« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の5件の記事

2012.04.28

負け癖がついている人

リジチョーも私達役員も同じスタッフの皆さんも、
少々不満に思っているネックになる人物がいます。
スタッフの滝口さん(仮名/男性/40代後半)です。
通称、ぐっちゃんです。

イメージ的には(最悪の言い方をすれば)何事にも批判的で、
愚痴と理屈ばかりこねている小賢しい小学生の男の子が、
そのまま大人になったような感じ。

仕事は会報やウェブなど、
広報的な制作の担当です。
IT系の方にはありがちなキャラかもしれません。

この人がちっとも前向きじゃないので、
いつもリジチョーの集中砲火を浴びがちなんです。
ただしこの件は、リジチョーの方がまともで正解だと思います。

昨日も会報の打ち合せをしていて、
「めどが立たない」「先が見えない」「見通しがつかない」
ばかりを連発するので、「じゃ、こうしたら」「こういうのはどう?」
と提案してみると、「それは現状無理」「できない」「難しい」
という回答が何に対しても一発目に返って来るので、
確かに、少しでも意欲を持って前に進めたい人には、
いちいちやりにくく、リジチョーなら当然カチンと来るでしょうね。

    *    *    *    *    *    *

彼を見ていて痛感するのは、
自分のやりたいことを実現する気持ちと力が乏しい事。
できないことをすべて、他人や個別の事情や、
周りの環境のせいにしている事。
何を聞いても、「それはやりました、言いました、試しました」
でも、○○のせいで「できませんでした」なんだよね。

だったら、どうしたらできるのか、
できるほうの方法を考えてみろって、
リジチョーじゃなくてもすごく言いたくなります。

私も若い頃はそれと同じだったと思います。
怒られたり批判されたりすることに大きな恐怖があったので、
何か言われた時にひとこと目にまず口を突いて出るのは、
自分を守るための言葉だったと思います。

ところが年齢を経てリーダー職などになって、
実際に部下を持ってみると、
それって非常に印象がよろしくないんですよね。
責任者というのはその名の通り責任がある立場なので、
物事に対しては部署内で一番真剣に考えています。
どんな事でも、差し迫った「自分の問題」なのよ。
だから必死なわけ。半ば苦しいわけ。

そんなところに、
常に保身優先で主体性のない発言ばかりを繰り返されると、
誰だって「だから、そういうことでなくてさー」と言いたくなるよ。
相手への評価も当然下がります。

自分はそう気づいてからは、
「上司が部下に言われたいセリフ」を意識するようになりました。
そうすると、何の提案もなく「できない」「無理」と言われるよりは、
ダメ元でも「こうしたらどうでしょうか?」と言われたい。
または部下の方から、
「こういう事をやりたいんだけどぜひ相談に乗ってもらえませんか?」
と言われたい。相談してほしいし、困ったときはヘルプミーして欲しい。

もちろんそれは、
部下が自分の事を承認して尊重してくれているのが大前提です。
批判や反発ばかりしている部下には、
心から力になってあげたいとはあまり思いませんが、
私に上司として好意を持ってくれている部下のためなら、
多少の苦労もしてあげようという気になります。
心情というのはそういうものです。

だから上司に対しては、まず承認から入るのがベストかな。
自分はコーチングのクライアントさんにも、
いつもそう言っているんです。
嫌いで相性が悪くて嫌な奴ほどまず褒めろ、って。
話しはそっからなんだよね。

だからそういった事を十分踏まえつつ、
私はそれ以後、エライ人への接し方を変えました。
申し訳ないとか、怒られるんじゃないか、とか、
頭ごなしに反対されたらどうしよう、などとは考えずに、
「私はこうしたい」「こんな事をやりたい」と、
どんどん発信するようにしましたし、
「困ってます」「アドバイスが欲しいです」「助けてください」
と、遠慮なく言うようになりました。

もちろん、「○○さんなら力になってくれると思いました」
「真っ先に○○さんに相談したいと思ってやって来ました」
なーんて感じで、さり気な承認も必ず含めてます(笑)

