« 集客したいの?したくないの? | トップページ | 「抑うつ」も理解できるよ »

2015.06.08

「変なメール」は意外にいいヤツ

私のコーチ仲間に やぶきま という人がいます。
このブログでもたびたび登場している仲良しです。

そのやぶきまが主催する半年間の継続セミナーに、
私の知人、B氏(男性/60代前半/経営者)が興味を持ち、
チラシを見せながら、ある日、私に質問してきました。

「ぷらたなすさん、これって、どういうもんでしょうね?」

「あ、やぶきまさんは私の友人ですが、
なかなかエッジの効いた、切り口の鋭い講座をしますよ。
私は彼女のセミナーは好きですね。いいと思います。」

「そうですか。自分なんかが参加してもよいものでしょうかね。」

「もちろんですよ。ぜひ参加なさってはいかがですか?
どの辺が気になるのでしょうか?」

「いや、たぶん若い女性が
参加するようなものだと思うので、
俺みたいなオジサンがひとりで参加しても、
きっと居場所がなくて居心地悪そうだし、
講師だってやりにくいと思って。」

「そうかしら。やぶきまはビジネス系の男性ファンも多いので、
きっと男の人もいると思いますよ?聞いてあげましょうか?」

やぶきまはそれなりに営業経験もあるし、
ビジネスパーソンとして長くやってきた人なので、
優しや暖かさが売りの女性コーチとは異なり、
男性の参加者も多いと思いました。

それに、今回は料金設定を高めにしているので、
たぶん満席にはならないだろうという読みもあり、
盟友の売上をプッシュしてあげたい気持ちもあって、
そのようにはからいました。

    *    *    *    *    *    *

B氏は経営者と言っても、社員がいるわけじゃないし、
会社組織にしていますが、開店休業のような感じで、
表向きは保険代理店ですが、
それで売り上げがあるのかないのか、よくわかりません。

私とは、ある勉強会で知り合いましたが、
最初から場違いで浮いている感じがして、
気の毒に思った私が、
取り残されないようにマメにフォローして、
それがきっかけで少し仲良くなった人です。

以前は業種の違う別な会社を経営していたそうですが、
諸事情により、それを他の人に譲り、
老後はふるさとでのんびり過ごそうと考えて、
ご夫婦で故郷に戻ってきた人です。

だからたぶん、今さらビジネスで稼ごうとは思っていないし、
穏やかな人柄からは、ガツガツしていない余裕も感じます。
でもきっと、人見知りであることだけは確かだね。
ネットで見て初めて参加したとのことでしたが、
ロープレなども行うコーチングの勉強会で、
全然、場に馴染まないし、周囲に溶け込めないものね。

こういう方が社長さんだと、
意外に厳しくて頑固でワンマンだったりするので、
そこそこの会社を経営されていた時は、
社員を敵に回すことが多い、
人望の無い社長さんだったのかもしれませんね。

    *    *    *    *    *    *

B氏がコーチングの勉強会に参加したのは、
コーチングの手法を学びたいからではなく、
コーチングを受けてみたいと思ったからなのだそうです。

だからいきなり、傾聴とか承認とか
質問のポイントなどのレクチャーとロープレは、
「なんか違う」と思ったのかもしれませんね。

そのB氏がやぶきまのセミナーに興味を持ったのは、
「コーチングを体験できる」と書いてあったからです。

それなりにお金は持っていそうな人なので(笑)、
これはやぶきまにとっても朗報だと思い、
すぐに電話して、「こういう人がいる」と告げたら、
「それってもしかてしてBさんて人?」と、知っている様子。

「そうそうそうそう。すごく興味あるみたいだよ?」

「その人さぁ、断ろうと思ってんのよ。」

「え、なんかあったの?」

「なにかあったわけじゃないけど、
この前、問合せのメールをもらったときに、
挨拶もないし、名乗ってもいないし、
人にものを尋ねるときは、
やっぱり礼儀ってものがあるでしょう?
そういうところがきちんとできていない人は、
私のセミナーには来て欲しくないわ。
いたずらメールかと思って放置していたんだけど、
適当なこと言って、断ることにするわ。」

