スポンサーリンク




« Amebloのコメント機能は形骸化している | トップページ | アスペルガー的な人は「大前提」を踏まえないと心得る »

2015.07.31

私がアスペルガーの勉強をやめた理由(わけ)

前職で採用面談を担当していたときの、
山のような経験と自己学習から、
人選で失敗しないためには、
できるだけ短時間でアスペルガー的な人を的確に見分ける事。

個人的にそのような結論に至った私は、
死に物狂いでアスペルガーや、
自閉症スペクトラムの勉強を始めました。

採用時の判断を自分が誤った時は、
職場に与えるダメージが想像以上に大きく、
本人以上に、現場のスタッフが大変で、
自分自身も精神的に傷つくことが多かったからです。

ですが、今、「誤った」と書いてしまいましたが、
それは結果論です。

相手の方と対峙した時の私は、
その方に真面目さや、誠実さ、真摯な印象を抱き、
好感を持ったからこそ採用を決めたのであり、
入れた後の状況など想像もできなかったのです。

何の問題もないと信じ切って入れた人が、
早々に職場の悩みの種となることが頻発すると、
自分に自信がまったく持てなくなり、
一発で見分けられるような、
自分なりの見極め方法を、一刻も早く確立したい、
などど、切羽詰って追いつめられてしまうのです。

ですが半ば計略のような手法で辞めさせた、
あるスタッフの礼儀正しい退職の様子がきっかけで、
たまたまその資質を持ってしまっただけで、
その人自身に罪はないと思う気持ちが、
以前よりもさらに強くなりました。

人材育成コンサルタントとして特定の企業さんに関わったり、
研修や講演の講師を務めるようになってからは、
その思いは余計に強くなり、
「アスペルガー」や「自閉」などいう言葉を敢えて出さなくても、
周囲の人達が理解しやすく、対策しやすい伝え方を、
早い段階から模索していました。

今は、世の中には、
「文字や言葉にならないことはわからない資質の人達」
がいるんです、という表現を使っています。

専門家から見たら、突っ込みどころはたくさんあるでしょうが、
そう伝えた後に、簡単に解説すると、
担当者の方は、だいたい理解してくださるようです。

たとえば(極端な例ですが)、
「職場で上司や同僚や後輩が先に帰る時は、
お疲れ様、と言うんですよ」などと、言う事は、
通常、OJTなどでは明言して新人に教えたりはしません。

そんなことは、職場にいれば誰でもわかることだからです。

ですが、周りの様子を見て状況を統合して理解し、
自然に社会スキルを獲得できる能力には個人差があって、
そういった「誰でもわかること」でも、
一度は言葉や文章で教えてあげないとわからない人達が、
資質的にはいらっしゃるんです。

と言うと、割とわかっていただけることが多いです。

たとえば(極端な例ですが)、
いつもドアを閉めずに部屋から出ていくスタッフに対して、
その行動の直後に、「誰だ?ドアを開けっ放しにするのは!」
と、怒ったとしましょう。

そこには、「今すぐ戻ってドアを閉めろ」という、
相手への命令が含まれています。
ですが、「今すぐ戻ってドアを閉めろ」とは、
誰もひとことも言っていないのです。

言葉として言われているのは、
「誰だ?ドアを開けっ放しにするのは?」という疑問文です。

だからその人は、疑問文への回答として、
「私です」と答えるかもしれませんが、
そう答えるだけで、ドアは閉めないかもしれません。
文章や言葉で「閉めろ」とは言われていないからです。

周囲の人達は、そこをわかってあげる必要があります。

結局、私達は、今書いたように、
コミュニケーションの多くの部分を、
ニュアンスに頼っているんですよね。

数字の間違いを見つけて、相手への配慮から、
「これって直した方がいいんじゃないの?」と言われても、
「間違っています」「直してください」とは言われていないので、
何もしない人もいるかと思います。

ところが、ニュアンスを深読みする人は、
その「何もしない」という行為を変に意味づけして、
「自分への反発」とか「会社への反抗」とか「やる気がない」
などと受け取ってしまいます。

ですがここはひとつ、相手を深読みなどせず、淡々と事務的に、
「間違っているから今すぐ直してね」と指示を出せばよいのです。

そういうことなんじゃないか?と思い始めたときに、
私はもうこれ以上、勉強する必要はないように思いました。

それに考えてみれば、スペクトラムと言われるように、
その傾向が全くない人と度合いが強くて生活も困難な人の、
間の部分は無制限に連続しており、今の私は、
障害があるかないか、診断が付いているかいないか?は、
もう全く関係がないんです。

・齟齬が多い
・指示が通らない
・空気を読まない
・優先順位が変
・頼んでいない作業に固執している

そんな人達が周りにいたら、
ニュアンスに頼らない具体的でストレートな会話を、
ぜひ試してみてください。



スポンサーリンク

« Amebloのコメント機能は形骸化している | トップページ | アスペルガー的な人は「大前提」を踏まえないと心得る »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61988666

この記事へのトラックバック一覧です: 私がアスペルガーの勉強をやめた理由(わけ):

« Amebloのコメント機能は形骸化している | トップページ | アスペルガー的な人は「大前提」を踏まえないと心得る »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★