« 初セミナーを開いてみる1 | トップページ | 現実から手を離してみたら »

2008.07.28

初セミナーを開いてみる2

Ito_trim_s


前回からの続きです。

実はタイトルに「初セミナー」と書きましたが、
実際はこれがいわゆる初セミナーではありません。
このセミナーの前に、
自分の講座をシュミレーションするために、
ボイストレーナーをやっている友人を講師に迎えて、
その主催を一回。
それと知人二人に頼んで、
自分の話し方や組み立てを客観的に見てもらうための、
プライベートミニ講座を一回。
そして先輩の会社のヘルプで、
デモンストレーターとして参加した他県での講座が一回。


つまり外部向けのイベントで、
ホワイトボードの前に立つのはこれが4度目なわけで、
その前の3回の評判がすごく良かったので、
自分が自力単独でやるときも、
まー、そんな感じで行けるかな?となんとなく思っていたんですよ。


ところが今回はちょっと調子が狂った感もありまして、
参加者の評判はとても良かったのですが、
自分としては個人的な反省点がたくさん残りました。


その原因はやはり、かつて一緒に仕事をしてきた、
元スタッフの皆さん達や元上司が参加してくれたことで、
自分の気持ちの中に、
「他の参加者のためにも、同窓会にだけはしちゃいけない!」
という無意識の制限が働いてしまったことにあります。


この日記でもよく書いていますが、
うちの愛すべきスタッフ達は、男性も女性もとにかくウルサイ!
行動力があって口も達者、そして結束が固くときに騒々しい(笑)。


今は一人を除き全員転職していますが、まー、当時、
コールセンターの苦情の多い部門にいたヤツラなので、
相応にタフで回転がよくスピード感があるのは当然なんだけど、
それが”自分のためにコーチングを学びたい元々の客層”と、
大きく実態が離れていて、それがあまりに両極端だったために、
私自身に迷いが生じてしまったのが原因です。


”自分のためにコーチングを学びたい層”に属する人達は、
他者とのコミュニケーション上のコンプレックスをどこかに抱えて、
それを改善するヒントを得たくてこういった講座に申し込みます。
自分が過去に参加したセミナーや勉強会でも、
そんな人達の割合は少なくなくて、
私はむしろそういった人達と組んでロープレをすることで、
自分の仕事に生かせるアイデアを得る事が、
とても多かったのですが、
(というか、そういう収穫しか見込めないメンバーのときも^^;…)
いやー、自分が講師で自分が主催者となると、
そうも言ってられず、これがなかなか結構気になるものですね~。


だいたいまず、部屋に入ってくる様子から賑やかだし、
再会を喜び合う「キャー!○○さん、久しぶりー!」の声も大きいし、
既知の顔ぶれが一人登場するたびに室内が盛り上がるのも、
個人的に申し訳なくて申し訳なくて…


一方、違う人脈から声掛けして参加してくれた人達は、
基本的に物静かで控えめで、
初対面の人と隣り合わせになっても、
決して気さくに自分から両隣に話しかけたりはしないので、
そうでなくも気圧されてしまいそうな空気の中、
片隅から全体を見ると、ポツポツと孤立しているのがよくわかり、
私は言葉をかけずにはいられなくなってしまいます。


なので、本来よくやっている、
盛り上げキャラの誰かをピンポイントでいじって冗談を言ったり、
さっと場をまとめて、ほめた後に突き落とすトークをしたりとか、
そういう普段自分が自然にやっている事がほとんど出ず、
会を楽しく活気あるものにするための思考と行動が、
すっかりスコンと抜け落ちていた事にあとで気が付きました。


でもたぶん、それは彼らも同じだったかもね~(笑)
本当は、いいとこも悪いとこもよーく知っているぷらたなすさんに、
突っ込み入れたい!矛盾を指摘したい!揚げ足取りたい!(爆)
だ・け・ど、他のお客さんもいるのでそれはちょっとできない…と。


私、自分の研鑽のために、
セミナーや勉強会によく行くと前述しましたが、
そこでたまに感じてつい気にしてしまうのが、
やっぱり自分以外は顔馴染み同士が多いイベントだったときの、
なかなか入っていけないような内輪感覚で、
自分はそういった中で、
同じく単身で所在なさげにしているような人を見つけて、
言葉を交わしていくんですけど、
そこが苦手な人だとどう振舞っていいかわからず、
不安だと思うんですよね。


