スポンサーリンク




« 母と夫のゴミの分別2 | トップページ | 私が今日も陸運局に行く理由(ワケ) »

2007.02.21

廃車 Wanted!

Haisha1 Haisha2

4年間乗った車を廃車にした。
すごく好きな車だったけど、
今までのような感慨や寂しさはない、かな。
いただきものの古い車でしたが、
こんなに長く乗るとは思わなかった。

本当に気に入っていたので、
乗れるならまだまだ乗ろうと思っていましたが、
アクセルを踏んでも加速せずに、
40キロ以上速度が出ないときがあって、
(何度か頑張って踏むと直るのですが)
そのうちやがて、車線変更とかユーターンとか、
ここぞ!というタイミングでも、
スピードが出なくなったら危険だなぁ…
と、感じ初めて、ついに廃車を決意しました。

だって、ディーラーさんに持って行ったら、
「3日間預かって分解して、一箇所一箇所綿密に調べて、
それで原因がわかればいいんですが…」って…
要するにもう寿命と思えって事かな。
もしそこでわかっても、
何かの全交換なら相当かかるかも…とも言われましたしね。

私はすでに心の準備ができていたので、
どっかで止まっちゃっても「しゃあない」とあきらめて、
どのように対処しようかを念頭に置いて乗っていましたが、
息子達も乗るようになると、やはり親としては子供達に、
不調とわかっている車を運転させたくないものね。

うん。ダメだ、やっぱり!と、ある日突如決意しました。

    *    *    *    *    *    *

この車は、2003年の2月、7人まとめての研修で、
飛びぬけて進捗の悪いスタッフさんを補習するために、
(当時からそんな事ばっかりだよ^^)
土曜日に休日出勤してマンツーマンで教えていたら、
非難ばかりしている人」のマサユキさん(当時30代後半)が、
「えー車は要りませんか~くるま~車は要らんかね~?」
と、芝居がかった調子で研修室に入って来たんだよね。
※うちの職場は定休日なしの交代制なので、
  新人以外のスタッフ達は土日も仕事をしています。

亭主と自分の出勤の都合上、
二台目の車が喉から手が出るほど欲しかった私は、
「はい!はい!はい!車欲しい!なにそれ?どんな話?」
と、飛びついた。
「マサユキさん、車買い換えるの?」
「いや、俺じゃないよ。一課の勉君(当時30代後半)」
「車種何?いくら?」

そして私は一課・他社スタッフの勉君から、
亡くなって間もないお父さんが乗っていた車で、
まだまだ乗れるからスクラップにはしたくないという、
インプレッサをタダで譲り受けたのだった。
(名義変更等やお礼で少しはかかりましたけどね。)

私は運転が好きだけど車には詳しくない。
でも、いやー、インプレッサはいい車だったなぁ。
運転していてとても快適だった。
以前から形が好きで、
見かけるたびに気になってはいたんだよね。
だからその時、譲りたい車がインプレッサと聞いて、
もう飛び上がりましたよ!
もらったときは新車かと思うぐらいピカピカだったし、
勉君のお父さんはきっと、
すごく大事に乗っていたんだと思います。

でも、(当時は)査定に出しても値がつかず、
むしろ処理料金が有料。
「もらってくれる人がいるならぜひ!」と、
いろんな人に声をかけていたらしい。

半年車検が残っているのでそれまで乗ってくれれば…
と勉君には言われたけど、実際は家族も全員とても気に入って、
いろいろな部品を交換しながら二度車検を通して、
先週まで乗りました。

例え廃車予定の古い車だったとしても、
前の持ち主がわかっているというのは、
すごく安心感があっていいものですね。
勉君自身も落ち着いたいい人だし、
引き取りに伺ったご家庭もきちんとしたおうちだったし、
ここのお父様(自営業)がワンユーザーで乗っていたなら、
それほど痛んではいないはず、と思いました。
実際そうだったしね。

でもいざとなると、譲るほうは何かと心配みたいだね(笑)。
「大丈夫!走ればいいから。何かあっても怒ったりしないから。」
と安心してもらって、そうかあれからきっかり4年か…

    *    *    *    *    *    *

さて、これに味を占めたぷらたなす(笑)。
人様が廃車にするつもりだった車でも、
お金のない我家にとっては宝物です。

車をGETするにはこういう方法もあるんだとわかり、
次の車も母の知人の廃車予定だったキャロル(軽)。

いやいやこれも3万キロしか走っていないのに、
すっかり時代遅れの車種で、
色もショッキングピンクなのがNGで、
買い替えのときにタダ同然の値段を提示されたそうです。
「それなら思い出のある車だし、欲しい人がいるなら…」と、
こちらに譲っていただきました。
(ちなみに前述のインプレッサは当時12万キロ)

もったいないですよね(笑)。
「とりあえず近場を走れれば何でもいい」我家は、
どんな車でも、まともなものなら喜んでいただきますよ~!

