☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 男は褒めるとカッコよくなる! | トップページ | 男はホントは奥さんが大好き »

2014.06.19

講師の人柄とフィルター

先日、友人(50代後半/男性)の
アイデア発想法セミナーのお手伝いをしました。


友人は勤め人ですが、
社命と社費でそういった講座を受講して、
社員に落とし込む立場にあり、
私の仕事先の社長から
「アイデア発想法の講師を知らないか?」
と聞かれたときに私が彼を紹介して、
今回のセミナーに相成りました。


友人が自前で公開講座を開き、
社長の会社が経費で自社社員を数名送り込む形式です。


ですが彼は一応友人ではあるものの、
少々癖のある人柄で、
かつ、以前受けたセミナーで、
講師としての態度や進め方に疑問を感じていたので、
お勧めと言うわけではないけれど、と、ひとこと入れて、
「少し癖がある人なので会ってから決めてね」
と告げて紹介しました。


でも社長は、それでも、よかったみたい。


私は内心、えー・・・とか思いつつ、
本当に大丈夫かね?などと考えながら、
私が紹介した立場ということもあり、
当日は、会場準備や受付を手伝いました。


友人はね、まず、言い訳が多いのよね。
「私は基本的に変わりものなんで」
「私は偏屈なんで」
「私は知らないんで」
「今回は時間がなかったんで」


そんなの、一切言わずにゆったり構えて堂々としてりゃ、
誰もわかんなないし誰も気にするところではないのですが、
ひとひとつせせこましく口に出すものだから、
非常に軽薄で落ち着きがなく、小さい人間に見えてしまいます


あと、トークが理屈っぽい(笑)
それと早口の割には、今、何が目的で何の説明をしているか、
あんまりよくわかんない。あと、話が本当によく飛ぶ。
ひとつ質問をすると、ものすごく長く回答してしまう。
全体的に、チョコマカチョコマカしている感じ。


会員同士がローテーションで講師を務め合う、
ある異業種交流会で知り合ったんですが、
私が講師の時は、話の主導権を講師から奪って、
すぐに自分が解説を始めちゃうので、
本当にやりにくかったかです。


なのに、なぜ今、気心の知れた友人になっているか?と言うと、
彼が私の別のセミナーに来てくれたからなんだよね。


でも、そのときも、案の定と言うか予想通りと言うか、
本当にやりにくくて、内心は「もういい加減にしてくれ」
と思ったんだけど、そういう扱いにくい人は、
私は逆に褒めることにしているの。


以前もどこかに書いたと思うけど、
「承認」は、相手をコントロールできる最大の武器なんだよね。
自分を承認してくれる相手には、人は逆らえなくなるのよw


なのでそのときも、あんまり落ち着きなくうるさいので、
「◯◯さんが一杯発言してくれると会が盛り上がりますね!」
「本当にお詳しいですね、今度、私に教えてくださいね」
「ここは、◯◯さんの見地をぜひ伺いたい」
「なるほど、非常に参考になります」
とか言って、講座中、シャワーのように、
承認の言葉を浴びせかけたら、
段々大人しくなりました(私って腹黒!(笑))


そして、きっと彼はそれがとてもうれしかったと思うの。


私より年上なのに、「ぷら様」「ぷら様」って、
とても慕ってくれて、仲良くなってみると、
実際はすごくいい人なのよね。


だから、講師の時のバタバタ感も、
受講者の時の自己顕示欲も、
あれは、きっと、
一種の緊張感からくるハイテンションなんだなぁ…


きっと、他社の評価を気にしてバリアを貼ったり、
人から認められたいと無意識に願うような、
何かのヒストリーやトラウマがあるんだろうと思った。


だって、こちらが理解して認めてあげると、
話をしていても、やりにくいと感じる様な事は、
一切ないもの。


とはいえ、友人としては(今はすっかり)仲良しだけど、
講師としては???なので、
今回のセミナーも、大丈夫かなぁ…という思いでしたし、
第三者の目で見て、「あー、ここは説明が不足している」
と感じた時は、敢えて質問して「こういうことですよね?」と、
他の皆さんのためにポイントとなる言葉を引き出してあげて、
まぁ、それなりに楽しかったけど結構大変でした(笑)


でも、今回は内容が非常によかった。


同じ講座を聞くのは二回目だけど、
講師の短所ばかりが気になって気になって前回と違い、
主旨がよく伝わって来たし、発見も気づきもありました。


これはやっぱり関係性だと思うのね。


今は友達で、お互いに分かり合えているから、
「また言い訳してる」「また話が脱線してる」と思っても、
あーあーあー・・・という感じで苦笑して許せるよ。


その分、「聴く心」にフィルターがかからないので、
内容がそのままの中身で100%入って来るんだね。


自分に身に振り替えて思うと、
やっぱり講師は受講者に変なフィルターを
かけさせたらダメだと思うし、
講座開始時、つまり出会い頭に
「人柄」に疑問を持たせたらダメだと思う。


私はプロの研修講師として、
企業や団体さんの、組織としての課題解決のために、
対価を受け取って研修をしているのだから、
受講者にいい影響を与えられなければ「仕事」にならないわけで、
そのためにも、話し方、態度、表情、立居振舞などにも、
効果的な研修のためには、気を配るべきだと思っています。


自分の人柄を効果的な研修のためにどう演出していくか。


自分の経験で言うと、
早い段階で「何この人?」と思わせてしまったら、
以後、どんなにいい内容を伝えても、
受け取ってくれないですからね。


そんなことを感じた、今回のお手伝いでした。

« 男は褒めるとカッコよくなる! | トップページ | 男はホントは奥さんが大好き »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/59843597

この記事へのトラックバック一覧です: 講師の人柄とフィルター:

« 男は褒めるとカッコよくなる! | トップページ | 男はホントは奥さんが大好き »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★