スポンサーリンク


« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.30

人体の不思議展と中国

久しぶりに更新する内容がこれっていうのもアレですが(笑)、
ちょうど一週間前の8/26日(土)に
人体の不思議展」というのを見てきた。


全国各地を開催して回っているらしい展示なのですが、
後で検索してみたら、
各地でかなりの入場者数を記録している人気イベントらしいです。
ご当地仙台の開催は私が見た翌日の8/27までで、
次回は11月23日より埼玉スーパーアリーナで開催予定との事。
http://www.jintai.co.jp/yotei.html


何がどう好奇心を誘うかと言うと、
展示された人体標本がすべて皆「本物」の人間の体だと言う事で、
軽蔑される方もいらっしゃると思いますが、
私はこの手の展示は案外嫌いではないのです^^;
「え?マジで本物の人体標本なの?見たい!」
本音言っちゃうと要するにそんな感じの、
世俗の見世物小屋的興味です。


小学校だったか中学校だったか忘れちゃったけれど、
何かの用事で一人入った誰もいない放課後の理科室で、
棚のビンの中のホルマリン漬けの真っ白い動物の内臓の標本を、
今がチャンス!とばかりに近づいて、少々後ろめたいような思いで、
至近距離からマジマジと見つめていた小さい頃の気持ちに、
よく似ています。
「本物」…妙に好奇心をくすぐるこの響き…


    *    *    *    *    *    *


でも、新聞広告を見て、興味をそそられた私でしたが、
次の瞬間に漠然と湧いた素朴な疑問は、
これらの「本物」の人体標本になっている人達って誰?
顔も手足も生前のままの丸ごとの「人体標本」が、
なぜに一般人がお金を払えば誰でも見られる
各地で盛況なオープンイベントになり得るの??


そしたら追って掲載された地元新聞社(主催)の本紙記事内で、
「身元は中国人」とあり、なんだか妙に納得…。


国交回復の時のニュースなどで
大勢の人達が大群のように自転車で通勤する映像を目にして、
当時小学生だった私はかの国に、
素朴で悠大なイメージを持ったんだけど、今は率直に言って、
よろしくない意味でも、「なんでもあり」の国って感じがする^^;


で、中国だったら(例えば)死刑囚の人とか、
そういった犯罪者を標本にするぐらいはやりそうだよなぁ…などと、
最初からそんな認識で出かけたら、会場の説明パネルでは
「生前からの意志に基づく献体によって提供されたものです」
などと明記されてあり、
「え?そうなの?これらの人体の出所は清廉潔白なの?」
と、妙ながっかり感^^;??
(中国=怪しい、というイメージの払拭か?)


でも、おなかに8ヶ月の胎児を宿したままの女性の開腹標本などは、
普通に考えれば「不慮の死」以外にあり得ないような気がするし、
このような形の一般向けイベントの陳列物で、
見世物のように各地を回ることなど、家族が同意するとも思えない…
そもそもこの妊婦だった女性は、
いったい今なんでこうやってここにいるのよ?


    *    *    *    *    *    *


標本自体は思ったよりも全然生々しくなくて、
私的には全然大した事なかったです。。。
(…って言っていいのか^^;??)
プラストミック(プラスティネーション)という、
身体を構成している水分と脂肪分を
プラスチックなどの合成樹脂に、
置き換える技術を使っていると言う事で、
生身の肉体がプラスチックに置き換わっているため、
「本物」とは言いつつも、色や質感は作り物っぽく変わっていて
こういうのが苦手で出かける前からビビっていたうちのご亭主も、
「思ったよりも全然気持ち悪くなかった」


それよりも会場はあまりの込みように入る前から待たされて、
中に入ってもひとつひとつの展示の前から、
人だかりが少しも動く気配が無く、
ただ立って待っているだけでは全く進めず何も見えません。
もう少し誘導を工夫して、どんどん人を流して欲しかったかな。


    *    *    *    *    *    *


さて、「人体の不思議」よりも、
「人体の不思議展」の不思議さに関心が移っていた私は、
帰宅早々、検索&検索(笑)!


