« 岡ひろみまであと三歩 | トップページ | 奢りのセキュリティ違反 »

2007.06.10

ドクターストップというリタイア

スポンサーリンク




実は南さん(20代前半女性/仮名)の欠勤が、
二日連続で続いたときに、
私は、「たぶんもう来ないかな…」と内心思っていた。

南さんは柔和で明るくて人当たりがよく、
天然ボケの爆笑トークが、
皆の心を和ませるムードメーカーでもあったのですが、
当初からASさんでは?と感じていたとおり、
いつまで経っても、仕事をするのに必要な各種のスキルが、
確実に身に付いているようには思えなかった。

研修の各段階でそれぞれの研修担当が何度教えても、
直らないところはなかなか直らず、
できないところは一見一時的にできるようになっても、
時間が経つとまたすぐに元どおりに戻ってしまい、
二ヶ月という時間を費やして習得してもらった研修内容が、
実際にそれを使う段になってもいい感じで記憶の中から、
適宜それらがタイムリーに引き出される事はあまりなかった。

受け答えもどこかとんちんかん。
他人に適切な働きかけをする事があまりできず、
私にガムをプレゼントしてくれたときは、
手に持ったガムを差し出してニコニコ笑うだけだったので、
周りの仲間達に「いったいどうしたいのよっ?」と、
いっせいに突っ込みを受けていたっけ。
質問も、「なるほど、そこがわからないのね?」と、
納得するようなものはあまり無く、
「エラーになりました」「表示が皆と違うんです」「できません」
そういったものが多かったように思う。

当初の私のNG判断には、
すぐに同意できなかった林田さんも、
自分の担当期間が終わる頃には、
「南さんはちょっと…」と口に出すようになっていた。

でもさ、見極めは通してしまったのだもの。
あとはやれるところまでやるしかないじゃない?
何があっても慌てずに落ち着いて、ソフトで綺麗な声で、
淡々と定型トークができるのが彼女のよさなので、
案外、意外なところで真価を発揮してくれるかもしれないよ?

そんな風に林田さんと言葉を交わしては見たものの、
一度自分でNG判断を出してしまった人に対しては、
育成のモチベーションが上がっていかず、
そのあたりも、後発部隊の3人を担当するに置いて、
妙に途方に暮れてしまった一因なのだと思う。

南さんの欠勤事由は体調不良か所用かのいずれかだけど、
「その日の朝になって"所用"というのは、
社会人としていかがなものなんでしょうねっ?」と、
班長のタチバナさん(30代前半女性/仮名)などは、
少々苛立ち、怒り半分で語気を荒げて語っていた。

そうね。所要なんてたぶんウソだ。
本当はやっぱり体調が優れないんだろうな。
出社すれば相変わらずニコニコと穏やかに笑っていて、
同僚達と世間話やジョークでふざけあったり、
心身の不調など微塵も感じさせずに楽しげだけど、
実際はやっぱり、相当無理してたんだなぁ…と思う。

    *    *    *    *    *    *

南さんが休んで三日目の朝に、
内海主任からメッセンジャーが飛んできた。

「南さんですが、昨夜今野主任に契約会社から電話が入り、
精神科で鬱病の診断をされたとの事。
医者からも仕事はやめたほうがいいと言われたとの事で、
たぶんこのまま退社になると思われます。
本件、ぷらたなすさんと三上さん(主任)にのみ送っています。
まだ未定なので絶対に口外しないように。
残念ですが、ぷらたなすさんの予想が当たってしまいましたね。」

え?予想?私何か予想したかな?