そうするとエライ人は気分がいいし、
とは言え自分でコマい事考えるのが面倒くさいから(笑)、
提案であれば「じゃ、やってみろ」「任せるよ」とか、
結構な確率で言ってくるんですよね。
(もちろんこれは、エライ人が丸投げが大好きで、
案外大したことない人物の場合ですw)
そうなると、エライ人はこっちがコントロールできるんですわ^^

また、エライ人は頼られるとうれしいので、
ちょっといい気持ちで「どれどれ貸して見ろ?」なーんて、
割と好意的に応じでくれますよね。
しかもそこで腹を割ったやり取りをすることは、
エライ人と自分の信頼関係を強化する絶好のチャンスになるので、
むしろ将来的に「おいしい」かったりするのです。

    *    *    *    *    *    *

一方、ぐっちゃんです。
彼の言い分はこうです。

「同じことでも、ぷらたなすさんが言うと通るけど、
俺が言うと却下です。俺の価値はそんなもんです。
ある意味、人を見下すのもいい加減にしろと言いたいし、
ぶっちゃけもうちょっと言っちゃうと、
そこまで言われて、我慢してここに居る理由、
俺、ないし、みたいな。」

そうなんだよなぁ。。。それは確かにそうなのよ。
私が言えば、リジチョーはきちんと耳を傾けるのよ。
でもそれは、先に書いたように、
ぐっちゃんのアプローチにも大いに問題があるんだな、これが。

ぐっちゃんは自分の意思を絶対明確に伝えないもんね。
そして他人が熱意や意欲を感じるような言い方も絶対にしないもん。
しかも専門用語とかを妙にこねくり回した理屈っぽいトークでしょ?
で、ちょっとでも突込みが入ろうものなら、
「はいはいはいはい、わかりました、わかりました…」みたいな感じで、
すぐに従属的に自説を引っ込めっちゃうんだよね。

もっと姿勢を正して相手の目を見て、
自分が正しいと思うなら堂々と論戦を張って、
リジチョーにもわかる言い方で、声をちゃんと出して言葉明確に、
物事を論理的に説明せんかい!!って私も思うもんな。

リジチョーも含め、大なり小なり会社をやっている人は、
これがやりたいと思ったら、その実現に向けて走って来た人だから、
ちょっと反論されると自説をすぐに引っ込める人は、
「やる気がない」と誤解されてしまうんだよね。
本気でやりたいなら、
なんでもっと強く前に出て来ないの?と思うわけ。
自分らがずーっとそうやって会社を切り盛りしてきたから。

でもね、たぶんそれは「やる気」の問題ではなく、
「負け癖がついている」人のスタイルなんだと思ったの。

少し前にゆっくり話した事があるけど、
彼は仕事的にかなり不遇なんだよね。
もちろんそれは自分で招いているとも言えます。
昔からその雰囲気だったら、
こんなに使いにくい人、いないって。
指摘すれば言い訳ばかりだし、愚痴は多いし、
何か尋ねると即答で「それはもうやりました」「それはできてます」
って、できてないじゃーん、みたいな。
だからまた周囲から批判を浴びる。

だけど、実はここも大きいのかもしれないけど、
彼、小さい時に両親が離婚して家がゴタゴタしたてたんだよね。
今の苗字にも色々いきさつがあるみたい。
しかも、自分も数年前に奥さんが出て行っちゃって離婚してるの。

私はたまたま人の上に立つようになり、
他人から自分の存在を認めてもらう機会を得て、
それが自分のモチベーションとエネルギーにもなってきたけど、
仕事であまりいい思いをしたことがなくて、
いつも批判ばっかりされていて、
プライベートでも小さい頃から色々あったら、
やっぱりこう後ろ向きにもなるわよね。最初からあきらめている。
完全に負けている人のパターンだわ。
負けるのが怖くて、よけいに負けちゃっているスパイラルだなぁ。

ホントのことを言うと、私はこういう後ろ向きな人が大好きで、
愛おしくさえ思います。
だからつい、手出しをしたくなっちゃうんですよね^^

彼の負け癖のついた思考を変えていくことなんてできるんだろうか。

機会を見て、ちょっと関与してみようと思います。




スポサーリンク

エラいのは誰だ?

