« 彼女は岡ひろみになれるか | トップページ | 怒った演技のできる人 »

2007.04.15

ごるぁ~怒るで!警察官!

スポンサーリンク




【え!私が盗難事件の容疑者!!なによ、それって!】
思わぬ事情聴取事情聴取はもういいの?事情聴取はまだあるの? の続きです。

--
とっくに終わった話だと勝手に思っていたら、
また警察から電話がかかってきた。

この担当者の赤沢(50代男性/仮名)って人は、
とにかく謎な動きをする(笑)

約束の日付を間違える、留守電は要領を得ない、
折り返しの連絡を頼んでも一度だって来たことは無い。
だいたい3月10日事情を聞かれた件の調書作成が、
なんだって4月14日にまでなるんだい?
そもそも9月の盗難事件の参考人(私)が、
何で今頃「捜査線上に名前が挙がりました」なわけ?

私の都合が悪くなって3月24日の約束を延ばしたときから、
ずーーーーーっと、連絡が取れなくなって、
PHSに留守電有り→仕事で遅くなったので私が翌日折り返す→
→交番にはおらず、すでに帰宅後→交番の警察官が連絡を取って、
折り返しを約束→全く連絡来ず。
このパターンをお約束のように毎週繰り返していれば、
こっちだっていい加減怒りたくもなるよ。

帰るなら帰るでいいけど、
同僚に私から電話が来た時の対応をひとこと伝言しておくとかさ、
今日は夜勤なので連絡は何時でも構わないと録音に入れるとかさ、
なんぼなんでも、やり方ってもんがあるだろ?
こんな事をダラダラやっていたら、
届出を出した被害者の人は本当に可哀想だよ。

    *    *    *    *    *    *

さて、今までの話を要約するとこういう事だ。

・まず私はある盗難事件の容疑者となっている。

・発生は昨年の9月某日。ある女性がお金か財布かバッグを、
 盗まれるでもしたのだろう。

・だが、それは自分では全く身に覚えの無いものだ。

・被害者と犯人は銀行のATMが接点らしく、
 私は被害者と犯人が隣り合って機械を操作する後方上部からの
 写真を数枚見せられ、この左側の女性が被害者、
 右側の女性が犯人と教えられる。
 (当然それは私ではない)

・ここで犯人の女性が立ち去る時に手に持っているのが、
 被害者女性のバッグそのものなのかもしれないし、
 あるいはこの後、被害者は後を付けられて、
 犯人からスリや引ったくりに合い、
 「犯人は、あの時、隣でATM操作していた、
 蝶柄のセーターのこの女です!」
 と、なったのかもしれない。

・この時間帯の当該ATM機での操作を調べたところ、
 この犯人の女性が行っていた操作は金融会社への振込で、
 振込人がうちの亭主の名前となっている。★注:実はここが変!!

・よって犯人は女性とわかっている事から、
 その振込人「秋平一夫(仮名)」の妻「りょう子(仮名)」が、
 犯人として疑われる。
 これは、夫に頼まれて夫名義の振込をしていた妻の仕業なのだ!

…と、いった経緯らしい。

この話には続きがある(笑)。

・その振込は、何のこと無い、うちの亭主がそのATMから
 実際に自分がやったものである。

・よってうちの亭主は警察にそれを告げ、
 「あの振込はオレが自分でやったものだから、
 家内とは関係がないし犯人が行った操作でもない。」
 と言った。(そのとーりだ!)

