« すごいクリーニング | トップページ | 女は褒めない、男は褒める »

2014.05.05

らじおの企画

一昨年から、ある勉強会の代表になって、
自分の仕事の傍ら、ボランティアで
そちらの活動もしています。


先日、たまたま知り合った人が、
地域のコミュニティFMに関わっている人だったので、
その勉強会の予算で格安に番組枠を確保して、
会員の皆さんに週替わりで出演していただく、
会員向けの企画を立てました。


勉強会はフリーランスや個人事業の会員が多いので、
普段の勉強だけでなく、
自分の仕事内容や告知したいイベントなど、
大いにPRに役立てて欲しいと思って企画しました。


でも小さな地域FMなので、聞いている人が少なく、
ラジオでのPR効果はゼロに等しいと思います^^
その分、写真に撮ってあげたり音声録音したりして、
自分のFacebookやブログに貼ってもらえば、
それなりに効果あるよね~と思っての事でした。


で、これを早速、MLやFacebookグループで告知したところ、
大変人気で、瞬く間に4か月のうち3ケ月は埋まったのですが、
そこから先は、希望者の流れが止まり、
なかなか手が挙がりません。


50数名の会員のうち、
アクティブ(実際に活動に関わる)な会員は半分ぐらいだし、
その中でも反応がいいメンツはそのぐらいだろうなぁと思うので、
これはこれで、こんなもの、という思いがあります。


で、興味深いのはそこから先で、
全19週のうち、出演者が決まらない回を、
私が目星をつけた気心の知れた会員に、
個別に連絡して打診していくのですが、
お断りの方は、「時期尚早」「まだ早い」
「仕事がもう少し形になってから」
という理由がとても多いんですよね。


お声掛けしているのは、
私自身が、この人にはラジオ出演がメリットになる、
と思っている、個人で仕事をしている皆さんなのですが、
ラジオに出るのは「功成り名を遂げた人達」
というイメージがあるんでしょうね。


でも、私は、もし本当に「仕事を形にしたい」なら、
それは少し違うと思うんです。
多少でも「功成り名遂げた人達」になりたいから、
みんな手を挙げてくるのであって、
確かに早い段階で希望を出してきた人は、
それなりの実績と活動をしている人達ですが、
じゃ、その人達が駆け出しだったら手を挙げなかったか?
と考えると、絶対違うと思うんですよね。


彼ら、彼女らは(私も含めて(笑))、
たとえ勉強会の新参者だったり、
そのときは仕事の実績がほとんどなかったとしても、
なんとか発信したい思いを持って、
「こういう話でもいいですか?」「◯◯の話がしたい」
と、ここ一番のときは遠慮せずに言って来たと思うんです。
そしてその気質が、「今」に繋がっているように思うのね。


内容は自由で、仕事も年齢もキャリアも会歴も問わず、
誰でもOKと告知段階で明言しているので、
実際今回も、入会したばかりの人も、
勉強を始めたばかりの人も、
嬉々として参入して来ています。
企画立案者の私としてはそういうことがうれしいですし、
他の皆さんとのつながりもできてゆくので、
一人でお仕事をされている方なら、
ぜひ思い切って乗って欲しい気持ちがあるのですが、
事情は色々あるでしょうし、
皆が皆、そういうわけにもいかないかな。


相互理解度の高い仲のいい会なので、
あまり固く考えずに楽しんで参加して欲しいんだけど、
ま、しょうがないね^^


    *    *    *    *    *    *


というわけで、人の性格や価値観は様々なので、
皆が見ているMLやFacebookグループで、
参加希望を出すのは抵抗があると思い、
私宛にこっそり個別メッセージやメールでも可、
と告知時に付け加えていたところ、
「私のようなものでもいいのでしょうか?」
と、控えめにメールをくださった新会員の方がいました。


大歓迎!ぜんぜんオッケーですよ!
とお返事したところ、早い時期のご出演を希望とのこと。


あぁぁぁぁ、その頃にはもう、
反応の早い積極メンバーが前半を埋めてしまっていて、
その方は中盤のご出演になってしまったのですが、
その方って、最近、社会に貢献するある事業を、
仲間と立ち上げたばかりなんですよね。


だったら、その活動仲間のためにも、
代表者は遠慮すべきじゃないよ、やっぱり!
自分のためじゃなくて、事業のため、仲間のため。


きびしい事をちょっとだけ言うと、
遠慮は会での立場を気にする自分のため、
たとえ会の皆がどう感じようが気にせずに振り切る、
積極行動は仲間のため、
じゃないかと思います。


そんな人それぞれの考えや
関わり方が見え隠れするこの企画。
一番勉強になっているのは、
私自身かもしれません。

« すごいクリーニング | トップページ | 女は褒めない、男は褒める »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/59585603

この記事へのトラックバック一覧です: らじおの企画:

« すごいクリーニング | トップページ | 女は褒めない、男は褒める »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