☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« PRしない | トップページ | 社長と聞けば振り返った友人 »

2011.05.02

仕事は友達からしか入らない

ご無沙汰してます。こんにちは。
毎回「ご無沙汰してます」が冒頭のご挨拶になってしまいましたね^^


私は今、基金訓練の研修に少し関わっていて、
リクエストがあればあちこち出張に飛び回る毎日です。


内緒ですが、とってもお安いの~(笑)
けれど震災等で仕事のキャンセルが相次いだので、
少しでも収入が入るというのは、
とてもありがたいと思っています。


それに出張って見栄えがよいじゃないですか^^
腹を割って本音で話せる友人達には、
「実入りはないけど見栄えがいいから引き受けた」
なんて言っちゃったりしてますけど、
皆、結構共感してくれるかな。


3月には3回目の確定申告を出し終えて、
こんなに先が見えずにまだまだ不安定なのに、
綱渡りのようになんとかやってるな~と思います。


実は今回のこの仕事の依頼者って、
私の友人(女性/40代前半)なんです。


2008年にある勉強会で知り合って、
一目で同じタイプとお互いにわかって意気投合。
その後一緒に食事をしたり、
彼女の仕事以外の活動を無償でお手伝いしたり。


もちろん仕事で関われるチャンスも今まで何度かありましたが、
それは結局毎回諸事情で流れてしまっていたんですよね。
それがこのたびようやく「仕事」として実現してうれしかったです。
相思相愛だったので、「やっと」というのが互いの本音かもね。


    *    *    *    *    *    *


独立した数年前は、
仕事っていったいどうやって入ってくるのか見当もつかなくて、
ホームページを作ったりチラシを作って渡したり、
異業種交流会や勉強会にも積極的に参加して、
認知度を上げたいと思って必死でしたけど、
この時点でぷち振り返りをしてみると、
仕事って結局、「友達」から入るんだね。


逆に、いくら自分のことを知っている人の数を増やそうと思ったって、
知り合ってすぐに、
「じゃ、お願い」ということはあり得ないと思うようになりましたし、
営業しなきゃ、営業しなきゃ、と思いながら、
ついに今まで営業らしい営業をせずに来たのも、
それはそれで正解だったのかも、と思うようになりました。


今の私は、個人コーチングではなく、
元々やりたかった企業研修がメーンで、
準レギュラー的なお仕事と、
単発で入ってくるお仕事で食べていますが、
実はそれらもすべて各方面での「友達」経由です。


この世界の先輩から見たら、
それは”まだまだ”ということになるのでしょうが、
そしてそれはまさに真実なのですが、
独立する前には、ホームページを見た人から依頼が来るとか、
チラシや交換した名刺を見て打診があるのでは?とか、
勝手にそんな風に思い込んでいたので、
「あぁ、そういうことなのか」とわかっただけでも大きいです。


    *    *    *    *    *    *


前回の「PRしない」でも書いたように、
私のような講師とかトレーナーとかインストラクターは、
ある意味自分が商品なので、
営業的な活動をすればするほど、
強烈な「自分の売り込み」になってしまい、
人の感情は離れていく気がします。


なのでそういった事より大切なのは、
「私を認めてくれる人」を探していくことで、
それはビジネストークだけでは決して得られないんですよね。


「気が合いそうだな」「この人とおしゃべりしたいな」と思い、
一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだり、
困っていれば手伝ってあげたり人を紹介してあげたり、
結局信頼関係って、
そういった私的で利害関係のない関わりを通して、
生まれてくるものなんですよね。


だから「友達」なんです。


当初は「私の仕事って友達からしか入らないのか?」
と、そんな状況に物足りなさを感じていた私でしたが、
今は友達からオファーが来るのは勲章だと思っています。
感謝しています。


    *    *    *    *    *    *


そうなると今度は、
どうやって仕事や収入を増やしてくかという視点になりますが、
自分なりの今の結論としては、
「友達を増やす」ということになると思います。


それもお仕事が欲しいから誰にでも迎合するのではなく、
本当に気が合ってお互いになんでも話せる人を、
見つけることだと思うんです。


そんな友人が増えて適度に交流を保っていると、
何かのきっかけで必要になったときに、
私を思い出してくれるんですよね。


なので今は人脈作りにむやみにまい進することはやめ、
気の合いそうな人が現れたら、
その人と友達になれるような付き合い方を心がけています。


そのためには無償、無報酬、無条件って大事。
友達なんですから見返りは求めちゃダメですよね。


私、以前、知りたいことがあって知人に、
「ちょっとだけ教えてもらえない?」とお願いしたら、
その時の返答が「いいけど、俺、高いよ」で、
すごくがっかりした覚えがあります。


もちろん専門家ですから金額の話は当然かもしれませんが、
違うのよ、同じ会に所属する仲間として、顔見知りの範囲内で、
ちょっとしたヒントや助言が欲しかったんですよね。
そんな大げさなものを求めているわけではないんです。
なので少しカチンときて、
この人にはもう二度と頼むもんか、と思いました。


たとえそれが軽いジョークであっても、そう言われるよりは、
嘘でも「ぷらたなすさんのためなら喜んで!」と言われたいし、
もしそうなら、情報不足で解決できなくても私は彼に感謝して、
もしかしたら大ファンになっちゃうかもしれません。


ま、そんな風に少しでも自分の利益やお金の話が出ると、
人は盛り下がって引いてしまいますが、
だったら私は周囲の人達に対して、
自分が感謝される人物になればいいんだ、と思いました。


だからいつも相手のことを思いよく話を聞き相談に乗り、
必要があれば喜んで無条件でお手伝いをするように心がけています。
仕事のためというよりは、人として誠実であることが、
自分の仕事の幅を広げてくれるように思うから。


うん、なので、独立するということは、
商品やサービスの良しあし以前に、
その人の生き方をすごく見られるということかもしれません。


    *    *    *    *    *    *


数年前に知り合った勉強会で知り合った友人が、
今回のように正規にお仕事を依頼してきたり、
MIXIやTwitterを通じてやりとりをしてきた方が、
人を紹介してくれたり、
最終的に今まで知り合って「いいな」と感じ、
この人と仕事したいと思った人は、
実は数年後にみんな仕事につながっているんです。


必要な時に思い出してもらえて、
「こういうことはぷらちゃんに頼みたい」と言ってもらえるのが、
すごくうれしいですよね。


一昨日も、意外な人から電話が来て、
NPOの理事やりませんか?って言われたり、
あぁ、こうやって人と人がつながっていくのか…と、
思うところの多い毎日です。


だから「いつか独立するんだ、こんな会社辞めてやるぅ~」
と思っている人はまかり間違っても、
社内に敵を作ったまま、
喧嘩別れのように辞めないほうがいいです、きっと。


友達から仕事が入るのと同じ発想ですが、
独立してから初めてのまとまった仕事って、
私がそうであったように、
実はそれまでの自分の会社やその関係者から入ることが、
すごく多いんですよね。


今の会社であなたが「感謝される人」であれば、
いつかやがてその会社があなたを助けてくれるってことかな。


なーんだか、
どっかで読んだ本みたいな内容になっちゃいましたが、
「人のために見返りを求めず動く」ってすごく大事だし、
私のように個人のフリーランスで仕事する人は、
(誤解を恐れずに言えば)
逆説的ですがそれがすなわち最大の営業なんですよね。


« PRしない | トップページ | 社長と聞けば振り返った友人 »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/51557077

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事は友達からしか入らない:

« PRしない | トップページ | 社長と聞けば振り返った友人 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★