事務局に行くときの私の移動手段は車ですが、
私は自分の車を事務局の前には停めません。


事務局の前には1台分のスペースしか、
車を止める場所がないので、
ここを役員の車でふさいだらダメかな?って思うんです。


やっぱりここはさ、純粋に来客用に、
空けておくべきだと思うんだよね。


なぜなら一番優先されなくてはいけないのは、
私達の会員さんだと思うし、
その次に優先されなくてはいけないのは、
日々働いてくれているスタッフの皆さんだと思うし、
その次が役員、そして一番下がリジチョーかな(笑)


私達役員は、地域おこしのNぴーおーとして、
常に会員の皆さんにとって何がメリットになるかを考え、
人を結び、モノを結び、時に支援し時に便宜を図って、
地域の農商工業を応援するために、
先頭切って旗を振る人だと思うの。


だから、自分らが事務局の真ん前に車を置くなんてのは、
ダメよ。私はそう思います。


というのも、役員は全員、
そういう事を学び合う会の会員同士だからなの。


だから私はつい、できてねーじゃん、とか、
思っちゃうわけなのよね^^


理想を言えばキリがないし、
腹立たしく思っているわけでもないし、
その辺は「まぁ、いいじゃん」というところでもあるけど、
上から改めていかないと、
組織って変わらないんじゃないかと思う、
今日この頃でアリマス。。。

情報共有は鉄則だろ?

今日はもうひとつ、気になることがありました。


私は今日、昼までは事務局に居る予定だったので、
近々に私と話し合いが必要だったある役員さんが、
わざわざ事務局に来てくださったんです。


その方は年齢も仕事のキャリアも会歴も、
私よりずっと上の方なので、
本来は私の方から出向くべきなんですが、
事前にアポを取ろうと思って電話したら、
「そういう話なら俺の方が今そっち行くから」
っておっしゃってくださって、
本当に仕事の合間に立ち寄ってくれたのね。


なので事務局の応接コーナーを使って打ち合せをしていたら、
事務局長のぐっちゃん(仮名/男性/50代前半=同い年w)が、
「ちょうどよかった。今、××さんもたぶん来ると思います」
って突然言うのよ。


え?誰それ?何の用で?
それは前から決まっていたの?


私が気にしたのは、もし今からお客様が見えたときに、
本来自分が座るべき応接コーナーで、
役員同士が資料を広げて打ち合せしているというのは、
よろしくないんじゃないか?と、とっさに考えた事なの。
だから聞きました。


「何時の約束なの?」


「午前中って言ってました。」


「えー?先に別なお客さんの来訪予定があるなら、
別な時間に打ち合わせしたのに。。。」


結果的にそのお客様は、本日は来なかったのですが、
だったら、朝のミーテイングのときに、
やはり、ひとこと言ってほしいものです。
「今日は△△社の××さんが何時に見える予定です」って。


うん、そうそうそうそう、
前から感じていたのですが、
ここのNぴーおーって個人個人がバラバラに動いているので、
いつ、誰に、どんな来客がある、って、
お互いに全く関知していないんですよね。


でもさ、そうなると、
もしその方が時間通りにきちんと訪問してくださっても、
それを知らされていないスタッフが対応に出た時に、
「お待ちしておりました」が即時に言えないんだよね。


場合によっては事情を知らないスタッフの人が、
「あんた誰?」みたいな感じで、
約束の相手先や目的などを、
失礼な雰囲気で尋問のように確認してしまうかもしれません。


そういう些細な言動のひとつひとつが、
お客様のモチベーションを下げていくかもしれないので、
朝のミーティングでは、せめて「本日の来客」として、
「こういう目的でAM○時にXX誰宛てに来客があります、って、
言ってほしいよね^^


そしたらその人が来た時に、誰もが、
「お待ちしておりました」って言ってあげられるさ。


うん、そうそう、先日これの逆パターンがあって、
私の知人が会員になりたいと言ってくれたので、
担当者から詳しい説明をするので、
時間を決めて事務局に来てもらったんです。


その日は私も同席予定だったのに、
あいにく前の予定が長引いてしまい、
時間に間に合いそうもなかったので、
事務局に電話したんです。
「もう○○さんって来てる?」って。


