☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« なぜと言われても | トップページ | 支持的風土 »

2007.10.22

英語嫌い、英語好き

日曜日はコーチング関連のイベント知り合った人と、
ご近所でちょっとお茶。


初対面なのに妙に気が合う感じがしたので、
「そのうちお茶でも」なんて言いつつ、
アドレスを告げあって別れたのですが、
彼女のほうからメールが来て、
都合のいい日曜に、
それじゃ会いましょうか?という事になりました。


といってもこれと言った目的のないただのおしゃべりなんですが、
貧乏な我が家とは違ってお金持ちの家系らしく、
(ま、雰囲気も最初からそんな感じだったですが(笑))
息子さんが来春小学校を卒業するので、
家族三人で香港に行きたいと言っていました。


はぁ~。うちは結婚する前も双方にお金がなく、
結婚したら余計に貧乏、商売が潰れてさらにド貧乏。
妻は工場作業員、亭主は焼き鳥屋という生活を続けた後に、
お互いに転職&転職で、
ここ数年になってようやく一息ついているところなので、
当然海外には一歩もたりとも足を踏み入れた事はありません。
行く機会もなく、行きたいと思ったこともなく…


少しだけそんな話をしてみたら、
「え?じゃ新婚旅行はどこに行ったの?」
「え、亭主の実家。大分。挨拶も兼ねて。」
お金がないんだから、海外なんて最初から考えもしないし、
そんなことできるわけないでしょうが(笑)?
と、いろいろ思いながら聞いていたら、
彼女の新婚旅行はヨーロッパ36日間なんて言うから、
思わず、ひえ~。。。。(絶句)


でも、そんなに豪華な旅行だったわけではなく、
行きの飛行機と当時のホテルだけ予約して、
あとはリュック一つ背負っての気ままな旅だったらしく、
「あー、ならば許そう!」と思わず言いかけた私でした(笑)。


「でも言葉はどうしたのよ?言葉は?」
「え?主人が英語しゃべれるから。」
「わーお、だったらいいよね。」
「うん、お蔭様であんまり不自由しなかった。」


英語かぁ…うーん、英語かぁ…


実は最近、英語を話せるようになりたいと思い、
出勤する行きの車の中では必ずCDを聞く!と決めて、
三年計画の長ーい長ーい道のりの一歩を、
はからずも踏み出した私なのでしたが、
いやー、ダイアログを丸暗記して、
CDの音に重ねて同じテンポでしゃべれるようになるまでは、
最初の単元なんて数行しかないのに、
一ヵ月半もかかりましたね。。。
恐ろしいぐらいの亀の歩みだ。。。


以前にも何度か書いていますが、私は英語が大嫌い。
私は勉強ができない人ではなかったのですが、
変なところが異常に飲み込みが悪くて、
英語の文法なんてもう、最初から何を言っているのか、
全く理解できませんでした。だから大嫌いになったの(笑)。


数学も同じくそうなのですが、
自分のそのときの能力に対して、
理解不能、意味不明な事を延々と聞かされるというのは、
非常に苦痛な作業でして、
わからない→頑張らなきゃ(焦り) ではなく、
わからない→やーめた(速攻放棄) の発想だった当時の私は、
そんなものはさっさと放っといて、国語と社会で点数を取ろう!
とそっちに余計燃えたりしたものです。
でも、それで何とかなったのだから、
昔は良かったなと思いますよね(爆)!


さて、彼女も英語は勉強したいと思っていたらしく、
最近○○英会話に通い始めた事を話してくれたのですが、
(大嫌いだったものに金なんて出せるかっ!
意地でも予算を掛けずに自力でやっちゃるー!と
かたきのように思っている私とはやはり違うのだった…)
聞けば英語はいつかは話せるようになりたいと、
中学生の頃からずっと思っていたとの事。


「え?じゃ英語の授業は好きだった?」
「好きだったよ?」
「えー?なんで?なんで?
あんなのを好きという人の気持ちが知りたい。
今日はいい機会なのでここでぜひそれを聞かせてよ(笑)。」


うーん、そうだね。なんか海外って昔からすごく憧れるんだよね。
ほら小学生の授業で見るようなテレビでも、
社会とかで外国の産業とか暮らしとかそういうのがあるでしょ?
私、小学校のときにそういうのを見るのが好きだったの。
社会の勉強はどうでもよくて、外国の様子とかが見れるので、
うん、いつもそういうのは興味を持ってみていたわねぇ。


海外に憧れ…ないな、そんなの、私には。


「海外に憧れるって、それはまたどうして?」


え?だって日本と違っていて、何もかもが珍しいじゃない?
今でも、なんとかの旅とかなんとか遺産とか、
海外のあれこれを紹介した番組があるでしょう?
ああいうのは、私、今でも大好きで、
見ていると、「あぁ、ここに行ってみたいなぁ」とか、
「いいなぁ…今度行こうかなぁ…」とか、
すぐに思っちゃうんだよね。思わない?


