☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 働きたくないっ!~番外編 | トップページ | ぱわぽの講座 »

2009.09.04

友達向けのパソコン講座

ある日、発達障害のNPOをやっている友人の、
近藤さん(40代前半女性/仮名)から電話がありました。

そのときはあまり近い間柄ではありませんでしたが、
何度か勉強会で出会って名刺を交換した事があり、
私の営業用のブログをよく読んでくれていて、
「すごく面白い!ひとつひとつがメチャメチャわかる!」
と、ある会場でわざわざ感想を伝えに来てくれた人でした。

私も少し話をしてみて、すぐに気の合う人と感じたので、
いつかゆっくり話をしてみたい、と思っていた人でした。

教えて欲しいことがあると言うので、
場所と時間を決めて街場のカフェに出かけてみると、
近藤さんの知りたい事というのは、
起業の具体的な正式手順ということでした。

やだ、もう~、わっかるわけないじゃん、そんなの(笑)
駆け出しで売り上げもボチボチ以下で、
ひとりで細々と適当にやっていて、
会社組織になどする気もないこの私に、
一体何を教わろうと言うのよ?あなた!^^

「いや、実はね、所属しているNPOから、
きちんと職員として採用したいと言われたんだけど、
子供もまだ小さいし、それって無理だと思ったのね。
でも私、勉強会のリーディング(講師)は続けたいの。
そしたら、職員になるか、外部講師として講師料を払うか、
そのどちらかにして欲しいって言われて、
考えた末に外部講師になることにしたのね。」

「え、なんで?今のままじゃダメなの?」

「うん、なんか色々あるみたい。」

口を濁したので、ま、"なんか色々"あるんでしょうね、きっと。

「でもそうなると、個人事業主ってことになるでしょう?
私、そういうのって全然わからないから、
手続きとか申請とか申告とか、
まずはぷらたなすさんに聞こうと思って…」

「あぁ、そういうことね。だったら、別に、
何も必要ないんじゃない?」

「へ?」

「だって会社にするとか、そういう事じゃないんでしょう?」

「もちろんよ。」

「私も何もやってないよ。
税務署には一応届を出したけど、
それだって、あとで詳しい人から、
なんで出しちゃったんだ?
ここだけの話だけど、
それ、ちょっと時期が早かったね、って、
怒られたぐらいだもん。」

「はぁ、そういうもんなの。」

などというやり取りがありまして、
結局彼女が一番気にしているのは、
起業の手続きうんぬんではなくて、
今のようにご主人の扶養に入ったまま、
そういった事(個人事業)をやるのは、
可能かどうか?というその一点だとわかりました。

あららら。
実は私、夫の扶養になったことが一度もないんです^^
だから上限とか控除とか、そういうの、全然わかりません。

お?待てよ?

そうそう、ちょうどその時、
そのあとの別な打ち合わせに必要で、
私はミニPC(EeePC)を持っていたんですよね。
もちろんEモバイル付き!

「良かった!ちょうど今パソコン持っているから、
検索して調べてみようか?」

私はカフェのテーブルの上に、
バッグからミニPC+Eモバイルを取り出してネットにつなげ、
「扶養 範囲 個人事業」と入れて、
早速検索をしてみました。

そうすると、
彼女の知りたい項目にまさにビンゴ!のサイトがたくさん出てきて、
小さいパソコンの画面を二人で覗きこみながら、
「なるほど、なるほど」と、あちこちのページを見ながら、
かなりの情報と理解を得ました。

そして近藤さんの感想。

「ぷらたなすさん、
パソコンがこんな便利なものとは思わなかった。
こんな使い方があるなんて、今まで全然知らなかった!
今日は、すっごく感動した。
うちにあるパソコンって、保険の仕事をしている母が使っている、
Windows98の古いヤツなのね。
一応ネットはつながっているけど、すっごく遅いし、
今までインターネットなんて、
ほとんど利用した事がなかったんだけど、
今日は、マジで考え直したわ。
パソコン、買おうかな。」

