« 業務提携 | トップページ | あなたがうまくいかないワケ2 »

2009.03.30

あなたがうまくいかないワケ

1>

・化粧品
・健康食品やサプリメント
・生活雑貨や日用品など

こういった商品を店舗を持たずに人を介して会員制で販売し、
親、子、孫…のように会員数を増やしていくスタイルのビジネスを、
ネットワークビジネスと言います。
あるいはマルチレベルマーケティングとも呼ばれ、
MLMと略されます。

よくある訪問販売と違うところは、
アッパー(上流/紹介者)のメンバーに権利収入が発生することで、
ピラミッド的に会員数が増えるに従い、
その収入は大変大きくなっていきます。

「ネズミ講まがい」と言われることもありますが、
一応合法であり、自分が思っていた以上にたくさんの人が、
実際に活動している現実があるし、
周囲から健全に認知されている人も結構いる。
これが自分の解釈するMLMです。

以前にも書きましたが、
MLMの方は基本的に真面目で勉強熱心な人が多く、
コーチングほか、能力開発や自己啓発の、
セミナーや交流会等の参加者には、
保険屋さんとMLMの方が、
必ず入っているといっても過言ではありません。

私は自分がセミナーを開くときもあるし、
勉強会や交流会に出かけていくときもよくあるので、
ここ1年で知人以外にもMLMをやっている顔見知りが、
少しずつ増えてきました。

男性もいますし、女性もいます。
でもね、私の知り合いで、
いわゆる阿漕な商売をしている人はいない感じがするし、
胡散臭さも怪しい感じもなくて、
みんなそれぞれ健康的に自己研鑽に努めているので、
MLMと聞いて即、有無を言わせず眉をひそめる人がいるなら、
それは多分に誤解があるような気もします。
ただし、暮らしていけるだけの収入があるかどうかは、
人によって微妙だと感じます。

それにちょっと頑張り屋さんの度が過ぎると、
上のランクに行くために、
自らの意思で商品のまとめ買いをしちゃったり、
勉強の度が過ぎて、
高額のセミナーに出ないと一人前になれない気持ちを抱いたり、
要は自己管理能力や気持ちのコントロールとか、
「人として自律した大人であること」が大事かなのでは?と思います。

また、販売利益よりも権利収入を得ることが目的となるため、
わき目もふらずにって目の前のお客様に、
売って売りまくるタイプの営業さんや、
対人関係に劣等感があり他人とうまくやれないタイプの方は、
望む収入は得られないと思います。

なぜなら、権利収入を目指すという事は、
自分のメンバーさんがその下に、
さらなるメンバーを作っていかなければいけないということであり、
売ってしまえばひとまず目的完了の一般的なセールスとは違い、
「部下を引き付け部下を動かす」という、
販売以外の高スキルが必要となるからです。
もしあなたがセールスの仕事をされているなら、
今の顧客が簡単にあなたと同じ仕事に就くかどうか、
ちょっと考えてみてください。ね?案外難しいでしょ?

どんなビジネスにも暗部はあります。
なので、「ほんの一握りの人間だけが成功し残りはみな敗者」
というのは、どこの世界でも同じだと思うんです。
よって成功するのは、
目的意識を持ったマーケティングとそれにフィットしたアプローチが、
きちんとできる人で、
そう考えると今MLMに関わっている人が成功できるかどうかは、
おのずと見えてくるのではないかと思います。

    *    *    *    *    *    *

セミナーなどに行ってみて感じるのは、
そのグループのトップの方のものの見方考え方の差ですね。
確かに収入面ばかりを強調する事業説明会もあるようですし、
それはそのトップの方自身が、
MLMをやっている大きな理由の反映なんでしょうね、きっと。

私の友人男性はMLMをやっている元同僚男性に誘われて、
あるセミナーに行ってみたそうですが、
「上の人は確かに人格者で、一人一人の幸福と、
全体の利益をとてもよく考えているのが熱く伝わってくるが、
オレの友達のAはお金の話ばかりで共感が持てなかったので、
自分は断った」と言っていました。

そして、「本当にやるならAじゃない人の下に付きたい」とも。
彼のように収入じゃない部分に魅力を感じる人も確実にいるので、
各リーダーさんが人を勧誘するときは、
価値観のバリエーションが豊かなほうが、
絶対にお得だと思いますよ!(特にDiSCでDの人は要注意!(笑))
もちろん自分とは異質な人まで取り込んで行こうとするなら、ですが。

