スポンサーリンク




« 相手の言葉にムッとしないコツ「その場限り」 | トップページ | ヒーロー願望は捨ててください »

2015.06.19

まじめに回答しないほうがウマくいく

今日、仕事で、ある小さなクリニックをご訪問したら、
院長先生(男性/50代後半)にこう言われました。

「ぷらたなすさんは、どうして自宅のご飯はつぶやかないの?」

院長先生は、数年前からFacebookのアカウントがありながら、
マメに開くようになったのは、ごく最近です。

そういう方もよくいらっしゃるので、
私は彼を、登録だけして実際はほとんど使う気がない人、
と、思っていました。

ところが、最近、私のつぶやきに「いいね!」をしてくれたり、
自分でもよく写真などを、アップしているんですよね。

院長先生は、Facebookの友達は、そんなに多くありません。

そうすると、どうしても、
発信量の多い私のつぶやきを目にする機会が増え、
外食ランチや酒席の写真が多い(笑)私に感じた、
素朴な疑問だったのだと思います。

「え・・・自宅の御飯ですか?」

「そうそう、いつも外食の写真ばかりで、
自宅の写真がないよね?」

そのときは、その質問を真に受けて、
「自宅の料理は夫がつくっているので、ひどい盛り付けで、
人様には見せられない」とかなんとかw、
思ったままを答えましたが、あとから気がつきました。

そもそも、院長先生は、Facebookに置いて、
日常的な自宅のご飯などは、
通常、あまりアップしないという傾向をご存じなのだろうか?と。

定期的に食事だけをアップしているような人は別として、
Facebookは、基本的に「ハレ」のコミュニティだと思うんです。

・見栄えのいいランチだったからアップした。
・普段は来ないお店に来た。
・友人と会食して楽しかった。

普段とちょっと違う、
ささやかな”非日常”だからこそアップしたくなるわけで、
Facebookは、その幸福や感動を、
気心の知れた友人達と共有し合うツールだと思うんですよね。

気心の知れた友人だからこそ、見栄や自慢ではなく、
ピュアに共感して欲しいわけです。

Facebookに漂うその前提を、
院長先生は、わかっているかな?

ふいに問われて、何も考えずに真面目に答えてしまいましたが、
この先生は、ちょっとアスペっぽいところがある人なので、
そっちから説明してあげたほうが、ずっと親切だし、
そのほうが、院長先生にもはわかりやすかったかもしれません。

例えば、Facebookは、家で普通に食べているような、
卵かけごはんや納豆ごはんは、
毎日はつぶやかないものなんですよーって。

そうよね、もしそれをつぶやくとしたら、
それは何かの「非日常」があったときでしょう。

たとえば、今日は手抜き、とか、
たとえば、今日はシンプルに、とか、
たとえば、今日はダンナがいないので、とか(笑)

この院長先生って、仕事先だけでなく、
ある会の会員仲間でもあるのですが、
少々KYさんなんで、話し合いの場でも、
必須の大前提を踏まえない発言をして、
よく皆から「だからそうじゃなくて」という突込みを受けています。

ですが、過去に多々接してきた、
仕事がうまくいかない人達とは異なり、
曲がりなりにも、スタッフを雇用して院を経営しているので、
こちらもガードが甘くなっちゃうのですが、
たまに思い出して、「おっとっと・・・この人はそうだった」
と、意識しないと、水掛け論になりそうになりますわ^^

そんな人から、ふいに質問を受けると、
ついまじめに真剣になってしまいますが、
そこから一度、こころを離して、
「そもそもこの人は、物事の慣習や空気を察しているかな?」
と、疑ってみるのも、アスペっぽい人とうまくやる、
コツなのかもしれません。



スポンサーリンク

« 相手の言葉にムッとしないコツ「その場限り」 | トップページ | ヒーロー願望は捨ててください »

アスペっぽい人にムッとしない考え方のコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61762511

この記事へのトラックバック一覧です: まじめに回答しないほうがウマくいく:

« 相手の言葉にムッとしないコツ「その場限り」 | トップページ | ヒーロー願望は捨ててください »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★