・ところが警察(赤沢って人)は、
 その話をまともに取り合おうとせず、
 「自分が話を聞きたいのは奥さんのほうだから」と、
 あんたは関係ない的なシャットアウトで関心が無い模様。

けれど、この話はどう考えてみてもおかしい^^。

令状を取るなどして銀行に出力させたのだろうと思われる、
「秋平一夫(亭主)」から金融会社への6000円の振込の打ち出し。

それは本人が、間違いなく自分がそのATMでやったものだと
何度も言っているのに、赤沢警察官は、
なぜかそれがなかなか理解できないようなのである。

そして今でも、その振込の実行者が犯人の女性、と、
なぜか強力に思い込んでいるフシがある。
だから何を話しても、話がかみ合わない。

振込人(またはその関係者)が犯人だ!という根拠で、
ずっと今まで捜査してきていたのなら、
これは、前提が根底から覆る大問題ですぜ?親分?

いくらお上品な私でも、「馬鹿じゃねーの?」と、
思いますことよオホホ。

私が思うに、たぶんATMシステムの時計と、
ビデオの時計が合っていなかったとか、
何かの原因はあるはずだと思うんだよね。
そういった間違った情報が出てくるのは。

いやでも、よくよく後で考えてみたら、
ATM操作なんて、引出しぐらいなら1人20秒ぐらいで終わる。
という事は、"分"があっているだけじゃダメで、
何分何秒まで完全に同期していないと何の証拠にもならないね。
でも本当にそこまでの連動はしているものなんだろうか?

そして、そんな事を考えながらその一方で
冤罪というのはこうやって起こっていくものか…と思い知り、
あっけなく発生するものなんだな、と、馬鹿馬鹿しく感じた。

が、その後私は、何をとっても手際が悪く、
ピントがずれている感じのするこの赤沢って警察官は、
うちのダメダメ今野主任と同じ人種で、
きっと交番の困ったさんとして、
皆のため息の根源になっているに違いないと、勝手に確信した。
いや、絶対にそうに違いない。

    *    *    *    *    *    *

金曜日、遅い帰宅時にロッカールームでPHSを取り出してみると、
20:37に交番から着信が入っていた。赤沢さんだな?
(ちなみにうちの職場はオフィスへの携帯・PHSは持ち込み禁止)

あたしゃー、もう騙されないよ(笑)?
彼はひとこともわかりやすく説明してくれないが、
たぶん彼は今日夜勤なんだ。だから今(21:30)から帰宅した私が、
22:30に電話したって彼は交番にいるはずだし、
迷惑でもなんでもないはずだ。
できればそこまでメッセージに入れて欲しいものだが、
彼の伝言は相変わらず、「折り返し、ご連絡ください。ガチャ!!」
んっとにもうっっ!と、舌打ちしたくもなるよねぇ。

翌日の土曜日(そう昨日ね)。
私は、「またあのお馬鹿な赤沢さんの顔を見に行きたい」という
亭主と連れ立って、再び街中のH交番に赴いた。

なんと!今回は、証拠があるんだ!(笑)
実は亭主が例の振込のときに、振込券を作ったのを思い出して、
探し出してそれを持ってきたのさ。

誤解の無いよう言っておくが、
私はもう犯人だとは思われていないように思う。
見せられた写真とは見た目が全然違うし、
前回出会い頭に赤沢さんが「あら…違うかも」と思った様子は、
多少なりとも見て取れた。

だが、私達はアイツの強力な思い込みを、
なんとか崩してやりたいんだよっ!(笑)

ところが交番に入ると、うちの人は即座にシャットアウト、
私だけ隠されでもするように、
素早く地下室(取調室)に誘導されてしまったので、
亭主と打ち合わせるひまも無い。(ま、これは当然なので許す)

そこで私が赤沢さんと向き合って座っていると、
カンカンカンカンと鉄の階段を下りてくる足音がして、
別な男性警察官が、
「赤沢さん、ご主人が証拠があるって言ってますけど?」
「証拠?」
そして赤沢さんは階上へ、男性警察官は赤沢さんと入れ替わる。
そして彼は、腕を後ろに組んで私の横に立っている。