そんな事を常々気にしていたので、
いざ自分がそういう集団を前にして、
「あら、どうしましょ?」という部分に、
自分のメモリが食われてしまったんですけど、
思えば、そこは自分の弱さだったかな~。


考えてみれば、(私にもそういう知人がいますが、)
元々あまり他人に興味のない人は、
敢えて誰かと会話をする意味やメリットも特に感じず、
レクチャーを聴いて自分の参考になる部分だけを持ち帰れれば、
それでいいわけで、それがいいものだったか、悪いものだったかは、
その人の判断と価値観次第だもんな~。


であれば、「私はこれで行く!」と強く心に決めて、
迷わずに皆さんにそれを提示して、
良かったか、悪かったか、の評価は、
「あなたが決めてね!」これでいいんだよな。うん。


そう、職場でも私達は、
他人を気にかけ迷ってばかりいる上司よりも、
多少癖があっても、間違ってはいないポリシーを持っていて、
それを基盤に物事を進めて行く上司のほうが、
「しゃあない、付いていこう…」と思いますモンね(笑)。
え?迷ってばかりいる上司?
そんなの私達の悪口の恰好の餌食に決まってるじゃーん(爆)!!


そんな事を考えさせられた”初セミナー”でした。


    *    *    *    *    *    *


11人の申込者のうち、
なんで半数以上が内輪になったのかは不明(笑)。


私は「下手な鉄砲」の発想で、
何かやるときには知り合い全員にメールを出すのですが、
即答で申し込んでくれたのは実は2名だったんですよ。


それが前々日に立て続けに返信が来て、
元の仲間から口コミで聞いた人からも申込があって、
あっという間に同窓会の様相に!(笑)


でも私、思いました。
こんなありがたいことないな…って!
それはたぶん、今から数年前に、
お互いにお互いが好きで、
共に認め合って仕事をしていた証でもあるので、
あとになってから、
胸が熱くなるような感謝の思いが沸いてきました。


一瞬参加者同士のバランスを懸念して、
「なんでこうなるのー??」と戸惑ってしまった自分を、
恥ずかしく思いましたよ。
彼らが来てくれたからこそ、気がつけたこと一杯!
それは私の宝物ですね。


翌週。


有給を一日挟んで現場に出てみると、
私の同期の仲間や長くて古いスタッフの人達に、
「なんかすんごい人達が来たんだって?
聞いたらそうそうたるメンバーでびっくりした!
会いたかった!(自分も)行けばよかった!」
と言われました。


そうね、彼ら・彼女らはグループの初期メンバーで、
今の職場の礎を共に築いて来た仲間達なので、
彼らを知る人達から見たら、
ある意味、よだれの出そうなメンツだったかも(笑)。
そんな事を考えていたら、段々満たされた気持ちになってきて、
よし、次も頑張ろうと思いました。
ここで仮名で登場した人もたくさんいるので、
ちょっとこれ以上は書けないんですが、でへへ…
(今となってはみんな宝石のような思い出だよ)


さて、来月は8月末に二回目を開きます。
トライアル&エラーで、
今以上に成功も失敗もたくさん経験したいと思っています。


« 初セミナーを開いてみる1 | トップページ | 現実から手を離してみたら »

食えるプロコーチになろう! 」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。お元気そうで、何よりです。
ぷらたなすさんのいつもながらのすばやいフットワークを、感心しながら読ませてもらっています。
 私の分野と微妙にかぶる部分もあり、参考になります。
 ボイストレーニングは、私もやったらプラスになるだろうと思っていました。
 冗談抜きで、プラタナスさんのコーチングを、一度受けてみたいな・・・と思っています。

----------------------------
めろんぱんさん、こんばんは!せっかくコメントをいただいたのに、自分の日記を書くほうに時間が取られて昨日は時間切れですみません^^。そうですね、コーチングは官公庁や公的機関や学校・福祉関係の分野では、業務研修の一端として採用している組織がすごく多いです。ですが現状としては、たいてい東京資本の会社が深く入り込んでいるので、いつかはそんなところにも入り込めればいいな♪と夢を持ったりします!コーチングにご興味があればぜひメールをください!
http://platanus.cocolog-nifty.com/about.html
のページの「メールを送信」部分はアドレスへのリンクになっていますので、それをクリックするとメーラーが開くと思います!私もめろんぱんさんとはぜひお話がしたいです♪
----------------------------

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/41992329

この記事へのトラックバック一覧です: 初セミナーを開いてみる2:

« 初セミナーを開いてみる1 | トップページ | 現実から手を離してみたら »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