また、これから始めようと思っている人は、
「紹介されたからその人のメンバーになる」のではなく、
色々なグループのセミナーに行って見て、
リーダーを見極め、リーダーを選んだほうがいいと思います。
自分のスタイルに合ったリーダーのほうが、
絶対に実績が上がります。それって大事だと思います。
栄えていてメンバーさんに意欲と活気と勢いのあるグループには、
人を伸ばすことに長けたいいリーダーが付いている気がします。

    *    *    *    *    *    *

さて、以前の日記で書いた○○さんという某MLMリーダーさんは、
ビジネスを通じての内面の成長を第一に掲げる人で、
それがよく末端まで浸透しているので、
そのグループに属する友人のYORIちゃんも
真面目で素直で礼儀正しい女の子。
私彼女に何かを強引に奨められたことがないし、
何の勧誘もされたことがありません。

もちろんこれは彼女のキャラによるもので、
同じグループでも、中には饒舌でお奨めがうまい人もいます。

でも、彼女の場合は、何かを売ることよりも、
人をきれいにしてあげるほうにがいつも一生懸命なので、
だから私は彼女のために、
たとえお付き合いでもなんか買ってあげたいな?
って思うのよね。

それに○○という上のほうのリーダーさんも、
独特の雰囲気と人間的魅力のある人なので
常々、「もう一回会って話をしてみたいな…」と思っていたら、
本当に偶然なんですが、別な知人から、
「○○さんなら、
今度○日にまたセミナー(ある意味事業説明会)をやるよ?」と聞き、
「そうか!ピンで会おうと思わないでセミナーに行けばいいんだ!」
と気がつきました。

それを上記のYORIちゃん(20代後半女性/仮名)に話したら、
「じゃ、一緒に行きませんか?」という話になり、
先週2人で早速行って来ました。

    *    *    *    *    *    *

久しぶりに会う○○さんは、私の事をよく覚えていてくれて、
会場で名刺を交換しに行くと、「お!お!ぷらたなすさん!」
と自ら2、3歩前に出て来て満面の笑顔で握手を求めるのは、
さすが、前職でも前々職でもタイトルを何回も取った、
某業界日本一の元セールスマンだな~と思います。

こちらも最近の新しい人脈が、
意外にも○○さんと繋がっている事が多かったので、
今は共通の話題がいくつかあって、
短い時間でしたが楽しく話をすることが出来ました。

いやでも、この人、本当にエネルギーが高いのはいいけど、
これが会社の上司だったら、
夏は温度高くて暑苦しくないかね(笑)~

    *    *    *    *    *    *

さて、このセミナーでは、今回ちょっとしたいいことがありました。

友人のYORIちゃんのひとつ上流にあたるリーダーさんに、
「今度うちのグループのメンバーさんのために
コーチング研修をやってもらえませんか?」と打診された事です。

え?仕事?もしかしてこれって仕事って事?
いや~、なんかアタシ、最近、微妙に調子よくね?
と内心盛り上がっちゃいましたが、それは顔に出さず(笑)、
内容や予算について少し話を続けました。

そのリーダーの大森さん(たぶん30代前半女性/仮名)が言うには、
「あたし、自分が紹介したYORIちゃんには、
もっともっと豊かになって欲しいんです。
それにほかのうちのグループのメンバーさんにも、
もっと収入を上げてあげて幸せになって欲しいし、
大森グループとしてもっと成長して行きたいんです。」とのこと。

そのときは、あ~、志の高い人だなぁ…と思ったのですが、
そのあと少し接してみると、なんか違和感があるんですよね。

例えば、私がボディシャンプーをYORIちゃんから買うことにして、
書面を書いていると、そのテーブルの前にしゃがみこんで、
お構いなしに商品説明やよさを熱弁し始めるので、
ちょっとやりにくい感じ。

私はYORIちゃんのために、
早く書面を書き終えてあげたかったので、
「申し訳ありません。今これを書いているので、
こっちに集中したいのですが、お話はあとでいいですか?」
と思わず言ってしまいました。

すると一時的に黙るんですが(笑)、
またすぐに、
「今日ははどんな目的で見えたんですか?」
「本日はYORIちゃんの紹介ですよね?」
「私達の製品のどんなところがよかったんですか?」
と、矢継ぎ早のご質問。

私は、書面を書く手を止めて顔を上げ、
・今日は誰の紹介でもなく知人に情報をもらって、
自分の意思で参加したこと。
・目的は化粧品の購入やビジネスではなく、
今日の講師である、グループトップの○○さんに会いに来たこと。
・そして○○さんのインストラクションを盗みに来たこと。
・そもそも、化粧品にもMLMビジネスにも全く興味はなく、
健康や美容には関心のない人間であること。