すると出るわ、出るわ、どうやら謎と胡散臭さが拭えないながらも、
各地(世界的に)ですごい人数を動員している超人気イベントとわかる。


献体の出所も、誰もが抱く大きな疑問のようで、
検索を辿り始めるとたいていの人はこの方のブログ
同じような発想に行き着くと思うので
私はここでは書きませんが、
関連記事を読み進めるほどに疑いの強まる献体の謎。
そして法輪功の人達への非道な弾圧と迫害、拷問。。。
中国での臓器移植、臓器売買との関係性。
「臓器狩り」という言葉も今回初めて知りました。
大紀元というホームページの存在も、
今までは全く知りませんでしたし。


よその国の闇の中の話なので、
真実は誰もわからず特定も出来ません。
そしてたくさんの記事のソースになっている、
大紀元というサイトにさえ、
「中国の東スポ」などという別称がついていたり、
「それは違う」という記事があったり、
なんだかすべてが混沌としているなぁ…


それでももし、記事にかかれていることが紛れもない事実なら、
私、恐怖のない日本に生まれて本当に良かったと思うし、
中国という国を見る眼が前にも増して変わってしまいました。


個人的にはなんだか恐ろしい国だなぁ…と寒々としたものが…
不信感も増していきます。
うん、そうだ!
やっぱり中国の野菜は食べちゃダメだ!と意を新たにし、
全然本話題とは関連のない取ってつけたような結論で、
この日記を今日は終えようと思います。


なんか、中国ってメチャメチャ怪しい。。。

 

 

2006.08.08

孫が生まれた!!!

スポンサーリンク




Cimg0583_3

いやーーーー!
孫ですわ(笑)。

8月3日、次男に男の子が誕生したので、
残念ながら?おばあちゃんになってしまいました。
私の3つ下の妹が再婚することになり、
「彼が子供が欲しいって言っているから今から頑張るかも!」
などと言っているのに、私は「おばあちゃん」かぁ(笑)。
(そうなると自分の孫と妹の子供が同い年?)

自分の子供達以来、20年ぶりに抱っこする新生児。
赤ちゃんって、無条件に愛らしくめんこいものですね。
生まれたばかりの赤ちゃんは、
やけに小っちゃくてはかなげで動物っぽくて、
そのくせに、いっちょまえにあくびしたり、
「なんだ文句あんのか?」みたいなギローンとにらんだり、
おー、おー、おー、って感じで一挙一動が可愛いですね~(笑)
自分の子供の時には、それが普通で当たり前の事に思えたけど。

私、思ったんですけど、
要するに「孫」が可愛いんじゃなくて、
年齢の行った女性から見れば、
赤ちゃんはみぃ~んな可愛いのさ。

子供達がまだ小さくて大変な毎日を、
突っ走って来た後に振り返ってみれば、
ときにイライラしたり八つ当たりしたり、
柔らかい愛らしさをもよく抱しめずに
小さな幸福を遠い昔に置き去りにして来てしまったようで、
きっと世のおじいちゃん、おばあちゃんが孫に見せる態度は、
少し悔恨の入り混じった、
子育てのやり直しモードではないのかしら?なんて思う。

赤ちゃんなんて身近に見たこともなかった若いパパとママは、
思いのほか原始的な存在にすごく戸惑って、
声を出しても、笑っても、はしゃいでも、しゃべっても、
手のかからない夢のような日々にまたひとつ近づいた!
と、成長を喜ぶ気持ちのほうが強かったような気もしますけど^^;、
長い年月を経て再び赤ちゃんを身近に見てみると、
小さい人を愛しく感じる気持ちは若い頃よりも倍増!
それもこれもずーっと大人ばっかり見ているからですよね(笑)。

でも!でもでもでーもでも!
私はやっぱり、愛らしい赤ちゃんをあやして抱っこしているよりも、
言葉を交わせるようになった子供達を連れて、
車で出かけるほうが好き(笑)!

大きくなったら虫捕りに行こう!
潮干狩りに行こう!
河原で芋煮会をしよう!

その日までは、遊びに来た時の子守りは
孫にも増してひ孫にメロメロな母(60代後半←全然元気!)に任せて、
私はさっさと自分が遊びに行っちゃうのさ(笑)!

いやだって、うちの母のひ孫を前にした時の相好の崩しようは、
半端じゃないですからね~。
「あんたは自覚がない!」って言いますけどね、
家庭に主婦が二人要らないのと一緒で、
"おばあちゃん"も、二人は要らないのっ!
(要するに独占状態↑(笑))

次男は二十歳の高校生(定時制)で、
世間知らずだし頑固で我を曲げないし、
慣習や常識にも欠けるところがありますが、
やがて本当に社会に出たら少しずつ見聞を広げて、
頼りになるいい父親になって欲しいものですよね。

今はまだ学生の身で、
次男もお嫁さんもそれぞれの実家で別居中。
まずは就職と同居を目指して、
勉強せい!お金ためろ~(笑)と言いたいです。

----------



【PR】スタイリッシュ!足元ボトル!からだにやさしい常温水可能なウォーターサーバー
【PR】事前予約可能!月極駐車場の一部を時間で貸し借りできるakippa(あきっぱ)



※↓↓↓お読みくださった方は投票もお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2006.08.02

声がデカけりゃそれでよし!