け。容疑者だから絶対一人にしないで見張っているわけね。
事情は理解するが、決して気分のいいものではない。

すると突然、上のほうから、亭主と赤沢さんの叫びあう声!!
なんだ?なんだ?上で一体何が起こっているんだ?
うちの亭主も突き詰めて言えば、今野⇔赤沢と同類の人だ。
あの二人を向き合わせて、いい事なんてあるわけない(-_-;)…

怒鳴り声は段々テンションを増して来て、
赤沢さんのほうが、「謝れ!オレに謝れ!!」と、
大声で張り叫んでいる。
たぶん相当真っ赤な顔をしているに違いない。
あーあー、うちの亭主、何か暴言でも吐いたんだろうか。。。
横に立っている男性警察官も、
心配そうな顔で上を見上げているので、私は彼に、
「なんで一体こういう事になるんでしょうね…」と、話し掛けた。

彼は、「さぁ…自分は担当外ですから。」と言った。
ま、警察なんてこんなもんださね
ところが彼は急に私に尋ねて来た。
「それで、やっぱり事実はあったわけですか?」
「事実?」
「…(いいにくそうに口ごもる)」
「あ、私が何か盗んだかどうかって事ですか?
とんでもない!全く身に覚えなんてありません!
だから、一体なんでこういう話になるのか、
こっちが聞きたいぐらいです!
だから、主人もああやって怒っているんだと思います。」

男性警察官は、ちょっと首をひねった後、
突然何かを決心したように階段を駆け上っていった。
そして今度は、代わりにまた別の若い男性警官がやって来て、
部屋の隅にある椅子に足を組んで座った。

私は、彼のおなかがあまりにグーグー鳴るので、
ちょっとジョークでも言ってからかおうと思ったが、
印象が悪くなるのは不利なので、その考えはすぐに打ち消した。

    *    *    *    *    *    *

後で亭主に聞いた話によると、
亭主の言い分があまりに通じないので、頭に来た亭主が、
「最近は、警察官も消防士も強盗や盗みをするし、
お宅らは、まったく信用がならない!」と嫌味を言ったらしい。

すると赤沢氏は、それが自分の事を言われたと思ったらしく、
急に切れて怒り出したというのだ。

け、やってらんないね。あんたら、二人ともお互い様じゃんか。
その昔、キレてストーブを蹴飛ばし壊してしまったのあんただろ?
投げた髭剃りで窓ガラスを割ったのあんただろ?
ホラホラ、君たち、同類のケンカはおやめなさい♪
いい子にしてなきゃダメですよ♪??

やがて、赤沢警察官は、
「いやー、びっくりしたでしょ?どーーーーーも、すみませんね。」
と、慇懃無礼というか、やたら間延びした言い方で私に詫びた。
そして経緯と釈明を始めたのだが、これがあまりにくどくど長いので、
私は思わず、「それはいいので、本題に入りませんか?」

で、(たぶん供述調書を作っているんだと思うんだけど)
質問も聞き取りも相変わらず要領を得ない。
しかも、先ほどの件で同僚達に「あれはまずい」と、
相当釘でも刺されたのか、やけに低姿勢。
しかも、またすぐその話に戻る。
もう、わかったから。それはいいからさ~(-_-;)…

すると、またノックがあって、
「こちらのご主人が証拠品は持ち帰っていいのか、
尋ねておられますが?」

「何あのカードか?そんなのこっちの知ったこっちゃないべ。
持ってようが、捨てようが、それはお宅さんの好きにすればいい
と、言ってやって。」

は?何?この言い方!!
それに、あの振込券ってそんなにどうでもいいものなの?
男性警察官も、なんとなく躊躇している。

「コピーは取ったんだべ?」
「はい、一応。」
「んで、問題ないべ。ようがす、ようがす。
引き取ってもらってえがす。(ようがす=えがす=それでいい)」

そしてこちらを向き直して、
「旦那さんのカードは旦那さんが好きに使えばいいので、
こっちではそれを預かりませんよ?
うちらで預かってって言われても、
ほいづ(そいつ)は困るのっしゃ。(困るのだ)」

私はピン!と来た。この人、振込券がなんだか知らないね(笑)?