などを手短に説明したのですが、
「あ、そうだったんですか!じゃ、今回、紹介者のYORIちゃんとは、
いったいどこでどんな風に知り合ったんですか?」って、
だから、今回はYORIちゃんの紹介じゃないっちゅーの。
人の話、聞いてねーし。。。。

「大森さん、あのね、私、申し訳ないけど、
こちらの製品にはあんまり興味がないし、
ビジネスを始めようとも全く思わないの。
ごめんなさい。
でもね、友達としてYORIちゃんがすごく好きなの。
だからYORIちゃんの役に立ちたいと思って、
日用品のうち、何か一品はこちらの製品を使うことにしたの。」

…と、本音のところを本音のままに言ってみる。

すると、大森さんは、
「あ!それはありがとうございます!私もうれしいです。
ぷらたなすさん、あの、もし、
本当にYORIちゃんことを考えてくださるのなら、
彼女、今、あと1ポイントで、
△△セミナーの受講資格が取れるんです。
それは皆が参加したいと思っている、
すごく価値のあるいいセミナーなんですが、
彼女、それに、本当に、あと1ポイントなんです。
で、そのためには、ボディシャンプー一本ではなくて、
こちらのシリーズをセットでまとめ買いすると…」

ここまで聞いて辟易してきた私は、
さすがに言葉をさえぎって言いましたよ。
「ごめんなさい。他の商品は買う気がありません。
それにYORIちゃん、あんた、本当にあともう少しなら、
私なんかに頼らないで、それはあんたが自力でやんなさい!」
(ピシャリ!)

YORIちゃんは私の事をよく知っているので、
私に対してさほどの期待はなかったはずで、
YORIちゃんには気の毒な言い方でしたが(でも本当だ)、
そうでも言ってピシッと伝えないと、
話が終わらないし、ダラダラと時間が無駄だし、
本当にこの人って、ここのリーダーさんなんだろうか?

そう思ったときに、「あ、だから、コーチングなのか…」
と気がつきました。

    *    *    *    *    *    *

大森リーダーは、ちょっと早とちりする感じの人で、
ポンポンポンとビジネス的なテンポのいい、
会話のキャッチボールはできない雰囲気の人です。
けれどこちらの話はよく聞かずに、
一方的に自分の言いたいことだけをガンガン伝えてきます。
(私の目にはアスペルガーの傾向があるように映ります。)

これは私の前職(コールセンター)では、
まさにクレームを自ら呼んでしまうタイプです。

そこでお客様の意図する回答がなされていればまだいいのですが、
実際には主旨からはずれた回答や、
頭ごなしの「できません」が多く、
加えて口調や態度にぬくもりと柔らかさがないので、
非常に冷たくつっけんどんに聞こえてしまいます。
それがお客様の勘に障り、お客様を激怒させ、
こちらが青ざめるような上部組織に、
いきなり告げ口をされるのです。

あ~。。。

今までの仕事で、同じような人を何人も見てきて、
何人もの人がクライアント企業から何度も注意され指導を要請され、
何人もの人が「この仕事は自分には向かない」と言って辞め、
ある人は体調を崩し、ある人はウツになり、
それと似た雰囲気を持っているこの人が、
YORIちゃんのリーダーさんなのね。(フクザツ…)

このタイプの人は、能力があれば、
かなり実績を挙げてどんどん昇格していけます。
なぜなら仕事で手抜きをしないから。(性格的にできない)
やれと言われたことは苦しくても辛くてもやり遂げるし、
最後まであきらめません。投げません。

なのにどんなに地位が上がっても、
周囲から受け入れられ、愛され認められ、
尊敬されている実感がないので、
一度悩み始めるとどんどん深みにはまっていき、
必要以上に勉強にエネルギーを注いだり、
セミナーおたくのようになって、
様々なイベントを渡り歩いたりします。

尊敬されている実感がないのは当然で、
「誰も彼女を尊敬していない」のが事実である、という、
厳しい現実があるわけですが、
じゃ、なぜそうなっているのか?ということを、
ご本人は論理的に全然わかっていないです。

いや、むしろ、それを自分で十分理解して納得した上で、
一番自分にふさわしいアプローチを選択していけばいいのですが、
たいていの場合、「人の気持ちをわかれ」と言われて出来ずに悩み、
「もっと柔軟に対応しろ」と言われて、出来ずに悩み、
目上の人にいつも言われて、
やらねばやらねば…と思っていることと実際に出来ることが、
マッチしていないんです。

