« LINEで仕事の打診をしないでー | トップページ | あなたのために頑張りました♪ »

2015.06.21

素直じゃないと食べていけないよ?

昨日はコミュニケーションの勉強会でした。
私は運営スタッフですが、
昨日は、入会を希望される方がいらっしゃいました。

入会担当は、今期から新しく運営スタッフになったEさん。
(男性/50代後半)
元技術系の公務員で、洒脱でお茶目ですが、
理屈っぽくて言い訳が多いのが玉にキズw

ですが、今回の入会希望者はEさんの知人だったので、
Eさんに初仕事として入会対応をお任せしました。

するとEさんは、入会申込書を手渡して、
「これに書き込んで、あとからFAXしてくれればいいから」

えっ!!!

おーっとっとっと、おっとっとっと、
ダメダメダメダメ、それはダメ(笑) ←心の声
ここで手放しちゃったら、「次」はないから。

営業でも、会の勧誘でも、集客でも、なんでもそうですが、
その場で書かせて、その場で集金、が鉄則です。

元公務員のEさんには、その発想がないかもしれませんが、
営業経験者や個人事業者は、みんなそれで、
痛い思いをしているんです(笑)

だから、今いる運営スタッフはその辺をよくわかっていて、
どの人も、ナイスな接し方で「その場完了」させています。

これはあまりよくない、と、思い、横からその方に声をかけて、
「ここで書いて行った方がいいですよ。
あとからFAXだと手間も時間もかかりますし、
今日のご入会から、今日の会費も割引になるし。」
と言って、その場で申込書を記入してもらいました。

ついでに、
「今もし、お手持ちがあれば、入会費も・・・」などど言って、
申込書も会費もすべてその場で完了させちゃいました。

    *    *    *    *    *    *

懇親会。

運営スタッフの間でその話題が出て、
不動産会社をやっている人も、
「それは当然でしょう」と、皆同意。

別に責めているわけではなく、
こういうときは今後はこうたらいいよね?
という提案であり、意識合わせでしたが
、Eさんてこんなときは、
ものすごく言い訳に終始するキャラなんですよね。

「自分の時はぷらたなすさんにFAXでもいいって言われたよ?」

(心の声)それは、あんたがその場で書くのを、
硬くに拒んだからでっしょうっ!!(笑)

「会場片付けでバタバタしていて・・・」
「帰りが遅くなったら申し訳ないと思って」
「撤収作業の脇で書いてもらうのも失礼かと思って」

それは確かに一理ありますね。
Eさんの考えは間違っていないと思うよ?

でも本当のところは、ここで相手をうまく誘導できる、
適切な言葉のボキャブラリーを持ち合わせていなかったこと、
そして、知人なのでそこまで踏み込めなかった、
というのが正解じゃないかな?

    *    *    *    *    *    *

Eさんは、最近、職場を退職して独立した人なので、
これからこうやって、経験を積んでいくと思うけど、
やっぱり課題はその態度よね(笑)

周りが「こうしたほうがいいよ」という言葉には、
(たとえ嘘でもw)「なるほど」と、一発で受け入れて、
言い訳をしないのが、食べていくためのスキルだと思います。

それが、仲間への敬意の表れであり、
チームワークであり、信頼関係の強化になります。

独立したての頃って、最初はそういった繋がりの中から、
小さな仕事が少しずつ入り始めるんですよ。

Eさんが今まで通りの公務員なら、こんなことは書かないけれど、
「あなたはこれから、ひとりで食べていかなければならない人」
でしょう?って思うわけ。

だったらまず、周囲の人に対して、
素直になる、耳を傾ける、受け入れる、言い訳しない、
そういった接し方ができないと、
味方が増えないんじゃないかな。

それって、心底そう思っていなくてもいいのよ(笑)
演技でいいの、お芝居でオッケー。

今はそうやって、「Eさんのためなら」と思ってくれる人を、
地道に地道に増やしていく時期だと思うんだよね。

前にも書きましたが、
こういった同好の志が集う気楽な勉強会と言えど、
決して侮って手を抜いてはダメで、
こんなことを書いている私は、ここの仲間達から、
結構な割合で、紹介のお仕事が入るからです。

でも今のEさんだと、
1のアドバイスに10の言い訳が返ってくるので、
みんなそれなりに「やりにくいな」と思っているし、
Eさんの専門分野のニーズがあっても、
胸を張って紹介するには、躊躇すると思います。

    *    *    *    *    *    *

人は感情の動物なので、
いくらその人がその分野に詳しくても、
人として承認できる人物でなければ、
仕事はまわってきません。

私達は学者でも研究者でもなく、
自分が持っているコンテンツを
効果的に「人に伝えるのが仕事」の講師業なので、
仕事先と良好な関係を築けるかどうかも大きなポイントですが、
それは、仲間や友人から、
好感と信頼を得ていくスキルと同根なんですよね。

Eさんはね、本当は傷つきやすくて劣等感のある人なの。
上司に嫌われたり、周囲に受けれてもらえなかったり、
そんなことも多かったらしいです。

Eさんを見ていると、そうなるのもわかるけど、
Eさんはそこから脱出したくて早期退職しました。
けれど、うまくいくかどうかも、やっぱりそこなのよ。

Eさんがもし、これから何かに気がついて、
人への接し方を変える日が来たら、
それは同時に、「自分は辞めなくてもよかったのではないか?」
と、思う日かもしれません。



スポンサーリンク

« LINEで仕事の打診をしないでー | トップページ | あなたのために頑張りました♪ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61772460

この記事へのトラックバック一覧です: 素直じゃないと食べていけないよ?:

« LINEで仕事の打診をしないでー | トップページ | あなたのために頑張りました♪ »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