あぁ、男性の場合業務に不向きな人は、
そもそも立ち上がれない事が多い。
女性の場合、業務に向かない人は、
立ち上がることはできるけれど、
周囲の仲間達のブーイングの集中砲火を浴びて、
それ以上はもう守ってあげられなくなったり、
そこそこ仕事がこなせる人は、
逆に体調不良で出社できなくなったりする。

などと、経験則を前提に語った事かな。

私は医者ではないので、南さんが、
ASなどの発達障害かどうかはわからないし、
断定もできない。

けれどもしその傾向がある人ならば、
自分の素のままの本質と、
仕事場で人並みに普通に振舞う事との差分が、
段々乖離してきて無意識の大きなストレスとなり、
体がストライキを起こしちゃう事は、
やっぱりあるんだろうな…と思う。

金曜日。
「南さんが連絡もなしに今日も来ない!
契約会社に連絡してもらうよう、主任にお願いしてみる」!と、
タチバナさんが息巻いてやって来たので、
主任も黙っている事ができずに真相を打ち明けたと見えて、
彼女、私に、「鬱なんて本当なんだか、ウソなんだか。」
と吐き捨てるようにつぶやいてきた。

「タチバナさん、調子悪いのはたぶん本当だよ。
この件はここまでと思って、残りの2人の立ち上げに集中しようよ。」

「ぷらたなすさんは、なんでそうわかるんですか?
会ったんですか?実際に彼女からそう聞いたんですか?」

「いや、経験よ、経験。経験則。」

「どうしてそう言うんですか?なんか納得できませんけど?」

うるせぇなー、もう^^;、と思いながら、
私は「経験、経験」と誰にでもなくつぶやきながら、
タチバナさんを置き去りにでもするように、その場を立ち去った。

    *    *    *    *    *    *

ドクターストップがもし本当なら、
南さんはこのあと、当分就業できないだろうな…
彼女って自宅だっけ?それとも1人暮らしだったっけ?
あー、だったらやっぱりゴネてでも、
早期退社を勧めるべきだったのかな…

私には辛そうにも、無理をしているように見えなかったのだが、
自分の内なる声を自分で拾えない人達でもあるので、
彼女の今後を思うと少し心が痛む。

が、その反面、見極めとかNG判断とか、
意思確認とか契約会社との話し合いとか、
職場で余計な軋轢を生まずに、
彼女側の事情で退職が決まった事に、
運のよさをと安堵感を感じている自分がいる。

するとまたまた首をかしげる情報が入った。
うちのダメダメ今野主任が、慰留にかかっているというのだ。
話によると、「迎えに行ってでも連れ戻して欲しい」などと、
契約会社の担当者に告げたらしい。

おーい、主任。もういいからさー。
ドクターストップって言っているんだもの、
そっとしてあげましょうよ。
だいたい関係者一同が、
ひそかに胸をなでおろしているこのタイミングに、
もし万にひとつも彼女が復帰したら、
一体どーするんだよ。

「ま、それは今野主任の苦言のジョークって事で、
この際流しませんか?」
林田さんと私と内海主任との3人の打ち合わせの場で、
林田さんがそうまとめた。

「そういう事にしましょうか」と、
私と内海主任は顔を見合わせた。

南さんの退職の正式決定は、
今野主任と契約会社の明日の話し合い次第だと言うけれど、
南さんはこのまま、
少し休養したほうがいいんじゃないかな、と思う。

気がかりなスタッフさんの退職が濃厚になって、
明日からの研修に前よりも意欲が湧いてくるなんて、
人間てゲンキンなものだな、と思った。
 

 
 

 
【採用・事前研修・新人研修に関する最新の10件】
★ドクターストップというリタイア 岡ひろみまであと三歩「苦手な事」の棚卸し し ん が り ここでくじけないで。 見破られてしまう人(私嫌な奴) 「経験者」という職歴  資格がたくさんある人 押しの研修、引きの研修 怒った演技のできる人!  (もっと見る⇒

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 岡ひろみまであと三歩 | トップページ | 奢りのセキュリティ違反 »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/15389011

この記事へのトラックバック一覧です: ドクターストップというリタイア:

« 岡ひろみまであと三歩 | トップページ | 奢りのセキュリティ違反 »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