「あ、それがいいと思うよ?
予算があるなら、絶対おススメ!
インターネットはやるとやらないとでは、
情報の発信も取得も思い切り差が出るよ?」

「だよね~。今日は、すごくそう思った。
ね!今度私にパソコンを教えてくれない?
そういうの詳しいんでしょう?
名刺にも元プロバイダーって書いてあるし…」

「うーん、そうだけど、まずまずってとこかなぁ。。。
本当に"超"詳しい男の子達に比べたら、足元にも及ばないよ。」

「いや、私に取ってみたら、
雲の上の人みたいに感じる。
教えて!今度!絶対にね!」

事態はここで急転回して、
この話し合いは、「私がいつか近藤さんにパソコンを教える」
という約束の場になってしまいました(笑)

そしてこれが、3日間で延べ18人が参加してくれた、
初心者の友達向け「PC&ネット講座」となりました。

    *    *    *    *    *    *

その後、
近藤さんに「そろそろ期日を決めない?」と連絡すると、彼女が、
「そういうのだったら、自分以外にも教わりたい人がたくさんいる」
って言うんですよね。

「あら、だったら、きちんと場所を取ってPCを持ち込んでもらい、
講座形式にしようか?」

「賛成!それがいい!私、教えて欲しい事が山ほどあるの。
私のNPOの他のお母さん達も同じだと思う。」

「じゃ、この前は友達だから無料でいいと言ったけど、
場所代だけはちょうだい。」

「あ、全然オッケー!」

結局、NPO活動で資料を作ったりする機会はすごく多いものの、
主婦の皆さんは、皆が個別に自宅で独学でやっているので、
より効率のいい手順や使えるフリーウェアや検索の方法などを、
誰からも知り得る機会を持たずに今に至っています。
けれど実際は多くの人がもっときちんと教わりたいと思っています。

かと言って詳しい人(主にご主人などの男性)に尋ねると、
必要以上に長いウンチクが入ってウンザリだし、
職場などの詳しい同僚(主に男性)に尋ねると、
最初から専門用語が満載の説明をされて、
(実はたぶん、非常に基本的な用語だと思うのですが)、
言っている事がさっぱりわからない、と。

そしてそれについて、ひとつひとつをイチイチ尋ねていると、
永遠にキリがなくなってしまうぐらい全てが意味不明なので、
途中から、「あぁ、もういいや」とあきらめて、
わかったふりをして済ませる事が大半とのことでした。

また、あまりに何もかもわかっていないと、
何をどう尋ねていいかも皆目わからず、
うまく質問できない自分が、
相手をイライラさせている事がよくわかるので、
どうしても聞きづらく、結局何も聞かないという状況に、
なっているのがよくわかりました。

わかるよ、それ~!思い切りよくわかる!

それはプロバイダーに派遣スタッフとして入った頃の、
まさに私の姿そのもので、だから私は、
「もういい!あんたになんか聞くもんか!」とある人に対しては思い、
「絶対自分で調べてやる」と思って、
結果的に少しずつ詳しくなってきたのですが、
(今思えば、ネットでもおバカで勘違いな質問を一杯したよ(汗))
それもこれも、先輩や同僚達が検索を上手に使って、
知りたい情報を適宜取りだすのを、職場で見ていたからです。
「あぁ、そんな風にすればいいんだ」と、
見て初めてわかったからです。

でもその現場を一度も見た事がないと、
検索は、特定のサイトにたどり着くための方法でしかないし、
ネットを利用する上で表示される様々なアラート、警告文も、
教えてくれる人がおらず、検索で調べるという手法も知らないと、
言いようのない不安を感じて作業はそこでストップ。
結果的に、サイトを見るだけの、
インターネットになっちゃうんですよね。
たぶんそれは何に関しても同じで、
エクセルもしかり、ワードもしかり、だと思うんです。

