スポンサーリンク




« 思ってないから言えないんだな | トップページ | 働きたくないっ!2~相談員の募集 »

2009.06.29

働きたくないっ!1~金がない!

番外編

調子のいいときもあるけど、そうでないときもあって、
仕事は全然不安定。

失業保険も切れるし、手持ちのお金もすでに怪しいし、
ちょっとこりゃやばいぞ~と本気で思い始めたワタクシ。

このままじゃ、皆さんの誰もがいかにも予想できるような、
「なんか調子悪いみたいよ?」「いや結局ダメだったみたいよ?」
「やっぱりね~」「だよね~」 に、なっちゃう!
それだけは絶対、ヤダヤダヤダーー!

ところで私は市内三か所のそれぞれのハローワークに、
職業相談員をやっている友人が一人ずつおりまして、
実は彼女達は皆コーチ仲間なのです。

彼女達は同じコーチングスクールの一期上や同期生で、
勉強会のたびに顔を合わせる親しい顔なじみなのですが、
認定資格を取るためのコーチングスクールというのは、
私の知る限り受講者の定番があって、
ひとつはハローワークなどの雇用関係、
ひとつは私のような人材ビジネス系、
もうひとつは社内研修などを担当する人事・教育系で、
最後のひとつは、医療・福祉関係。

これらの業種の人達は、うちのカリキュラム受講者に、
毎期とも必ず一人は入っているんですよね。
やっぱり、人を相手にする商売に携わる人は、
何がしかの思うところが個々にあるわけです。

さて、そのうち一番親しくてたまに食事なども一緒にする、
Anne(アン)ちゃん(60代前半女性/仮名)が、
「うちに閲覧に来ない?お昼に一緒にランチでもしよう!」
と言ってくれたので、その日はちょっとお出かけ。

(ここだけの話ですが)就業する気もないのに、
失業保険をもらうためだけに、
閲覧だの職業相談だのをするのは、
何かと面倒かつストレスのある作業でございまして、
知人はこんなとき、言わずもがなの阿吽の呼吸で、
結構助かります(笑)

Anneちゃん曰く、
「相談員はなんとなくそういうことはわかっているけど、
だいたい、最初からそんな雰囲気の人もすごく多いし、
そもそも、ひとりひとりにかまっている暇などないので、
わかっていても余計なことは言わずにスルーしてんのよ!
そんなことをいちいち気にしていたら、やってられないわ。」

あ、そうなんですか^^; (ま~それはわかっていたけど)

「あ、だったら○○ハローワークの、
三雪さん(60代前半女性/仮名)のところにも、
遊びに行ってみようかなぁ。でも大丈夫かなぁ。
本当は就業する気なくても…」

「大丈夫よ。ただ口には出さないだけで、
そんなの十分わかってるわよ。」

実は前回の"職業相談"のときに、
ベタな演技?で相談員さんに求職の相談をしていたら、
たまたまその三雪さんが、カウンターの奥を通りかかったんだよね。

で、お互いに「あら~!」「あら久しぶり!」と声を交わしたところ、
私の”相談”に乗っていた担当者の女性が、
「お知り合いですか?代わりましょうか?」とすかさず言うので、
え…??と、びっくり。

そのときは心の準備ができていなかったのでお断りしましたが、
担当者は”相談”終了後に、あるチラシを差し出して、
「ハローワークでは担当制予約相談というのやっているんですよ?
三雪さんとお知り合いなら、
この電話番号に連絡して指名して予約すれば、
三雪さんとお話しができますよ?」って、
なんだかいかにも、知り合いならそちらと話したほうがいいのでは?
という雰囲気ありありだったのでした。

これは、あまりに一般の相談窓口と、
三雪さんのいる予約制の窓口との間に、
忙しさと仕事量の大きな開きがあるため、
私のその日の担当者は、
とにかく理由をつけて私の対応を他の窓口に振りたかったのでは?
と、あとから気がつきましたが、
そのときは、「知人のほうが何かとメリットあるんだろうか?」
と、案に勘ぐっちゃったりしましたよね。
(メリットがないことはない、と、今はわかってるけど)

    *    *    *    *    *    *

Anneちゃんの「大丈夫!私達は暗黙の了解で動くときもある」
という言葉を信じて早速手渡されたチラシを見て、
三雪さん指名で予約相談の手続きをとり、
指定日の指定時間に言ってみると、
「あ、やっぱりぷらたなすさんだったのね。」

「職業相談というよりは、
どっちかっていうと三雪さんに会いに来たの。
こういう機会じゃないとあまり会えないし(笑)、
たまにおしゃべりしたいな~と思って☆」

「そうよね。うん、そう、それはわかってる。
自分に入った予約の名前を見た瞬間から、
そうなんだろうな~とは思ってた(笑)
でもね、せっかく来ていただいたのだから、
何かお土産を出さないと申し訳ないので、
一応あなたに合いそうな仕事を2、3出しておいたわよ?」

と、すでに準備済みのプリントを取りだす三雪さん。

「へ??でも…あの…ここだけの話、
働く気はあんまりないっていうか(お、やっぱりマズイか?これは)
ハローワークからの紹介は条件的にも期待していないので、
自分で探そうと思っているというか(とっさにトークを変える私^^)
今はちょっとまだ、具体的には…」

「わかってる、わかってる(笑)
だからね、常勤は無理なのはわかってるの。
だったらこれどう?週に3~4日でいいのよ?」

「え?週に3~4日???」
思わずぐらっと来るぷらたなす。
それならやりたいことをあきらめずに続けていけるし、
収入も安定する!

私はこのあとつくづく感じたのですが、
三雪さんはまさにハローワークの敏腕営業マンだったんだね。

やさしい笑顔と穏やかでハンナリとした関西なまりの口調で、
決して押しつけがましくない態度を取りながら、
その実、人の気持ちと状況を的確に読み取り、
相手が確実に触手を伸ばしたくなる仕事を勧めてくる!
しかも求人票はちゃんと事前に打ち出しておいて、
来たらすかさず手渡して実物で見せる。
すごい手腕です!あっぱれだ!恐れ入った。メチャメチャ見直した!

三雪さんが私に勧めてくれた仕事はなんと、
ハローワークの職業相談員!!!
そう、自分と同じお仕事を私に勧めてきたのでした。

うわ!
これならたぶん(前職の経験を生かして)私にもできるだろう。
たぶん、客観的に見ても適職かも。
しかも半年契約の臨時職員で恒久的な仕事ではなく、
コーチング系の仕事が順調に伸びてきたら、
次期契約は断ることもできて、しかも勤務は週に3~4日。
給料はそれほど高くありませんが、定収入の基盤を保ちつつ、
これならコーチングや人材教育の講師も続けていける!

うわ、いいな、これ!
思い切り興味が湧いて来たぷらたなすでありました。

つづく…
 

 
 

 
【コーチのビジネスに関するの最新10件】
★働きたくないっ!1 (続きを見る⇒)




スポサーリンク

« 思ってないから言えないんだな | トップページ | 働きたくないっ!2~相談員の募集 »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/45487588

この記事へのトラックバック一覧です: 働きたくないっ!1~金がない!:

« 思ってないから言えないんだな | トップページ | 働きたくないっ!2~相談員の募集 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★