« 間違いじゃないから言えない | トップページ | スタッフさんの結婚式 »

2006.10.15

「親展」は逆効果だよ

スポンサーリンク




普段はあまり使っていない通帳からお金を引き出そうと思い、
キャッシュカードを探すと、あれ?ない…
いつも持ち歩いていないので、気がつかなかったけど、
この前はいつ使ってどこにしまったんだっけ??

手近なところを探しても見つからないので、
「もしかしてどこかで落としちゃったんだろうか…」と思えど、
そそっかしい私のことなので、
部屋の中の意外なところにしまい込んで、
そのまますっかり忘れてしまっている可能性も大きい。

念のため、よく行くキャッシュコーナーや銀行に、
届いていないか聞いてみたけど、届いていないとの事。
「すぐに停止措置をとりましょうか?
停止なら、ご本人じゃなくても大丈夫ですよ?
(カードはうちの亭主名義)」
というもっともな申し出を断ったのは、
うちのご亭主がずっと持っているのではないかと疑っていたり(笑)、
あっさり出てきた時の停止解除手続きが、
もし窓口申請だったら面倒で嫌だな、なんて思ったから。
だいたい残高が数千円だし(笑)。

数日間気にしながら、先日ようやく、
室内の「四次元ゾーン(笑)」となっている、
状差しとかマガジンラックとか、
「とりあえず何でも突っ込み用引き出し」を整理したら、
どうせ何かの勧誘か宣伝だろうと思い未開封だった、
当該銀行某支店からの郵便物に目が止まった。

宛名:うちのご亭主の名前。
ロゴ入りの普通の封筒に、赤いスタンプで「親展」。
ハッ!!!!これってもしかして!!

中を開けてみると思った通り、
落し物のカードが他店舗から届いているという知らせで、
焦るよりは、答えが見つかった安堵感でほっとしたのですが、
連絡と保管の期限は…え!明日!ヤバイ!!
そうそう、この封書って届いたのは随分前だったよ^^;

早速その場で銀行に電話をかける。
こういう作業というのは、
この日のように、平日に有給を取ったときこそが大チャンス、
この機会に一気に済ませないとまた先延ばしになっちゃうのだ。

電話に出た銀行の女性は、
「日中も幾度となくお電話差し上げておりましたがご不在で、
郵便物も何度か送らせて頂いていたのですが…」
と、一向に連絡がないので気を揉んでいた様子で、
言葉つつましく丁寧な物腰ながら、「なんで今頃」と、
文句の一つも言いたそうな雰囲気です。(ごもっともデス…)

そういえばこれと同じ封書は以前にも何度か来ていたけど、
その都度、銀行が支店ごとに作成している手作りのチラシか、
何かのご案内だろうと思って、亭主も私も中を開けたことは、
なかったのだった。今思えば、むしろその根拠となったのが、
この赤い「親展」のスタンプなんだよね~(笑)。

    *    *    *    *    *    *

夜勤で朝に帰宅した夫に、
「ちょっとちょっと!探していたカード、銀行に届いているんだって!」
「だろーーー!だから俺じゃないって何度も言ってるのに。」
(スミマセン…、でも家庭内で"前科"がある人には、
真っ先に疑惑の目が注がれる事になっているのだ。)

「それよりちょっとこの封筒見てよ。
これってそんなに大事な連絡に見える?」
「あー、それ、ずっと前見たことある。」
「これがそうだったのよ!」
「俺、捨てたよ、それ(笑)」
「でしょ~?」

自分の非を棚に挙げてこの言い草もないのですが(笑)、
例えばクレジットカード会社からのダイレクトメールの封筒には、
どれにも「親展」の文字が印刷されている今日この頃。
そして、郵便局や信用金庫からの質素な封筒でさえ、
何かと思って封を切ると、
年賀状の注文書だったり、○○ローンの相談会のチラシだったり、
(そうそう、信金の場合は役員や決算の報告などもこんな感じで届く)

なので、受け取るほうにとっては、
営利企業からの封書に「親展」という文字があれば、
何かの宣伝では?と疑いを持つ刷り込みがされていて、
目にした瞬間に、「緊急性はなし!」という判断をするような、
条件反射に陥っている場合が多々ございます(笑)。

仕事が立て込んできて帰りが遅く、
帰宅早々着替えもせずに、
スーツの上にエプロンを羽織って
速攻夕飯支度…なんてときは、
日々の郵便物も大事そうなものだけ、
選んで開封したりするのですが、
そんな期限のある大切な知らせなら、
「親展」のスタンプなんか押さずに、
「重要なお知らせ」とか、
「必ず目を通してください」とかさ~、
何かもうひと工夫欲しいところだよね~^^;

