スポンサーリンク




« 主夫とシュートメのキモチ | トップページ | 男子はペアにしちゃダメね »

2014.05.26

疲れた講座、プロセス大事

先日、あるママさんサークルの依頼で、
ミニセミナーをやって来たんですが、
正直言って、ものすごく疲れました・・・


友人の紹介だったのですが、
その友人は小さな借家を一見借りて、
依頼があれば予約制で無農薬野菜の料理を振る舞う傍ら、
6畳と4畳半の続き部屋になっている和室を、
色んな女性サークルに貸してくれているんですよね。


私は昨年、その友人の依頼で、
何度かコーチング講座をやったことがあり、
気心の知れたその友人からの話だったし、
その後の打合せにも毎回友人が参加していたので、
いつもと同じように安心していたら、
なんと当日、友人は不在。えーっ!
それを早く言ってよね・・・


というのも、私のセミナーはプロジェクターを使うので、
プロジェクターを出しておいてもらわないとダメだし、
資料も配るからテーブルも必要だし、
準備に少し時間がかかるんですが、
そういう事とか、雰囲気とかが、
先方に全然伝わっていなくて、
到着したら10名ぐらいのお母さん達が、
和室をおもちゃ一杯にして子供達を遊ばせながら、
手芸教室の真っ最中でした。


・・・で、事前に聞いていたのは、
そのママさんサークルで、
会員が1日手芸をしたりランチを食べたり、
勉強したりしながら、有意義に過ごせる行事にしたい、
ということだったのですが、
私が準備を始めると、みーんな帰っちゃったんですよね。
あららら・・・・(^_^;)


会員の皆さんが、
「今からなんか勉強会なんだって。ほら、早く帰ろう!」
みたいに、子供達を急かしながら、
パーッとほとんどが居なくなっちゃったので、
まぁ、はっきり言って気分はよくないよね(笑)


まだ遊んでいたい子供達に、
「ねぇねぇ、今から何やるの?」と聞かれたお母さん達が、
「関係ないから。」と子供達に答えているのも、
事前に伺った話と違うし、
講師として来ているのに、なんだか失礼だなぁ・・・って。


しかもプロジェクターは用意されてないし、
(そんなこともあるかと思って私物を持参して大正解!)
お部屋の中は、非常に散らかっているし、
帰った子供たちの作成途中の手芸品や、
食べ残し・飲み飲み残しのお皿やコップや食べこぼしが、
テーブルの上に一杯で、
確かに私も子供達が小さい時はそんな感じだったけど、
事前に聞いていたのとは、何もかも全然違うので、
これは主催者にも問題あるよなーって。


    *    *    *    *    *    *


今回のリクエストテーマは、
「働きたいママのための講座」だったのよ。


子供達が少しずつ大きくなってきて、
パートぐらいなら出来そうに思っても、
再就職に不安があるお母さん達を、
後押しするような内容にして欲しい、
という依頼だったんですよね。


で、休日に友人の借家を1日借りて、
手芸やランチで楽しんで交流を深めながら、
最後にセミナーという流れだったみたいなのですが、
お母さん達は、たぶん外部講師を読んでセミナーとか、
あまりやったことがないのかもしれないし、
活動そのものが内輪の域を抜けていないのかもしれないし。


だとすると、そう言った事をお互いに意識合わせをして、
きちんとした手順を踏んで、きちんと準備をして、
参加人数もきちんと把握して責任の所在を明らかにして、
その上で主旨や目的を明示した告知をしていく・・・


そのプロセスそのものが、
「働きたいママ」のための勉強であり、
そういったことこそが、「働くための心の準備」
なんじゃないかな。


今回は友人が深く関与していると思い込んで、
いつもと同じ感じでセミナーができると
思い込んでいた私にも非があるし、
「自分は単なるアドバイザーとして仲を取り持っただけで、
当日は不在である」と明確に私に念押ししなかった
友人も伝達不足だと思うけど、
何かがうまくいかない時というのは、
ま、そんなものよね。


いや、うまくいかなかったわけではありません。


少人数のセミナーでしたが、
皆さんの反響が非常によく、
「これはぜひもっと多くの人に聞いて欲しいし、
今後も続けていきたい」と言ってくださったので、
むしろ、今後につながる流れになりました。


でも、今度やるときには、
セミナーは開催までの手順も社会勉強だと思って、
お互いにしっかり詰めていきたいですよね。
それが仕事のマナーであり、意思疎通の手段であり、
心地よく成果を上げられる方法であることを、
分って欲しいかな。


あ、もちろん、私も自分に対して、
そんな反省をしています。


« 主夫とシュートメのキモチ | トップページ | 男子はペアにしちゃダメね »

フリーランスのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ぷらたなすさん、こんばんは。

疲労感お察し申し上げます。
その日1日の流れ全体を統括する人がいなかったのですね。

主催の方も雑な方ですね。嫌だな~。
いつもはそうでないならお疲れだったのかしら?
でも、そういう雑さ、ある種の鈍感さが物事をイベントを企画or動かしていく主役タイプになるには必要なのかもな~、とも思っちゃいました。

講座が好評だったのが何よりです!

たけのこさん、コメントありがとうございます。
「そういう雑さ、ある種の鈍感さが物事をイベントを企画or動かしていく主役タイプ」
はさすがに、鋭いですね!こういうイベントの推進者は、適度に大雑把なじゃいと踏ん張りがきかないかも。

市民サークルの手作りイベントは講師側の負担が大きいのですが、そこを乗り越えて「これからもお手伝いしたいな」と思わせる手練手管は、本当はあったほうがいいと思いますけどね(^_-)-☆ うふふ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/59710283

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れた講座、プロセス大事:

« 主夫とシュートメのキモチ | トップページ | 男子はペアにしちゃダメね »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★