最近、職場に新しい主任がやって来ました。


いえ、だいたいね~、総勢70余名の大所帯なのに、
課長(40代前半/男性)は他の課と兼任で、
ちょっと前まで軸足が完全にあっち側なんてひどいよ。


課長からいろいろと丸投げされている、
主任(50代前半/男性)はそうでなくても膨大な業務量なのに、
周囲の正社員達から「イマイチ」と酷評されている手際の悪さで、
運営&運用にほとんど目が行き届かないのも当然ですし、
何もかもが未着手か後手後手の状態で、
正社員達と班長達とのミーティングの場では、
「コンノさん、あれってどうなっているんですか?」
「コンノ主任、それってこの前も頼んだはずなんですが??」
「コンノさん、あの件は?」「コンノさん、本部に確認してくれました?」


もう、「コンノさん、コンノさん」「コンノ主任、コンノ主任」
と、苛立ちも交えたオンパレード。
毎度つるし上げ大会なのはよろしくない風潮と思えど、
社員の気持ちも理解は出来るのだった。
主任、察しも飲み込みも悪いし、論点はズレているし。


たぶん、元々事務系の出なので、
資料や数字に向かうのは好きでも、
対人・対外的な調整や交渉は苦手で、
つい後回しにして手付かずになるのでしょうね。


でも忘年会の席で各席を回ってきた本部長に、
肩書きも何も無い一般契約スタッフが、
「お願いですから主任をもっと増やしてください!!」
なんて口々に真剣に必死に訴えるのなんて、
うちの課だけだよ(笑)。
いやスタッフ達も、それほど困っていたわけです。


とにかく下々の人にまで「コンノさんひとりじゃダメだ!」
という意識が浸透している状況だったのですが、
そんな状況下にやってきた、
第二の主任の内海主任(30代後半~40代前半/男性)を迎えて、
私は久しぶりに「やっとまともな上役がやってきた」と安堵し、
消えかかりそうだった「やる気」がまた頭をもたげて来ました(笑)。


何よりも内海さんの着任時の朝礼での挨拶は、
「ワタクシ、○○から異動して本日付で着任いたしました、
○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします!」
と自己紹介した声が大きくて朗々としていて、
不遜ながら、私は思わず「合格!!」と、
心の中で叫んでしまいましたものね~^^;


    *    *    *    *    *    *


かなり前に、
「管理職を目指す女性のための講座」という市が主催した講習会に、
冷やかし半分で参加したときに、
「リーダーの条件って何だと思います?」と講師に問われて、
何のためらいもなく「声が大きいことです」と即答した私(爆)。


受け狙いの発言と取られてしまったのかもしれず、
あちこちでささやかな笑いが起こったのですが、
私は「リーダーとしての必須条件は声が大きいこと」
を掲げてはばからない者です。


たぶん訓練次第とは思うんですけど、
大人数を前にして、
相応な声の大きさと、メリハリのある話し方が出来ないのは、
リーダーさんとしての資質には欠けるのではないか?
と、私は思ったりするんです。


確かに人前で大声を出すのって、
苦手な人にとっては一大事業ですよね?


たとえば、
「あ!すみまーん、ちょっといいですか~?
ハイ、皆さん、ちょっとこっち向いてー!
ハイ、顔こっち~!!」


と、難なく言えるためには、
自分はそういうセリフを吐くのに
ふさわしい立場の人間なんだろうか?とか、
態度がエラそうだと思われないだろうか?とか、
今から伝達しようと思っている事柄に
間違いがあったらどうしようか?とか、
いろんな事が無意識の脳裏に浮かんでしまって、
慣れない人なら思わず躊躇しちゃうのが人情かと思いますが、
そういったところを抵抗なくこなせる人って、
「長」としての自分がどう振舞えばいいのか、
客観的にわかっている人だと思うんです。


それは前に立つ事に慣れている人であり、
自分の発言内容を最後列の人にまできちんと届けるために、
工夫と気配りのできる人だと思うんですよね。


コンノ主任の場合は何にも自信がなく、
あとで指摘の厳しい正社員達から
間違いを指摘されるのがよほど怖いのか、
朝礼の場でも声が小さく、
よく後方の難波班長(30代前半/退職済みスタッフ/男性)から、
「聞こえませーん。もっと大きな声で言ってくださーい!」
という突っ込みが入っていましたが^^;、
「伝えたい」意思、「徹底させたい」意思よりも、
自分の保身が優先するような人は、
あまり頼りになる上司とはいえないような気がします。
(人はすごくいい人なんですけどねぇ…)


