« 疑ってかからないとね | トップページ | ある息子さんの家出 »

2015.02.28

プロは不利かも

ここ数か月、ラジオをやっているのですが、
昨日は、プロは損だな、不利だな
って思いました。


ゲストは2名。


同じ趣味を持つ一般の男性(40代前半)と
フリーアナウンサーの女性の方(40代前半)。
二人は趣味を通しての知り合い同士です。


男性のほうは、
なんとなく人づきあいが苦手そうな方で、
声が小さいし、話し方もボソボソしているので、
マイクに声が乗らないし、
開始前からトーク自体が少し心配でした。


女性の方は十分場馴れしていて、
声もよく通りますし、
話し方もメリハリがあってテキパキしていて、
とても雰囲気のいい方でした。


と・こ・ろ・が…


いざ番組が始まってみると、
聞き取れない声でモゴモゴ話す、
男性ゲストのお話のほうがしみじみと心に響くし、
ひとつひとつによく共感できるのです。


女性の方は声が明るく明快で、
お話のテンポもよく聞き取りやすいのですが、
流ちょうな話し方過ぎて、
なぜか何も心にとどまらずに、
上のほうを流れて通り過ぎてしまう感じなの。


お話の内容も、
なぜその趣味を好きになったのか?というところで、
何度も言葉に詰まったり、噛んだりしながらも、
話してくれる内容が深く共感できるもので、
トークをリスナーへの情報として伝える女性の方とは異なり、
むしろ心のあり様を十分感じさせるものでした。


前にも別なフリーアナウンサーの友人に、
ゲストで出てもらったことがあるのですが、
皆さん、言葉数が多くて、
トークのセンテンスも長いんですよね(笑)


    *    *    *    *    *    *


フリーアナウンサーの皆さんは、
番組を持ったり、人前に出て司会をしたりして、
いわゆる「話のプロ」であるわけですが、
プロである分、間違わず、噛まずにソツなく、
きちんとしゃべりたい思いが無意識に先行して、
中味にソウル(魂)が困らないのかな?
と、思いました。


ですが、これって職業柄だと思うんですよね。
だって、素を出せない仕事ですもんね。
間違ったら間違ったで、それなりのお叱りもあるわけだし。


そう思うと、こういった場では、
プロって不利で損だな・・・と思いました。
マイクを前にすると、生身の人間のお話は、
なかなかしづらいのかもね。

私は研修の仕事などで、話すのにはそこそこ慣れていますが、
しょせんこの道のプロじゃないので、
よく間違えるし、口が勝手に変なこと言うし、
あとで聞くと、妙な表現とか一杯あるのですが、
それはそれで、普通の人が普通にしゃべっている感じがして、
逆に説得力と真実味があっていいのかな?って、
思いました。


何事も「上手くなる」ことで失うものもあるんだね。

« 疑ってかからないとね | トップページ | ある息子さんの家出 »

びじねす見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61205879

この記事へのトラックバック一覧です: プロは不利かも:

« 疑ってかからないとね | トップページ | ある息子さんの家出 »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