「赤沢さんて、さっきうちの人が持っていたような
カードを使ったことがありますか?」

「いやー(とんでもないと首を振って)、私はなんでも現金払いです。
あいな(あのような)カードなんて、
生まれてひとかたも使ったことはありません。
ご主人がおっしゃるような、強盗や盗みなんて…
私は警察に務めて37年間(じゃ、55歳か?)、人様に後ろ指を、
指されるようなことは一切したことがありません。私は…」

あー、もういいよ、その話はわかったから、わかったから。
でも、内心、ぶははは、と苦笑したくなる。
この人、振込券を知らねーんだなっ!!(笑)

「それじゃ、これはなんだかわかりますか?」

私は自分の財布から、月極め駐車場の払込用振込券と、
化粧品を頼んでいる知人への送金に使っている振込券を出し、
机の上に乗せて、すっと赤沢さんの前にすべらせた。

「さぁ…見たことがありませんねぇ。。。」

がはは!これだよ。それじゃ話も通じるわけが無い!
私はこれの使い方を説明するともに、
振り込み操作をすると、機械が最後に必ず
「発行しますか?」と尋ねてきて、
そこで「はい」を押すと最後にこの厚紙が出てくるのだ、と、
教えてあげた。
だから、これをうちの亭主が持っているという事は、
彼があの振込をした重要な証拠ではないかと思っているのだ、
と、告げた。

赤沢さんがどの程度、それを理解したかは不明である。
だが、この後の聞き取りは、なんとなくかみ合ってきたので、
たぶんある程度はわかったのだろう。

    *    *    *    *    *    *

さて、本件に関しては、残念ながら私にはアリバイがない。
一体その時期に、自分は何をしていたのだろうと思い、
職場でメールを検索してみたら、
なんとその当日、私は有給を取っているのだ!まずい!
でも、虚偽の申告はよろしくないので、私はそれを、
正直に告げたよ?だってそんなの、本気で調べたら、
すぐにわかる事だし。

だが、送信済みメールには「私用の為」と書いているだけで、
当日の記録は自宅にも職場にもメールの履歴は一切無し。
Yahooカレンダーを確認しても、その日だけ空白で、
私がこの日、一体何のために休み、朝から何をしたのか、
記憶にも記録にも全く無い。

なので、「これは長引くかなぁ…」と観念したら、
なんと、「これでもう終わり」でいいんだって。
え?私に当日のアリバイが無いのに、本当にいいの?
おかしくない?それって?

でも、いいんだって。
「お宅さんは一目見たときから、これは違うなぁ…と直感したし、
この写真にある服もバッグも何も持っていないっていうし、
これは、そういう事であったと、私から刑事課のほうに、
報告しておきますから。ただ、休んでいたかどうかだけ、
週明けに連絡ください。」 だ、そうです。

あらら、この人、同僚達にかなり諭されでもしたのか、
今度は一般市民から(私達)からの苦情で、
これがヤバイ話になるのを恐れ始めたのね。
なんか、手のひらを返したように逃げ腰だ(笑)。
まー、発想がうちの今野主任にそっくりだなっ(爆)!

一度捜査線上に挙がった人を、アリバイが無くても解放?するのは、
それってまずい事なんじゃないの?と、思いはしたが、
私はこれで終わりなら、大歓迎である。
なので、何も言わずにさっさと帰宅してきた。
とりあえず、帰りの車の中では、「あの警察官馬鹿だよなー」と、
亭主は一人で大笑いだったが、私から見ればそれは、
「目くそ、鼻くそを笑う」である。

