« ターニングポイント~私が捨てた事~ | トップページ | 困ったスタッフの研修 »

2011.05.04

相手に寄与するスピリット

前回は、
自分のターニングポイントになったことについて書きましたが、
昨年はもうひとつ、精神的なターニングポイントがありました。


その前に書いた「仕事は友達からしか入らない」の後半で、
無条件、無償、無報酬について触れましたが、
その土台のひとつになった考え方です。


簡単にいえば、
利益を得るためにはその前にまず相手に利益を与える、
という考え方なのですが、
それを教えてくれた友人はちょっと怪しい活動をしている人です。


だから暗にお誘いを受けても加わる気はないんですが、
怪しいからというよりは、
その友人を通して聴いた色々な話だけで十分だった、
ということかな。


    *    *    *    *    *    *


昨年の前半に行ったコーチングのセミナーの参加者から、
「私の友人がぷらたなすさんに会いたがっている」
というメールが来て、「そのうち連絡がいくと思います」
で結ばれていました。


追って琴美さん(仮名/女性/50代前半)という方からメールがあり、
私は琴美さんと会うことにしました。


でもさ、目的がよくわからないんだよね。
目的もなく「会いたい」と言ってくる人は、
たいていネットワークビジネスの人なので、
そのときも「何を勧められるんだろうなぁ」くらいの気持ちでした。


ところがこの琴美さん、
健康的な明るさを持つカラッとしたすごくいい人で、
しかも人を引き込むようなブレない力強い話し方をするんだよね。
だから話に説得力があってすごく面白い(興味深い)の。
本当に聞き入っちゃうのよ。感服しますよ。


だからこれはスゴイと思って、
どうしたらこんな風に話せるんだろうと思い、
その気持ちを素直に伝えて尋ねたりしたのね。
それからいただいた名刺を見ても、
どんなお仕事なのかよくわからないので、
「何をしている人なの?」と聞いたりしました。


琴美さんは1~2分話して自分と「合う」のがわかったので、
初対面だけどすぐ友達みたいになりました。


そしたら琴美さんは「営業の仕事をしている」って言うんです。
私は内心「来たな~(笑)」と思いましたが、
真相はそうじゃなくて、
自分のメンターである、
ジョージさん(仮名/男性/30代後半)という人の、
コンサルティングを売っている人だったんですね。


そのジョージさん(といっても日本人です)のコンサルが馬鹿高くて、
都内の有名ホテルのスイートルームで一回200万円なんだって!


そう聞くと今度は私の好奇心がムクムクと頭をもたげてきて、
聞きたいことが山ほど出てくるわけですよ。


・ジョージって誰?何者?
・一回200万のコンサルにいったいどんな人が申し込むの?
・そもそもそれは売れてるの?
・琴美ちゃんはそれをどうやって売っているの?実績はどうなの?
とかね。


琴美ちゃんはジョージに薫陶しているので、
普段の会話の中でもよく「ジョージはこんな風に言ってるの」
というフレーズがよく出てくるのですが、
それでわかったことは、
ジョージはジェイ・エイブラハムに大きな影響を受け、
その考えを独自に発展させて、「寄与スピリット」(仮名)と名付け、
賛同者(仲間)を増やして明確に役割を分担させ、
「寄与スピリット」を広める活動を皆で展開しているということでした。


もちろんこれは最初の出会いですべてわかったわけではなく、
その後友達として親しく行き来する中でわかった事を、
まとめて整理して書いているわけですが。


    *    *    *    *    *    *


「それってどういう考えなのよ?」


「ビジネスでうまくいくためには、
自分の利益を優先させちゃダメってことなの。
普通は営業でも、相手に売りたいと思って接するでしょ?
でも売りたいっていうのは、
自分の気持ちだからそれは自己都合なの。
だからうまくいかないの。
そうじゃなくて、相手に利益が出るように寄与するのが、
寄与スピリットの考え方なの。」


