« ヒーロー願望は捨ててください | トップページ | LINEで仕事の打診をしないでー »

2015.06.19

謝らせてはいけない

今日は自分の話。

ここ、二週間、少し仕事が立て込んでいて、
提出物も遅れ気味。(研修資料やご提案など)

ただ、私のほとんどの仕事先というのは、
半分は友だちみたいなところもあり、
お互いに融通は利きます。

可能なときは先方の超特急にも喜んで対応するし、
こちらの都合で何かを急いでもらうこともあります。

そもそも文章やアイデア出しの作業は、
なかなか時間通りに、はかどらないもので、
私の団体で勉強会や講演会を主催するときも、
お願いした講師の先生は、みんな、資料が遅かったなぁ(笑)
(言い訳w)

なので、先方に特別に事情がない限り、
午前中と言ったのが午後1になるぐらいの遅れなら、
まぁ、この世界では「あり」という認識で、
忙しい時は、割とそういった感じで対応してもらっています。
(もちろん、普段は時間は守ります)

ところが、関係性の部分で、
向こうが自分達の立場を「下」と思っていると、
恐縮に思ってしまうのか、すごく謝って来るんですよね。

「このたびは、お忙しいところを、
本当に申し訳ありません・・・」て。

自分にその気はありませんが(笑)、
先方が勝手に「エラい先生に講演をお願いする」
というスタンスを持っていると、
原稿が遅れたのはこっちが悪いのに、
かえって平身低頭に謝られちゃったり・・・

私なんか、多少ズルいところもあるので、
「よかったー、今回は怒られなくて」と、
妙に安堵しちゃったりしますが、
最近はそこで、「待てよ?」と。

謝る人達の様子を見ていると、
本当にすまない思いを感じますが、
そんな思いを他人にさせている私ってどうよ?
というのが、ここ数日の反省です。

こんなことを長く続けて行けば、
きっと私の運気って少しずつ落ちていくと思う。

スピリチュアルなことには関心のない私ですが、
自分を通じていい思いをした人の数が、
増えれば増えるほど、
自分にエネルギーが集まって来ると思っているの。

でも、今はその逆だよね(^_^;)

何かの提出期限を延ばしてもらうようなとき、
自分はよく、「今、忙しいので」とか、
「この時期は仕事が立て込んでいて」
などと、ごく本当の理由を述べていましたが、
そう告げると恐縮する人達もいるので、
この言い方は、よくないな、と思いました。

忙しいから仕方ないのは本当ですが、
相手に謝らせない事由を考えないといけないな、
そう思いました。

とりあえず、「出張で」とか「外出が続くので」とか、
スケジュールに淡々と従って
スムーズに物事が運ばれている結果として、
「その日は無理」というほうが、
相手のほうも事務的に捉えてくれるのかな。

ここは、「嘘も方便」かもしれませんね。
ものごとの伝え方って、大事だと思うんです。



スポンサーリンク

« ヒーロー願望は捨ててください | トップページ | LINEで仕事の打診をしないでー »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61763864

この記事へのトラックバック一覧です: 謝らせてはいけない:

« ヒーロー願望は捨ててください | トップページ | LINEで仕事の打診をしないでー »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