    *    *    *    *    *    *

さて、話は少し戻って、当日私が有給申請をしていた、
という話を赤沢さんに告げていた時のことである。

「そうすると会社の勤務簿が有給になっていたんですね?」
と、聞くので、
「いえ、有給申請を出していたんです」と、回答。

「その用紙が出てきたんですね?」

「いえ、メールです。昨年のメールを検索していたら、
有給を申請している自分のメールが、
送信箱に残っていたので、それで、
当日休んでいる事がわかりました。」

たぶん、彼は、何のことやら、
さっぱりわからずに聞いているのだろうな。
この人が、PCを好んで操作するとは思えない。
たぶん、メールなどはやった事など無いだろう。
だって、もう心が全然聞いていない風だもん(笑)。
(うへへ、それをわかってわざとそう言った私もイジワルだな^^)

そして私は思ったよ。
こういう頑固で融通の利かない、
しかも今時のATM操作やメールなどを全く知らない人が、
様々な事件を捜査する危険性を。
だってこれじゃ、何をどう説明しても、
全然話が通じないじゃないか!

この調子では、ATMシステムの時計と、
ビデオの時計がずれていたのではないか?
と聞いてみた私の質問内容もよくわかっていないかもしれないし、
当日のビデオが残っていればウチの人が写っているはず、
という私達の進言も、
「そういったところも含めて今全部調べてもらってます」と、言うけど、
きちんと銀行に正しい主旨で的確な依頼を出しているかどうかさえ、
どうも疑問である。
だって、そのために連絡が遅くなったなんて、
どう考えても辻褄合わないでしょ(爆)?変よね、この人(笑)。

そしてたった今気が付いたのだが、
この人の話が最初から変だったのは、
この人が、ATMで振り込むという作業自体を、
実際にどんなものか、全く知らないのではないか?
そんな疑念を、いや、確信を強く持った。
だって、こだわるところが完全におかしいんだもの!

とりあえず、どんなに年配の人であっても、
曲がりなりにも捜査に携わる人は、せめてもう少し、
今の時代のいろいろなやり方をわかって欲しいものだと、
心から痛感したし、少しは勉強しろ!と言いたくなった。
つか、よくこんな人に事件を任せるよなぁ…
あ、そか。こんな人に任せているんだから、
逆にたいした事件じゃないって事か!了解!ALL納得!!!!!!!

そして同時に、私は全く別な事を思った。
それは警察官に冤罪とか誤認逮捕とか、
妙な不祥事が多いのは、
警察官という職業が、こういった頑固で融通の利かない人が、
目指したくなる仕事のせいなんではないか?という事。

もしかしたら、職業というのは、
それを目指す人のタイプはなんとなく決まっていて、
赤沢さんのような人がなりたがる仕事が、
「警察官」なのかもしれない。
もしかしたら、本当に警察官として望ましいキャラクターの人は、
案外、警察官になるなんてハナから思わずに、
さっさと別な仕事に付いてしまっているのかもしれない。

それだと、弁護士にはろくなヤツがいないと感じている、
自分の過去の経験も納得がいく。
弁護士!あれもねぇ、全然大した事ないですよ。
私は、弁護士だけは、職業として尊敬するのはやめたんだ。

ま、変わった人に出会うと、
ついつい自論で結論付けてしまうのが私の悪い癖でもあり、
とりあえず警察官には、もっと勉強してくれ!と、
強く言いたい私であった。

そして、こんな経験、誰もができるもんじゃないので、
ブログに書くには絶好のネタだ!!と、
弾む足取りで帰宅したのは言うまでも無い(爆)!!
 

 
■日々の生活あれこれに関する最新の10件
ごるぁ~怒るで!警察官! 事情聴取はまだあるの? 事情聴取はもういいの? 思わぬ事情聴取 学校の住所変更と個人情報 インフルエンザ(じゃない)判定 私が今日も陸運局に行く理由(ワケ) 廃車 Wanted! 居心地のいい他人 人付き合いの境界線と意識

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 彼女は岡ひろみになれるか | トップページ | 怒った演技のできる人 »

季節の中で、暮らしの中で」カテゴリの記事

コメント

ATMの操作を知らん人がATMの詐欺の捜査をしちゃいかんぞ、と、ふと駄洒落が出てきました^^;)

うまいっ!!座布団一枚っ!!(笑)

というか、自分でも相互のの誤変換に気が付かず、読み直して随分直しましたよ(爆)!!あははは~!