「あぁなるほどね。それはわかる。理解できる。」


「うんでもね、たいていの人はビジネスっていうと、
どうやったら売れるかな?って考えるでしょ?
それは間違いだってジョージは言うの、
ほら、「売る」っていうのはさっき言った通りこっちの都合だから。
そうではなくて、どうやったら相手に寄与できるかな?と思うのが、
寄与スピリッツなの。」


「なるほどね。」


頭の中では、そりゃそうだ、と思った私でしたが、
よく考えてみるとそれまでの私は、
そう意識して相手に接したことは一度もないんですよね。


相談があると言われれば、仕事かな?と真っ先に思っちゃうし、
実際に話を聞いて全然そうじゃなかったとしても、
どこかに仕事につながるチャンスはないかなと思いながら、
PRできるタイミングを伺うように人の話を聞いているわけですよ。
なので、確かにそれじゃうまくいくわけないと思いました。
すぐ切り替えようと思いました。
もちろんこれも、少し時間が経ってからなんですけど。


「だからジョージはね、まず相手に寄与しなさいって言うの。
ジョージは自分の利益を優先して考えることを、
自己都合スピリット(仮名)と呼んでいるんだけど、
すべてのうまくいかない原因はそこにあるの。
自己都合スピリットはとても力が強いので、
何かやろうと思っても知らないうちにそれが邪魔してしまうわけ。」


    *    *    *    *    *    *


ですが自分の利益よりも相手の利益を優先すると言っても、
それが営業していく上でどんな行動を指すのかよくわかりません。
なのである日聞いてみました。


「寄与スピリッツはわかったんだけど、
具体的にはどうやってそれを売り上げにつなげるわけ?」


「ジョージはね、まず無料でやりなさいって言っているの。
例えば何かで困っている人がいるとして、
たまたまそれを助けてあげることができるんだけども、
そのためにはお金がかかる、でもその人はお金持ってない。
そういうときは無料でやってあげるの、
または無料でできる方法を一緒に考えてあげるの。」


「え、ずっと無料ってこと?」


「違う、違う。だから聞くわけ。
お金は一切要りません。
ですがもしお金があればここまでできます、と言ってあげて、
相手に選んでもらうの。相手の希望次第なの。
そこで相手の人が有料を望んだら、
そのときはきちんとお金をいただいてやってあげるし、
無料がいいと言ったら無料でするの。
無料で相手の人がこれで十分です、もう必要ないと言ったら、
それはそれで終わりだし、
次からは有料でお願いしたいと言ってきたら、
次からは有料でするの。」


ほ~そうか、
金額とサービスの質に差を付けて相手に選ばせるわけね。
しかも高いか安いかではなくて、
有料か無料かという選択肢にするわけね。なるほど。


コーチングでも「相手に選ばせる」というのは、
相手の意欲を上げたり、二者の信頼関係を強化するのに、
有効な手法なんです。
コーチは相手の選んだほうには決してNOを言わず、
相手はそれによって自分の意思が尊重されて、
存在を受け入れてもらっている実感が高まり、
コーチに対してより心を開いてくれるんですよね。
(他人からの強制ではなく自分で決めた事なので意欲も向上する)


それに困っているときに無料で助けてくれる人がいたり、
無料でできる方法を一緒に、
考えてくれる人がいたらうれしいだろうな。
そりゃ確かに、その人には最大の好感を持つわね。なるほど。


私は元々人の役立つことをしたり、
手伝ってあげることが好きなため、
通常は料金を頂いていることでも、
友人には無料でやってあげたりすることがあるんです。


あるいは、
外部講師を呼んで研修などしたことのない、
中小零細の経営者さんは、自分もその全く経験がないし、
そもそも社内で研修をするような発想がないため、
それがどんなものかわかっていただくために、
デモ的に無料でミニ研修をさせていただくことがあるんです。


けれどそれは、
稼働=対価を当然の前提とする考えの人にとっては、
決していい傾向には映らないらしく、
「俺はそういうのは好きじゃない」という人もいるし、
単なるお人よしと捉えて、
「そういう事をやっているといつまでも儲からないよ?」
という人もいます。


