スポンサーリンク




« 友達向けのパソコン講座 | トップページ | いったい何がやりたいの? »

2009.09.08

ぱわぽの講座

前回書いた、PC&ネット初心者の友達のための、
完全格安!内輪向け講座を二日間終えて、
この分野は、知りたい人の思いが強く、
それは必要性をすごく自覚しているからなんだな、
と、感じました。


それでついつい欲が出て、
最後の1日には他の人も入れられないかな?などと思い、
ある勉強会に参加したときに、
自分の席の周りの人達に、
「今、こんなのやっているんだけど、来ませんか?」
と、チラシを見せて声掛けしてみました。


けれど結果は撃沈。
皆さん、「ふーん」で終わってしまいました。
あらら、残念。


ところがその勉強会の翌週のときに、
チラシを手渡したうちの一人で、
気が合ってよくしゃべる整骨院の先生(50代前半男性)が、
「ぷらたなすさんて、パソコンできるんだよね?
おれにパワーポイントを教えてもらえないかな?」
と、言って来たんです。


(え…パワーポイント??)


うわ、アタシだってそんなに詳しくないし、
逆に人にきちんと教わりたいぐらいなのに、
できるかな?そういうの?


終了後にもう一度お話を伺うと、
早急にパワーポイントを使って、
何かの資料を作らなければいけない事態に陥っているようで、
本を買って読んでも…わからず、
一度市民講座に参加したけど…それでもさっぱりわからず、
なのに期日は迫って来るわ、で困り果てているようでした。


なるほど、そういう感じの人なら、全然オッケー!
たぶん何をどうやったらいいのかさえ、
全くよくわからない状態の方なんだと思いました。
だったら、私でも余裕で大丈夫!


元プロバイダーのユーザーサポートなので、
わからない人にわかるように教えるのは得意中の得意!
しかも、自分も昔はひどかったので(笑)、
皆さんがどこで何につまずくのかも、よくわかります。


整骨院の先生の希望が、きちんと場所をとって、
基礎から講義形式で教わりたいということでしたから、
(だったら、これも公開講座の形式にしちゃえ!)と思い、
早速チラシを作って、他の方にも呼び掛けてみることにしました。
それがこれ


依頼者が仕事で活躍している男性で、
しかも明確な目的がある方だったので、
その主旨に沿ったタイトルと雰囲気にしてみました。


これも知人向けで、
今回はその勉強会の人達だけへの声掛けオンリー。
(だって翌日の話だもん(笑))
そして料金は他の人は無料にしました。


それは、
「整骨院の先生には有料でマンツーマンで教えますが、
よかったらそれに皆さんも立ち会いませんか?」
という主旨にしたかったので、
最悪他の人を放置しても文句が出ないように口頭でも説明して、
それでもよければどうぞ?という感じにしました。


あとやっぱり、その勉強会は年配の方が多いのですが、
50歳ぐらい以上で初心者の方には、
パソコン教室って難しそうで面倒くさそうで、
(それに年齢や立場相応のプライドもあるので)
案外、敷居が高いと思うんですよね。
だから逆に、そんな難しいものじゃないですよ?
楽しいですよ?面白いですよ?という意味で、
まずは足を運んで欲しかったという意味もありました。


これには20代の詳しめの女性と、30代の初心者ビジネスマンと、
60代のゴルフ場の営業をバリバリにやっている(でもPC初心者)
の3人が、その場で話を聞いて、
一発で「行く!」と行って来てくれました。


人数は少なかったですが、
私は先に書いた記事で、
公的施設の起業相談員の佐藤さんが、
「決まる時は一発まる」と話していた事を思い出し、
本当に、人って、
ニーズに合ってうまくハマれば即決なんだなぁ…と感じました。


    *    *    *    *    *    *


さてさて、このパワポ講座ですが、
整骨院の先生ほか、参加者の皆さん(詳しい女性を除き)は、
思った以上にツワモノでした^^


全員、ワードぐらいは使えるのですが、
まず画像を挿入した事がないし、
文字の色やスタイルを変えるなど体裁を変えた事がないし、
行間の設定を変えられることも誰も知らず、
全員が今まで、"提供されたものをその通りにただ使うだけ"
という関わり方だったんですね。


また、変換の区切りをずらすやり方や、
固有名詞やよく使う地名・人名の辞書登録、
拡張子の話や「名前を付けて保存」の方法、場所の指定、
それに用紙の縦横の変え方など、
終わってみれば、ちっともパワポ講座ではなく、
ものの見事に、「初心者パソコン講座」なのでした(笑)
(でもみんなは、ぱわぽを教わったと思っている…)


皆さんが作りたいのは、プロジェクター用の資料ではなく、
オリジナルのチラシだとわかったので、
基本だけお伝えして、後は好きにやってもらったりしましたが、
PCで、決められた文書以外のものを、
自由にレイアウトして作るのは初めてだったようで、
本当に誰もが楽しそうに、制作に没頭していました。


そうそう、その"楽しさ"と、"だったらもっとこうしたい!"が、
その人のPCスキルをぐんぐん上げていくんですよね!


ですが、結果的に、
全員を「おー!」と、感動の嵐にしたのは、
なんとパワポではなく、辞書登録のほうで(爆)、
整骨院の先生に個別で教えている間に、
放置されている他の参加者は、その後、
いつまでもいつまでも真剣な表情で、
終了まで辞書登録をしていましたよ^^


    *    *    *    *    *    *


私、わかったんですけど、
お金を出してもパワポを教わりたいという人は、
結局、パソコン自体が初心者さんなんですよね!


確かに自分の事を考えてみると、
お金を出してまで習おうとは全く思いません。


だって、本気で取り組めば何とかなりそうだし、
やらないのは必要性がないだけで、
また、たとえ必要性が生じたとしても、
不明点はネットなどで検索しいしい、
それなりにこなすと思います。


その確信がある人は来ない。
それが見えない人が来る。


そんな風に思いました。


あ、そうそう、今回やはり皆を驚かせたのが「検索」で、
私がプロジェクターにつないだ自分のパソコンで、
答えられない質問に対して、ネットで検索していると、
その一部始終を見た皆さんがすごく感嘆して、
「すごい!」「これはいい!」「全然知らなかった!」って、
口ぐちに言うんですよね。


そうなんだよなぁ…結局はここからなんだよなぁ…


自分で知りたい事を、自分で調べることができたら、
というよりも、実はそれがインターネットで簡単にできるとわかれば、
皆さんもっともっと腕が上がるし知識も増えるし、
かなりの事が自己解決できるんですよね。


なるほど、今度は「検索」に主眼を置いた講座もやってみようかな。
そんな風に思いました。


ちなみにこの整骨院の先生は、
今も私のPCサポートのほうのお客様で、
何かとしょっちゅう質問の電話がかかってきますが、
スキルは確実に上がっている事を感じます。


(現在は、辞めたスタッフが作ってそのまま放置の、
ホームページの修正に挑戦中!すごいですね!
買った時にはチンプンカンプンだったパワポの本も、
今なら読むと理解できるそうです。それがすごくうれしいそうです。
意欲!そして経験!それが何より大事ですね!)

« 友達向けのパソコン講座 | トップページ | いったい何がやりたいの? »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/46086460

この記事へのトラックバック一覧です: ぱわぽの講座:

« 友達向けのパソコン講座 | トップページ | いったい何がやりたいの? »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★