« 主任の問題意識はど~こ~? | トップページ | 対話不足なのだ! »

2006.06.27

運は天まかせ

月曜、火曜、と、モンちゃんが風邪で欠勤したので、
4人でじっくり話し合おうと思った私の気持ちは、
中途半端に立ち往生しちゃっているんですが、
モンちゃんて、自分が不利な立場になったり、
面白くない事があると休むようなところがあるので、
蓋を開けてみれば、なんとなく「想定の範囲内」って気もする。


職場で困るのは、やっぱりお休みの多い人だ。
私はモンちゃんは嫌いではなく、むしろ特定の能力に、
尊敬するところもあるんだけど、
なんとなく気持ちが負けているように思われて、
ここはやはり、正面切ってぶつかる気概を持って欲しいんだけどな。


    *    *    *    *    *    *


昨日は遠来のお客様と会う約束があり、
私は結構楽しみにしていたんだけど(笑)、
都合によってそれがかなわずに終わり、
なんだかちょっと残念だったなぁ^^;…


けれど、こんな風に、
物事がとんとん拍子に行かないときは、
必ず神様の仕組んだ「裏」があるのだ(笑)。


今日はこのあと、
きっと出かけないほうがいい事でもあるのだろう。
私は結構本気で、「さて、そのココロは?」と
何かを待つような気持ちになった。
たぶんこれが「胸騒ぎ」とか「勘」とか
言われる物なんだろうな…


すると帰路に着いた私の携帯が鳴った。
あらら、運転中なのでその場では取れないよ(笑)。
そうしたら、今度は間髪おかずに私用PHSに着信がきた。
発信者は契約会社の番号なので、
たぶん細川さん(30代前半/女性/仮名)だろう。
細川さんがこんな風な掛け方をするときは、
急ぎの連絡である事が多いのだ。
交差点の赤信号でメッセージを聞くと、
「ちょっと話がしたかったんですが…」との事。


私は車を最寄のコンビニに入れて、
停車した車の中から契約会社に電話をかけた。


    *    *    *    *    *    *


細川さんが相談したかったのかは、
最近退職の意思が上がってきた小山内さんの事ではなく、
私自身に関することだった。
(実際は全然緊急じゃなかった(笑))


現場で班長を務める、
レイちゃん(20代後半/女性スタッフ/仮名)から、
細川さん宛てにメールが届き、
その内容が私に対する不満で一杯だったので、
どう返信すればいいのか判断に迷い、
現状確認をしたいと思って電話したとの事。


「おー、これか~!今日はこういう事だったんだ。」
私は妙に納得して、内心頷きながら電話を続ける。


あ、でも笑い事じゃないよね^^;
メールの内容は、
私と最近班長になった他社スタッフの小野君との間に亀裂があり、
このままでは自分の業務に差し障りが出てしまうし、
契約会社として何とかして欲しい、と、
切実に訴える内容らしかった。


メールでのレイちゃんは、
小野君(20代後半/男性他社スタッフ/仮名)を
班長最適任者と絶賛しており、
その一方で、私に対する不満はありありで、
「二人でせっかく話し合って決めても、
ぷらたなすさんからダメと言われる。」
「これでは小野さんが班長になった意味がない」
「ぷらたなすさんには現場の指揮権はないはず」
「契約会社のほうから、
ぷらたなすさんに現場を指導する役割ではないことを、
スタッフのほうに言って欲しい」等々、
結構つるし上げっぽい意見が満載で^^;
「今、現場ってどうなんですか?」と、細川さんが心配して、
私に電話を掛けてくれたのだった。


あららら(笑)…、もしかして私が鈍感なだけかもしれないんだけど、
私、小野君とそんなにうまくいってない自覚は全然ないよ^^;?
これって、小野君じゃなくてレイちゃん自身の意見なんじゃないかな?
私に対する不満はあるんだよな~。


契約会社の細川さんもメグちゃん(20代前半/女性/仮名)も、
私をとても信頼してくれているので(たぶん^^;)
レイちゃんの言い分のほうに首をかしげ、
「これってそもそも認識が変ですよね?」
と、私の味方になってはくれるんですが、
だからと言って、一笑に付して切って捨てるような、
一考の余地の全くないものではないと思う。


