☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 見極めのお仕事 | トップページ | 主任の涙 »

2012.12.18

未経験でも自信がなくても

会員が40名いる、ある会の会長をやっています。
コーチングを学び合う会です。
私が作った会ではありません。
10年前に先輩達が作った会で、
私はそこの5代目の会長になります。


会では月に一度勉強会を行っていて、
基本的に会員の希望者が、
その都度講師を務めています。


1月の勉強会の講師をFacebook上で募ったところ、
希望者の手が上がらなかったので、
数名の役員同士で話し合って、
外崎さん(仮名/女性/30代後半)に、
打診してみることにしました。


連絡担当はわたくしです^^


外崎さんに電話してみると、
「私は会の勉強会にほとんど参加していませんし、
まだまだ人に教えられる立場ではないので、
受講者側でよい」とのお返事でした。


そっか。。。ちょっと残念だな。
というか、お読みの皆さんには、
嫌に思われるかもしれませんが、
私は「たぶん彼女の独立は”なし”だなぁ」と、
ふと思ってしまいました。


…というのも、講師に決まれば、
会でプロフィールと共にブログで開催告知をして、
FacebookやTwitterでつぶやいたり、
役員全員で手分けして勉強会と講師の盛り立てを行うので、
自分の認知度アップを願う会員にとっては、
むしろチャンスなんですよね。


外崎さんは以前、将来的には独立したい、
と言っていたのを皆知っていたので、
「ならば次回の講師をお願いしたらどうかしら?」
という流れになったのですが、
ご本人が希望されないなら仕方ないよね^^


ただ、私はこの件で思う事があるんです。


それは、会員の中で今起業しているメンバーだったら、
勉強会参加の実績がなくても、
未経験でも自信がなくても、
たぶん食いついただろうなぁと思う事です。


できない、できない、不安だ、不安だ、とか言いながらも、
「失敗してもいいんですよね」「笑って許してくれますよね」
と、微妙にうまく周囲の共感と同意を取り付けつつ、
きっと一生懸命トライすると思うの。


会員の中には、私を含め、
フリーランスで活動しているプロコーチが何名かいますが、
皆に共通していることは、
失敗や低評価を恐れない、ということに尽きるんじゃないかな。


だって今の会員のうち、プロコーチをやってるメンバーはみんな、
打診があればまず「やります!」と手を挙げて、
手を挙げてからどうしようかと考える連中ばかりなんだもの(笑)


結局今はその人達が役員になっているので、
役員会は活気があるし前向きだし、
他人にどう思われようが、会のためにいいと思う事は、
たとえ相手と気まずくなりそうでも、
言う事は言う!みたいな感じになっています。


ですがそれは会を思っての事と、
お互いに充分わかっているので、
嫌な雰囲気にはならないし、
そのときは議論沸騰しても、
終わればみんな今まで通りの仲間だから、
とってもやりやすいし心地いいんだよね。


    *    *    *    *    *    *


実は講師を打診した時の話で、
外崎さんが会の運営に関して、
非常にいい意見を出してくれたんだけど、
共有のためにMLで改めて皆に投げてみませんか?
とお願いしたところ、やっぱり遠慮したいって。
あはは、そっちもそうかー^^


だけど私思うんです。
それは誰のため?って。
私も経験あるけど、突き詰めて考えてみると、
結局それって自分のためなんですよね。


まだ会歴の浅い私が、
こんな意見を言える立場にない、って言うけど、
(それはすごくわかるけど)、
それは自分への批判の矛先を気にしていることであって、
会の事を考えているわけではないんだよね。


過去に同じお願いをして、「わかりました」と二つ返事で、
新人ながら色々な提案をしてくれた人たちが、
結果的に今独立してコーチングで収入を得ている事を思うと、
その辺の判断と勇気が未来を分けていくのかな、と、
思ったりします。


いえ、彼女がこのままずっと、
今の会社員のままでいいと言うのなら、
こんなちょっぴり辛口の日記も書かないのですが、
「いつかやりたい」って言うからさ、
だったら、どんな事でも恐れずに挑戦してみようよ、
とここでこっそり言いたくなったわけ。


実は何を隠そう、このわたくしこそ資格もなく、
(一度取得したけどその時はお金がなさ過ぎて更新できず)
有名なプログラムの終了者でもない少数派のうえに、
10年続いている会の中で会歴がまだ4年の新参者で、
しかも個人コーチングよりも企業研修をメーンにしている、
完全に他とは毛色の異なるアウェイっぽい会員なのに、
でも会長(笑)。でもいいんだもんねー。


やりませんか?と先輩から言われた時に、
確かにそれらは少し気になりましたが、
「変だ、変だ」「おかしい、おかしい」と言われながら、
のらりくらりと会を仕切るのも悪くないな、と思ったし、
できないことは「できませーん」と、
しくじったら「ごめんなさーい」と、
頭下げながらやっていけばいいだろ、と思いました。


積極的にやりたかったわけではありませんが、
当時、会は色々あって運営がガタガタで、
能力の有無や適任かどうかということよりも、
誰かが会長を引き受けて立て直さないと、
この会、そのうち消滅するわ…と思ったんです。
それが自分としては嫌だったということかな。


途中で”困ったさん”と真っ向勝負で対立したり、
人から何と言われようとやりたいことはやると決めて、
やらせてほしいと周りに頼み込んで断行した事もあったけど、
素晴らしい仲間に恵まれ、今はなんとなく安定して、
会員さんも増えていることに安堵します。


そういう経験をすると、
なんでも恐れずにやってみることが一番大事だと、
すごく思うようになるんですよね。
失敗しても成功しても、「何かを実際にやってみる」
というのは、確実にスキルが身に着くことだと痛感します。


怖くても不安でも、腹をくくってそこをつかむ人だけが、
きっとやっていける世界なんじゃないかな?って、
段々感じ始めている今日この頃でなんです。

« 見極めのお仕事 | トップページ | 主任の涙 »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/56342006

この記事へのトラックバック一覧です: 未経験でも自信がなくても:

« 見極めのお仕事 | トップページ | 主任の涙 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★