« カリスマはデータを渡す | トップページ | 思ってないから言えないんだな »

2009.05.03

マンツーマンの魅力

スポンサーリンク




前回、「カリスマはデータを渡す」で、
カリスマと呼ばれる人達の話ってどこか心に染みず響かず、
セミナー講師としてはつまらないなぁ…などと書きましたが、
その後時間が経ってみると、なぜか顔が浮かぶんだよね。

折に触れて思い出すのは、
前回書いた居酒屋社長さんのほうなんですが、
それもステージで話をしている姿ではなく、
知人に連れて行ったもらった楽屋でたまたますれ違い、
通路で名刺交換して少し言葉を交わしたときの、
くしゃっとした笑顔と真摯な感じなんですよね。

少し時間を経ると、
「素敵な人だったなぁ…」という印象が強まってきて、
もう一回会いたいと思ったりします。

それにとても腰が低くて一生懸命な感じで、
(ぱっと見でも実際にも、
こちらが絶対年齢が高いからかもしれないけど^^)
近くで会うと、とても印象のいい人だったことを思い出しました。

そういうことなんだなぁ…と、ぼんやり思うぷらたなす。

私の知人で、
仕事ができて判断も早くて行動力も十分ある人がいますが、
人に教えるのが苦手で、人の前に立つのも嫌いで、
そういう役目が来そうになるとひたすら逃げ回っている人がいます。
その人は、人間関係に劣等感があって、
口癖のように、「人に話すのが苦手」と言うんですよね。

でもね、私が見ていると違うと思うの。
彼が実力を発揮できないのは、1対多のときだけなの。

相手が複数いて、
その人達に何かを教えなければいけないとき、
伝えなければいけないとき。
あるいはグループの中で何かの担当になって、
全員を仕切っていかなければいけないとき、
全体に対して何かの働きかけをしなければならないとき…
こんなときに彼は、予想外の低パフォーマンスに、
なっちゃうんですよね。

だから逆に相手が一人で、
その人が彼に対して安定した信頼感を持っていると、
二人は全然いい関係だし、会話もスムーズだし、
相互のコミュニケーションはいたって良好で、
「人に話すのが苦手」なんて、いったい、どこがよ?なんて、
思ってしまいます。

だからきっと私の知人は、
すごく優秀だけどメモリが少ないんだと思う。

複数の人数に同時に伝えたい内容があるときに、
自分という主体から少し離れて、
客観的に場を読み全員の注意を一度ひきつけ、
伝わりやすいように文脈を組み立て直して、
優先順位にメリハリのある表現を使い、
自分の意思を全体に効果的に落とし込んでいく…

というところまでは制御が及ばないんだと思う。
ただそれだけのことじゃないのかな?
(人のことを言える私ではないのですが…)

けれど彼にしてみたら、
「誰も自分に注意を払ってくれない」
「誰も自分の話をまじめに聞いてくれない」
「皆が自分の話を聞くのを嫌がっているように感じる」
と、毎度感じて傷つくので、
段々苦手意識が増していくように思います。

私最近思うんですけど、"カリスマ"と呼ばれている人に限らず、
何かの分野で業績を上げている人達には、
対人スキルの高くない人が思ったよりも多いですよね。
「すごいのはわかるけど、私、この人とは一緒に働きたくない!」
みたいな人って、TVのインタビューでも結構いませんか(笑)?

でも、きっとそれ、しょうがないんですよね。

今の業績は、その劣等感の裏返しで、
実はその人にとって、
何かの大きなバネになっているのかもしれませんが、
逆に周りに目もくれず、周囲の騒音もさほど気にならずに、
自分の信ずるところを一筋に貫いてきた結果かもしれないものね。

だけど、そんな人でもマンツーマンで接してみると、
きっとすごく魅力があって、
誰もが付いていきたくなるんですよ、きっと。

さて、私は先週、
ある雑誌社が主催するセミナーに参加してみたのですが、
3人の講師のお話の中で、元機長さんという方のお話が、
明確で論理的でブレがなくて、
しかも内容も興味深くてとてもよかったんですよね。

でも、事前にウェブで見た顔写真は、
頑固で怖そうで気難しそうで、
そんなにいい話をしそうな方には、
全然見えなかったんですよ。
それで、「人ってわからないもんだな」と感じましたが、
同時に、内容が感情・感性的な話ではなく、
データの解説や分析的な話だったので、
このタイプの人は、この系統のお話をするのが、
非常に向いているのだろうと強く思いました。

前の日記と絡めた書き方をすると、
このタイプの人が、
メンターだのモチベーションだの夢をかなえるだの、
そっち方向に進んで多勢の聴衆を前に感情・感性的な話をすると、
何となく違和感を覚えるような、
臭みや偏った感じを呈しちゃうのかな?
そんな風に思いました。

さて、元機長さんのお話がとてもよかったので、
機会を捉えて自分の感想をお伝えしに行くと、
彼、人が変わったようにっこり笑って、
「あぁ、そうですか。そうだったですか。」
と、満面の笑顔でうれしそうにしてくれたんだよね。
(素敵でした!)

その落差にもびっくりしたけど(笑)、
「あぁ、この人もきっと、大勢を前にするのは苦手な人なんだなぁ」
と思いました。

1対1のときと1対多のときでは、
全然パフォーマンスの違う人がいるんですよね。
 

 
 

 
【食えるプロコーチになろう!の最新10件】
★マンツーマンの魅力 業務提携 あなたの反応はどのタイプ? DiSC認定コンサルタントになる 近況のご報告 MLMの上のほうの人 トークのソウルが落ちてる! ネットワークビジネス コミュニティになっていく ムーブメントにはまだまだだけど  (続きを見る⇒)

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« カリスマはデータを渡す | トップページ | 思ってないから言えないんだな »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/44878923

この記事へのトラックバック一覧です: マンツーマンの魅力:

« カリスマはデータを渡す | トップページ | 思ってないから言えないんだな »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