☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« ホームページ | トップページ | 主夫とシュートメのキモチ »

2014.05.12

関心事は発信した方がいいよ

今日は障害者職業センターの友人とランチしてきました。
目的は研修の依頼で、
テーマや時間や内容を詰めるはずだったのですが、
気心の知れた友人でもあるので、
ほとんどの時間が雑談になってしまいました^^


福祉サービス系の機関や、
公的なセンターからのご依頼は割と多いです。
こちらも前回書いたように、予算が決まっているので、
そんなにお金にはなりません。
ですが、自分が好きな分野でもあるし、
今となっては関係機関に友人が多く、
「友達の頼み」として、喜んで引き受けています。


独立するまでの私の過去のブログは、
本当に職場リーダーとしての
「人に関する悩み」ばかりですよね。


その流れで発達障害を知り、自分でも学び、
色々わかっていくプロセスを通じて、今現在は、
コミュニケーション能力が、
必要以上に偏重されている社会への疑問や、
そこがNGだと人としてもNGなの?
と言いたい気持ちがあるわけですが、
そう言った事を、周りに話したりしていると、
ご縁がつながっていったりするんですね。


元々は、コーチングのプログラムで、
仲間同士でロールプレイング(演習)をし合うときに、
前述のような話題をよく自分のテーマにしていたのですが、
そのときのコーチ仲間にハローワーク勤務の人がいて、
その人がセンターに紹介してくれたの最初なんです。


それともうひとつ、
同じ会で活動しているコーチングの先輩が、
ある県の産業メンタルヘルスに関わっている方の弟さんで、
その先輩の紹介で他のコーチ仲間と一緒に、
何度かその県の勉強会のお手伝いをしているうちに、
そのご縁でつながった人達のそのまたご紹介などで、
お仕事をいただくこともありました。


そんなことをやっているうちに、
私の前職の会社も障害者支援事業を受託して、
かつての同僚がそちらの担当になって、
「ぷらたなすさんてそういうこと勉強してたよね?」
と、数年ぶりに突然電話がかかって来たりね。
そしてそこからまたお仕事をいただいたり・・・


こうやってみると、発信って大事だな、とすごく思います。
すぐには結果にならなくても、
自分はこういうことに関心がある、こういう勉強をしている、
こういうことをやりたいと思っている…と周囲に話していると、
何かの拍子に、ふっと思い出してもらえて、
最終的に自分が希望するような
方向性のお仕事が来るものなんだね。


だいたい、そんなことを敢えて考えなくても、
好きだからついしゃべりたくなっちゃうというのがあるんですが、
同じ「好き」でも、本や音楽や食べ物などと異なり、
「こういうことが好き」と言ったらどう思われるだろう?とか、
内容によっては、色々あると思うんですよ。


でもね、自分はやっぱり発信は
ご縁を引き寄せると思います。


それも、「あなたもそう思うでしょ?」と、
同意や共感を求めるのではなく、
一人で嬉々として語り、自己完結しているようなやつね(笑)
誰がどう思おうと「私はこれが好き!」という意思表示が、
同好の志を強く引き寄せるのかもしれませんね。

« ホームページ | トップページ | 主夫とシュートメのキモチ »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/59628264

この記事へのトラックバック一覧です: 関心事は発信した方がいいよ:

« ホームページ | トップページ | 主夫とシュートメのキモチ »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★