この警官さんはホント、この任務には不向きですね。
改めて考えてみると警官のお仕事は、力技で悪者を取り押さえるものから
こういった理論的な取調べのものまで幅広いですね。
そのすべてに適正があることは難しいんでしょうねぇ。

ある団体や職業に何かの同じ傾向をもった人が
集まるというのは、私もよく感じます。
ネットができる!っていう集団も偏りがありますよね(笑

>ある団体や職業に何かの同じ傾向をもった人が
>集まるというのは、私もよく感じます。

そうそう!趣味を同じくする同好の士というなら、なんとなく納得がいくんですが、私も最近は、職業なんかもそうかも!と思うんですよね!以前は、組織が人を変えてしまうのかな?と思っていたんですが、なんか、もっと、根本的なものかもしれない。だって、この赤沢さんって方が、組織の体質や職業柄でこういう風になったなんて、とても思えないんだもの。この人は、最初からたぶんこうなんですよ。なんちゃって~(笑) (たぶん両方の相乗効果で、ときには悪循環?なのかもしれないけど^^ ) この話を同僚にしたら、「あー、警官にいい人なんていないから♪」なんて、あっさり(笑)。これじゃ、いい仕事している警察官は浮かばれませんよね。

>ネットができる!っていう集団も偏りがありますよね(笑

がはははは!これは痛いっ!!!

私もうちの亭主も、最初は、こわごわ&おっかなびっくり…って感じだったんですけど、段々「こいつは恐れるに足りず!」みたいに受け取り方が変わってきちゃいました~^^

こんにちは~。
お初にコメント入れさせていただきます。

これねー、お役所って(警察含む)多いと思いますよ。
マニュアルとか、法律にのっとってやる仕事だから、四角四面な君にあってるよ!って先生とか、就職指導の時、言ってるんじゃないですか?
先生も、どっかにみんな就職させてあげようって必死だし。(笑)
っていうか、お役所ってアスペ文化で出来てるって感じがするのは私だけ?
読みにくい書類とか・・・効率悪いシステムとか、前例重視で変化を嫌う、とか。
役所でなんか、トラブッたらASに対する対処法が効きませんか~~?(爆)

わーお!だんごさん!こちらでははじめまして!
やりましたね(笑)!!

>お役所ってアスペ文化で出来てるって感じがするのは私だけ?

コメントはあまり皆さんが読んでいない事を期待して書きますが……  非常に同感です!

たぶんサービスの精神(他人の快適と幸せに自分がどう貢献できるか?)に興味が薄く、あまり変化を好まないキャラクターを生まれ持つ人が所属しやすい集団なんでしょうね。組織の体質もあると思いますが、個々のご担当と接してみると、そればっかりじゃないような気もしますよね!実はいい人もたくさんいらっしゃるし。

>役所でなんか、トラブッたらASに対する対処法が効きませんか~~?

これも人によると思うんですが、自分の感覚よりも数段ストレートな言い方をしたほうがいい場合もありますよね!それは、個人的に気に染まないところなんですが、私はこちらの言い分をわかっていただくために、狙ってやるときもありますよ(笑)。あ!思い出した!たぶん、これもそう!(笑)


「延々としゃべるな、先生」
http://platanus.cocolog-nifty.com/monologue/2005/07/post_3927.html
※ちなみにこの日記は、ASさんを知る前なので、
今ならもっと違う内容になったかも^^…


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/14687168

この記事へのトラックバック一覧です: ごるぁ~怒るで!警察官!:

« 彼女は岡ひろみになれるか | トップページ | 怒った演技のできる人 »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