そういう声を聞くとぐらつくんですよね、迷うんです。
確かにと思ってみたり、
自分の弱さから正規の値段交渉を避けて、
安易に無料に逃げてるのでは?と思ったり。


ですが、よいか悪いかは別にしても、
そういう確固とした考えて動いている人達がいると知ったことで、
これ以後自分に迷いはなくなりました。
自分はこのスタイルで行こうと思いました。


この考えをすぐに生かして、
それから私は相手の利益を考えるようになりました。


例えば法人にしか発注を出さない企業さんから、
個人の私にオファーがあった時には、
受諾の窓口になってくれる知人の会社があるんですが、
初めてそのお話が来た時には、
売り上げの何パーセント(←結構多め)を、
手数料として払いたい、と最初から明言してお願いしました。


今までの私なら、できればタダで頼みたいと思って、
あれこれ画策したと思うんですよね^^
ほらそんなにお金ないから。でもそれはやめました。
当り前のことでも、弱小でまだまだ不安定だと、
せっかくの利益を誰かと分配したいなんてあまり思いつかないです。
でもそれ、自己都合スピリットなんですよね。


それから仲良しの友達が、
コーチングのお客さんを紹介してくれた時も、
紹介料を払うことにしました。


あとは、資格が取得できる知人の講座に、
その資格に興味がある人を紹介してあげたり、
友人の会社で1時間の無料研修をやってあげたり、
今このタイミングで相手の利益になることは何かを、
すごく考えるようになりました。


そうするとやっぱりそこからやがて仕事が入るんですよね~
だから、寄与スピリットというのは真実だなと思ったし、
自分に合っていると思いました。


    *    *    *    *    *    *


ある日、またまた私は琴美ちゃんに尋ねました。


「琴美ちゃんてジョージの200万のコンサルをどれぐらい売るの?
どうやって売るの?どんな人が申し込むの?
それでいくらもらえるの?」


目標を達成してジョージからプレゼントをもらった!と、
その時の様子をうれしそうに教えてくれたからです。


「目標はね月に2件なの。
それを先月は達成したの。もう、やったー!って感じ。
コミッションは2割。
(え、それで80万も入るのか。そりゃ必死になるわなw)」


「一番新しいお客さんはどんな経緯で申し込んだの?」


「その人はね、薬局を経営している人でね、
薬剤師が見つからなくて見つからなくてすごく困っていたの。
薬剤師が見つからないとお店をあけるわけにいかないから、
売り上げもなくて、潰れる寸前みたいだったの。」


「募集しても来ないの?」


「来ないんだって。」


それも事情があるのかもしれませんが、
聞くと長くなりそうなので、スルーしました。


「それで仲間と手分けしてみんなで探して探して…
みんなで夜まで必死に電話掛けして、それでも見つからないの。」


この話は確か、何かの理由でタイムリミットがあったはずですが、
それが何の期限であったかは忘れました。
とにかくその日までに見つからないとヤバい状況だったみたい。


「そしたらぷらちゃん!!!私、前の日に突然思い出したの!
そういえば一人薬科大の仕事している友達がいたって!
すぐ電話して話をしたら、なんと心当たりがあるっていうの!
それでその人に連絡してもらってすぐに紹介して、
そしてギリギリその日に決まったの!!!
もう、みんなで飛び上がって喜んだよーー!
感動した!最高の経験だった!」


で?ジョージは?


