« 「評価するだけ」はつまらない | トップページ | アフィリエイトはネットを利用する人々に絶大に貢献している »

2015.08.21

車をぶつけられたのにお礼を述べてしまう

先週、車をぶつけられてしまいました。

ある公的機関で打ち合わせを終えて、
駐車場に戻ってみると、
警察の方がいて、びっくり。

警察は、2007年の日記「思わぬ事情聴取」で、
誤認事情聴取された経験があり、
あまりいいイメージがありません・・・

恐る恐る尋ねてみると、
私が打ち合わせをしている間に、
他の来庁者の方(一般の人)が、
空いている駐車スペースに、
バックで自分の車を入れようとして
隣に止めてあった私の車に
誤ってぶつけてしまったみたいです。

私が車に戻ったときには、
事故処理がひととおり終わっていました。

持ち主が不在の間に処理が終わっているというのも、
「それってありなの?」という気持ちでしたが、
もしかして、打ち合わせに夢中になっている間に、
呼び出しの館内放送を聞き逃してしまったのかもしれません。

事故と言っても、へこんだのはバンパーだけです。

ですが、そのへこんだ箇所。

実はまさにそこに深い擦り傷があり、
自分は身に覚えが全くないので、
もしかして、どこかで擦り逃げ(?)されたのでは?
と、悔しく、納得のいかない思いを持ち続けている箇所でした。

そこにぶつけてくれるなんて!

しかも、止めた車から離れていて私は不在だったので、
完全に0:10です!
相手の保険で修理してもらえるのです!

ボッコリへこんだパンバーを見た瞬間、
(不謹慎ですが)私は小躍りしたいぐらいうれしくなって、
盛り上がる気持ちを隠すのに必死でした。

実は(さらに不謹慎ですが・・・)、
「誰か、ぶつけてくれないかな」なんて、
この頃、結構、本気で思っていたのです。

「願いはかなう」「念ずれば通ず」とは、
まさにこのことでしょうか。

顔では困惑した表情を見せながら、
心の中では「うぉーーー!!やったーーー\(^o^)/」
と、喚起していたのは内緒です(笑)

相手の方は、素直で人のよさそうな、
30代ぐらいの男性でした。

私と相手の方が車を止めたのは、
まだ、来庁者が行きかう時間帯でしたし、
なによりも、守衛室の前だったので、
状況的に知らんぷりして逃げるわけにも、
いかなかったと思います。

ですが、あの人ならきっと、
付近に誰もいない平日のショッピングモールのように、
やろうと思えば、当て逃げできるような状況であったとしても、
黙って急いでその場を去らずに、
きちんと対応してくれたと思います。

実は私の車って、ほかにも一度、
いたずらで傷つけられたことがあって、
10年落ちの古ぼけた中古車なのに、
「私って、知らないうちに、
誰かほかの人の恨みを買っているんじゃないだろうか?」
などと、猜疑心に包まれたことがありました。

状況から見て「もしかしてあの人だろうか?それとも?」
と、特定の知人を疑ってみたりね。

そんな経験があったので、
きちんと警察に届けて、保険屋さんにも連絡してくれて、
私が車に戻った時に、「申し訳ありませんでした」と、
深々と頭を下げてくれたその方に、
とても清々しい印象がして、
思わず、「いえいえ、ありがとうございます」
と、言ってしまいました。

お伝えしたかったのは、
「逃げずにきちんと警察に届けてくれて本当にありがとう」
という意味でした。

ですが、今思えば、
前から気になっていた箇所を無料で修理できることになり、
「マジで!やった!夢みたい!私って超ラッキー!」と、
ひそかに思ってしまった気持ちが、
自然に口をついて出てしまったのかもしれません。
 

 
 

 


スポンサーリンク

« 「評価するだけ」はつまらない | トップページ | アフィリエイトはネットを利用する人々に絶大に貢献している »

季節の中で、暮らしの中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/62129040

この記事へのトラックバック一覧です: 車をぶつけられたのにお礼を述べてしまう:

« 「評価するだけ」はつまらない | トップページ | アフィリエイトはネットを利用する人々に絶大に貢献している »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