あとで色々な郵便物の封筒を確認してみたら、
大事な連絡はやっぱりそれなりの、
注意を喚起するような表記で来ているもん。

本来、「親展」というのは、
プライベートに関わる連絡だから、本人以外は開封しないでね♪
という意味だと思うけど、どのダイレクトメールにも、
当たり前のように記載があると、
こっちの感覚も麻痺しちゃっていたんだよね。

が、ここで不満を抱きつつ、
「4月からお知らせを差し上げているんですが…」
という行員の女性の言葉には、思わずひえ~っ!

「すみません、一体どこに落ちていたんですか?」
「○○支店です」
あらら、職場からの最寄の支店ですが、
歩いて少し距離があるため、ほとんど行かないところだわ。
しかも4月に落として半年もそれに気がつかないなんて、
やはりお恥ずかしい話ではあります。。。
(というか、危ないよ、私!!)

しかもそのキャッシュカードは
他店舗で拾われ、発行元の支店に転送されたわけですが、
そこは引越しをして場所が離れてしまったため、
今は全く行かない支店。言われてみれば妥当ですが、
まさかそこに届くなんて、思いもよりませんでした。

    *    *    *    *    *    *

お恥ずかしい話のついでに、
実は私はかなり以前、ジャパンネットバンクのカードも、
知らずにどこかに置き忘れた事があって^^;、
その時は書留封筒でジャパンネットバンクから自宅に現物が届き、
「弊社にキャッシュカードが届きましたので郵送いたします」
「今はロックされているので再利用の手続きは以下をネットで…」
と案内を見て初めてその事実に気がついた事がありました。

他にも、某クレジットカードが、
財布からすべり落ちたのに気がつかないでたら、
「セブンイレブン○○支店からさきほど連絡がありまして…」と、
カード会社のほうからすぐに電話が入ったり、
よほど悪意のある人に拾われない限り、
こういったものは拾った方も発行会社も、
最善の努力ときちんとしたフォローをしてくれるものなのだなぁ…と、
幾度か感謝の念を抱いたのですが、
○○銀行は、もう一歩踏み込みと工夫が足らんよ。
ていうか、ネットバンキングでアドレス登録しているんだから、
メールでも下さいよ。(←言いたい放題(笑))
(その前にその間抜けな性格をどうにかせいっ!って話ですよね^^;)

    *    *    *    *    *    *

「何度か電話したって言っているけど、来てないよね?」
電話を切った後、
日中は家にいる夫に聞いてみたけど、受けてないとのこと。
留守電の記憶も無い。タイミングが合わなかったのかな。

いずれにしても、利用頻度の極端に少ないカードは、
「在庫管理」に留意せよ!って事ですよね。

そして、教訓!
キャッシュカードをなくしたかもしれないと思うときは、
発行支店からの連絡に注意せよ!ですね。

それにしても、税金だって何だって、
未納のお知らせ→督促状→催告書と、
段々緊急性のグレードを上げてくるのに(笑)、
何度か受け取った記憶のある、
毎回変化の無い赤い「親展」スタンプの封筒では、
「落とした事にさえ気がついていなかったのに、
こんなんじゃ、すぐに開くわけ無いジャン!」と苦笑した私。

インターネットバンキングでも他行と比べてイマイチ使い勝手が悪く、
セブンイレブンのATMでさえも21時に扱いを終えちゃうこの銀行に、
「やっぱり何かと殿様商売だよなぁ~」なんて、思ったんですが、
こういう事も、実は担当者の機転ひとつだったりするので、
自分が悪いのに、悪口言うのはやめようと思いました。ハイ(笑)。

でも、大事な連絡に、いまどき「親展」の赤いスタンプは、
逆効果かもしれませんよ。
(なんちゃって、多分、そんなのは私だけ?(笑))
 

 
 

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

« 間違いじゃないから言えない | トップページ | スタッフさんの結婚式 »

季節の中で、暮らしの中で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/12293404

この記事へのトラックバック一覧です: 「親展」は逆効果だよ:

« 間違いじゃないから言えない | トップページ | スタッフさんの結婚式 »

スポンサーリンク



2018年おせち予約開始

  • おせちは断然早割がお得!

売上断トツNo.1!おせちの王者

ランキング2位常連「料亭の味」

ホテル・料亭の味をご家庭で!

創業90年老舗の味

無料ブログはココログ