« クロニンジャー | トップページ | 疑ってかからないとね »

2015.01.19

マナーと公的機関

前に書いたかもしれないし、
書かなかったかもしれない。
そんなことは忘れちゃったよー
でもまぁいいか。


色々な企業や団体さんを訪問していると、
その組織の体質というのが
少なからずわかったりもするわけですが、
ここでひとつだけ書くとしたら、
公的機関のマナーはメッチャいいです。
ただし、外部から人を迎えた時に限って言えばね。


その人達が、自分らのサービスの提供先である、
地域住民の皆さんに誠実に低姿勢で応対しているか?
というのは、見たわけじゃないから
残念ながら私にはわからない。
(でもたぶん十分やっていらっしゃると思います)


ですが今までの仕事で痛感するのは、
公的機関の皆さんというのは、
外部から人を迎えるにあたって、
下から上まで本当に訓練されているということです。


私ね、ある町役場の研修を担当した時に、
自宅から車で行ったんですが、
担当の方が役場の駐車場で、
私の到着と待っていてくれたことにも
びっくりしたんですが、
その後の、会場へのご案内とか、
エレベーターでの振る舞いとか、
お昼ご飯を準備してくれている感じとかにも、
本当に驚いちゃって、
この感覚って、民間には絶対ないなーと思ったの。


よく言えば上下関係に従順で、
悪く言えば官僚体質なのかもしれないけど、
そこに私は少しばかりの卑屈と知恵を感じました。


研修の講師なんて、本当は全然大したことないよ。
でも彼らが「この人は上位のお客様」と思った時の、
緊張感て凄いんだね。


それはたぶん、(私は詳しくないけど)、
国とか県とか から訪問者を受け入れた時の、
ちゃんとしないとヤバイ感じとか、
上位のものには頭を下げていないと、
やっていけない感じとか、
色々な価値観がひしひしと伝わってきて、
愛おしく感じるぐらいでした。


その感覚から言えば、
行政とあまり関わりのない中堅の民間企業は結構ダメダメで(笑)、
受付で長い間待たされたり、
「あんた誰?」みたいな感じで物珍しく見られたり、
出入りの業者さんと同じ扱いで、
顎で上階を示されて、「勝手に準備して待っていてください」
のような事を言われることもあるのですが、
幸い私はそういった事は全く気にならない体質なので、
ひとつひとつを面白く感じていたりするわけです。


ただね、私がひとつ思う事は、
公的機関の教育力は意外に凄いんだということを、
民間の会社さんはわかっておいた方がいいわね。

条件を揃えるのは難しいですが、
民間企業の若者と公的機関の若者を比較したら、
(私の感覚では)公的機関の若者のほうが、
絶対に”大人”です。

言いたい事も不満も反発も飲み込んで、
ある程度体育系な上下関係の中で、
周囲と調和を図りながら仕事してます。
その葛藤が逆に人を成長させるのかもしれませんね。


公的機関や、民間企業でも公的な役割を持つ企業さんは、
とかく世間の槍玉に上がることも多いのですが、
たいていの若者は、それを知りつつ真面目に誠実にやってます。

そのピュアな意識が折れないように、
ぜひとも上司の皆さんは、
変な価値観を植え付けずに、
質の高い育成をして欲しいと切に願います。

« クロニンジャー | トップページ | 疑ってかからないとね »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/61000639

この記事へのトラックバック一覧です: マナーと公的機関:

« クロニンジャー | トップページ | 疑ってかからないとね »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