スポンサーリンク


« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.21

友人にサービスを提供する

前回の「質問力」の続きになりますが、
実はこの件で反省がもうひとつあるんです。


それは、どんなに顔見知りの友人であっても、
提供するサービスの質を変えちゃ、
ダメだって事。


コーチングは、クライアントに質問し、話をすることによって、
クライアントさんからたくさんの気づきを引き出し、
それを目標達成や望む自己の実現のための、
大きな行動のヒントにしていただくわけですが、
コーチ側が自覚をしっかり持ってケジメをつけないと、
ヘタすればそれはタダの雑談、世間話に終始しちゃうのね。


ところが相手は友人ですから(現在のところ)、
いかにも「コーチ然」と振舞うにはこちらに少々の照れがあるし、
友人のほうも、コーチング以外のところで、
おしゃべりしたい話題というのもあるし、
その辺りの諸条件を鑑みて(笑)、
一番双方に都合のいい中庸のポイントを取って行くと、
「もしこれが本当の初対面のクライアントだったら、
たぶんこうはしないだろう」というコーチングに、
なりがちなんですよね。


いくら自分できっちりと線を引いて区別をつけたとしても、
「ここは彼女のために、じっくり聞いてあげたほうがいいのかな?」
なんて思うと、長話に付き合ってしまったり、
「やったね!」「すごいね!」「頑張ったじゃない!」と、
相手を承認するだけで終わってしまったり。


それでも皆さんが、「やってよかった」と言ってくれるので、
「友達だし、友達には友達のコーチングでいいのかも。」
などと思っていたのですが、そんな中で毎回痛感していたのが、
コーチングスクールでのロープレと現実の違いでした。


スクールでロープレをすると、10分程度のワークでも、
コーチングがお互いに非常に機能します。(効果が出る)
わずか10分の会話の中に、質問があり沈黙があり、
回答があり発見があり、「そうか!」とひざを打ったり、
「別に気にする事なんてないんだよな」と思い直したり。
それがとても心地よいわけです。


で、どこが大きく違うのか?と言ったら、
やっぱりコーチ・クライアント共に意識の違いですよね。
「部屋の整理」「ダイエット」「職場の指導」「時間管理」など、
自分で解決したいと思っているミニテーマを出し合い、
ペアを変えて何度も何度もロープレするわけですが、
お互いに高い意識で取り組んでいるので、
短くても濃くて充実したディスカッションが可能なのよね。


なのでこの頃の私は、(当然といえば当然なのですが^^;)
「友達だからこのスタイルで」という考えを改めて、
「友達でもいつものスタイルで」と、心に決めて、
今からどうやって路線変更できるかなぁ…と、
作戦を考えたりし始めたわけです。


ま、一番いいのは、
「それではそろそろこの回から、
よりコーチングらしいコーチングに移って行こうと思います」とか、
「先日のスクールで"コーチらしい話し方"について学びました。
今回から早速実践させてくださいね。」とか、
それまでと一線を画すような宣言をしちゃえばいいんだよな。


そしてそうやって路線変更して間もないセッションが、
前回の「質問力」の話だったのよね。
そして私は思ったのさ。


「普段の友人関係にきちんとけじめをつけて、
コーチのモードに完全シフトして臨めば、
いい質問も気づきのある回答もちゃんと出てくるのに、
今まで、私は一体何をやっていたんだろう、
クライアントのためにこの三ヶ月間で、
何をしてあげられたんだろう」って。


そして思いました。
「友達だから友人関係をベースにしたコーチング」。
これは相手に取ってとても失礼で申し訳ないことだわ。
わずかながらも、お金をとってやるのなら、
提供すべきサービスの品質は、
友達だろうが、初対面の依頼者であろうが、
一律平等でなくてはいけないね。
それが「コーチング」という商品を売るものの、
クライアントを思う誠意だし、
それがビジネスの礼儀ってもんだろ。(←自分に言っている)


なーんてねっ。


そうね。「コーチングは相手のメリットになる」
そう思えばこそ、相手が誰でも、
変わらないスタイルを貫くべきだわね。


自分の仕事で、営業的な動きをするときには、
その辺はできているように思うんだけど、
こと、自分自身の事になると、
まだまだ竹を割るようにパッパッとは行かない私なのね(笑)。


