上の会社や団体がOKを出してくれますよ。
(HP上で一切の転載をNGとしているTOYOTAなどの、
グローバル企業以外はね)
今まで一番仕組みが整っていて応対も親切だったのは、
JAXAかな。JAXAは高画質の画像をわざわざ送ってくれます。

佐野さんに同情しているデザイナーは山ほどいると思うよ。

佐野さんが世間にプレゼントしてくれた最大の貢献は、
「よっぽど用心深くやらないと、ひどい目に合う、気をつけろ」
だと思います。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

不満を黙っていられない体質

スポンサーリンク




今日はラジオの収録でした。
友人(同世代)がパーソナリティを務める、
手作りの1時間番組(友人が自前でやっている)で、
月に一度、10分間だけ喋るのです。

お金は、もらうどころか、払っています(笑)

といっても、お金を払って、
頼み込んで出してもらっているわけではなく、
当時、番組が赤字で困っていた友人のために、
「そんなに大変なら、何の足しにもならないけど、
わずかで良ければ寄付するよ?」
と言ったら、「申し訳ないので、だったら出て」
という流れになり、それが毎月続いているものです。

あ、結果的には同じかもね(笑)???

ただ、数年間、続けて来て思うのですが、
やっぱり、私と友人が歩いてきた道のりの差が、
二人のトークの中に、どうしても出てしまい、
友人の終盤のまとめ方に、
違和感を感じるときがあるんですよね。

友人は、学生時代からラジオの仕事をこなし、
そのまま、どこにも勤めずに、
フリーランスのアナウンサー(兼パーソナリティ)になった人で、
業界人としてのキャリアがあり見識もあるんだけど、
ビジネスとか、組織とか、会社で働くことに関しては、
深いイメージをあまり持てない感じがする。

人事異動で、異部門から、
その業務には素人同然の課長がやってきて、
全然現場をわかっていない発言をすることへの不満とか、
数字的なノルマへのプレッシャーが大きく、
収益を上げるだけで精一杯の中間管理職が、
チーム運営や新人育成まではとても手が回らず、
わかっているけど時間も余裕がなくて、
放置せざるを得ない現実とか。

一方、上司側の視点に立てば、部長だろうが課長だろうが、
ひとたび「こいつは無能だ」と平社員に思われた瞬間に、
全員の総スカンをくらって、誰も言うことを聞かず、
心を病んで、短期間で別部署に、
配置転換になる人がいたり、とかね。

そういうことって、
「やっぱり、職場は、”みんな、仲良く”ですよね」
みたいに、ありがちな軽い言葉でまとめて欲しくないし、
そこじゃないんだけどな、という気持ちが強まってしまいます。

で、私は、そういう不満な状況が続くと、
黙ってられない体質なんだな~(笑)

経歴が違いすぎるので、友人が悪いわけじゃないけど、
だけど、私が今、率直に感じていることもわかって欲しい。

まぁ、これがつまり、アサーションですよね。
(ごめんね、「アサーション」は検索してねw)

今日は、友人が、たまたま、
事前の打ち合わせと異なる展開のトークになってしまい、
珍しく録り直しをしたので、今がチャンスだ!と思いました。

私もズルいのよ(笑)
友人が、申し訳ない気持ちで、多少下手(したて)になっている、
このタイミングが、絶好のチャンスと思ったわけ(笑)

「のりちゃん(仮名)、そうそう、せっかくだから、
この機会に、最近思っていることをリクエストしてもいい?」

「ぜーんぜん、オッケーよ。なに?」

「実はこの頃、私とのりちゃんの、歩いてきた道のりの違いを、
トーク中に感じることが多いのよ。」

「のりちゃんは、学校を出てすぐに、
フリーランスとしてやってきた人だから、
放送関係者や音楽関係の人達に人脈があるけど、
私は企業方針や組織目標や人事異動や昇進がある、
人が大勢いる会社の中で仕事をしてきたので、
今日みたいなビジネス寄りの話だと、
トークのポイントがかみ合っていない、
と思うことがあるんだよね。」