そしたらさー、がっかりしたことに、
事務局には事前に言ってあるのに、
その時居合わせた人達にはそれが全く伝わっていなくて、
私、冷や汗書きましたよ。
だって、その電話を私が入れなければ、
○○さんがせっかく自分から来てくれるのに、
きっと、どの人もきょとんとして目を見合わせて、
「どちら様ですか?」って聞いたと思うので^^


    *    *    *    *    *    *


今年の年頭にリジチョーが掲げたのは、
会員の増員で目標は200名なのよ。
それって結構、厳しい数字なんだわ。


であれば尚更、会員になる見込みのある方は、
大切に丁寧に対応するべきだし、
最初から「会員になりたい」なら大歓迎ですよ!


だけどほら、スタッフの皆さんは、
ワンマンで独走気味でスタッフを叱ってばかりいる、
リジチョーに「やらされている」感が強いから、
会員増や売り上げ増に関して、
自分で考えて小さな工夫を積み重ねていく、
発想も感受性もあまりないんだよね。


だから情報共有に関しても、
「これは皆が知っておいた方がいい事柄かどうか」
を判断して自主的に動く感覚が希薄で、
それは確かに、リジチョーじゃなくても、
大きな不足を感じます。


ですが、そのカラーを作り出しているのは、
実はリジチョーかもしれないんです。


先日、個別に懸案があって、
近くのファミレスでリジチョーと打合せしたら、
彼、突然クッキーを取り出したんですよ。
そして満面の笑顔で、
「ぷらたなすさん、食べてみて。
これ、地元のホウレンソウを練り込んで作ったクッキーなの。
結構いい味でしょ?再来月から販売開始予定なのよ。」


って、は?なにそれ?
聞いてないよ!
そんな話、今までどこで出ましたか?


これじゃ、ホント確かにほかの役員の皆さんが、
「役員会なんてあってないようなもの。
いつのまにか、リジチョーがどっかで個別に話をまとめて、
気が付いたらどっかと提携してすでに商品ができてるんだから、
役員なんていてもいなくても同じさ」と、
口をそろえるのもわかるよね。


というか、それは本来スタッフの皆さんが、
自分たちで一生けん命考えるべきであって、
役員はその実現をお手伝いする存在なのでは?
と、思ったりします。

玄関は売り上げの入口

私達のNぴーおーはある地域のしんこうが目的です。
事務局は住宅密集地と田んぼの境目付近にある、
古くてボロい木造平屋の2Kの借家です。


そこに今日私は、自分のPCと最低限の仕事道具を、
近所のスーパーのマイバスケットに詰め込んで訪れました。


「こんにちは~!」とドアを開けると、
玄関にはビジネス用の男物の黒い革靴が散乱しています。
私達のNぴーおーは一昨年から、
地元の農産物を使った麺を商品開発して売り始めたのですが、
どうやらそれが段ボール箱で委託先から到着したようで、
事務局長もスタッフの皆さんも朝からバタバタしていました。


ところがそれが一段落しても、
玄関の散乱した靴は一向にそのままなんですね。
これさー、これさー、お客さんが来たら、
思い切り見栄え悪いよね^^


なのですぐに靴を揃える。
揃えるだけじゃなく脇のほうに寄せる。


だって私達が一番大事にしなきゃいけないのは、
会員の皆さんであり地域の人達じゃん?
Nぴーおーなので、会員になりたいっていう人も、
来ないとは言えないと思うのに、
ドアを開けた瞬間がこれじゃ、
ちっとも歓迎の意があらわれてないと思うの。


で、靴を揃えながらふと見ると、
玄関の壁際のラックに収まっている、
各会員さん(主に商工農業者)のチラシが、
いったいいつから置きっぱなしなのか、
日に焼けて黄ばんで、
しかも時間が経っているので角が丸まっているんだよね。


私、思います。
ダメじゃん(笑)


これさ、会員さんが見たら、
悲しい気持ちになると思うよ?
それに事務局を訪ねてくれた方の目には、
目も手も行き届いていない印象に映ると思います。


なので早速、
「あーもうっ^^!」と思いながら(笑)、
ひどいのは廃棄したり、
見栄えの悪いやつは配置の前後を入れ替えて、
後ろに隠したりしながら、
ラックを「いかにも最新!」みたい感じに手を入れる。


それと、なにこれ?