そういえば先日、前回の「質問力」の友人のサロンに、
「お試し」でフェイシャルエステをやってもらいに行った時、
私が知人のせいか、友人ほかエスティシャンの皆さんが、
なんとなく内輪のノリっぽくて、必要以上にアットホーム?で、
クールでテキパキとした、
プロフェッショナルの空気が足りないところが、
甘さを感じてちょっと気になり、
「これじゃ仕事関連の私の友人などは紹介しにくいなぁ」
と、思ったのですが、
私もそれと同じ事をやっていたのかもね。。。


あー、友達には「これがコーチング」とは思われたくないわ(笑)。
そいつはちょっと間違っている(笑)!
これじゃちょっと路線の違う誤解を植えつけたまま、
三ヶ月が終わっちゃうぞ?


頑張っている先輩コーチやコーチ業界のためにも、
私しゃぁ、もうちょっと王道コーチングを勉強せねばいかんわ。


そんな風に、またまた反省のぷらたなすなのでありました。
 

 
 

 
【コーチングに関する最新の10件】
★友人にサービスを提供する 質問力 今日、何を得たいですか コーチングセミナーの男達 ただいまコーチ修行中   (もっと見る⇒

2007.12.20

質問力

本当にまたまた久しぶりの更新です!!


ただ今、私はコーチング修行の真っ最中。


コーチの試験を受けるには、
「三ヶ月以上コーチングしたクライアントが5名以上いる事」
という受験資格があって、
この条件をクリアできないと試験を受けさせてもらえないんです。


で、幸いいい友達に恵まれた私は、
現在進行形で7名のクライアントさんがいて、
その条件はクリアできる見通しなのですが、
仕事しながら夜の時間をそれに当てると、
月・水・木・木・金・金・金…と、
自分の休養日として予定を入れていない火曜日以外は、
帰宅してからが結構ハード。


しかも!7人のうち3人が金曜日を希望って、
なんでみんな「金曜日」がいいの??(笑)
みんな酒飲みはないのかっ?
私はこの飲み会の多い12月に、
どんな忘年会も一時間で切り上げて、
早々に駅に飛び込むという日々でございますよ。
(しかも一人は、朝の6時の予約だしー^^;)


そんなわけでこちら及び、こちらつながりの交流は、
徹底放置の二ヶ月になってしまいました。
申し訳ありません。
でもまだまだそのモードは続行します。


    *    *    *    *    *    *


さて今日は、自分の力不足で反省した話。


化粧品販売の売り上げを上げて、
代理店昇格を目標にしている友人のクライアントさんなんですが、
広告・宣伝を一切行わずに、
口コミだけで顧客を広げていくという会社の方針のためか、
元々主婦で人脈の狭い私の友人は、
段々行き詰ってきちゃったんですよね。


あ、変なご商売ではなさそうです。
ねずみ講とかマルチまがいではないと思います。
ネットで調べると、
品物は悪くなくて合う人にはとても合うみたいで、
根強いファンの方も相応にいらっしゃるようですが、
それよりも強引に売る人がいたり、
金儲け主義がプンプン臭う代理店さんがいたりとか、
そっちのほうが話題になっている事があるのは、
どの化粧品も同じかな。。。
(私もセールスレディを少しやったことがあるので、
品物が良くても販売員さんが千差万別である雰囲気はよく承知)


私の友人は考えすぎて悩んだり、
小さな事でクヨクヨしたり、相手の反応を気にして落ち込んだり、
それがたまに体調にも出ちゃうぐらいの人なので、
まかり間違っても強引に何かを勧めるという事はないのですが、
逆にそれがネックになって売り上げが伸びない部分もあるのでは?
と思わされちゃう人。


なので、ビジネスらしい割り切りとか開き直りとか、
「ここまでならサラリと言っても許されるポイント」とか、
そんな風に物事を感情から切り離して、
かつ前向きに捉える事ができたら、
もう少し明るく元気にやっていけるのになぁ…なんて観点で、
ずっとコーチングを続けていたんですが、
なんか手詰まりになって来ちゃったんですよね。


まぁ、いろいろお話をしてそれなりに機能したとは思うんですが、
何か核心に触れられていないよなぁ…なーんて思いながら、
最終日はランチを一緒に食べて、
最後にこんな質問をしてみました。


「もし神様に『これだけは気にしないでいいよ?』と言われるのなら、
なんて言われたい?」


そしたら、彼女、こう言ったんです。


「うーん、家の事かな。」


「家の事?」


は?家の事?ついさっきまで話していた、
本部からの数値的なプレッシャーとか、
人脈の狭さとか、押しの弱いところとか、
そういった仕事がらみの事じゃないのかい???