そう思うと、今までの印象の悪さとは裏腹に、
なんとか力になってあげたい気持ちが俄然沸き起こってきて、
私は大森リーダーに、「もっと時間をとってゆっくり話しませんか?」
と、今週の平日の午前中にアポを取りました。

    *    *    *    *    *    *

ところで話は変わりますが、
今回初めてYORIちゃんのメンバーさんという人に会いました。
近江さんと言って(たぶん20代後半女性/仮名)、
この人は変な目的でやってきた私と違い(笑)、
YORIちゃんが声掛けしてYORIちゃんが誘って、
本日はYORIちゃんの紹介として会場にやってきた人です。

ですが、
その彼女がこれまた地味で暗くて人見知りで無口な人でねぇ…
ビジネスとしては続けていくの無理だろうな…なんて、
なんとなく思います。

近江さんが名刺を持っていなかったので、
私達は携帯の赤外線でアドレスを交換し合いたかったのですが、
向こうの送信がうまくできず、
会場では、こちらのアドレスを送信しただけ終わりました。

なので帰宅してから大森リーダーに、
「近江さんのアドレスを教えて」とメールを出したんです。
なぜなら、あさって私は某所で無料のミニ講座をやるのですが、
それに2人で行きたいと言ってくれたからです。

ところが、他の話とごっちゃになって、
何度言っても大森リーダーが、
日時や場所を正確に把握しないので、
段々心配になってきて、
二人に向けて同じメールを送って、
きちんと情報を合わせて欲しいと思ったんですよね。

す・る・と…

「彼女は人見知りなので今電話で聞いてみます」と返信が…

え!会場で赤外線通信しあうの、あなた見てたじゃん。
それってOKってことじゃないの?
しかも、のちほど私から連絡先をお教えしますって言ったのに、
「確認します」ってなに?
しかも朝一で携帯宛に打ったメールなのに、
その返信が夜の22時過ぎとは何事だ!
PCアドレスへのメールなら理解もするけど…

ま、何か事情があって状況が変わったのかもしれないし、
そういう細かいことはいいとして、返信を待つ。

す・る・と…

「個人情報なのでアドレスのお伝えは遠慮したいそうです」

は…?
近江さんは正規のメンバーさんで、
MLMをビジネスとして選択した人らしいんだよね。
であれば、名刺は当然と思うし、
個人でビジネスをやっている人に「個人情報云々」は、
あってないようなものと思いますが^^;
むしろ私はそれよりも、大森リーダーがどんな確認の仕方をして、
それに対して実際にどんな会話がなされたのか、
それに興味があったし、本当は真実を知りたかったですね^^

というのはね、ビジネスであってもなくても、
当日待ち合わせをしたもの同志で連絡先を教え合うのは、
礼儀だと思うし、思いやりだと思うし、マナーだと思うの。

なのでこれ、絶対に言葉が足りないし、
私が知ったほうがいい情報が欠落していると思うんだよね。
本当にわずか数行のそっけないメールでしたが、
人を納得させるためのセリフないんだよな~(笑)
もったいない。

それに実際に直接会って言葉も交わし、
それぞれお互いの正体がわかっているのだから、
ここに来て「個人情報」を持ち出されるのは、
接触を拒否されているようで、決していい感じがしません。

大森リーダーはそうは思わないのかなぁ。
思っていても表現方法がわからないのかなぁ。。。
メールの文面には謝罪もないし説明もないし、
実際にこのタイプの人達と付き合ったことがなくて、
理解できない人が読んだら、絶対にこれ、カチンと来ると思うよ(笑)

しかも、大森リーダーは、あれほど会場で約束したのに、
今日になって参加をキャンセルして来たんです。
実はその会場というのが、
私から見ても大丈夫か?と思うぐらい遠い場所だったので、
「無理しなくてもいいよ?」と何度もお伝えしたんですが、
「いえ、必ず行きます!」という返答だったんですよね。
そしてその断りの理由がメチャメチャ彼女っぽいです(笑)

> よく考えたら往復でガソリン代が2000円かかることがわかりました。
> なので今回はキャンセルいたします。

ガハハハ!!!~、断りの理由がこれかよ~っ!(爆)
思わず受けて苦笑しちゃいますよね!
だから何度も言ってんのに~(笑)
だから、その場は保留にしてのちほど返答すればいいものを、
勢いで即答してあとでよく考えて変更、
しかも「ガソリン代が2000円かかるのでキャンセル」って受ける。

いえ、気心の知れた友達同志ならそれで通じるよ?
その場合はそれで全然オッケーよ!