「あ、そうそう、
それですごく感謝してもらってお礼がしたいって言うの。
あなたは一体何をしている人ですか?って聞くから、
私は困っている人を助けるのが仕事なんですって言って、
実は私達は寄与スピリッツを勉強しているグループで、
主催者はジョージという経営コンサルタントなんですが、
ジョージのコンサルティングを受けて成功した人がたくさんいるんです。
一度会ってみませんか?って昼食会に来てもらって、
それですごくいいと思ってもらって、やりたいって言ってくれて。
そんな感じ。」


ふ~ん、、、なるほどねぇ。。。
でもなんか、すごいよね。
それで200万の契約が取れちゃうんだ。


それにしてもその経営者さんは、
怪しいとか、それが目的だったのか?とは、
思わなかったのかしらね。
いや、本当はわかっていたけど、
お礼の気持ちで申し込んだのかもしれないね。


だって結果はそうでも、
琴美ちゃんの思いは陰りなくピュアだし、
人助けにまい進しているときの琴美ちゃんは、
雑念なく心から相手の役に立とうと思っているのが、
よくわかるもんね、人が好きなんだよね、結局。


    *    *    *    *    *    *


琴美ちゃんは以前はネットワークビジネスをやっていて、
それなりに実績もあげてお金もあったそうです。


そんなときに自分の下流のディストリビューターさんが、
急に辞めたいと言ってきて、話を聞いてみたら、
ジョージっていう人の言葉を聞いて目が覚めたって言うのね。


それで、そのディストリビューターの強い勧めで、
自分も一緒に会いに行くんだけど、
心の中では騙されているんだと思い、
ジョージと対決しようと思って行った、とのこと。


ところがそこでジョージにこう言われたんだって。
「あなたは今の仕事で成功しているように見えるけど、
本当に儲かってますか?幸せですか?」って。


そう言われて考えてみたら、確かにお金はあるけど、
今のタイトルやランクを保つために、
相当な商品を買い込んでそれなりに大変だったり、
内部の人間関係のトラブルなども色々あって、
幸せじゃないかも、と思ったそうです。


ジョージ曰く、
「それは当然だよ。
ネットワークビジネスというのは儲からない仕組みになっているんだ。
それにあなた、どうして今それをやっているの?
お金を儲けたいからでしょ?
だけどね、お金を儲けるためのビジネスは成功しないんだよ。
そういう人達の集まりだから人間関係もうまくいかない。
ビジネスはね、お金儲けで始めるとうまくいかないんだ。」


「それじゃ、どうすればいいんですか?」


これがジョージのグループで活動するきっかけだったそうです。


だけどね、ジョージは謎な人なの。
一部の人の前にしか姿を現さないし経歴も不明。
日本人なのに、ジョージって名乗っているのがそもそも疑問。
今これを書いていても、要所要所でふっと感じるけど、
よろしくない宗教の勧誘のようでもあるし、
結局あれも仕組み自体がネットワーク(ビジネス)でしょ?
という人もいます。


私もメンバーを見て(結構知人も多いのですが)、
琴美ちゃん以外とはあまり深く関わりたいとは思わないし、
琴美ちゃん以外は「わかっていても実践できない」人の、
集まりのように見えるんだよねぇ。。。


それでも私には寄与スピリッツの考えは大いにヒットして、
結果にもつながりました。
だから発想自体は真実なんだと思います。


それに、琴美ちゃんを通してこれだけわかったら、
私にはもう十分で、もし今有り余るほどお金があったとしても、
200万のコンサルを受けたいなんて思わないな。
別に高いお金を払ってジョージに教えてもらわなくても、
必要な情報は得られたし、活用できてる感じがします。


この話をした同業の親友が言いました。


そうなのよね、うちらってすべては要らないのよね。
こういう仕事をしていると、
さわりだけ聞いてもポイントだけはしっかりつかんで、
早速行動に行かせるようになるので、
私もぷらちゃんに教えてもらった今の話だけで十分よ(笑)


今日はぷらちゃんのお陰で、
ホントにすごくいいヒントをもらえたわ!
私も明日から早速やってみる。
今日は心からどうもありがとう。


仲間同志で出張した帰り道、
高速道を走る車の中で語り終えた私の長い長いお話でした。

« ターニングポイント~私が捨てた事~ | トップページ | 困ったスタッフの研修 »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/51569782

この記事へのトラックバック一覧です: 相手に寄与するスピリット:

« ターニングポイント~私が捨てた事~ | トップページ | 困ったスタッフの研修 »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