「その溝を埋めるような、見せ方や、
コーナーのつくりや、クロージングってできないかな。」

「やっぱり、お互いに持っている空気感の違いって大きいから、
今までは、番組全体の雰囲気に私が合わせてきたけど、
今日のような内容の時は、のりちゃんが通常の受け答えだと、
かみ合わない感じで、なんとなく喋りにくいし、
聞いてくれているほうも、チグハグに感じるかも。
そこを、リスナーが納得してそのまま聞いてくれるような、
何かの工夫って、必要かな?と思って。」

    *    *    *    *    *    *

結果的に、この発言は、言ってみて大正解でした。

彼女も業界歴の長いキャリアのある大人だし、
すごく真摯に聞いてくれて、そのあと話し合って、
コーナー全体を、少し変えることになりました。

ところで、番組は休日の朝の時間帯です。

そして、これも興味深いのですが、
お互いに「ラジオ聞いたよ」と言ってくれる、
友達の層が、全く違うのです。

のりちゃんが反応をもらう友人や知人は、
主婦や農家やアルバイトの学生さんなどです。

ですが、私の場合は、100%男性ビジネスマンです。

休日の早朝に、お子さんを
スポーツの試合や練習に送迎する人、
清掃活動などのボランティアで集合場所に向かっている人。
釣りに行く人、休みなのに出張に出かけた人。

そして、のりちゃんの友人知人は、
ほとんどが自宅や仕事場で聞いているの対して、
私の友人知人は、100%、
移動中の車の中で聞いている違いも大きいです。

それはすなわち、
お互いのバックボーンの違いによるものですが、
それぞれに、そういった友人・知人を頭に浮かべ、
その想定で話をすると、
そりゃ、かみ合わないのは当然、という気もしますよね。

この話し合いで、のりちゃんが自分自身で語ってくれたのは、
「そういった人たちのために、話をシンプルにするためにも、
今思えば、ビジネスモードにならいように、ならないように…
と、無意識に違う方向に持っていこうとしていたかもしれない」
というお話でした。なるほど、納得。

一方私は、もっと突っ込んで聞いてほしいところを、
一向に掘り下げてくれないので、
一番話したいことが話せず、不完全燃焼の感じ?

ですが、そのお互いの立ち位置の違いを、
悪しきものと、捉えるのではなく、
「私達って違うよね」という事実を共通認識することが必要で、
溝があると感じたら、それを飲み込んでしまわずに、
明るいところに取り出して、陽にさらしてよく見つめて、
最後に認め合うのが大事じゃないかと思います。

仕事や活動をお互いに、
ストレスや違和感なく進めていくためにも、
「不満は我慢しない」「何らかの形で表に出す」体質って、
自分では、意外にいい体質って思っているんだけど、
実際はただの小うるさいおばさんかもしれませんけどね(笑)

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】月極駐車場の一部を時間単位で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2015.09.01

マル経融資体験記(その1)~年内ヤバイ~

スポンサーリンク




マルケイ融資体験記(その1)年内ヤバイ
(その2)面倒そうでホントはウンザリ
(その3)市県民税を滞納するな
(その4)えっ売り上げのひと月分しか借りられないの?
(その5)ブレない態度と姿勢
(その6)根拠ってなによ
(その7)お金、借りられました!


来年の1月からは大きな仕事がいくつか入っているのに、
例年以上に、今年の5月・8月・9月がサッパリ?だったせいで、
フリーランス(個人事業主)のぷらたなすとしては、
売上がそれほど悪くなく、しかも今後の目途も立っているのに、
なのに、このままでは「年を越せない」という状況に陥りました。

そうか。

これがいわゆる「資金繰り」ってやつなのね。

今は頼りにならない夫が経理を担当してくれていますが、
その夫からも「おい、やばいぞ」サインが出ました・・・

そして彼が「ちょっと、ここに電話して」と持ってきたのが、
会員になっている商工会議所のマル経融資のハガキでした。
 

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

スポンサーリンク


2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