「ぷらたなすさん、もし私以外にも出たいという友達がいたら、
何人まで出てもいい?」

「え?そんなにいるの?」

「いや、メールで流して見ないとわからないけど…」

「え?メールで流すの?」

「うん。だって、みんな知りたいと思っているんだもの。」

やがて近藤さんは、その人脈力で?
あっという間にのべ18人をかき集めてくれて、
講座は3日間行う事になりました。

時間帯はもちろん、幼稚園や小学校のお迎えに間に合う、
午前の3時間。
木曜をぬかして、火・水・金としたのは、
木曜は、幼稚園が午前保育なので皆の都合が悪いからです。

    *    *    *    *    *    *

結果的に講座は大好評!

内容を決めずに、一人一人の質問に、
順番に答えていくという「質問持ち寄り形式」でしたが、
もう時間が足りなくて足りなくて、皆さん渋々帰っていく感じでした。

これをヒントに、
「ブログ開設講座」や「超初心者向けPowerPoint講座」や、
「SOHO向けインターネット活用講座」などを、
このあとに展開していくのですが、
私、思いました。

ニーズに合えば、人は来るんだなぁって。
そしてそれを本当に必要としている人は、
ときに仕切り役となって仲間を誘ってくれるんだなぁって。

私はこれをきっかけに、
「他の人は何を欲しがっているのか?」
「いったい何で困っているのか?」を、
今まで以上に重視するようになり、
できるだけその層の人達に、
直接尋ねたりするようになりました。

料金が1000円の格安の完全内輪向け講座で、
今思えばもっとお値段を高くしてもよかった!と、
悔む気持ちもありますが、自分としては非常に勉強になりました。

あ、そうだ。

出てくれた人が、
万が一口コミでこの講座の事を人に伝えるときがあるなら、
資料は絶対あったほうがいいよね。手渡せるようにね。
そうだ、だったらチラシ、作ろう!

そんな風に考えて、私は大急ぎでチラシを作りました。
それがこれ
(一分伏字や差替えになっています)

参加者の皆さんは、NPOやPTAで役員をやっていたり、
保健師さんなど仕事を持っている方もいたので、
基本的に意識が高く活動的な方のはずです。
そしてその毎日の中で、
PCスキルを上げたい具体的な目的があるわけです。
だけど、お子さんが小さいのでじっくり没頭できる時間も少なく、
かつ、なかなか習いにも行けない。
なので、その辺を考慮したタイトルにしました。

告知用ではなく、人に伝わる事を狙って作りましたが、
講座のために毎回チラシを作るというのは、
終わっても自分の実績の証明になるため、
キャリアの提示のためにも、とてもいいことだとわかりました。

この講座は本当にやってよかったですね。

この週の空いた木曜日がちょうど、
ハローワークの職業相談員の面接日で、
次の日の金曜日が、起業支援の相談に行った日だったので、
結構バタバタしていましたが、
スイッチが入り始めた時期だったので、
忙しさもまた、楽しかったです。

※現場を辞めてかなり経ち、もう今は現職ではないので、
 今まで検索防止の目的で曖昧にしていた表記を、
 先の一連の日記から、
 「派遣会社」「プロバイダー」と改めました。
 

 
 

 
【コーチのビジネスに関するの最新の10件】
友達向けのパソコン講座 働きたくないっ!~番外編 働きたくないっ!(完)~結論 働きたくないっ!5~面接 働きたくないっ!4~スイッチ 働きたくないっ!3~似た者同士 働きたくないっ!2~相談員の募集 働きたくないっ!1~金がない! (続きを見る⇒)




スポサーリンク

« 働きたくないっ!~番外編 | トップページ | ぱわぽの講座 »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/46061299

この記事へのトラックバック一覧です: 友達向けのパソコン講座:

« 働きたくないっ!~番外編 | トップページ | ぱわぽの講座 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★