「家の事…って家事とか?」


「そう。アタシ、家事、嫌いなんだよね。
だから家に帰るとすごくがっかりしてやる気がなくなるの。
掃除とか洗濯とか子供のご飯とか、
もし神様が、そういうのを一切気にしなくてもいいよ?
と、言われたら、どんなに自由で生き生きしてくるかと思う。」


その瞬間、
正直、「やられた!」と思いました。


コーチングには"真のゴール"という考え方がありますが、
その会社でエスティシャンの資格を取り、
今、一生懸命エステと化粧品の販売に取り組んでいるのも、
もしかしたら当初に聞いた
「たくさんのお客様をきれいにしてありがとうと言われたい」
のではなく、とにかく家を出て外で活動したいためかもしれないし、
家庭の中での自分よりも、
お客様に感謝されてお礼を言われる自分を、
手にしたいのかもしれないし、
「このままじゃ嫌だ」という切望かもしれないし…


もしこの質問を、あと4回早く投げかけていて、
その回答が得られたなら、その後のコーチングは、
全く別な方向のものになったと確信するので、
あー、ダメだな~^^;…まだまだ、だな~^^;
と、苦笑して帰宅した次第です。


また、そう考えてみると、友人のイライラやジレンマは、
迷いながらも自分なりに突っ走って行きたいのに、
家の事や家族のお世話でなかなか思うように動けず、
かといって自分の行動を強く制限しているように(思える)、
家事という作業は、元々好きなものじゃない、という、
苛立ちとか嫌な感じとか…そういったものなのかもしれません。


物事がはつらつと回っていかないようなときは、
その原因は、仕事でのエピソードのあれこれにあるのではなく、
意外にもご家庭の中のほうにあるのかもしれないな…


という、私なりの気付きを得たのが、最終回の最後の場面!
というのは、トホホですね~(苦笑)
そういえば、
「なんか、家事とか、億劫で面倒であまり好きじゃないんだよね。」
と、早い段階で何度か聞いていたのに、
それは今回のテーマとはあまり関係ないしな、なんて、
完全にスルーしちゃっていた私。


ここまで三ヶ月も仕事の目標や悩みなどを話してきて、
最終日に、「一番はずしたい懸念は"家の事"」かぁ~。
うーん、なるほどねぇ。


そうなのよね。
そういう相手の言葉のひと言ひと言にヒントがある、と、
肝に命じて「聞く耳」を研ぎ澄ませて行かないと、
効果のあるコーチングってできないんですよね。


そしてまた、そういった隠れた本音を引き出すためには、
質問の内容がすごく大事。
どういった質問がクライアントの思考に機能するのか?


制限をつけたり、
(もし1000円でそれをやり遂げろと言われたら何を買う?等)
制限をはずしたり、
(お金が山のようにあって全く困っていないなら今何をしたい?等)
時間軸を変えたり
(5年前からやり直せるならどうしたい?1年前なら?昨日なら?)
場所を変えたり(それがもし職場でなかったらあなたはどうする?)
人を変えたり(もしあなたの上司だったらなんていうと思う?等)、
臨機応変で柔軟な質問力がコーチングでは必須のスキル。


「こればかっかりは"場数"だから!」と語る、
先輩コーチの助言を、
経験上、(まさにその通り!)と思いつつも、
反省や後悔が尽きることのない毎日だねぇ…
 

 
 

 
【コーチングに関する最新の10件】
★質問力 今日、何を得たいですか コーチングセミナーの男達 ただいまコーチ修行中   (もっと見る⇒

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

スポンサーリンク


ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