☆女の子に大人気!春のカジュアルコーディネート♪


   

« 可もなく不可もない幸せ | トップページ | パソコンが壊れた »

2007.04.24

鬼門に迷い込ませるな!

----------------------------
【ふた組目の新人さんを見ながら考えた事いろいろ】
★鬼門に迷い込ませるな!押しの研修、引きの研修資格がたくさんある人
----------------------------


月曜日。新しい新人さんがやってきた。
今回は3名。


入門用機器を扱うC班にうちの会社から
怒った演技のできる人」、「「人」さえいればね。」の、
大木君(20代後半男性スタッフ/仮名)。


プロや業界の人を対象にした高級機種を扱うA班に、
サトースタッフ(仮名)から30代後半男性が1名、
アソシエイテッド(仮名)から20代後半女性が1名の計2名。


その中に一人、不向きと見て取れる人が含まれていた。
それは全体朝礼での入社の挨拶ですぐわかった。


なぜそれだけで人をそう決め付けるのか?
あまりに断定的な短絡思考ではないか?


ご縁があってこの日記をお読みの方の大半は、
そういった嫌な気分になるだろう。


わかってるよ、そんなの。
でも、ハズしたくてもハズれないんだ。
間違いたくても間違えないんだ。


初日に「?」と感じた自分の予感が、
実際とは大きく異なっていて、
赤面しながら「違ったね?」なんて言い訳しながらも、
結果がよければそれでいいんだ、と自分に言い聞かせて、
胸をなでおろす事がここ最近はない。


そして自分にできる事を精一杯応援歌にしても、
その紙を私は、自分の手で今ここで
また燃やしてしまわなくてはならなくなる。


だったら最初から書くな、って感じだな。


うんそう。今日はこれ以上は書かないよ。


今は自分のどこを押してみても、
新鮮な発見や、何かの大きなヒントや、
新しい気付きは生まれて来ないだろう。


とりあえず出すのもは全部出して、
書きたいことは全部書いた気がする。


    *    *    *    *    *    *


それにしても、みんなもう、
幻想から目を覚まそうよ。


少々テクニカル系の要素が入る仕事だからと言って、
知識のある人、見るからに詳しそうな人、
関連資格をたくさん持っている人などは
要らないんだよ。


私はそこに、業務の何たるかをあまり理解できず、
こんな感じの人ならたぶん向くのだろう、と言った、
契約会社の思い込みと、
人の雰囲気や印象の捉え方が間違って先行してしまっている、
曖昧で大雑把な人選の不確かさを見る。


企業も安易に、「スキルの高い人が欲しい」なんて言うな。
企業の望むようなスキルを自分自身は持っていない、
各社の採用担当者が不慣れだった場合、
「スキルが高いってこういう感じでしょ?」
と、挙げて来るスタッフに、
いい人材がいた試しがないように思う。


こっちは、男性なら、
「駐車違反で捕まった。今日警察に寄るので
すいません、遅刻してきます。」(by芦田班長)
と、頭かいて電話してくる、
アンチャンでいいのよ(笑)、もう。


女性なら、
「ぷらさーん、どうしよう、どうしよう、
アタシ今日、台所の煮物のガスの火、
止めてきたかどうか、どうしても自信がない、
覚えてない、記憶にもうぜんっぜん、ない!
すいません、ちょっと戻って確かめてきていいですか^^;?」
(by chemmyちゃん「半年後の自分を信じてGO!」以来のご登場!)
(彼女は非常に客あしらいのうまい、有能なスタッフに成長しました)
(今ではもうなくてはならないうちの「顔」です。あれから二年か…)
※担当制ではないのにファン状態のお客様から指名が来る!


…とバタバタとそそっかしくも、お客様にはいつもニコニコの、
気持ちのいい女の子でありさえすればいいんです。


技術スキルが高くても不向きな人は、
お客様対応での欠点が改善していく事はまずありませんが、
その逆はよくあることで、初心者で入ってきて、
今は大変優秀な技術スタッフになっている人が、
職場にはたくさんいます。それでいいように思う。


だから鬼門に迷い込むな、とご本人に言うよりは、
鬼門に迷い込ませるな、と契約会社のほうに、
言いたかったりする。


もちろんそれは、たくさんの失敗を繰り返して、
自分もようやく悟った事でもある。
同時にそれは企業の要望になるべく応えとようとして選択した、
契約会社側の必死な思考の結果でもあるので、
そんなときに私は、現場の感覚と、
双方の担当者同士の意識のずれを感じる。


でも…こういう事ってなかなか仕事の安定しない人や
その親御さんや配偶者の方から見れば、
ものすごくその切な願いを打ち砕くような事を、
書いている事になるんだろうな…


私も、仕事的にやっと落ち着いた亭主と、
20代の二人の息子を持つ身なので、
「何でもいいからとにかく入れ!
そして運がよければ続けてくれ!」と、
そんなときは再びそう思うだろう。


    *    *    *    *    *    *


さてこのたび向かないと思われる新人さんを送り込んで来たのは、
企業さんとはうちよりもお付き合いの長い、
実績のある契約会社である。
ずっと以前から他の課にはスタッフをたくさん入れている。


だが、うちの部門に人を入れるのは、やはり初めてだ。


だいだい小学生から学校でパソコンを習うような昨今、
今時そんなにPCに親和性の無い人なんていないよね。
だからこちら側から見れば、さほどビビる必要なんて無いのだ^^
現場に育成力もある。


なのに、職種は基本的に変わらないのに、
「特定分野に高スキルの人材」という説明を受けただけで、
いつものサトースタッフさんとは全く違うキャラクターの人を、
挙げて来るなんて、らしくない。
というか、やっぱり見えずに迷ってしまうのだろうか?、なんて思う。
それとも、人の居ない崖っぷちで、
入れたもん勝ちの確信犯的な選択なのだろうか…
(あの営業さんは、そういった発想はあまりしない人に思えるけど)


だけどさ、だからと言ってネット環境が無い人ってのは、
無いんじゃないかい(笑)??


うちが一番欲しいのは、スキルなんて別になくてもいいから、
「PCをスタンドアローンで使うなんて、信じられなぁい!」
と、思う人だよーん♪♪♪
ガスや水道は止められてもいいけど(笑)、
ネットだけはライフライン!!!
だから繋がらないと超困る!
そんな巷の兄ちゃん、姉ちゃんをよこしてくださいよー。


あ、これはうちの細川さんにも言える話だからね。
いい人出して、やっぱりこの辺で「餅は餅屋」と言われたい。
なので、今回の大木君を見て、「良さそうな新人さんだね」と、
何人かの人に言ってもらったのが少しうれしい。


とりえず、この人を、私は明日からどう指導していくべきなのか…
それとも指導が必要ないケースになってしまうのか?


段々色々な事に麻痺して、
何事にも慣れっこになってしまっている自分がいる。
知らない人が耳にしたら、「一体なんだろう?」と思うような事が、
内輪で何度も話し合われているような現場があったりする。

« 可もなく不可もない幸せ | トップページ | パソコンが壊れた »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/14827183

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼門に迷い込ませるな!:

« 可もなく不可もない幸せ | トップページ | パソコンが壊れた »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★