« 前向きな言い訳をたくさん探そう | トップページ | 私がアスペルガーの勉強をやめた理由(わけ) »

2015.07.26

Amebloのコメント機能は形骸化している

22_2

思わず登録しそうになった情報商材系のメルマガがあります。
いえ、正確には、登録しちゃったんですけどね(笑)

先日、このブログとは違う目的で最近つくったAmebloに、
以下のようなコメントが付きました。

 

1. コメントさせてもらいます!
失礼致します☆漫画喫茶で色々記事見ていたらここに来ました(^・^)日常のブログなのにじーっと見てしまうようなブログでした♪私はいろんなことにチャレンジしたことを最近書いています!また遊びに来てください♡

とてもよくできた上手い文章ですね。

「お金の稼ぎ方」とか「副業への勧誘」がプンプン臭う、
明らかにゲンナリするようなコメントはよくありますが、
漫画喫茶で色々記事を見ていた、という具体的な記述が、
大変リアルで説得力があります。

投稿者は女性のお名前でした。時間はAM4:00台。

漫画喫茶やネットカフェは私もたまに時間調整で利用するので、
あの深夜早朝の遠くからいびきが聞こえて来る静かな暗闇で、
人の気配がする明かりの漏れるブースが想像できます。
たぶんこの一行にほかにはない信頼感を感じたんだなw

続く「日常のブログなのにじーっと見てしまうようなブログ」
のくだりも秀逸で、どのブログでも使い回しができる表現ながら、
「漫画喫茶」で現実性の高い印象を持っている自分には、
つい、本当に中味を読んでくれて、
本音で書いてくれているように思えます。

そうなると、コメントの主のブログが、
予想通り、情報商材系のブログだったとしても、
すでに好感が芽生えているので、
むしろ、どれどれ、と読んでしまいますw

自分で考えた文章なのか、
どこかのコンサルの指導によるものか、
それは自分にはわかりませんが、
リンクをクリックして開いた先の文章も読みやすくて、
ついつい最後まで文字をたどってしまいます。

このブログの主は、相当できる人だという感覚が強まり、
そんな人が勧めるメルマガなら、読んでみてもいいかな?
という気持ちになりました。無料だしね(笑)

私は、相手がどんな業種の何屋さんでも、
自分が認めた人の話なら、必ずどこかに
価値のあるヒントがあると思うし、
一銭も出さなくていいなら、敢えて騙されてやってもいいよ?
ぐらいに、思うほうなのです。

最初はスルーするつもりでいましたが、
今回はなんとなく魅力を感じて、
「どれ、読んでみるか」という気持ちになったので、
「お見事、天晴れ!」という賞賛の対価として、
登録してあげることにしました。

もちろん、仕事やプライベートで、
日常的に使っているアドレスなんて使わないよーん。
利用している独自ドメインのサービスで、
一旦新規にアドレスをつくり、それで登録します。
読むに値しないようなものなら、「配信解除」なんてことはせず、
メールアドレスごと、その場で削除ですね(^_^;)

届いたメールに貼ってあった
Youtubeの動画がなかなか面白くて共感できたので、
しばらくは様子を見ようと思いますが、
そのあと苦笑したのは、前述の文章でネット検索したときですね。

ふと思いついて、

失礼致します☆漫画喫茶で色々記事見ていたらここに来ました(^・^)日常のブログなのにじーっと見てしまうようなブログでした♪

で検索してみると、
案の定というか予想通りというか、
やはり同じコメントが付いているブログがいくつかあるようです。

関心がある方はこちらをクリックしてご確認ください。
コメントは削除済みなので私のブログは出ませんが、
本日時点で数えると、17個ありますね。

そうなると次なる興味は、
一体、なんで私のあのブログに来たんだろう?ということね。

そこで、検索で出てきたブログをひとつひとつ開いて、
このコメントの主が、何をキーワードに、
コメントの書き込み先を決めているのかを、
探り始めました。

あいにく結論は得られませんでしたが、
その過程で、思わずため息が出てしまったのは、
こちらの方のブログに書き込まれたコメントの一群です。

釣り船 坂崎丸 予約状

釣り船 坂崎丸ですよ?
予約状況を並べてあるだけの記事ですよ?

なのに84件も(本日時点で)書き込まれているコメントの
一体どれが、内容をちゃんと読んでくれて、
それに対して言及しています?
みんな、中もよく読まずにテンプレ的な書き込みで、
自サイトに誘導しているだけのコメントだよね。
(しかも10枚開いたうちの7枚が404エラー)
(中間のコメントは、管理人さんが削除したのかしら?)

釣り船 坂崎丸にどんな魅力があるのかは不明ですが(笑)
(確かにAmebloユーザーの「いいね」は多いけど)
こうなるともう、荒しに近いよね。
心がささくれ立っちゃうわ。

ここまでじゃなくても、こういうのは、今は、よくあることですが、
少なくとも今から10年前は、
コメントは管理人と訪問者の交流の場でした。

私もこのブログを通じて知り合い、
リアルで友達になった人もたくさんいますが、
今のブログというのは(特にAmebloは)、
PRの手段と化していて、気持ちが殺伐としてしまいますね。

Amebloは2005年から使っていますが、
そんな私から見ると、ちょっとさびしい傾向です。

Twitterもそうですね。

始めた頃は、ツイートを読んだ方から、
感想や共感のリプライやDMをいただき、
それがきっかけで、仲良くなった人もいるのに、
今は「自分のブログ、読んでください」一辺倒だものね。

メールなどもそうですが、
何でも、PRツールとして使われ始めると、
本来の価値や信頼性がどんどん落ちて行きますよね。

FacebookやLINEもやがて同じ道をたどるのかな。
そしてその頃には、また新たに、
新しい連絡手段や交流ツールができているのかもね。



スポンサーリンク

« 前向きな言い訳をたくさん探そう | トップページ | 私がアスペルガーの勉強をやめた理由(わけ) »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61963120

この記事へのトラックバック一覧です: Amebloのコメント機能は形骸化している:

« 前向きな言い訳をたくさん探そう | トップページ | 私がアスペルガーの勉強をやめた理由(わけ) »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