玄関のたたきのところに、
いったいいつのものなんだか、
某コピー機会社のお祝いの札が差してある、
観葉植物(ユッカ)が気になりました。


だって葉っぱが黄色いんだもの。
誰の目にも、生きが悪くて枯れかかっている感じがします。


そういうものを玄関に置いておくのはよくないよ。


色々な本なども読んだ上で述べるのですが、
やっぱり玄関ってすべてのご縁の入口だと思うんですね。
風水とかは詳しくないのでよくわかりませんが、
お客様がドアを開けた時の玄関は、
整っていて清潔で行き届いている感じがするべきだと思うんです。


いや~以前はそうは思わなかったのですが、
見た目の印象って意外に大事なんですよ。
人は出会い頭には物事を直感で量(はか)るんです。
ざっくりと、「いい感じ」「悪い感じ」って。


それは「人」は動物だからなんですね。
動物は対象をまず、
自分の命を脅かす存在であるか、そうでないか、を、
瞬時に判断して自分の「いのち」を、
守らなくてはいけません。


そこに理屈や理論を介在させると、
結論に時間がかかってしまうので、
こと「いのちの継続」に関しては、
瞬時の視覚情報と音声情報が最優先されるんです。
有名な「メラビアンの法則」もつまり、
そういうことだと思っているんです。


だから、見た目は大事なのよ、やっぱり。


なのに、それがあんまりよくないので、
これはマズイと思うわけ。


だから事務局長に伝えました。


「あのさ…お願いがあるんだけど言ってもいいい?」


「なんでしょう?」


「玄関。
この観葉植物って何かのお祝いにいただいたものだと思うけど、
もし片付けたら○○株式会社さんに対して気まずくなる?」


「いやぁ、、、、????」


「だったら隠してもらえない?
玄関は売り上げの入口だと思うの。
なのに、靴は散乱している、
チラシは放置状態で黄ばんで丸まっている、
植物は葉っぱが黄ばんでいる、では、
入るものも入って来ないと思うんだよね。」


「わかりましたっ!!すぐに片付けますっ!!」


あはは、なにそれ?
まるで上官の命令に従う兵隊さんみたいな返事なのは、
半分ジョークとわかっているけど、
でも、私はそう思うんだな。


で、大事なのは、これをこの場限りにしちゃいけない^^
この発想は、他のスタッフの皆さんにも、
共有されるべきだと思うの。


だからすぐにPCに向かい、チェックシートを作りました。
☑会員さんのチラシを放置しない。
☑玄関に生きの悪い植物を置かない。
☑スタッフの靴は揃えて脇に置く。
(お客様が上がりやすいようにスペースを空けておく)


早速プリントして事務局長の山口さん(ぐっちゃん)に手渡す。


「こういうのって、私達だけがわかっているだけじゃ、
ダメだと思うの。」


「ですよね、同感、同感。」


「これさ、朝夕のミーティングのときに、
皆さんにも伝えてもらえませんか?」


「了解ですっ!!」


なんだか、こう反応がいいと、
逆に調子がいい感じもして(笑)、
大丈夫かな?と思ったりもするけど、
まずはそんな感じで、
そろそろと最初の一歩を踏み出したぷらたなすでありました。

2012.04.27

組織改革大作戦

ご縁があってあるNぴーおーを役員としてお手伝いしています。
(検索にひっかからないように、へんてこりんな言葉を使ってすみません)


でもねー、関わってみると課題が満載なの。
たぶんどこでも大なり小なりの問題はあると思うのですが、
私が思うに、このNぴーおーはものすごく、
トップダウンの体質なんだよね。

もちろんそれでうまく回ればそれで構わないのですが、
決してうまく回っているとは言えないな。。。
ところが、私に「手伝ってもらえないか?」と言ってきたのが、
実はトップのリジチョー(男性/50代後半)その人なんですよね。


