« 人付き合いの境界線と意識 | トップページ | 続:苦情はいつも同じ人 »

2006.12.09

【本日のNHK】日本の、これから

飲み会に出かけた長男からの、
「駅まで迎えに来い」コールを待ちながら、
茶の間で母と、NHK「日本の、これから」を、
ぼんやり見ていた。


本日のテーマは、「ネット社会の安全 どう守りますか」 


ネットの「光」と「影」なんて…
自分にとってのインターネットは完全に生活の一部であり、
すでにそこにあるごく普通の日常という感じで、
今さら善悪や是非を語るようなものではなく、
なんでこんな新興期のような導入トークが今さら出るんだろう、
なんて思いながら聞いていました。
その点では坂村先生の、
「社会なんですから光も影もある」という発言に全く同感。


でも、一般人参加型のこの手の討論を見るたびに思うんですが、
意見の食い違いは利用度合いの違いである事が多く、
同じテーマで語るには、
毎回土俵が出来ていない気がするんだよね。
ネットの闇の部分にばかり目が行きがちな人は、
(悪く言えば)ネットの世界では世間知らずの井の中の蛙さんで、
インターネットがこの世にある個人としての幸せを、
まだ十分享受できていない人のように思う。
がそれも、あまり利用する頻度も必要性も少ない人にとっては、
鼻持ちならない理屈に過ぎないんだろうな…
(と、私が言えることではないのですが)


当然、一緒に見ている母とは、いちいち意見が合わない(笑)。
もうね、この手の話題は何かと批判される側に終始するので、
あんまり親とは見たくないの(笑)。
こちらの方の冒頭の意見に、個人的に一票ですね!
(でも彼女こそ、一度触れたら思い切りハマるタイプと確信)


だから私としてはパネリストさん達の議論のほうが面白く、
なのに、興味のある話題に入って来たので身を乗り出すと、
「全然わからないからそこでだけ議論しないで」みたいな
一般参加者からの発言で停止がかかり、
自分としてはちょっとつまらなかったかも^^;


でもさ、この企画って一体どんな人が立てたんだろう。
なんか個人的にはワンテンポ時代遅れのような気がしたのと、
坂村先生が言っていたように、設問内容が曖昧すぎて、
確かに答え様が無いよね。
これを企画した人はあまり論理的な人とは思えないな。
それに言葉の一字一句に対する感受性がゆるいと思うので、
たぶん日常を雰囲気で包括して生きている人なのかも。


だって、韓国の掲示板への書き込みをめぐる事件(犬糞女)で、
当事者の女性がショックで入院し大学も退学した事を受けて、
韓国では掲示板への書き込みに国民登録番号を打ち込んで、
本人確認をするようになった。さて…
(こう言った事に関して日本でも)「国家が規制を強めるべきか?」
というのは人によって受け取り方が様々で、
やっぱり答え様が無いし、回答はばらつくよね。


「国家が」に過敏に反応する人は、
(TVではビミョー過ぎて誰も言わないけど)
そんな中国みたいな事は絶対ヤダ!!と思うだろうけど、
妙齢のネット好きなお嬢さんをお持ちの親御さんは、
「規制」におおいに期待して「国家」の部分は
目に入っていないかもしれないし、
なんだかな…と感じながら見ていました。
その他のアンケート設問も、主旨がぼけていて、
回答者は皆意図を十分にわかって投票してんのかな~?
と、少し疑問に思ったりしました。
なので、これまた坂村先生の「(Yes・Noは)どっちもです」
という回答が頷けました。
そうそう、本人確認の認証と実名書き込みも、
確かにごっちゃになってましたよね。


この人、たまに固執するような意見もあって臭みも感じましたが、
やっぱり発想が科学者さんだな。
曖昧である事のひとつひとつを見逃さない。
個人的には、
こんな巷間の議論に関わるのが気の毒な気も
してしまいましたが(笑)。


ところで、パネリストとして出演していた紀藤弁護士さんのサイトの、
メタタグって見たことありますか?
結構笑えまっせ~!!うひゃーすごい、と思いました(笑)
(と、ここで脱線してちょっとネタとしてからかってみるのも、
誹謗・中傷になっちゃうんでしょうか、厳密には)


さて、他の人の意見も参考にしようと思い、
こちらを検索していたら、
番組終了後から続々blogがアップされ始めて、
(私はネットのこういった速攻性も好きなんですが)
あらら、一般市民参加者の中には、知る人ぞ知る有名人が、
随分で出ていたみたいで、ひろゆきさんとか、
いたの、全然気がつかなかった、残念。
中座したときに発言したのかな?


ま、何時間討論しても不毛なのはわかっていますが、
そう言えば私がネットするようになった時は、
熟練者が多い畏れ多い世界に、
新参者として"参加させていただく"という気持ちが、
強かったように思います。


だから初心者である事が恥ずかしく、
掲示板(マジメなやつ)への質問も恐る恐る…
そこで「そういうものではない」とマナーを指摘されたり、
「過去ログを読め!」と叱られたりしながら、
ここってそう言う世界なんだ、と勉強しつつ
自分を同化させてきたような気がします。
郷に入ったら郷に従え、といった雰囲気で。


そうね、一刻も早く「初心者ですが…」と、
ビクビクしない自分になりたかったな。
パソコン通信あたりからやっている人は、
皆さん、同じ感覚なのじゃないでしょうかね。
なので、自分にとってはすでにそこにあった"輝かしきもの"で、
利用者の増大に伴ってあとからいろんな問題が出て来ても
やっぱり善悪や是非を問うものじゃないんですよね、私には。


※あ、今書いていて思い出したけど、
 世の中には疑問点を相互解決しあう
 マジメな掲示板もたくさんあるし、
 批判の多い2チャンネルだって、
 様々な板がありますよね。
 掲示板=2ch=よろしくないもの
 というイメージはちょっと悲しいな。


ただひとつ言えるのは、ネットは、
善男善女のみが集う仲よしサークルでは決してなく、
一般社会で起こる事はすべて起こりうるリアルな世界で、
そこに集う人は年齢も性別も職業も何の理由にはならず、
小学生の女の子も、会社社長の男性も、
一個人として平等であるぶん、危険も平等。
現実世界以上に判断力を養って自分が自立していないと、
大きな罠もありますよ、という事を、
子どもにはきちんと教えるべきだと思います。


以上、好奇心でメールのリンク先をクリックして、
ワンクリック詐欺サイトでびっくりしたり、
2chのリンク先でウィルスに感染してしまったり、
ブラクラを踏んでしまったり…
冷や汗連発だったぷらたなすの感想でした^^
親がそういった経験をしているのは…
いい事でしょ?ね?(爆)なんちて。

« 人付き合いの境界線と意識 | トップページ | 続:苦情はいつも同じ人 »

見て聴いて読んで試して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/13003412

この記事へのトラックバック一覧です: 【本日のNHK】日本の、これから:

« 人付き合いの境界線と意識 | トップページ | 続:苦情はいつも同じ人 »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