え…別に…とはさすがに言えずに、
「かもね」なんて言葉を濁したのですが、
「それじゃ、英語もだから好きだったの?」


そうそうそうそう。外国の言葉を習うなんて、
なんかいい感じじゃない?外人さんみたいで。
だからずーっと憧れていたんだよね。
でも、ほら、日本の授業って、
話せるようになるための授業ではないじゃない?
だから、段々意欲もなくなってきて自然消滅したかな。
それで、今頃またやりたいなぁなんて、
思っているんだけどね。今度は"話せる"やつね。


ふーん…
初めて本格的に聞いてみた、英語好きな人の弁。
たぶんこれはほんの一例なのだと思いますが、
なるほどな~。日本にはないもの!珍しさ!異国!憧れ!
英語が好きだった人の小さな心の中には、
そんなキーワードが光っていたりしたのね。


いやぁ、そんな事など感じた事もなかった私には、
大変興味深く、とても参考になりました。
そして、人って本当にそれぞれが違うものなんだな、
と改めて強く感じました。


人が何かを勉強したいと思う気持ちには様々なが理由があって、
私の場合は、コーチングで有名な人が講演などに来日したら、
ちょっとは翻訳なしで内容がわかればいいな!というぐらいの、
"憧れ"も"夢"もない、非常に現実的なものなのですが、
同じ中学最初の英語の授業であっても、これだけ掴みが違うと、
結果もまた大きく違ってくるのだな、と思いました。
いや、面白い、面白い。


さて、海外旅行。これもまた考え方かもしれません。
私は気軽に外国に旅に出る彼女の事や、
働いてお金をためてはオーストラリアで数年暮らして、
また戻ってきては働いて…を繰り返している彼女の弟さんを、
「なんだかすごいなぁ、お金あるなぁ」と思ってしまうのですが、
そんな私の家には、息子のものや中古であっても、
PCが4台あってそれと周辺機器やソフトウェア類を合計すれば、
海外旅行ぐらい簡単にいけるかもしれません。


また、外国に行く事にさほどの興味はなくても、
欲しい機器類はたくさんあるので(笑)、
「必ず自分のために使いなさい」と、
ポンと誰かに10万円をもらったら、
それで行ける国がある事など考えもせずに、
欲しいものを速攻買うかもしれないし、
何かの資格が取れる講座に通うかもしれません。
(たぶん宝石やアクセサリーは絶対に買わないような気がする^^)
(妹がこれを読んだら、床を叩いて受けるかも!「らしい」って)


そうね。海外旅行によく出かける人は、
お金持ちなのではなくて、「外国が好き!」なのよね、きっと。
だからもしお金がなくても、彼女は何とかして、
海外に出かけていくでしょう。
ああ、そうか。そういう事か。


最後に彼女がこんな風に言いました。


「アタシもね、コーチングのセミナーとかに出る前は、
やりたい事が何もなかったり、
夢を聞かれても浮かばないので即答できなかったりしたんだけど、
それって、自分にフタをして、
無意識に思わないようにしているという事なんだって。
だから自分が変わると、
欲しいものややりたいことがどんどん出てきて、
そのために頑張ろう!って本当に思えてくるよ?」


あぁ、それはそうかもしれないね。
取り合えず欲しいもの。
そうだ!自分専用の車が欲しいな。
インプレッサの新車が欲しい!
そうだ!インプレッサの新車!新車!
加速のいいやつ。
それでお気に入りのCDをガンガン掛けながら、
高速を一人で飛ばせたらいいわね~
キャー、いいわ~♪


そこで横の亭主がつぶやきました。
「あんたって、結局、やっぱり、そっちかい?」


わははは!でもこれっばかりは自分の趣味嗜好の問題ですもの。
仕方ないわよね♪
 

 
 

 
【自分の事、趣味の事、ネットの事に関する最新の10件】 
★英語嫌い、英語好きネット好きはマイノリティ感を抱える ココログのアクセス解析が変  君達もアタマ硬いよ^^;  パソコン買いました パソコンが壊れた は?読み逃げ禁止って何さ? 乳腺外来も本日で終了 jcode.pl とりあえずMovable Type   (もっと見る⇒

« なぜと言われても | トップページ | 支持的風土 »

私の辞書に「コスメ」はない?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/16840357

この記事へのトラックバック一覧です: 英語嫌い、英語好き:

« なぜと言われても | トップページ | 支持的風土 »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★