☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« アスペルガー的な人は「大前提」を踏まえないと心得る | トップページ | 障害福祉サービス事業所のNGワード »

2015.08.02

働く女性は夫をペット化しよう

昨日は、起業した知人の応援懇親会でした。
同じテーブルに着いた初対面のBさん(50代女性)と、
「夫のハナシ」で盛り上がり、
結論が全く同じだったので意気投合。
それが今日のタイトルです。

私が思うに、男性は「永遠の5歳児」ですね(笑)

本当は「永遠の幼稚園児」と言いたいのですが、
語呂がいいのでこの表現を使います。

うちのダンナさんを見ているとわかりますが、
男の人は子供達が巣立って家族への大きな責任がなくなると、
段々、幼児化してきますねw
家庭の中の「お子様」の指定席に、座りたくなるのかな。

いえいえ、本当は子供がいてもいなくても大きくて小さくても、
男性は元々、「永遠の5歳児」なのだと思います。

男の人って、
「女性に可愛がられたい生き物」なんですよ。

「オマエは黙って俺について来い」なんてのは、
あれはウソ。その発想の深層に潜むのは、
「そしていつも俺のお世話をしてね」が真実じゃないでしょうか。

というのも、独立してひとりで仕事を始めた私が、
なんとか少しでも仕事を手伝ってもらおうと考え、
日常的に褒めておだてて、いい子いい子するようになったら、
段々、純真で素朴でナチュラルになってきて、
私が出張で数日家を空けるときなど、
「僕、ママがいないとさびしいのw」などと、
冗談交じりに(でもたぶん本音)
わがままを言うようになったから。

それってお子ちゃまのセリフじゃーん、などと思いながら、
(あぁ、本当は、ずーっとそんな風に思っていたんだな)
と、思ったのね。
だったらやっぱり可愛がってあげないと(笑)

なので、帰宅した時も「ちゃんとお留守番できた?」と、
子供に尋ねるように聞くと、「うん!ボク我慢した。えらいでしょ?」
と、平気で言ってくるので(爆)、
「それはエラかったね」と頭を撫でて、
いい子いい子してあげると、まんざらでもないみたい。

そういうやりとりを繰り返していると、
男性はすぐに幼児化してきますが、
それは愛されて(でも私は演技w)、
可愛がられて守ってくれる人がいる安心感から生まれる、
虚勢のない自然な姿なんだと思うんですよね。

で、肝心なのはここからで、
これがうまくいくと、
男の人はママ(妻)を守るナイト(騎士)になってくれるんです。

ほら、男の子ってママに喜んで欲しくて虫とか捕ってきたり、
(本当は要らないw)
ママに見てほしくて、高いところから飛んで見せたり、
(危ないからやめろw)
ママに褒められたくて、顔を真っ赤にして、
重いものとか持ってくれるでしょ?
(落とすからやめてくれーw)

あれあれ。あの感じ。
あれが形を変えて出てきます。
「ボクがママを守るんだー」という行動に変わってきます。

だから、(げ・・・余計なことなんてしなくていいのに)
とは言わずに、「あらー、すごいね」「あらー、えらいわね」
「あらー、助かるわね」と言っておけばいいんだわ。

そうすると、ますますママのために張り切って働いてくれます。

この習性を利用しない手はないよね。

もっと加速させるためには、子供を取り越して、
よりペットに近い態度で接すればさらにGoooooodかもね。

そのためには、きちんとおいしいご飯(餌)を与えて、
マメに散歩(買い物やレジャー)に連れて行って、
犬小屋(部屋)をきれいにしてあげて、
よく撫でてあげる(でもしつけも欠かさずにw)。

そうすれば仕事で忙しいママが遅い時間に帰ってきても、
尻尾を振って喜んでくれて、ご飯までできている。
そんな夫になりますよ。

ちなみに、うちはそうしてます。
2年前から、夕ご飯は夫がつくってくれています。



スポンサーリンク

« アスペルガー的な人は「大前提」を踏まえないと心得る | トップページ | 障害福祉サービス事業所のNGワード »

ダメダメ亭主立ち上げ作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/62003046

この記事へのトラックバック一覧です: 働く女性は夫をペット化しよう:

« アスペルガー的な人は「大前提」を踏まえないと心得る | トップページ | 障害福祉サービス事業所のNGワード »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★