スポンサーリンク




« 続:苦情はいつも同じ人 | トップページ | 面接するほうのキモチ »

2006.12.13

判断しない、評価しない。

思いつきの衝動で申し込んだ、
コーチング入門講座を本日受講してきました。


コーチングに関しては、
職場のマナー委員会の人達が実際に研修を受けた話を聞いたり、
自分でも本を買って読んでみたりして、
ある程度の予備知識はあったのですが、
個人的に一番気をつけようと思ったのが、
"人の話を評価や判断の口を挟まずに聴く"
というところですね。


弱点や短所・欠点を教えてあげるのはコンサルティングで、
それはコーチングではないそうです。
コーチングはあくまでも"自分で自分が気が付く"ことを通して
相手の自発的な行動を促すのが目的らしいので、
意見や助言を一切せずに、まずは
ただ聴く、ひたすら聴く、ときには共感して聴く…
あー、この"まずは意見や助言をせずに"というのは、
思えば、やっていなかった時のほうが多いかったかもしれません。


そうですねぇ…例えば、
「でも、それはあなたの気持ちでしょう?」
「そのうち慣れてくるとできるようになるよ。」
「次回はこうしてみたら?」
「そこをこんな風にするといいよ。」
話を聞きながら相手にこんな風に言ったりするのは、
私という客観から見た印象を伝えて、
そこをわかって欲しい思いがあったからですが、
それじゃ、あまり効果はないわけだ、なるほど~!!!


…といったところに、いい実験台が向こうからやって来ました(笑)。
日中の子供の言動に腹を立てて、
仕事中段々カッカとしてきたうちのご亭主が、
職場(夜勤)から、
「今から家に帰る、俺はどーーーーしても納得できない。
場合によっては一発殴るかもしれない。
そう言って太郎(20代前半/仮名)を起こしておけっ!!」
と、穏やかならぬ電話が入ったのでございます^^;


じょ、じょーだんでしょ?
いったい何で仕事中、職場を抜けて自宅に帰るのよっ?
とんでもない話だ。
しかも、深夜の取っ組み合いなんて、超ごめんだよ。
やめてくれー。(本気か??)


!!!!!そうだ!今日習ったばかりのコーチング(笑)!
よーし、口を挟まずにひたすら話を聞けばいいんだな。


「太郎さ、あいつさ、人を馬鹿にするにも程がある!(烈火状態)
考えれば考えるほど俺はムカムカしてきて、
その辺にあるものを手当たり次第蹴飛ばしたいぐらいだっ!」


「え…まさか本気で本当に蹴飛ばしたりしないでよね?
それって短気なんじゃない、もう…」
…と言いたいところをぐっと押さえて「うん…うん…」と聴いてみる。


「な?そう思わないか、あんた!
授業ももうないのにバイトもしないで昼頃起きてきてよー、
ジャージャージャージャーお湯出してシャワー浴びて、
『どこへ行くんだ?冬休みならアルバイトぐらいしろっ!』
って言ったら、『どけて、ウザイから』って人の脇すり抜けて、
いったい何だ?あの玄関の閉め方は?え?
行ってきますも言わないで、バシーンと閉めて!
親を馬鹿にすんのもいい加減にしろ!って俺、怒鳴ってやったよ。
よっぽど、追っかけて捕まえようかと思った。」


「ちょっとやめてよ。」
「バイトなら今度の土日入っているよ。
毎日行くようなバイトじゃないと一切認めないわけ?」
「今日は部活の卒業DVDを作るのに、
学校で打ち合わせみたいだよ?
ブラブラ遊んでいるわけじゃないのに。」
「事情も聞かずにいきなりそんな風に頭ごなしに言うから、
子供もムッとするんでしょ?」


いつもなら言っているはずのこういったセリフも一切言わずに、
うん…うん…と相槌と頷きに徹してひたすら聴く。


するとご亭主、そのうち段々落ち着いてきました(笑)(お?)


「いや、仕事中だから『今から帰る』ってのは極端な例だけど…」


おおお?


「いや、アイツにはアイツの事情もあるから、
俺も悪かったんだけどさ…」


わーお(笑)


「まともにバイトして自分の経費は自分で出すとか、
ちょっとは家計の事を考えて欲しいと思ったけど、
うちに余裕が無いのは俺のせいでもあるし、
悪い事したな…」


???


「いや、実はさ、あんまり腹立ったから、
さっき携帯に電話したらアイツ、電話に出ねーんだよ。」


うん、うん。


「で、留守電にさ、『いい加減にしろっ!』って
5回もメッセージ入れちゃってさ…」


「馬鹿ジャン、それって?」
とは言わずに(笑)、引き続きうん、うん。


「そんな事したら、余計に出るわけ無いのにね、
ダメだなー、俺って。カーッと来ると見境なくなるんだな。
あんたから、お父さんが謝っていた、って、
一応メールしておいて。」


「自分で出せばいいのに、そんなの?」
とは言わずに(爆)、うん、うん、と快諾。


「じゃ、頼むね。おやすみなさい。」


おーーーーーーーーー!
なんか、勝手にクールダウンして、
しかも全部自分で自己解決して、
自然終了してしまった!!
コーチング、恐るべし!!!?


でも、考えてみたら仕事関係や職場の人と違って、
家族だと気を使わない身内だし、
指摘や矯正欲が先に立ってしまい、
確かに、何も口を挟まずに聴くという事はほとんどないわ。


特にうちのご亭主!
私は世の一般的な奥様ですので、
亭主に言いたい事は、山ほどあるからね~(爆)!!


でも言わない。判断しない。評価(寸評)しない。
するとこの結果。
時間をかけて批判がましい押し問答を続けるよりも、
よっぽど短時間で収束しますね!(笑)
使えるかも、これ!!


こうなると、どんどん試してみたくなるぷらたなす。
明日も何か職場でやってみる機会はないかなぁ(笑)。


もちろん相手にも寄りますし、
結果はケースバイケースと思いますが、
コーチングを土台に考えると、
私、今まで全然いい"傾聴"をしてませんでしたね。。。


どっかで必ず相手の話をさえぎり、
自分の意見を挟んでいたように思います。
それを意識して気をつけようと思っただけでも、
受講したメリット、ありましたね~


質問し、傾聴し、承認し、相手にとことん話をさせて、
話をするという行為を通じて
(実はその間、頭は一生懸命物事をまとめ整理している)
自分で自分が何かの"気付き"を得る、のが目的のコーチング。
なかなか面白かったです。

« 続:苦情はいつも同じ人 | トップページ | 面接するほうのキモチ »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/13062813

この記事へのトラックバック一覧です: 判断しない、評価しない。:

« 続:苦情はいつも同じ人 | トップページ | 面接するほうのキモチ »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★