「あぁ、そうなのね。でもどうしよう、
友達だから聞いてあげるよ、って、言っちゃった・・・」

「じゃね、男性の参加者はいない、ってことにしておいて。」

「そうか、わかったよ、かえってごめんね。」

    *    *    *    *    *    *

実は、やぶきまに電話する前に、
B氏から、そのメールを見せてもらっていました。

「問合せしたんだけど返事が来ないんだよね」と言いながら、
スマートフォンを開いて見せてくれたのは、
「女性限定のセミナーですか?」という1行のみのメールでした。

確かに挨拶もなく、名前も名乗っておらず、
これだけのメールをもらったら、
気持ちの悪い人が打った気持ちの悪いメールに見えるわねw
名前の表示に本名が載っているので、男性ということがわかり、
言われてみれば、「変な人」からのメールみたいで、
私も無視して放置するかもね。

でも、目の前のB氏は決して変な人ではないです。
なかなか場に馴染めないところはありますが、
礼儀正しく分別のある方です。

だからこれはたぶん、正式に尋ねたわけではなく、
恥ずかしい気持ちもあって、ちょこっと探りを入れた感じですね。
そこで、安心できる正当な回答がきちんと得られたら、
その次からは、ちゃんとしたメールを送ったんじゃないかな。
私はそう思いました。

だって、「興味はあるけどすごく不安だ」と、
臆病なことを何度も言っていたし、
同世代の男性がいるようならすぐに申し込むんだけど、と、
客層をすごく気にしているようでした。

会社の経営者さんがそんな風ではビジネスにならないので、
もしかして、社員に社長を辞めさせられたとか、追放されたとか、
周囲に受け入れてもらえないことに、
何かのトラウマがあるのかもしれません。

私は、話の流れを知っていたので、
Bさんからメールを見せられても、
変な感じは全くしなかったのですが、
言われてみれば、確かにやぶきまの言うとおりで、
彼女の感覚もよく理解出来ました。

    *    *    *    *    *    *

話しが横道にそれますが、初めての会話が電話だった場合、
話し方や雰囲気で印象の良しあしってあると思うんですけど、
「なにこの無愛想でぶっきらぼうな話し方!」とむっとした人が、
実際に会ってみてその通りだったという事がないんですよね。

無愛想で、ぶっきらぼうな男性ほど、
実際にお会いしてみると、礼儀正しくて誠実なことが多く、
特に技術系の職場ほどその傾向が顕著だと思います。

だから私は、電話だけで相手を判断しないようになったの。

私は電話応対の研修もするので、
「第一印象が大事」なんて、エラそうに言っていますが、
第一印象が悪い人のほうが、実際にはいい人が多いから、
内心いつも、微妙だなぁ・・・と思いながらしゃべってます^^

これはきっと、メールも同じなんじゃないかな。

特に男性。特に理系、技術系、システム系。

この人達のメールは、そもそも、異常にそっけないよ(笑)
用件のみ。挨拶なし。丁寧なお礼や感謝の言葉もなし。
そして非常に短い。短すぎてよくわかんない。
経緯も背景もなく、やけに唐突。

でも私が知っている人達は、みんないい人だった。
それを思うと、私は、やぶきまみたいに、
礼儀知らずな人物、と、一刀両断に切り捨てることは、
できないんだな。

ちなみにB氏は、
まだ紙テープでデータを保存していた時代に、
コンピューターに携わっていた、工学部出身の、
バリバリの理系オジサンです。

そういう周辺情報を知っているからこそ、
違和感を持たないのかもしれないね。

とは言え皆さん、
人はそういったところで相手を判断するのです。

だから、匿名で正体を知られずに
恐る恐る出すような問合せメールでも、
決して、手を抜いてはいけません(笑)

宛名、自分の名乗り、そしてご挨拶から締めの一文まで、
はしょらずにきちんと書きましょう。

そして、メールを受け取る方の皆さん、
一見無礼なメールに見えても、無礼な人とは限りません。
「なにこのメール、変な人、気持ち悪い」と思っても、
ほかの人と変わりなく、丁寧に返信をしましょう。

それが意外にも、
大きなオーダーにつながるかもしれませんよ。

変な人は変なメールを書くことがありますが、
変なメールを書く人が、変な人とは限らないのですな。



スポンサーリンク

« 集客したいの?したくないの? | トップページ | 「抑うつ」も理解できるよ »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61711323

この記事へのトラックバック一覧です: 「変なメール」は意外にいいヤツ:

« 集客したいの?したくないの? | トップページ | 「抑うつ」も理解できるよ »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