なので、大勢の人を前にして、大きな声で話が出来るのは、
それだけで大いに期待が持てて、
私は初日から新しい主任には好感度「大」なんです^^;。


何はともあれ、リーダーさんや管理職の社員の皆様達は、
人前で堂々と自分の意志を伝えることができるスキルを、
日々磨いて欲しいものですよね。


大きな声で話が出来るというのは、
とても大事な事だと思うんです。


 
【このカテゴリの最新の10件】
(ビューィフルヒューマンライフ/上司ウォッチング編)
声がデカけりゃそれでよし! 主任の問題意識はど~こ~? 共鳴する人 苦手意識は必ず伝わる 同期は取れていますか? 課長と対決! 課長、リサーチ不足です 「わかる人」が入ってよ プレぃングマネージャー熱望 課長がそうだと悲しいノダ 


亀田

マジでっ?

えぇ~っ!
なんでこんで亀田(興毅)の勝ちなのっ??


と、私と母が絶叫したら、
一緒に見ていた長男が、
「勝ったんだから別にいいジャン、
不満がありそうな君達とは見たくないんだよ!」とか怒って言って、
不機嫌そうに部屋に引き上げてしまった^^;…


いや、ただそれだけです。
亀田の試合よりも、私達の反応に文句があるようでした。
私達って彼の夢や希望を壊しちゃった?もしかして?

2006.08.01

クールビズとカレらの意識

昨年千葉から遊びに来た妹(40代前半)が、
駅まで迎えに行った私の車に乗り込むなり、
「ちょっと~、こっちの人って、
なんでこうみんな普通にネクタイ締めてるの?
仙台に"クールビズ"って言葉はないのっ?」
と叫びました。


「は?クールビズ?
そんなのうちの会社も私の周りも、どこもやってないよ?
あれは一体誰がやっているんだろうって疑問だったし、
ずっと胡散臭く思っていたんだよね~(笑)。
ループタイみたいに、掛け声倒れで終わる感じなんじゃないの?」


「え?何言ってんのよ!
向こう(東京)は大企業ほど『やんなきゃ』みたいな感じで、
やってない会社のほうが、むしろ"二流"って感覚だよ?
うちの会社も、もう、当然って雰囲気でやってるよ?」


は~、向こうはそうなんだ、と驚いたクールビズも、
二年目の今年は、東北でも市民権を得たのか、
うちの職場でも取り入れることになりました。


と言っても、うちの職場、元々技術部門なんで、
そもそも社員からして服装がカジュアルなんだよね~。


契約スタッフが就業時に契約会社から受ける注意として、
「オフィスにふさわしい服装をしましょう。ジーンズは控えましょう。」
などとスタッフ手帳にも書いてありますが、
なんせ正社員にジーンズにシャツの人が多いので(笑)、
こいつはうちの職場には全く当てはまらないです^^;


それどころか、いつまでも新人の契約スタッフが
リクルートスーツなんか着ていると、
「もっと楽な格好でいいよ(笑)?」と、
社員から丁寧に「ご指導?」が入るみたいな感じのムード(笑)。
そして新人さんの職場一日目の感想は、
「誰が正社員で、誰が契約スタッフなんだか全然わからない」
だったりします。
(そうね、契約スタッフと言えども10代~50代までいるしね。)


そんな中で例外は課長以上かな。
スタッフ側だと班長職は慣例に従いスーツです。
班長がスーツっていうのは、これさ、契約スタッフに対して、
職場としてそんな決まりなんかどこにもないんですけど、
人をたくさん入れているほかの某契約会社が、
そういった規則を独自に敷いているので、
その会社から出向している契約スタッフの班長は、
皆、バリっとしているわけ。


うちの階は、その会社のお陰で、
正社員側の物の見方は、その会社のやり方がデファクトスタンダード。
なので、各社とも雰囲気的に右習えなんだよね(笑)。


    *    *    *    *    *    *


さて、うちの職場のクールビズは、
「ネクタイをはずしましょう」なんていうささやかものではなく、
「白いTシャツに綿パン」などと具体例が掲げられたもので、
クールビズを通り越して、
カジュアルフライデーの全日適用か?みたいな変なもの(笑)。