でもあのときの大森リーダーの態度は、すごく腰が低くて、
私に対しては、「コーチングの先生!」といった感じの、
実にへりくだった物言いだったので、
だったらその「先生」に対して「ガソリン2000円でキャンセル」は、
メチャメチャ失礼だべーーーっ(笑)! って思うわけさ^^;

だってあのときの敬うような雰囲気とは裏腹に、
私の講座よりも2000円のほうが大事!と言っているの同義だし、
私の講座は2000円以下の価値という事にもなるものね。
その辺は、もうちょっと配慮があればいいのにね。
最初からフレンドリーモードだったら私はそれで了解!だったんですが、
見せている態度と伝えてくる内容がアンマッチングなんですよね。

でね。そういう一個一個がね、
大森リーダーは相手をカチンとさせていて、
でも自分ではそれにきっと気が付かないんだよね。
しかもグループのトップリーダーの○○さんは、
月収600万と言っているのに、
大森リーダーが2000円にこだわるところを見ると、
あなた自身の収入も不調なのでは?とわかりやすいよね☆

なので、この大森リーダーをトップに据える大森グループは、
もしかしてそんなに繁栄してないんでないかい?と思う。
なので、「もっと豊かになりたい」んだと思う。
そしてそのために、「コーチングを必要としている」のだと思う。
わかりました。条件が合えばお手伝いいたしましょう!
(カッコえぇ~!!!!)
次回のアポが段々楽しみになってきました。

    *    *    *    *    *    *

今回の私の日記で描かれた大森リーダーを見て、
これをお読みの皆さんは、
「ある時点からぷらたなすさんは嫌われ始めたのでは?」
「なにかのきっかけでぷらたなすさんの印象が悪くなったのでは?」
そう感じた事と思います。

でもね、うふふ、それはまだまだ甘いわよ(笑)。
それは通常の感覚の人の考えです。
大森リーダーのような人は、
自分の内面にある事実とアウトプットが合わないので、
一般的な感覚で解釈すると逆にコミュニケーションが悪化します。
普通の感覚を物差しにして、
「嫌われている」「拒否されている」などとは決して思わないこと。
それが仲良くなる一番の近道です。

今回はトップリーダーの○○さんから組織のセミナールームを、
無料で借りられる承諾も得ることができたので、
場所や時間の心配は要りません。

まずは次回会ったときに、
十分話をしてヒヤリングをして今後の事を決めたいです。
ま、条件合わずで決裂でもそれはそれでしょうがないけど、
大森リーダーの話だけは時間をかけて聞いてあげたいですね。
なにか心が動くような話題があれば、
またここでお知らせしますね。では。
 

 
 

 
【人の性格と資質に関する最新の10件】
★あなたがうまくいかないワケ  起動を抑えろ 人を見るときの自分の結論3 人を見るときの自分の結論2 人を見るときの自分の結論1 質問されるのが苦手な人 他人情報がない 質問するのが苦手な人 だんご、だんご、だんご 持たざる人-顔をゆがめる- (続きを見る⇒




スポサーリンク

« 業務提携 | トップページ | あなたがうまくいかないワケ2 »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

あいかわらず・・・!!!
読者登録したので、更新されると通知がくるのですが、いっぱい来過ぎて壊れてるのかと思いましたよ!(爆)
嫌われてるというより、きっと、他の直近の問題とかに優先順位が移っちゃって、面倒くさくなった。という感じでしょうか~?
女性は、あっても分かりにくいですが、なるほど~。
2000円かかるから!ですか~。
面白いですねー!!合理的な回答だと思ってるんでしょうね~。

----------------------------
こんばんは!こちらにも来て下さってありがとうございます!(笑)え?読者登録?どっちに?ここ?それとも目次のほう?
今日は4月から放置していたこのブログとここの目次のほうをメンテナンスしていたので、そりゃ一杯届いたことでしょう(笑)
この方(大森リーダー)はその後別な人経由で、もう一度勉強会に来たのですが、その後私の周りでは見かけていません。どういったMLかわかりませせんが、「要注意人物。関わらないように。」とのメールが流れたみたいです。
私、少しだけ気の毒に思う事はね、それってこの人が皆が感じるような危険人物だからじゃないんだよね。"周りが自分をどう思うか?"の認知が人とずれているだけなんだよね。
この方みたいなASDと定型のボーダーか、あるいはボーダーのボーダーぐらいの方も集団の中では微妙だと思います。
----------------------------

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/44510639

この記事へのトラックバック一覧です: あなたがうまくいかないワケ:

« 業務提携 | トップページ | あなたがうまくいかないワケ2 »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