そしてこのピンクのキャロルは、
短い間に二回も大きな傷をつけてしまい、
「インプレッサは今後二度と乗せない!」と、
私に激怒された亭主の愛車になりました。
もちろん今もです。

奥さんが1800で、亭主がピンクの軽なんて、
人目には変に写ると思いますが、
うちはそれでいいんです!!
そうじゃないとダメなんですっ(笑)!

    *    *    *    *    *    *

そしてい再び私の車の番。
勉君のインプレッサもガタが来始め、
私は、廃車探しに着手(笑)。

でも、本当にこれってタイミングよね。
尋ねてみると、「マジで?昨日廃車にしたばかりだよ!」
とか(Q君/これも亡くなったお父様のチェイサー)、
「あー、もう一週間早ければ…」とか(保さん/車種忘れた^^;)
惜しい話ばかりなんだよね。

が、運命の神はついに私に微笑んだ!

今年の新年会の時に、
「誰か、車、廃車にする人いませんかねぇ?」と、
内海主任に尋ねたら、え?知らないの?言わんばかりに
「香川さん~!!」(正社員/30代後半/男性)

話はとんとん拍子に進み、
(今度はデミオです。タダとはいかず5万円で商談成立!)
(平成10年式。走行12万キロ)
そして先週の受け渡し、本日のインプレッサ廃車引取りと
相成った次第です。

香川さん、たぶんね、本気で廃車寸前だったと思う。
だって、印鑑証明とか住民票とか車検証のコピーとか、
お願いしたら翌日すぐに渡されたもん。
必要な書類もよくわかっていて、
まさにギリギリセーフだったかも!

    *    *    *    *    *    *

でも、この作戦?も今後は難しいかもしれませんね。
なぜなら今は、中古部品のリサイクルが進んでいるため、
廃車も価値ある商品で、しかるべき業者に頼むと、
どんなに古くて傷だらけでも(例え事故車・破損車でも)
よほどのものじゃない限り、
無料で引き取ってくれるみたいだし、
値段がつく場合もあります。

だってうちのインプレッサ、
今や運転の下手な亭主がつけた傷やへこみが一杯。
それに加えて、少し前に長男が、
左前方のライト付近を家の前の支柱にぶつけて、
ガッチャリ潰しちゃいましたが、
それでも「廃車ドットコム」では、
2万円の値段をつけて買い取ってくれました。

(※ネットからの見積もりを5社に依頼)
(他の業者は「無料引き取り可能です!」でした。)

お願いしてみたら対応も親身で早いし、
メールでやりとりができるし、
こういうのをみんながもっと知ったら、
他人にタダで(または安く)譲ろうなんて、
思わなくなるんじゃないかと思って^^。

私達は、探しても譲ってくれる人が見つからなければ、
郊外のバイパス沿いの敷地なんかにぶん投げてある、
7万とか8万とかのボロ軽自動車を買おうかと思っていたので、
デミオなんて、最高に素晴らしいですよ!

それを聞いた保さん(正社員/40代前半/男性)が、
「いやー、女房とさ、
ああいうのって誰が買うんだろうね?って言ってたんだよ。
そうか~、やっぱり買おうと思う人もいるんだ~?」
と、馬鹿にされましたが気にしません(笑)!

ところで、廃車下取りした車は、
売れるものなら中古車市場へ、そして一部は海外へ。
そうでないものは何から何まで、
人手をかけて丁寧に完全に分解されて、
使えるものは全部再利用するんだって。
なので本当にスクラップ処理されるのは、
最後に残ったボディだけだそうです。
知らんかった~。だから傷があっても構わないのね。
(廃車引き取り事業者のホームページによる)

    *    *    *    *    *    *

さて、今度はデミオ。
職場近くで受け渡しされて、その日に乗って帰ってきたら、
息子達が「乗りたい、乗りたい。」と一時間ずつ乗り回し、
なんと長男のほうが早速またまた傷をつけちゃいました。。。orz

うちの車庫、すごく狭くて入れにくいのですが、
その割に次男は免許取立てのときに一度擦っただけで、
あとは上手にバックで入れてきます。
(私も車庫入れでこすった事はありません)

あーあ、どうせまた、
亭主と長男に傷だらけにされるんだろうな。
そういった意味でも、
我家は廃車にするぐらいの車が。
一番ふさわしい家庭かもしれません。トホホ。




スポサーリンク

« 母と夫のゴミの分別2 | トップページ | 私が今日も陸運局に行く理由(ワケ) »

季節の中で、暮らしの中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/13995515

この記事へのトラックバック一覧です: 廃車 Wanted!:

« 母と夫のゴミの分別2 | トップページ | 私が今日も陸運局に行く理由(ワケ) »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★