だけど実際に中に入ってみると、
「あながた問題じゃーん」と思うことが多々あります。
そしてそれは、中の人達は役員もスタッフも皆わかっているのです。


    *    *    *    *    *    *


私は新参者でカンペキに途中からの参加なので、
詳しい事情はあまりよくわかりません。


そもそものスタートはリジチョーが行政から頼まれて、
地域振興と雇用の創出のために、
Nぴーおーを作るにいたったらしいです。
積年の熱い思いが発露してできたわけではないのです。


それでも、うちのリジチョーは一本気で一生懸命なオトコです。
なので引き受けたからには本気で奔走しています。
かなり熱いです。
女性のアタクシから見ると生真面目で不器用に真剣で、
可愛くもあります(笑)


だけど残念ながらマネージメント能力と、
組織化に必要なスキルは、あまりありません^^


ダメなものは「それだからダメなんだ」と徹底的に執拗に言うし、
「俺と合わないヤツとは組む気がない」と公言するし、
スタッフには「自分の食い扶持を自分で稼げないなら、
すぐにでも去って欲しい」みたいなことを平気で言うから、
スタッフのモチベーションは下がりまくりです。。。


リジチョーはいくつか小さな会社を持っています。
だから社長として自分のところの社員に言うなら別にいいよ。
(いや、ホントはよくないけど(笑))
(でも、オーナー社長はある程度ワガママでワンマンでないと、
中小企業は立ち行かないからねぇ。。。)
でもさ、ここはちょっと事情が違うと思うんだな。


リジチョーがカリカリする原因はわかっています。
3年間、行政から多額の助成金をもらいながら、
4年目に突入した今なお、
収支的に自立した組織になっていないのです。
「これだけの金額を投入していったいどういう事だ!」
と、はらわたが煮えくり返っているのです。


私はそういう事にはあまり詳しくないのだけど、
なんでそうなるかはよくわかるよ?
Nぴーおーに雇用されているスタッフの皆さんが、
力を発揮できる環境に至ってないからです。


スタッフの皆さんは、やらされ感が強く疲弊しています。
1対1になると皆さんの口から出るのは愚痴ばかりです。
今まで耐えきれずに多くの人が辞めていきました。
役員の気持ちも離れ気味です。
リジチョーが情報共有せずに独走するので、
今、現実に何がどう進んでいるのか誰もわからないのです。


だから私も他の役員の皆さんと同様に、
「ここはこんな感じなので、付かず離れずでいいや」と、
思っていました。それは今もそう思います。


だけどさー、可哀そうなんだよね。
スタッフも役員も、そしてリジチョーも。


みんな苦しいだけ苦しい思いをしていて、
充実感や達成感や幸福を感じている人が誰もいないなんて、
なんか変じゃない?おかしくね?


でね、あきれたことに(笑)、私、そういう状況に遭遇すると、
妙にいたたまれなくなって、
逆に手出しをしたくなるという悪癖がございまして(笑)、
なんか急に、もうちょっとまともに関わりたくなったんですよね。


幸いか不幸か今月と来月は大きな仕事がないんです。
今までは出張が多くて月の半分は地元にいなかったのですが、
今ならもうちょっと関われそうな感じ。。。


それで、たまたま打ち合わせがあって事務局に行った時に、
気心の知れた事務局長(男性/50代前半)に聞いたんです。
「例えばなんだけど、私がここでPCを持ち込んで、
自分の仕事をしたら迷惑?」


「いやもう、全然オッケーですよぉぉぉ!!!
むしろ、大歓迎!!!」


「私ね、今月と来月は時間に余裕があるので、
できる範囲でこっちに来てここに居たいんだよね。」


「ぜひ、そうしてもらえると、逆にうれしいな。」


「ありがとう。ちょっと皆さん(スタッフ)の動きを見たいのと、
あと…、、、、、」


「あと?」


「クッション役になりたいんだよね。」


「あーーーーーーー!!!!!!
それはもう、望むところです!!!!」
(彼は私と同い年なのですが、こういう時だけなぜか敬語w)


だよね?クッション役!必要だよね?


そんな経緯で私は(自分の元々の仕事もあるので)、
某月某日まで、と期限を区切って、
空いた時間はPC持参で事務局に常駐し、
もうちょっと何とかするために(笑)、
自分なりの実験に乗り出すことしました。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★