    *    *    *    *    *    *


私は、私の目から見た現状(「まずは敬意からだろ?」)を細川さんに説明した後、(コンビニの駐車場で小一時間も話し込んじゃったよ^^;)
細川さんが、「まずは転送するので読んで見て下さい」
と、自宅に転送してくれたレイちゃんからのメールを、
帰宅後にじっくり目を通した。


メールは細川さんが私に電話で伝えてくれた内容がほぼすべてで、
「ぷらたなすさんは現場の指揮官ではないという事を
契約会社からスタッフに周知させてもらえませんか?」とあったけど、
うちはその約束で企業に私を出向させているのだから、
そんな事、するわけないじゃーん(笑)。
というか、何も具体的には書いてないけど、
小野君贔屓の文面は、どこかトゲトゲしくて辛辣だ。


(以前から少しは程度感じてはいたんだけれど)
レイちゃんて、表面上は従ってくれていたけど、
やっぱり私とは相性が悪く、
相容れないところのある人なのかな?とも思ったし、
彼女は上役の私よりも就業時に師匠として自分を指導してくれた、
小野君のほうにロイヤリティがあるんだぁ…と思うと
少し寂しかったけど、
ま、それは成り行き上致し方ないねぇ(笑)。


が、これもまた以前日記に書いたような(「神様の警告」)
"神様の警告"なんだろうか?と思うと、
それじゃ一体どこに問題があったのだろう、と考えてみた。


最近の私は、
以前のように言いたいことを言わずに我慢するリーダーではなく、
自分がマズイと思ったら、まずは口に出してみる
「物言うリーダー」である。


が、その有様がもしかして、「あんた何様?」みたいな、
変に鼻持ちならない雰囲気を醸し出しているというのなら、
確かに私は、速攻改めなくてはいけないよね。
小姑ならまだいいけど、お局になってはいけない(笑)。
単身の出向者なので厳密な意味で上司はいないし、
年齢も上で何の役目がなくても目上の人間だし、
気がつかない内に横柄になっちゃっているのなら、
それは改めなくてはいけないなぁ。


でも、こういう不満のひとつひとつって、
もしかしたら、私のキャラクターに
起因するものかもしれないんだよね。


思えば、レイちゃんも小野君も、
少々人見知りで、他人に対して幾分引いちゃうところがあり、
見知らぬ集団の中に「やぁ、やぁ、やぁ」と、
分け入って入っていくタイプではない。


片や私はおしゃべりでおせっかいで(笑)、
困っている人を見ると、命かけても放っておけず、
その実、おっちょこちょいのお調子者である(爆)!
※自分はマジメなほうだと思うけど、
レイちゃんや小野君の「マジメ」とはどこか質が違う。
少々仕事サボっている人がいても、実はあまり気にならない(笑)。
彼らは非常に気にして不快感をあらわにする。


でもそれは、スタッフさんの気持ちとして、
話しやすく聞きやすい感覚を生み出して、
それゆえに何をどう言っても、
スタッフさんのベクトルがこちらを向いてしまい、
悪い言い方をすれば、それが彼らにとって、
「癪に障る」事実であるかもしれない。。。


だけどさ、「今日から自分が班長です」と言ったって、
突然風向きが西から東に変わるわけではないのさ。
今まで無口であまり運用にも意見を出さなかった人が、
班長になった途端に、
彼と業務の異なるスタッフが自分達で決めてきた
それなりに理由のある物事の進め方を
二人だけで決めて次々と変えていこうとするのは、
過去ずーーーっとそれに対して、
快く思っていなかった気持ちがあからさまなので^^;、
今まで彼とほとんど接触がなかったその業務のスタッフ達は、
自分達がやってきたことを頭から否定されているようで、
きっと不満を持つだろう。


そこが見えるからこそ、別に急いでやらなくてもよさそうな事は
「そこはまだ今のままでいいんじゃない?」なんて言いはしたけど、
それで「でも、どうしても」と言うのなら、「じゃ~やってみんさい(笑)」
っつうぐらいの心積もりではあったのだが…


