スポンサーリンク




« Fireフォクスの皆さんごめんなさい | トップページ | 世はサッカーでもウチはアメフト »

2006.06.19

やっぱり仲良くしたいのダ

金曜日にモンちゃんが頭痛で遅刻した。


モンちゃん(20代後半/女性スタッフ/仮名)は、
色白で本当に細い人だけど、
見た目の通り、あまり体の丈夫な人じゃないし、
強気なトークの割には、精神もそれほど頑丈じゃないので、
自分が受け入れられない出来事が発生すると、
調子が悪くなっちゃう事があるように思う。


特別揉めた気はしてないけど、
先週の私は、
彼女の言い分をストレートに肯定はしなかったので、
出社して遅刻の連絡があったことを知ったときは、
私のせいかな?と、チラッと思った。


以前はそういった事のひとつひとつを、
こまごまと気にしていたんだけど、
この頃は、あんまり気にしない(笑)。


モンちゃんもそうだし、他の人達もそうなんだけど、
いっときギスギスしたようなときでも、
どこかのタイミングで必ず修復の手を
伸ばしてきてくれると気がついたからなんだよね。


私は、自分が正しいと思うことを言ったりやったりして、
それで誰かに疎まれたり嫌われたりするのは全然いいの(笑)。
そこで臆していたら、何もできないし何も変わって行かないから。


でも、私の言い分に一理あるなら、
必ず彼らはいつかそれに気づいてくれるはずだし、
もしそうでないときは、私のほうにも問題があるのだと思っていて、
それは、私自身が人から何か言われたときに、
その時はムッとしたり、ムキになって反論や言い訳をしても、
夜寝るときに、お布団の中で今日の出来事を
頭の中で反復するうちに、自分とは違う考えもあることに、
気がつくことが多かったからなんだよね。


私は今、日中は別室で研修を担当しているので、
金曜日に少し遅れて出社してきたモンちゃんとは、
その日の帰りまで話す機会がなかったんだけど、
夕方になって「ぷらさん、実は相談があるんですけど…」


例の件をまた蒸し返すのかな?と思って振り向いたら、
全然別の件で、改善のための提案を持ってきてくれて、
私は、心の中で思わずニヤリ。


こういうのって、こちらから見ると、
本当に「お約束」のようで、
なんか微笑ましく思っちゃうんですよね!


彼女は過ぎたことに対して、
言い訳したり謝ったり改心の弁を述べるような人じゃないよ(笑)?
でも、結果としてそういうことなんじゃないかな?と思って、
少しうれしい気持ちになる。
これって、私が何かを注意したり叱ったり、
疑問を呈したスタッフさん達の、
結構良くあるパターンかな(笑)。


先週は、別班の神田君(30代前半/男性スタッフ/仮名)も、
契約満期で終了するスタッフの後任をどうするか、
なかなか決まらないことに苛立って、
(彼も予定通りに物事が流れていかないとダメな人なの)
(班のためというよりは、
自分自身がそういう状況に強い嫌悪感があるのだと思う)
(ちなみに、彼のお客様対応も冷たい。
 一刀両断に切って捨てるような所が…)

「あの件て一体どうなっているんですかっ!」と、
突然怒ったように詰め寄ってきたので、
「だからそれは私が決めるわけではないので、
時間がかかるって、この前も言ったでしょ?」
と、私も冷たく言い放って珍しくフォローもせずに
放っといたんです。


そしたら彼もやはり、夕方に「折り入って相談」という話で、
内容を聞いたら、
「実績の上がらないスタッフをどう指導するか?」という、
意外にも前向きな話だったので、少しおかしくなる。
いえ、いい事だと思って聞いていました(笑)。


やっぱり、バランスなのかな。


それと併せて思ったんですが、
責任者みたいな立場の人でも、
あまり人に強くモノを言えない人っていると思うんですが、
自分の信念に照らし合わせて、「違う」と思うことは、
飲み込まずにどんどん言ったほうがいいと思うんですよね。


当初は摩擦もありますが、
対立と修復を繰り返しながら、
責任者としての自分の立場が、
非常に強化されていくような気がする。


あ、わがまま頑固で自分勝手、というのは、
もちろんダメだと思うよ?


でも、「違うものは違う」と信ずるままに言い続けていると、
みんなが聞く耳を持ったり少しずつ気にし始めたり、
そういった経過を経て、私の指示に素直に従ってくれるように
なっていく気がする。


例えば同等な友達や同僚同士でも、
どっちかがどっちかに「それって違うんじゃない?」と、
はっきり言った途端に、
微妙な強弱の力関係が生まれてしまうように、
誰かに何かを指摘された人は、
つい自分の身を下に置いちゃう習性があるのかもしれないね。
これは、ちょっとだけ利用しちゃいましょうって感じで(笑)。


人をまとめていくのに、この力関係の確立は必須なので、
言ったもん勝ち、というわけでもないんだけど、
「そういう事なんだなぁ…」と思っている私でした。


いや、元々の私って、やっぱり人を傷つけたくないし、
できれば何事も穏便に済ませたい平和主義者だったし、
最初の頃は、何もかも穏やかにうまくやろうとし過ぎていたんだけど、
必ずしもそれが良いわけでもないって、
思い始めてからちょっと変わったんだよね(笑)。


人に言わせればそれも、
「あの人ってマネージャーになってから
人が変わったよね?」になっちゃうのかもしれないけど、
本当に仲良くなるためには、ぶつからないとダメかな?
と、思うことが多いです。

« Fireフォクスの皆さんごめんなさい | トップページ | 世はサッカーでもウチはアメフト »

.ビューティフルヒューマンライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54136/10588655

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり仲良くしたいのダ:

« Fireフォクスの皆さんごめんなさい | トップページ | 世はサッカーでもウチはアメフト »

スポンサーリンク

3か月継続で白歯実現!

介護の転職

経理の転職

無料ブログはココログ

★★★