だっていくらなんでも、
部長や課長がそういうわけにはいかないさ~(爆)!
課長はそこまで崩せない。その他の人は元からそんな感じ。
まらば一体、誰に対して言っているんだこれは?^^;


目的が不明で思わず首をかしげる我が職場のクールビズですが(笑)、
実はこの告知が出て手作りのポスターが随所に貼られるまでは、
「うちの職場はなんでクールビズをやらないのか?」
と、毎日毎日しつこいくらいウルサイ班長(30代前半)がいて、
かなり辟易してたんだよね。


で、クールビズの告知が出るや否や、
「これって企業さんの正式なお達しですよね~」と、
さっさとTシャツに綿パン(つまり彼が班長になる前の格好)に、
戻ってしまった。暑いし、よほど今までの格好が嫌だったのでしょう。


そしてそれを見てソッコーそれに習った班長がもう1名。
彼(40代前半)も、翌日には、
綿パンに綿シャツという元通りのラフな服装に。


Yシャツにネクタイを締めるのは、
夏は本当に暑くて大変らしいので、
男の人の気持ちはわからないでもないけど、
それ以上に、「服(スーツ)が無い」ってのも、
大きな理由だろうと思います。


契約スタッフと言うのは100%転職者で成り立っているわけだけど、
男性は前職によって本当に服の傾向が別れちゃうんだよね。
スーツで仕事してきた人はスーツしか持ってないし、
ラフな格好で仕事してきた人は、ほとんどスーツを持っていません(笑)。


だから班長に昇格する人の中には、
「絶対にスーツを着ないとダメなんでしょうか?」とか
「スーツは着たくない」などと拒否感があからさまな人もいて、
この説得が意外に難関なんですが、
私は某他社さんのやり方も一理あると感じていて、
服装も自分がリーダーである事の証であり、
プライドであり、けじめであり、武器であると思っているので、
班長がスーツ着用なのは人に対してのメリットも大きく、
悪くない慣習だと思っているんです。


だから、その辺をよく承知している他の班長達は、
スーツ着用に憧れ、誇りを持っている人もいて、
例えクールビズでもネクタイをはずすにとどめているのに、
この2名の、手のひらを返したような変わり身はなに?


だってまるで嫌で嫌でたまらなかった高校生活が終わって、
見たくも無い制服を、
さっさと捨てちゃう感覚に似た感じがするんですから^^;


が、考えてみればこのお二人は、神田君も桜井さんも、
ほかの班長さん達よりも管理責任の自覚がない!と、
足元のスタッフ達にささやかれている人達で、
神田君は仕事サボって2chばかり見ているし^^;
自分は責任を負うのが嫌なもんだから、
重い仕事をスタッフに押し付けてばかり。


桜井さんはとてもマジメで実直誠実な人なんですけど、
自分が主体となって班をまとめていこうという、
積極的な主体性に欠けて何か物足りないかなぁ…


そんな二人が、
さっさと肩のこらない普段着ルックに戻ってしまったのが、
なんとなく象徴的だと苦笑しました。
きっと二人とも服装云々以前に、
「班長って面倒臭くて億劫なポジションだなぁ…」なんて思っていて、
周りから「班長だから」という見方はされたくないのかもしれないし、
そう見られるのが"はた迷惑"と感じる人種なのかもね。


人はそれを「自覚」と呼ぶけど(笑)、
親分の椅子にどうにも"座り心地"の悪さを感じる人は、
興味の中心が常に自分に向いていたり、
他人には我関せずだったり、
スタッフを指導し、面倒を見るような業務は、
本来向いていないのかもしれないね~。


ちなみに昨年辞めた女性班長の青りん(元同僚)も、
「スーツ着なきゃいけないなら班長はやらない!」と断言して、
当時は本当に彼女しか適任がいなかったので私も必死、
「女性だからそれほどこだわらなくていいよ」とか言って、
無理やりお願いして引き受けてもらったんですが、
思えば彼女も人を引っ張っていくっていう感じのキャラじゃ
なかったなぁ。。。(技術指導者としては秀逸)


私は服装にこだわりはあまりないし、
センスをどう発揮するかよりも、
どんな格好をしたら自分に有利か、
効果の方をいつも考えてしまいますね^^;
今のスーツスタイルだって、
そのほうが絶対都合が良さそうだから、
戦略的に自分でそうしているだけなのですが(笑)、
変なクールビズのお陰で、
班長のタイプも明るみになって来た気配のようです。


 

 
 

 


« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

スポンサーリンク


ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー 3位争い

無料ブログはココログ