レイちゃんは小野君が班長になったのがうれしくてたまらなく、
何かと横に座っては「ああしよう、こうしよう」と、
長い時間ずっと相談してるんだけど、
(でもこの二人は別に彼氏と彼女ではない(笑)。
レイちゃんは少し好きなのかもしれないけどね♪)
傍目から見て特権意識の密室会議みたいでよろしくないし(笑)、
現状を変えることにばかり目を向けないで、
まずは自分達で安定して運用できるように、
地道にやって欲しいんだけどなぁ…
これじゃ「目の上のたんこぶ」を除く事だけに邁進しているようで、
その前にまず実際に直接話し合えよ、意見を聞けよ、
敵に回さずに巧妙に懐柔しろよって、思う。。。


つか、私的には、随分と二人にお任せして
譲歩しているつもりなんだけど、
きっとそれでも足りないんだろうな(笑)。
いずれ、レイちゃんが言うような「亀裂」ってほどじゃ、
全然ないと思っているんだけど?


これって小野君が、何かの疑問や愚痴をレイちゃんに吐くのを、
小野君を大好きなレイちゃんが過敏に反応してるって事、
ないんだろうかねぇ^^;


でも、まあ、いいや。
「行き当たりばったり」と人に言われるかもしれないんだけど、
もし私が間違っていないのなら、
それは神様が裁断を下してくれるはずだよ。
もし、「その方向性でいいよ」と神様が思うのなら、
このあと、神様は何らかのいい材料を提供してくれるはずだし、
万が一間違っているのなら、たぶん何もなく運もない(笑)。
私はその「天の声?」に従い、
誠実に生きて行けばいいのじゃないかと思う。


    *    *    *    *    *    *


私は無宗教だし、クリスチャンの方々が思うような、
「神」は信じていないよね。


それでも、世の中の「仕組み」や「道理」をそう呼ぶのなら、
「神様」は存在すると思っていて、
人って天から授かった役割に添って生きていったほうが、
うまくいくように思うんだよね。


私はたまたま、職場のリーダー役を仰せつかっているけど、
もし私にその見込みが全くないのなら、
それにふさわしい結果に自然になると思うし、
神様に必要と思ってもらえるのなら、
タイムリーなサプライズはあるはずと思っている。


要するに「運は天まかせ」だよ(笑)。
神様が次々にプレゼントしてくれる声に耳を傾け、
ときに踏ん張りときにあきらめ、
「しょうがねぇなぁ」と苦笑しつつ、
やっていくのがベストなんじゃないかね^^;?


    *    *    *    *    *    *


そんな矢先に、夕方職場でトラブルが発生した。
詳しくは書けないのですが、
こういうときに適宜指示出しをするのが、
元々の私の業務でもありました。


平日定時固定契約で、
時間外トラブル対応の経験がない彼らには、
こういった緊急時の動き方は、
ぜひ知っておいてもらいたいよね。


いいさ、鼻持ちならない、任せてくれない、と誤解されても。
こういうときは、誰がそれをやるかじゃなくて、
班として対処した"結果"が要求されるんだ。


私は小野君とレイちゃんに、
「人手が足りないよ。出来る人は全員残業させて。」
と、アドバイスし、
「緊急カードは出したの?」と、確認を求め、
「フラグは立てた?」「データベースで別枠起票した?」
と、次々に突っ込みを入れて、
身を以って緊急時の対処法を示し(たつもり(笑))
「次からはこんな風に動いてね?」と、
暗に助言したつもりだったんだけど、
たぶん、そう言った真意も彼らには伝わらないんだろうな。。。


今日の私の行動が、
吉と出るか、凶と出るかは、
神のみぞ知る。。。


ま、何かと気苦労の多い今日この頃ですわ。
いやはや、はてさて(笑)…


« 主任の問題意識はど~こ~? | トップページ | 対話不足なのだ! »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/10703556

この記事へのトラックバック一覧です: 運は天まかせ:

« 主任の問題意識はど~こ~? | トップページ | 対話不足なのだ! »

スポンサーリンク



ウォーターサーバー売上No.1

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上No.2

  • RO水/回収硬質ボトル/法人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • 天然水/使切りボトル/個人客多

ウォーターサーバー売上 上位

  • RO水/回収硬質ボトル/客層不明
無料ブログはココログ